フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ミシンでアイリッシュチェーン その2 | トップページ | ミシンでアイリッシュチェーン その4(とりあえず完) »

2006年6月29日 (木)

ミシンでアイリッシュチェーン その3

ミシンで縫うとき、角と角がなかなか合わないことがよくあります。

『あぁっ、ズレてる、ズレてるっ・・・もう<(`^´)>!』と思いながら縫っていました。

今回はブログで恥をさらすので、少しでもましになるように丁寧に縫ってみました。

まず、まち針を打ってから縫うようにしました。

『えっ?まち針打ってなかったの?』とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

ハイ、打たずに調整しながら縫ってました。

結果、角と角がズレてました。こういうところ、大雑把なんです、私(^^ゞ

__47で、今回まち針をどんな風に打ったかというと、こんな風(クリックすると大きくなります)→

手縫いのときはちゃんと印の角と角を針が通るようにまち針を刺すのですが、ミシンで縫うときに同じようにまち針を打ってから縫うと、私の場合かえってズレてしまうのです。

なので、まず縫い合わせる2枚を中表に合わせて、前に縫った分の縫い代は互い違いになるように倒してあるので、ちょうど凸凹を合わせるように重ねて、縫い線の少し横にまち針を打ちました。

☆ただし、これはあくまで私のやりやすい方法です。このやり方でうまくいきますよー、というわけではないのでご注意ください<(_ _)>☆

__48 ←で、あらかじめまち針があるだけ中表に合わせてまち針を打ったものを準備します。

あとはひたすらミシンで縫っていきます。Photo_22

1枚縫い終わったら、そのまま糸は切らずに2枚目へ。

すると、こんな風にどんどんつながっていきます→

このやり方をチェーンピーシングといいます。糸はあとでまとめて切ります。

さて、ミシンで縫うと早くできるのですが、意外や意外、縫うときは急がず慌てず、ゆっくり目で丁寧に縫っていくのがコツのような気がします。

それでも手縫いよりはずいぶん早いのですから(^_-)-☆

ミシンで縫ったあとは少し縫い縮むので、縫ったあとはそのつどアイロンをかけて布を落ち着かせます。__49

あとでまとめて・・・なーんてやってると、角が合わなくなったり、アイロンで縫い代を倒すのがやりにくくなってしまいますのでご用心。

Bの途中経過です。→

« ミシンでアイリッシュチェーン その2 | トップページ | ミシンでアイリッシュチェーン その4(とりあえず完) »

「パッチワーク」カテゴリの記事

縫い方紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシンでアイリッシュチェーン その2 | トップページ | ミシンでアイリッシュチェーン その4(とりあえず完) »