フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の30件の記事

2006年5月28日 (日)

ミシンピースワーク その1

珍しく週末に更新しています。

サンプラーの印つけも途中で止まったまま、ミシンピースワークをしていました。

以前、うさぎなカメさんのところで知って、衝撃を受けた方法です。

写真で順番どおり説明したいのですが、レイアウトがうまくできないので見にくいと思いますが、ご了承ください。 ☆画像は全て、クリックしたら大きくなります

もし、やってみてうまくいったなら、ご連絡くださいね (^.^)

① 茶系の2種類の布でピースワークをしてみます。以下縫い代はすべて7ミリで計算します。

② 三角形2枚でできる正方形の大きさ+2.5センチの大きさで、布(裏)にマス目状に線を引いて、さらに一方の対角線を引いていきます(今回は三角形2枚でできる正方形を4センチにしたかったので、4+2.5=6.5センチのマス目)。※ここが重要なので写真をよく見てみてください。クリックすると画像が大きくなります。

③ 布を中表に合わせてまち針でとめます。

④ ②でひいた斜めの線に合わせてミシンで縫っていきます。このとき、線の上を縫うのではなく、線の両脇7ミリのところを縫います。押さえがねの幅に合わせて縫うのが一番簡単ですが、ミシンが苦手な方はあらかじめ線を引いておいてから縫っても構いません。

⑤ 縫い終わった状態です。斜めの線の両脇にミシンの縫い目が2本あるのがわかりますか?

⑥ 布を切っていきます。最初に引いたマス目でカット、次にミシン目にはさまれた斜めの線でカットします。三角形2枚がミシンで縫われた状態になっていればO.K. 布を広げてみると、あ~ら不思議!三角形2枚で正方形が出来上がっています。

⑦ すべてをカットした状態。これだけの量をいっぺんに縫えてしまうのです! 縫い代は片倒しにして、はみ出した部分は面倒でもこの時点でカットしておきます。

⑧ アイロンをかけて、きれいに並べてみました。この並べ方(風車)でつないで、キルティングして、ポーチにでも仕上げる予定です。、、、でも、疲れたー(-_-;) ので今回はここまで。

_1__1

 ②_2__1

_3__1

_4__1

_5__1

_6__1

_7__2

_8__1

たぶん読んだだけでは、はあぁ~??という感じだと思います。

大きめのマス目4つぐらいで、まずはやってみるのが早いと思います。うまくできたらコースターにでもしてみたらいいし (^^)

この説明じゃわからーん!と思われた方、わからなかったところを教えていただければ幸いです。(わからーん!のコメントだらけでパンクしなければいいのだけど、、、(*_*;) )

勝手ながら2、3日ばたばたするので、更新できないかもしれません。ご迷惑をおかけします <(_ _)>

☆ああー、、、やっぱりレイアウトがうまくいきませんでした、、、見にくくてごめんなさい(ToT)

2006年5月26日 (金)

本科サンプラー その1

本科のサンプラーのキルトラインを写しています。

__24 いつもは、汚れないようしつけを掛けてからキルトラインを写すのですが、今回のフェザーはしつけを掛ける前に写しておいた方がやりやすいかと思って。

パターンと1枚布を市松模様に並べたので、キルティングを入れる部分の多いサンプラーになってしまいました。__25

パターンだけにしとけばほとんど落としキルトで済んだのに、、、(T_T)

パターン15枚で、シングルの掛け布団のサイズにしてあります。

大物のキルティングは暑い季節には辛いので、何とか梅雨が明けるまでに終わらせるゾ!!

2006年5月25日 (木)

赤飯みたいでしょ

昨日いただいた赤いそら豆、教えていただいた通りごはんを炊くときに一緒に入れてみました。

__23 言われていた通り、ごはんも赤くなって、まるでお赤飯みたいでしょ。

子供たちも喜んで食べ始めたのですが、『、、、にがーい』、、、。そら豆に苦味があって、豆だけ残して食べてました(ーー;)

私は、もったいないし、めんどくさいし、ということで豆も一緒に食べました。

以前母から赤いえんどう豆ができたからと送ってもらったことがありました。

こちらはさやが紫色で豆は普通の緑色。

ところがこれを豆ごはんにして朝炊くと、朝は普通に緑の豆ごはんなのに、そのまま保温で置いておくと夕方には豆もごはんも赤くなっている(!)というものでした。

味は、、、普通のえんどう豆の味でした。

豆にもいろいろな種類があるようで、おもしろいですね(^^)

2006年5月24日 (水)

季節のもの

パッチワークの先生のお母様からスナックえんどうと、赤いそら豆をいただきました。

色がとてもきれいだったので思わず写真におさめてしまいました。

__21 __22

 

ログキャビン その4

__18 これはジャスコで布を見かけて、ああ、これで何か作りたい!と思って取り掛かったものです。

教室で変形ログキャビンを習ってから、方眼紙に色塗りをして遊んでいた並べ方にしました。

もしも名づけるならば“春うらら”というイメージです(*^_^*)

キルティングと、パイピングの裏のまつり縫い以外は全部ミシンで縫ってます。__19

キルティングも少ないのであっという間に出来上がりました。

ただ、布をぎりぎりで買ってきたので、帯状に切って、縫ってから切り落としていく方法ではなくて、縫い代込みの大きさにあらかじめ全部切っておいてから縫いました。

おかげで布が足らなくなることも、帯状の布が残ることもなくできました。

全部切っておくのはめんどくさかったですけどね、、、。

ログキャビン その3

教室講師科の課題の変形ログキャビンです。

__15 義姉がクリスマスのタペストリーで作っていたものを写真で見て、いつか必ず作るぞ、と決めていたものです。

ログキャビンの真ん中の正方形を赤で、周りを緑の濃淡で作るとねじれたリースのように見えるので、いつかクリスマス用に作りたいと思っています。

これは作った時期が秋に入る頃だったせいか茶系の布で作ることに決めました。__16

ログキャビンの真ん中の正方形は1cm角です。

キルティングが細かすぎたのかしわが気になるのが残念なところです。

__17 同じく講師科の課題のキャンドルウィックを四隅に入れて一つの作品で二つの課題を終わらせちゃいました。

ログキャビン その2

これもプレスキルトの方法で作ったもので、ログキャビンを16枚つなげています。

__13 教室に習いに行く前に作り始めたもので、本当はもっとたくさんつなげて大きなものにする予定でした。

きっかけは、NHKおしゃれ工房 1999年10月号の斉藤謡子さんのログキャビンの放送です。

ところが、途中で止まってしまっていたので枚数を減らして、先生に助けてもらいながら、習い始めた年のクリスマスにあわせて作り上げました。(赤の部分にクリスマス柄の布を使っています)__14

ログキャビンで何か作るのにあこがれていたので、出来上がったときはうれしかったですねー (^・^)

ログキャビン その1

今までに作ったログキャビンを紹介します。__12

まずは、教室の本科の課題で作ったもの。

裏布とキルト綿に直接縫い付けていくプレスキルトのやり方で作りました。

布を帯状に切っておいて、縫いつけた後で切り落としていきました。

型紙を作らなくてよかったので、楽だった覚えがあります。

作り足して何かにしようと思いながら、3年以上経っています(ーー;)

2006年5月22日 (月)

お遊び(^^)

ちょっと前に白のフェルトでクリームを作ってみました。__11

本当はケーキを作りたかったのだけど、試しでまずはクリームだけ。

結構それっぽく見えて満足満足。

今度はイチゴを作りたくなって赤のフェルトを買ってきたけど、熱が冷めたらしい。

そのままほったらかしです。

ダブルウェディングリング完成!

予定通り、昨夜ダブルウェディングリングのタペストリーが完成しました!

Dwr_ ←クリックすると大きくなります。

パイピングを濃い目の青にしたのでキュッと引き締まったと思うのですが。

これは布幅いっぱいの青の布の上に、ダブルウェディングリングをピースワークしたものをのせてアップリケしてあります。Dw_

裏はあとでくりぬく様に切り取りました。

イカリもアップリケです。ダブルウェディングリングの中にはいろいろなヨットが浮かんでいます。→

当初はこんなに大きく(約1m×1m)なる予定じゃなかったので、どうしてこんなめんどくさいものにしてしまったんだー<(`^´)>!!、、、と頭をかかえること数知れず、、、。

でも、出来上がってみたら気持ちいいものですね。

次はいよいよサンプラーのしつけ掛けが待っているのですが、なんだかボケーっとしてしまいそう。

だって、しつけ掛けって、、、嫌いなんだもん、、、。

2006年5月19日 (金)

読み終えました

『今日からデジカメ写真がうまくなる』(久門易著 ソフトバンク新書)を読み終えました。

新書なので、ハウツー本というよりは読み物という感じで、文字が多かったです。

でも、内容は実にシンプルで、デジカメの特徴についてわかりやすく書いてあって、私にはとってもためになりました。

成果は私のブログの写真を見てみてください。

最初のフェザースターの写真の薄暗くてはっきりしない画像と、この頃の画像は結構違うと思います。

コンパクトカメラは何でもオートにしておけばなんとかなると思っていたら大間違い。

いろいろ設定をいじって写すのが面白くなりますよ。

順調、順調♪

ダブルウェディングリングのキルティングが順調に終わりました。

Dwr あとはパイピングをすれば出来上がりです。

パイピングは濃い目の青(紫に近いかな)のムラ染め布でキュッと引き締めるつもりです。

出来上がりサイズは1m角ぐらい。うちには飾るスペースがありません(ーー;)Dwr1

これは高等科の課題で、トップだけでもいいと言われていたのですが、講座終了が近づくにつれてなぜか完成させたくなって、サンプラーほったらかしで縫ってます(^_^;)

ハワイアンお披露目

ハワイアンキルトが好きだと言いながら、ハワイアンの記事を書いていませんでした。

Photo_18 ←これはパッチワーク教室に通い始めてすぐの頃に作ったものです。Photo_19

NHKおしゃれ工房2000年4月号のキャシー中島さんのパターンを少し易しくして作りました。

実は座布団カバーなのですが、出来上がったら尻にしくなんてできない!と、タペストリーになっています。

初めてフープを使ってのキルティングだったので、真ん中の星型の中の細かいエコーキルティングはここだけで3日くらいかかった覚えがあります。泣きそうでした。

__10←これはフェリシモのキットです。全9回のうち5回まで作って、残りは置いてあります(^_^;)

右下のアンスリウムが一番最初で、教室に習いに行く前でよくわかってなくて、モチーフの中のキルティングを生成りの糸でしちゃってます。

針目がそろっていないのがばればれです。

残り4回分、早く作り上げてしまいたいですね。

トゥシューズ?、、、いえいえ

昨日はバレエ教室でした。

Photo_16Photo_14私のはいているバレエシューズです(下の布は自作の巻きスカートです(*^_^*))。

バレエを習っていると言うと、たいていの方から「じゃあ、トゥシューズをはいて踊ってるの?」と聞かれますが、そんなことはありません。

トゥシューズは初心者がいきなりはいて踊れるようなものではありません。

きちんと体ができてから、先生の許可の下はけるようになるらしいです。

そうしないと、怪我をしてしまいます。

でも、バレエと言えばやっぱりトゥシューズをはいてくるくると美しく踊る姿にあこがれます。

大人になって始めた方でも、トゥシューズをはいて発表会で美しく踊ってらっしゃる方もいます。

きちんと努力をすればたいていのことはできるようになるものなのかな、と思う今日この頃なのでした。

2006年5月18日 (木)

エイトポイントスターのバッグ

__8 前に講座の課題で作ったエイトポイントスターのバッグです。

私の場合、高等科の終わりに小物集の作品を作ってから、講師科に進むと言われ、小物集の作品のひとつとしてこのエイトポイントスターのバッグを作りました。__9

作ってる間に、カリキュラムが変更になって、小物集は関係なくなったのですが、講師科の布柄あわせ・配色の学習課題のひとつしてエイトポイントスターが残っていたので、そのままこれを作り上げたというわけです。

同じ手芸普及協会の講座でも、教室によってやり方や内容が結構違うようで(もちろんカリキュラムは同じです)、いろいろな方のブログを見て驚きを感じています。

私は最初から最後まで同じ先生でいけそうですが、途中で教室を変わると、先生によってはやり直しをするよう言われる場合もあるとか(教室で方針が違うと当然そうなりますよね)。

教室を開く先生の方針に任せるところが大きいのでしょうか?よく言えば自由度が大きいということなのでしょうか?

2006年5月17日 (水)

フェザースター出来上がり!

やっとフェザースターが出来上がりました。

Photo_12 どうでしょう?さわやかな色合いでなかなかいい感じだと思うのは私だけ?

スターつながりで七夕飾り代わりにしばらく飾ろうと思います。

__7 結局ボーダーのキルティングは1センチ幅で2本直線を入れました。

額縁っぽくなって、よかったと思います。

さあ、次はダブルウェディングリングをいい加減に仕上げます。

キルティングがあとちょこっとと、パイピングだけ。

このままの勢いで一気に行くぞぉ!

予定変更(ーー;)

フェザースターのパイピングに取り掛かったのだけど、、、。

ぐるっとミシンで縫いつけて裏をまつるのは手縫いで、と思っていたら、キルト綿の厚みのせいか私の縫い方が悪いのか、ボーダーが少しずつよれてきて斜めに変なしわが入ってしまって、、、予定変更です。

やっぱりこつこつ手縫いで縫い付けることにしました。

手縫いが嫌いなわけではないけれど、ミシンも好きなのでつい直線などミシンで縫えそうなところはミシンを出してきてしまうのです (^^)

そのくせ、あんまりさくさく早くできてしまうとなーんか物足りなくて、こつこつ縫いたい気分になるんですよね。

☆おまけ☆

いろんなブログでキャシーさんの新刊のことが書かれてますが、私の住んでいるところにはまだ1冊も入ってきていないのか、あっという間に売り切れたのか、まだお目にかかれません。

きっと私好みの内容だと思えるだけに、じりじりしてます。

余程のことがなければ中身を見てから買うかどうか決めるたちなので、本屋さんに入荷されるのをじっと待っているのでした。

こういうとき、田舎はツライよ~(ToT)

2006年5月16日 (火)

ただいま練習中

独学でピアノを練習しています。

始めたのは去年の秋くらい、、、もう少し前だったかな?

10 本だけは何冊も増えたけれど、今練習中なのがこの本。

別に10歳若返りたいわけじゃないけど、小学校で習った程度の音楽の知識しかない私には内容がピッタリ!

楽譜が大きくて、やさしくアレンジしてあって、ドレミ、、、もカタカナで書いてあるし、どの指を使うのか指番号も全部書いてある。

そのうえDVDもついているのでわからないところは何度でも画面で確認できる!

今は5曲目のバッハのメヌエットを練習中です。

本当は習いに行きたいのだけど、懐が、、、と思っていたら、バレエ教室のメンバーの一人が親の介護でしばらく来られないらしいという話を聞いて思った。

経済的にはきついけど、習える状況にあるのならばやっておいた方が後悔しないかもしれない、と。

でも、パッチワークとバレエも習っているし、、、と決められずにいる私なのです(・_・)

2006年5月15日 (月)

ボータイ、できたっ!

なんどもみりさんに教えてもらって、無事ボータイがミシンで作れました。

Photo_10 Photo_11 うれしくて色を変えて4組作ってみました。

裏の縫い代はみりさんに教えてもらったとおり三角に切り落として突き合わせた状態になりました。(ボータイ同士をつなぐとき、縫い代は重ならないように互い違いに倒したけど、これでよかったのかしら?)

びっちり突き合わさった上に、真ん中の布が乗っかってるので、綿が出てくることもないと思います。

というものの、キルティングどころかこの先どうなるのかまったくの未定状態。

型紙なしだから印付けもいらないし、縫うのもミシンだからどんどん縫えちゃうし、色違いでどんどん作り足していって大きなものにしたい気分\(^o^)/だけど、、、フェザースターを、最後のパイピングだけの状態でほったらかしているのでそちらを仕上げることにします。

みりさーん、ありがとうございました<(_ _)>

2006年5月12日 (金)

ボータイ、、、うーん

Photo_8 ←1/6位残して縫うときに、これ位かなーと適当に縫ったせいか、縫い目が角でびしっと合わんとです。

で、Photo_9 穴が開くのが気になるとです。↓

わざわざ広げなければ穴も気にはならないのですが、果たしてこれでいいものなのかと心配で、、、。

縫い目が角でびしっと合っていれば、そのきわで三角に縫い代を切り落とせばいいのねー、と思うのですが、、、。

やっぱ縫い方がまずかったのでしょうね。そんな気がします。

あと、真ん中の布のところはぐるっと回りをキルティングすればいいのかしら?

縫い目のきわを縫うのが落としキルト、じゃあこの場合は浮いてるそばをキルティングすることになるの、、、かしら?

浮いてるピースなんて初めてなので???だらけです。

でも、こういう不思議なやり方って好きなんですよね (~_~)

ボータイに再挑戦、でも、、、

先日のボータイの作り方を見たみりさんが、ミシンでさくさく縫うボータイの作り方を、わざわざブログに書いてくださいました(ありがとうございますっ)。

さっそく挑戦してみたのですが、、、疑問が残ってしまいました。

Photo_6 ① 中心の縫わなかった部分に穴が開いてしまいます。三角に切り落とすということだったのですが、怖くてできずにいます。穴が開かないように、きっちり縫い代分だけ縫い残せばよかったのかしら?

② Photo_7 ①の関連なのですが、真ん中の布の奥(指を突っ込んでいる部分)に穴が開いてしまうので、このままキルティングしたら、綿が出てきてしまうのでは?後からまつりつけるのかしら?

あぁ、こう、、、パッとやって、ピッとわかって、すっきりしたいよ~<(ToT)>

2006年5月11日 (木)

久しぶりのバレエ

久しぶりにバレエ教室に行ってきました。

1ヶ月半ぶりだったのですが、なんだか体がすっきりしました。

たくさん汗をかいて、レッスンが終わった後には足が軽くなって、気持ちいいものです。

私は大人になってからバレエを習い始めた初心者ですが、始めるのに年齢なんて関係ない!

迷ってる人がいるならぜひ始めることをお奨めします。

非日常的な時間が持てるってとてもいいですよ(*^_^*)。

2006年5月10日 (水)

遊んでみました

前から作り方が気になっているパターンがありました。

ボータイなんですが、真ん中の部分が浮いた状態になっている、というのをネットで見かけて、一体どんな風に作ればそうなるのか、ずーっと気になっていました。

昨夜、ふと折り紙の折り方にヒントがありそうな気がして、ひらめきました!

で、早速作ってみたらうまいことできました。

表から見るとただのボータイ、裏から見るとなぜか四角つなぎのよう、、、。Photo_3 Photo_4

ひとり喜んでいたのですが、この作り方って結構メジャーなのかしら?

私は本でも見たことなかったなあ。

2006年5月 9日 (火)

パソコンいじってると、、、

前々から疑問に感じていたのですが、、、

パソコンをいじっていると、しばらくすると必ずトイレに行きたくなるのです。

それも、大きいほう、、、(^_^;)

お通じがよくなるのはうれしいのだけど、これって電磁波とかの影響(?!)なのかしらって考えると、怖い気がしてしまう。

これまた私だけなのかしら?

2006年5月 8日 (月)

進んだぞっ!

フェザースターのキルティングが進みました。

__6 格子とフェザーのキルティングが終わって、後はボーダー部分を残すのみ。

キルティングラインが決まってないのだけど、水曜日が教室なので先生に相談してから決めようと思ってます。

だからこの後は、キルティングの途中で止まっているダブルウェディングリングに取り掛かることにしようっと。

あと1、2日やれば出来上がるとこまできてるのに、なぜか止まってしまってたの~。

ちなみにフェザースターの裏布は白の無地。うまくいけばホワイトキルトみたいにならないかなぁ、なんて浅はかな考えで決めたのだけど、どうでしょう?

Photo_2 遠目にはそんな風に見える、、、かなぁ、、、?見えないかなぁ?

(←白一色はうまく撮れないよぉ)

2006年5月 7日 (日)

私だけ、、、?

見たいブログがたくさんある。

ところが不思議なもので、見れば見るほど、あぁ、こんなことしてる場合じゃない、早く作らなきゃ、、、と焦り始めて、早々にやめてしまう。

でも、縫い物を始めると今度は、あぁ、○○さんは進んでるかな、新作が出来上がったかな、、、と他の人のことが気になって、パソコンの電源を入れたくなってしまう。

そんな感じで、結局なんだか消化不良な感じだけが続いている。

これって私だけ、、、かなぁ? (-_-;)

2006年5月 6日 (土)

ちょっと前に作ったものたち

キルティング中で記事に書くような変化がないので、ちょっと前に作ったものたちをアップすることにしました。

__4 これは、うさぎなカメさんのところで見た風車の作り方がおもしろそうで作ってみたポーチ。

紫のほうは、適当にカーブをつけて作ったら、少ーしよがんで出来上がっちゃいました。

赤いほうは、前から作ってみたかった四角いポーチ。

出来上がってみたら形がかわいくてお気に入りです。

Photo こちらは、さっきの四角いポーチをどんどん作りたくなって、キルト綿に裏布をしつけしておいて、それに帯状に切った布をミシンでどんどん縫いつけていって作りました。

縫い付けると同時にキルティングをしているようなものなので、早い早い (^^♪

たぶん全部秋のバザーシーズンに出すことになるでしょう。

小物作りは出来上がりまでが早くって、いい気分転換になりますよね。

☆画像はクリックすると大きくなります☆

読み終わったぁ!

あかんべえ(宮部みゆき著)、読み終わりました。

話は長かったけど、面白かったです。

やっぱり宮部みゆきワールドって感じ。

出てくるお化けたちの性格がいろいろで、しかも人間的で、ああこういうお化けだったら会ってみたいなあ、なんて思っちゃいました。

主人公のおりんちゃんがしっかりしすぎてる気がするけど、女の子って小さくても思いがけず大人だったりするしね。

図書館に返す期限を少ーし過ぎちゃったので、早く返しにいかなきゃ。

そしてまた何か借りてきちゃうのかな?

買ったばかりで読んでない本も何冊かあるのにー ((+_+))

2006年5月 3日 (水)

キルティング進んでます

__3 フェザースターのキルティングが進みました。

←クリックすると大きくなります

落としキルト部分を終えて、周りの格子とフェザー部分に入りました。

キルトラインは ミシンだからできるパッチワーク(三池道著) を参考にしました。

落としキルトは、周りの三角のギザギザ部分のところが縫い代が重なって厚くなってて縫いにくかったー (>_<)

その点、格子部分に入ってからはスイスイ (^^♪

このままどんどん縫いたい気分なのに、今日から連休だから出かけてばかりになりそう。

私だけ家にいて縫ってたいよ~ ^^;

2006年5月 1日 (月)

誕生日ケーキ

先日家族の誕生日だったので、久しぶりにケーキを作りました。

リクエストに答えて、シナモロールの絵を書いたんだけど、シナモロールに見えます?

紙に下書きしたのは上手に書けていたんだけど、デコペンは難しいっ (>_<)

それでも本人は喜んでくれたから、よかったよかった。

土台のケーキはシフォンケーキで、イチゴやらクリームやらを真ん中の穴に詰め込んで穴をふさいでデコレーションしてます。

__2

←クリックすると大きくなります。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »