フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の30件の記事

2006年8月30日 (水)

まだ青いね

うちの近所の栗の木です。_003__1

たくさん実がなっています。

栗は私の大好物 (#^.^#)

早く食べごろにならないかな♪

2006年8月29日 (火)

夏の終わり

_001__1_013_021_   夏の終わりの景色・・・桜の落葉です。

2006年8月27日 (日)

いい感じ( ^^) _U~~

この頃お気に入りのBGMは“烏龍歌集 Chai[チャイ]”というCDです。

以前サントリーのウーロン茶のCMで使われていた中国語の曲を覚えておいででしょうか?

“上海ブギウギ”や“鉄腕アトム”などなど。

それらを集めたもので、以前から聞きたいと思っていて、先日レンタル屋で見つけたのでさっそく聞いてみたら・・・いいですねぇ(*^_^*)

歌詞カードには中国語の歌詞が書かれていましたが、元の歌詞をそのまま中国語訳してあるのか、それとも違うのか、あいにく読んでも意味がわかりませんでした(^^ゞ

きっと小白さんだったらわかるんだろうな。

最後にボーナストラックなのか、クリスマスソングを中国語で歌ったのが入ってました。

これは残念ながら歌詞が書かれていなかったのですが、“ジングルベル”の♪ジングルベール、ジングルベール・・・のところが、『ティンティンターン、ティンティンターン♪』と歌われていて、なんともかわいらしくて二重丸◎です。

疲れたぞ (*_*;

何かに追われるように、ひたすらサンプラーのキルティングをやっています。

__89 今日はターキートラックススプールのキルティングが終わりました。

ターキートラックスのアップの写真を見るとよくわかるのですが、鶏の柄の布を使っています。

もらい物のカット布で、なぜか好きでしょっちゅう使っていました。__90

スプールにも使ってますね(^^)

_2__7サンプラー、パターンを並べただけのデザインにしておけばよかったのに、パターンとフェザーのキルティング部分を市松に配置したのが痛かった。

パターンの枚数×2 くらいキルティングすることになるので、なかなか進みません。

後悔はしていないのだけど、正直疲れてまーす (*_*;

クラウンフラワーのリボンレイ

_2__6 フェリシモのキットが届いたので、早速作りました。

今回のリボンレイのキットは⑥クラウンフラワー

あと、②・⑤が残っています。

今回もわかりやすく、さくさくと出来上がりました。

写真では細いリボンが青に見えますが、実際はきれいな紫色です。

見たままの色を再現するのはなかなか難しいです。__88

実は紫のビーズを一緒に縫っているのですが、リボンに隠れてほとんど見えません。→

ここまで見えないと、このビーズには何の意味があるのやら?という感じです。

ハニービー

サンプラーのキルティングを進めています。_2__5

ハニービーのキルティングが終わりました。

キルティングしてから気がついたことが。

ナインパッチを蜂の頭に見立てて、アップリケで胴体と羽根をつけて・・・ということはナインパッチの部分も落としキルトにしたほうがよかったのね(ToT)

波紋の中に胴体と羽根だけが浮き上がってる感じになってしまいました。

ま、こんなこともあるさね( ^^) _U~~

2006年8月25日 (金)

キルティング再開!

点字の宿題がやっと終わりました。

今日からまたサンプラーのキルティング再開です!

パッチワーク教室も8月はお休みしていたので、9月の教室の時には『キルティング終わりました♪』と言って持って行けるようピッチを上げますぞ !(^^)!

2006年8月22日 (火)

私の好きな景色

うちの近所の景色です。

こういう環境に住んでいます。

_005_

夏休みの宿題(>_<)

夏休みの宿題に追われています。__86

子供の話ではありません。

私が(>_<)、です。

点字の講座は8月はお休みでした。

7月の最後の講座のときに『夏休みの宿題ね♪』と先生に出されていたのですが、ずっとやっていませんでした。

点字を打つのと、点字で打たれたものを読むのと2種類、結構な量です。

__87なので、ここ3日ほど針を持っていません。

早く終わらせないと縫い物ができないのでストレスがたまりそうです。

←これが私が打ったものです。

クッションカバー2種

高等科課題で作ったクッションカバー2種類です。

_3__6 ホワイトキルトとアップリケ。

どちらもテキストに載っているデザインで作りました。__85

ほんとはアップリケのほうはもっと違うデザインがよかったんだけど・・・。

次回作る機会があったら今度は自分の好きなデザインにしようと思っています。

2006年8月21日 (月)

がっくり

また読んだ本の記録です。

『声の網』 星新一著 角川文庫

『天使の守護のアリエッタ』 松岡圭祐著 徳間文庫

がっくりだったのは、『天使の・・・』の方。

33歳のシングルマザーが韓国に行って女優になる、そしてその裏にはミステリーが・・・という話なんだけど、ああ、いかにも現実にはなさそうな話、という感じでがっくり。

最終的にはハッピーエンドなんだけど、そう何でもかんでも丸く収まるわけないでしょうというのが感想でした。

フィクションだから当然現実にはない話なわけだけど、そうはいっても登場人物の考え方とか苦しみだとかにもっと現実に通じるものがあるからおもしろいと思うんだけどな。

もちろんこれは私個人の感想ですので、あしからず。

シャドーキルト

ハロハロさんのブログ“LIFE is・・・”に講師科課題のシャドーキルトが載っていたので、私のも・・・。

__83 季節感を全く無視した写真でスミマセン(^^ゞ

私もテキストのものではなく、自分の作りたいものを作りました。

元々は“ぬ~の No.14”に載っていたアップリケのタペストリーを、シャドーキルトのクッションカバーにしました。__84

出来上がりは大満足(#^.^#)

シャドーキルトは早く仕上がるからいいですね。

ちなみに私はこれがシャドーキルト2作目でした。

2006年8月19日 (土)

台風一過

やっと晴れてきました。

昨日は朝起きて、テレビで台風の場所を確認したら『え、うちの近所?(◎o◎)』とびっくり。

ちょっと横風の雨降りでとても台風の雨風という感じではありませんでした。

ましてや中心近くだなんて。

結局、台風はゆっくりゆっくり、ときには停滞しながら移動していったので、今日の昼過ぎになってようやく晴れ間が出てきました。

台風一過というよりは、『あ、やっと雨も止んで晴れてきたね』という感じ。

今も日本各地で大雨が降っているということで、大きな災害が起きなければいいのですが。

ちょっとずつ・・・

サンプラーのキルティング、ちょっとずつ進んでます。__81

今はリバティースターの落としキルトが終わったところです

まだ全体の半分もいってないけど、止まらないで続けられているので、あまり焦っていません。

手をつけずに『あれやらなきゃ<(`^´)>』と思っているほうが、かえって焦ってよくないですね。

2006年8月18日 (金)

仕入れてきました

里帰りをして久々に会った叔母からおもしろいティッシュケースの作り方を習ってきました。

__80 シャツの形のティッシュケース!

これって私が知らなかっただけで、ポピュラーなのかしら。

四角い布に1ヶ所切込みを入れて、あとは折りたたんでシャツの形にしていきます。

昔友達との手紙のやり取りなんかで、便箋をこんな風に折りたたんでいたような記憶があります。

これからバザーに出すものを作らなきゃならないので、今年はこれで行こうかな(*^^)v

読みました

読んだ本の記録です。

『「ピアノ力」をつける! これなら弾ける、かならず続く』 角聖子著 音楽之友社

 特に大人になってからピアノを始めたいと思っている人向けの内容でした。

 私も家で弾いてるだけじゃなくて、習いに行って、発表会に出てみたいなあ。

『風に舞い上がるビニールシート』 森絵都著 文芸春秋

 直木賞受賞作ということで興味があったので読んでみました。

 短編集でしたが、なかでも表題作が一番印象が強く残りました。

 なんだか読後感がよかったです。

今年最初の秋茄子

実家に里帰りして今年最初の秋茄子をもらってきました。__79

いい色でしょ、いい艶でしょ。

早速焼きナスにして食べました。

皮が硬いのでかえってむきやすくて、実がとってもジューシーで美味しかったです ^m^

2006年8月16日 (水)

これ、何の花でしょう?

_016_ ←実家の庭に咲いていた花です。

大きさ1センチくらいの白い花、とても可憐な感じの・・・。

何の花だかわかりますか?

答えは・・・金柑の花です。

ほら、金柑の実がなってるでしょう→。_011_

今までこんなに間近で見たことなかったなぁと思って写真に撮ってみました。

かわいいでしょ(^^)

__77 沖縄土産の品をもらいました。

ハイビスカスの花の小銭入れ。

かわいいでしょ。__78

あけると中はこんな感じ→。

小銭入れは持ってなかったのですが、温泉に行くときなどお金を必要なだけ入れていくのに便利そう。

秋はまだまだ・・・

里帰りをしてきました。__76

庭の柿の木には青い実がなっていました。

秋はまだまだですね。

2006年8月12日 (土)

しばらくお休み

しばらくの間帰省します。

その間更新をお休みします。

あえて、パソコンに触れない日々を過ごしてきますね(^^)/

2006年8月10日 (木)

夕立前

今日のお昼過ぎの空です。

_003_ 入道雲がどんどん大きくなっています。

雲の下のほうが黒くなってきていて、もうすぐ夕立が来そうです。

この記事を書いている間にも風の吹き方が変わってきました。

あれ?夕立って晴れた日に夕方ザーッと降り出す雨のことでしたっけ?

まだ夕方じゃなければ単なるにわか雨?(・・?

2006年8月 9日 (水)

小さな一歩

大事なことを書き忘れていました。

先日パッチワークの先生に頼まれて、バッグの仕立てをしました。

そして仕立て代をもらいました。

これ・・・私のパッチワークでの初仕事です\(~o~)/

先日フライングギースの回で書いたとおり、習い始める前の私の作っていたものはひどい物でした。

それが、ちゃんと売り物になるものを作れるようになりました。

小さいけれど大事な一歩、ここに記録しておかなきゃね(*^^)v

天国への階段

天国への階段みたい・・・。

_001_

フェザー、フェザー、フェザー

フライングギースばかりやっていましたが、サンプラーのキルティングを再開しました。89_3_

当初の予定、6月中に仕上げるというのはとっくの昔に断念しましたが、少しでも早く仕上げたい!と、暑い中頑張ってます。

フェザーのキルティングが曲者です。

曲線なのでフープを右へぐるぐる、左へぐるぐる回しながら何とか進めています。

コタツ状態なので暑い暑い(>_<)

これなら冬、掛け布団の上にかけて寝たら期待通り暖かそうです。

2006年8月 8日 (火)

一段落( ^^) _U~~

__73 フライングギースの縫い合わせが終わりました。

元々は←のように2×2枚で並べて正方形にする予定でした。

ところが以前手をつけていたものと、今回やり直したものとではサイズが違っちゃってるのです。

原因は印つけの段階でずれていたから・・・。

縫い代の倒す向きも変えたので、前に作っていた1枚はそれだけで鍋敷きにでもしようかと思っています。

残り3枚のうち2枚を使って小さめのバッグが作れたらいいなと。

もう1枚はそのまま保留です。

__74__75  改めて裏を見比べてみるとぜんっぜん違います\(◎o◎)/!

←クリックすると大きくなります☆

最初のがひどすぎるのですが、きれいに縫えるようになったんだな(*^_^*)と実感しました。

いっそ反省のためにこのままとっておこうかしら?^m^

2006年8月 7日 (月)

なんとか・・・

先日からとりかかっていたフライングギース、やっと小さい三角のピースを縫い終わりました。

あと大きな三角をつないで、合体するのみ。__72

これって、パッチワーク未経験でいきなり作るには結構ハードだと思う。

なんで最初にこれに手を出したかな、私(-_-;)

挫折するのも仕方がないと思いました。

いろんな方のブログを見ては、皆さんの進みぐあいに圧倒されている今日この頃ですが、頑張るぞ!! !(^^)!

結婚祝いの食事会

先週末ダンナのいとこの結婚祝いの食事会に出席してきました。__71

久しぶりのフレンチのフルコース♪おいしかった(*^_^*)

新婦さんのヴァイオリンの生演奏も素敵でした。

アレンジメントに使われていたバラの花をいただいて帰ったのですが、家に帰り着いたときにはぐったり・・・。

短く切って活けておいたら翌日の朝には元気になっていました。

家の中に花があるっていいものですね。

2006年8月 1日 (火)

夕焼けきれいだな

_2__4 夕焼けがきれい・・・。

p.m.7:30頃の空です。

読み終えたものたち

このブログを始めたときに読み終えた本を記録して行こうと思っていたのですが、この頃全然書いてませんでした。

なので、昨日までに読み終えた本をいっぺんに書いておくことにしました。

大学受験合格請負シリーズ超速!最新日本史の流れ 竹内睦泰 ブックマン社

 日本史が全くわからない人にはお勧め!

お縫い子テルミー 栗田有起 集英社文庫

 表題作よりももう一つのお話『ABARE・DAICO』のほうが好きかな

老親の看かた、私の老い方 宮子あずさ 集英社文庫

 文庫化にあたって8年の経過を経た著者の考え方の変化が興味深かったです

もっと気楽に生きるコツが、わかった! 川北義則 三笠書房王様文庫

 内容的には新しさはなかったけど、何かヒントになったかな?

日本史の顛末あの人の妻と愛人 歴史の謎研究会[編] 青春出版社青春文庫

 ドラマ『大奥』で日本史のおもしろさにはまった私、おもしろかったです

新あんまマッサージ指圧師・はり師・きゅう師になろう 後藤修司:監修 馬場企画:執筆 インデックス・コミュミケーションズ

 実はあんまマッサージ指圧師という資格に興味があるとです

行動することが生きることである 宇野千代 集英社文庫

 私とは違うタイプの人だなあと感じました

押入れのちよ 荻原浩 新潮社

 最後のほうでゾクリとするような短編が9本、おもしろかったです 『明日の記憶』の著者

少女の服 伊藤まさこ 世界文化社

 シンプルだけどかわいい服が載ってました センスって大事なのね(ーー;)

他にも読みかけの本があと3冊あります。

昔はちゃんと1冊ずつ読み終えていたのですが、この頃は次々新しい本に手を出してしまって読みかけが同時に何冊もある状態です。

以前は考えられないことです。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »