フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の20件の記事

2007年1月30日 (火)

めんどくしゃい((+_+))

サンプラーのボーダーのキルティングをしています。__142

パンの木の部分です。

葉っぱと実とあるのですが、実のキルティングがもう・・・めんどくしゃい((+_+))

本を参考にしてウロコみたいなキルティングラインにしたのですが、これがもう面倒で・・・。

__143 じりじりしながらキルティングを続けています。

いやいや続けて、やっと4分の1が終わりました

今日はもう無理かな。

やっぱ1月中の完成は無理そうです (^_^;)フウ

2007年1月28日 (日)

ウェーブ(エコーキルト)完了!

サンプラーのボーダーのハワイアンのウェーブの部分のエコーキルトが完了しました!__140

(↑のカタカナだらけの説明、パッチワークに詳しい人じゃないと何のことやらわからないでしょうね(^_^;) )

今かなりの急ピッチで仕上げつつあります。

このままの勢いを保ったまま、最後まで突っ走りたいものです。

本当は1月中に終わらせたいのですが、多分どう考えても時間が足らないので、2月に入っちゃうかもしれないですが、いや!できるかもしれない!と自分にハッパかけてます。

__141 ときには夜8時台に寝てしまう私が、今日はなんとしてもエコーキルトを終わらせたくて、今午前1時前。

私にとってはものすごい夜更かしです。

ああ・・・やっと眠れる・・・。

今から夕食の片づけをして、明日の朝ごはんを仕込んで、寝るとします。

おやすみなさい<(_ _)>ZZZ

2007年1月27日 (土)

見つかった~!!

探し物が見つかりました~!!

昨年の暮れから行方不明になっていた腕時計。

結婚前働いていた頃、自分の給料で自分のために買ったお気に入りの腕時計が、見当たらなくなっていたのです。

いつもは玄関の靴箱の上に、外出するときにさっとつけられるように置いていて、帰ってきたらはずして置いておくようにしていたのですが、これがある日出かける時にはめようと思ったら・・・ない!

その前に出かけたときに電池を換えてもらったばかりなのに・・・。

多分はずしてどこか別のところにやってしまったか、もしかした・・・何かと間違って捨ててしまった・・・?

あちこち探しても見つからなくて、もう諦めかけて別の時計を買うしかないかと思い始めていました。

それが、今朝洗面所の横に置いてある、ヘアピンやゴムを入れておくガラスの器の中に金属の光がキラッと・・・!

まさか!と思って見てみたら、そこには見覚えのある腕時計が・・・。

もう、嬉しくて、嬉しくて・・・1人でじっと見つめて、握り締めて、『きゃあ~♪』と喜んでしまいました。

今年の初詣で引いたおみくじは大吉で、失せ物は“遅いが出る”と書いてあって、半分諦めつつ半分信じていました。

それが1月もまだ終わらないうちに出てきました!

バレエに行くのに髪の毛をまとめるときなどヘアピンやゴムを使っていたのですが、今日までそこに時計が入っていることに全く気がつきませんでした。

どうして今日見つかったのか、不思議で・・・、でも見つかったのだからもう何も言いません。

よかった~\(~o~)/

2007年1月26日 (金)

節分飾り

Photo_33 節分のミニタペストリーを飾っています。

大きさは28.5cm角。

刺しゅうの部分は『12か月のアップリケ図案集』(パッチワーク通信社)を参考にしています。Photo_34

この本、色々なアップリケの図案が載っていて、毎月季節を感じられるタペストリーを作られたらいいなと思っていますが、今のところこの1枚だけ。

あ、クリスマスの図案で刺しゅうして額に入れたものを2つ作ったけれど、友達にあげちゃったので今は手元にありません。

2007年1月23日 (火)

あとは仕立てるだけ

Photo_32 ハワイアンの経過も載せておこうかな。

エンゼルストランペットのほうのキルティングが終わりました。

ラメ糸を使ったので途中で切れないよう気を使いました。

あとはクッションカバーに仕立てるだけです。

後ろの布とファスナーを買ってこなければいけません。

サンプラーのキルティングを進めていたらキルト糸も残り少なくなってきました。__24

これは嬉しいですね(*^_^*)

で、今何をしているかというと、点字の宿題に追われています((+_+))

11月の終わりに渡された宿題を『ぼちぼちやっててね』と言われたのをいいことにほったらかしていたら、『できれば来週持ってきてくれるといいんだけど』と言われて\(◎o◎)/!・・・8/31にあわてて夏休みの宿題をやっている子供のようです(T_T)

やるべきことはさっさとやっておくべきですね。ガンバリマス・・・

☆ご連絡☆

コメントを書き込んでくださっている方々、ありがとうございます。

ブログを続ける元気の源です。

ところが、この頃コメント欄に書き込まれた旨のメールが届かないことが何件かありました。

一時的なものだと思うのですが、出来るだけチェックしてご返事しますので、『どうせ何も返事がないから』などと思わずに、何かしら書き込んでいただけるととても嬉しいです(*^_^*)

2007年1月22日 (月)

12分の11、12 そして ウェーブへ

__137 サンプラーのキルティングを進めています。

12分の11番目、メキシカンスターの回で作ったファーマーズ・ドーター

そして12分の12番目、コーンアンドビーンズ

のキルティングが終わりました。__138

これにてパターン部分のキルティング終了です\(~o~)/

続いて、ボーダーのハワイアンのウェーブのキルティングに入りました。

ウェーブのキルティングは好きなので、さくさく進んでいます。

__139 縫い代が重なって厚くなって縫いにくい、というようなことがないので針の進みも早いです。

日本各地のサンプラーを製作中の方々、長く続く作業なので息切れしそうになりますが、続けていれば必ず完成します!

私も頑張ります。

みんなも頑張って!(^^)!

☆追記☆

ハワイアンキルトの波紋みたいなキルトって、ウェーブじゃなくて、エコーでしたっけ?

2007年1月19日 (金)

パッチワーク展を見てきました

今日は、熊本県宇城市不知火(しらぬい)町の不知火美術館で開かれているパッチワークの展示会を見に行って、とても刺激を受けて帰ってきました。

『あ、こういうの私も作りたい』と思う作品がいくつもありました。

高等科のサンプラーも何点か展示してあったので、同じパターンでも色使いやキルトラインで雰囲気が変わるのが興味深くて、じっくり見比べてきました。

課題で自分も作ったことがあるクッションカバーなどもあって、『ここにもこうやって頑張ってる人がいるんだな(^^)』と感じて、うれしくなりました。

他にも『こういうの私も作りたい』と思う作品がいくつもありました。

たとえば、大きなハワイアンキルト。

布幅一杯をはぎ合わせていたので、多分2m角ぐらいの大きさだったと思います。

自分の家に飾ることや使うことを考えると、つい使いやすい大きさ(私の場合、飾るなら80cm角ぐらいかな?)のものを作ってしまいたくなりますが、美術館の大きな白一色の壁に飾られた大きなキルトはやっぱり迫力満点!

しばらく見とれていました。

そして一番いいなあ!と思ったのは、緑色とワイン色のグラデーションのダブルウェディングリングの大きなタペストリー。

6×7列で、大きさは幅が1.6mくらいだったでしょうか?

周りにはぶどうの蔓と実と葉っぱ、そして花がぐるりとアップリケしてありました。

グラデーションのダブルウェディングリングは、パッチワークを習い始める前からの憧れです。

私だったら周りは無地のボーダーをつけて、キルティングを細かく入れて、トラプントもして・・・なんて。

課題で製図もやったし、作るのもやったのだから、あとは大きさが違うだけ、始めさえすればきっと自分でもできるはず。

そう思って作りたくなっている私なのでした(*^_^*)

一度自分が作るつもりでいる予定作品をリストに書き出してみようかしら?

生きてる間に作れるのか?というくらいたくさんになりそうな気がします(^_^;)

きっとこれを読みながら、『そうそう、私もそうよ!』という人たち、いるんじゃないかな?

-----さて、最後に疑問です。-----

私が見ていると、サークルの方が(先生のようでしたが)展示してある作品の横に張ってある、作品名と作った人の名前が書かれた紙に、ひとつひとつ何を参考にしたのか書いた紙を貼っていっていました。

たとえば『パッチワーク教室No.○○参考』とか。

これって、書いてないとなんか問題があるのですか?

もちろんオリジナルです、なんていったら問題だと思うのですが、断らないとまずいものなのかしら?

展示会の経験がないので、その辺のところがよくわからない私です。

どなたか分かる方、あるいは自分のを展示するときはこうした、とか経験談があったら、教えてくださーい\(^o^)/

2007年1月17日 (水)

12分の10

ハワイアンのキルティングをしたい気持ちをぐぐっと抑えて、サンプラーのキルティングを進めました。__136

今日できあがったのはブレイジングスター

落としキルトのみで、四隅がぽかーんと開いているのが気になりますが、とりあえずこのままで先に進むことにします。

これでパターン部分の 12分の10 = 6分の5 が終了しました。

パターン、残すはあと2枚。

それが終われば、ボーダーへ。

よし、やるぞ。

でも、明日は午後から用事が・・・。

一日中でも縫っていたい気分なのに・・・(T_T)

2007年1月16日 (火)

ハワイアン 順調♪

Photo_29 引き続きハワイアンキルトを進めています。

アイリスはボーダーをつけてこんな感じになりました。

そして今日はエンゼルストランペットの方のまつり縫いが無事終了しました\(~o~)/

しつけ掛け状態の画像と見比べていただければ、土台布の中央のピンクの部分が見えてきて、輪染めなのがよくわかって、くっきりしたのがお分かりいただけると思います。Photo_30

勢いに乗ったまま、エンゼルストランペットとアイリスの両方のキルティング用のしつけ掛けをしてしまいました!

サンプラーはほったらかしです(^_^;)

もうこのままハワイアンのキルティングをしちゃいたい!

でも、もうずっーと講師科終了を先延ばしにしてしまっているので、サンプラーの方をちゃちゃっと終わらせて、すっきりしてしまわなきゃね。

Photo_31 でも、我慢できるかしら・・・?

輪染めのハワイアンは、前にameriさんのところで自分で染めた布で作ったハワイアンを見てから『私もいつか布を染めて作ってやるー!』と思っていました。

今回輪染めの布が手に入ったので念願のハワイアンに取り掛かったわけですが、あらためてameriさんのところを見ていたら、やっぱりきれい・・・。

'06年3/10のameriさんのハワイアンの写真を見てたら、今度はこんなの作りたいー!!とまた燃えてきてしまいました。

そうそう、エンゼルストランペットの方を手持ちのクッションの上に置いて、出来上がりをイメージしてたら思わず『ぐふふっ^m^』と声に出して笑ってしまっていました。

そばに誰もいなかったのが幸いでした(あとでダンナに『傍で見てたら気持ち悪いよね』と話したら、一言『確かに!』と言われちゃいました)。

肩が軽い\(◎o◎)/!

はっきり言って私はデブです。

どのくらいかというと、身長156cmに対して体重が63kgあります(きゃ~!恥ずかしいっ!)。

ただ今私の歴史上(妊娠中を除く)で一番おデブです。

結婚したときは51㎏だったのに。

しかも、バレエを始めてから最初はぐぐっと痩せたのに(締まったという感じ?いいときは53㎏)、

徐々に太り始め(たぶん『バレエやってるしー』、という安心感が曲者だったのでしょう)、

去年のお正月に60㎏の大台に乗り、『大丈夫、今だけでそのうち戻るさ』と思っているうちに年を越し(要するに1年間体重が元に戻ることはなかった・・・)、

そして、今・・・正直ヤバイです((T_T))

そんな私が手に取った本が

『田中宥久子の体整形マッサージ-美しき一枚皮-』 講談社

「この人の本、この頃よく見るなー。でも、どうせね・・・」と思いながら手にとってパラパラ見ていたのです。

すると、このマッサージ、なんか気になる。

どうしよう、買おうか買うまいか、えーい!家に帰って買おうか迷ってる時間があったら、今買って試してみた方が早いじゃん!と、1,000円以上の本は一度見ただけではほとんど買うことがない私が即買って、その夜早速マッサージをしてみたのでした。

これは・・・効きますよ・・・ぽかぽかしてきて体が気持ちいい!

まだ2日しかしてませんが、何がいいって肩が軽い!

縫い物をしている人はきっと常に肩凝りという人が多いと思うのですが、これはいいですよー!

私も肩凝りは当たり前で、首が回りにくかったり、肩の上げ下げがしにくかったり、この頃背中全体が硬くなってきて血の巡りが悪くなっているのを感じていたのですが、即効!肩も背中も柔らかくなったんです!

すると軽いんですよ、肩も背中も!

これを読んで『え、まじ?』と気になった方、ぜひ試してみることをお勧めします(別に出版社の回し者ではございません(^_^;))。

私もこのまま三日坊主にならないように、安心して油断しないように、気をつけて、もっと体を動かして、まずは60㎏台におさらばすることが今の私の目標です・・・!

2007年1月13日 (土)

ハワイアン継続中

アイリスのハワイアンのボーダー布が決まりました。Photo_25

多分幅8cmくらいでぐるりと縫い付ける予定です。

そして昨日はこれと一緒に、2種類目の輪染めの布を買ってきてしまいました。

予定外に出かけることが決まって、私はちょうどアイリスのまつり縫いが終わって、次の布を見たかったので大喜び♪

ところが、アイリスに使った布が私の一番好きな色合いの組み合わせだったらしく、なかなか決まりません((+_+))

Photo_26 そこで、グレーの布を使ったことがなかったのでグレーにピンク輪染めの布を先に決めて、それに会う色合いでモチーフ布のほうを決めました。

今度のはクッションカバーにする予定です。

前回勢いだけでモチーフ部分が土台布からはみ出しそうな大きさで作ってしまったので、今回はちゃんと仕上がりの大きさを頭に入れて布をカットしました。

Photo_27 今回のモチーフはエンゼルストランペット

私の中では、ハワイアン=エンゼルストランペット、と思ってしまうくらい象徴的なモチーフです。

順調にしつけ掛けも終わりました。

ところが、モチーフの外側のピンクの部分が結構たくさん残ってしまいました。

きれいな色だしもったいないので、これもまたいつかハワイアンの外側の布でうまく使いたいなと思います。Photo_28

え?サンプラーはやめたのかって?

いいえー、すごーくペースが落ちてますがちゃんと少しずつ縫ってますよ。

ただ、つい『課題が全部終わったら自分の好きなものを作っていいんだー\(^o^)/』と思ったら、『あれもしたかったし、これもしたかったし・・・』と他のものに手を出してしまっている私なのでした。

2007年1月11日 (木)

まつり縫い終了

Photo_24 先日から縫っていたアイリスのハワイアンのまつり縫いが終了しました\(^o^)/

モチーフの切込みが浅かったので、土台布の色がピンクに変わる部分が少ししか出なかったのが、残念((+_+))

これはもう仕方ないので(縫い直すのは嫌です)、次回輪染めの布でハワイアンを作るときには、もっとうまく作りたいと思います。

前回のしつけ掛けが終わった時点での画像と比べると、モチーフがはっきりしたのが分かるのでは?__23

先のことは考えずに始めてしまったので、ボーダーをつけるかどうか、つけるならどんな布でどれくらいの幅にするかなど、今から考えます。

さて、久しぶりにサンプラーキルトのキルティングを再開するとしますか。

2007年1月10日 (水)

おもしろかった♪

年末から読んでいた

『続 徳川家の夫人たち 上・下』 吉屋信子著 朝日文庫

を読み終えました。

いやー、面白かった。

前作『徳川家の夫人たち 上・下』は徳川三代将軍家光の侍妾、お万の方が主人公だったのですが、今作は時代が四代将軍から十五代将軍の時代へ、そして江戸幕府が倒れて明治となるまでで、それぞれの時代に活躍した女性が主人公でした。

当然、一人ひとりの記述はどうしても少なくなるのですが、大奥の様子が変わっていく様や、大奥に使える女性たちの考え方の移り変わり、大奥での色々な行事の様子などが詳しく書かれていました。

単純に 大奥=女の戦いの場所 というのではなく、女性がいかに自分の考えを政治に反映させようとしたかとか、時代の権力者たちとどうやって渡り合ってきたのかなどが描かれていて、大奥の中での“働く女性の物語”としても楽しめました。

今まで、いろんな女性が主人公の歴史小説を読んできましたが、歴史的な資料には女性についての記述が極端に少ない分、作者の描きたいようにいろいろ脚色できるので、ある小説では激しく対立した二人の女性が、別の小説ではとても仲がよく協力し合った、なんて書かれていることもあって、そこに作者の好みや考え方が出ていて面白いと思いました。

今回、途中読めない漢字や、意味のわからない語句などいくつもあったのですが、そのたびに辞書を引いているといつまでたっても読み終わらないので、調べずに飛ばしながら読んだので、意味のわからない部分もありました。

できればもう一度、今度は分からない箇所を調べながら読み進めていけばもっと面白くなるのだろうと思います。

でも、私は一度読んだ本は読み返すことがほとんど無いので、きっとこのままになることでしょう(^_^;)

この作品、字が小さいし、長いし、読みにくい漢字も多いですが、大奥に興味のある人にはお勧め!です。

これは何?

__22 少し前に、上の階の奥さんが

『これ、あげる。水にさしておいたら根っこが出てくるから。そのうち可愛い白い花が咲くよ』

と言って葉っぱのついた茎をくれました。

言われたとおりさしているとどんどん根っこが出てきました。

すくすく大きくなってきたので、鉢に植えました。

鉢に植えてからもすくすく大きくなってきています。

Photo_23 でも、これって何?

自分で調べればいいのでしょうが(^^ゞ、ご存知の方教えてください。

サトイモの葉っぱに似ています。

一体どれくらい大きくなるのかしら?

いつになったら花が見られるのかしら?

冬の朝焼け

07_01_09_ 昨日の朝の景色です。

冬の雲が朝日に照らされて、とてもきれいな景色でした。

辺りは一面、霜で覆われていました。

多分このとき気温は零下だったでしょう。

2007年1月 8日 (月)

母から絹手縫い糸をもらう

私の母は以前和裁の仕立てをしていました。

なので、絹の手縫い糸をたくさん持っています。

小学生のころなど、手芸店に『絹手縫い糸の○番と○番をください』とお使いに行ったものです。

先日NHKの『おしゃれ工房』を見ていると加賀指ぬきの作り方をやっていました。

指ぬきを作るのに使う絹手縫い糸を母が持っていることを思い出して、『作ってみたいから、何色か分けて♪』と言っていました。

すると先日帰省した際、全部私にくれました。__21

『お母さんも、年を考えると色々整理しなきゃいけないと思ってさ』という母の言葉には寂しさを感じましたが、ありがたくもらってきました。

そして今日、使いやすいよう糸を整理しました。

着物の生地に合わせて買った糸は微妙な色の違いがあり、たとえば赤一色をとっても、黄みがかった赤や、青みがかった赤などいろいろな赤があります。

そして絹糸独特の艶と色の美しさを感じて、見ているだけで嬉しくなってしまいました。

今はサンプラーキルトを完成させることが最優先なので(脱線してハワイアンを作ってるけど(^_^;))、指ぬき作りはしばしお預けです。

でも、うまく作ることができたら最初にプレゼントするのは母と決めているのでした。

--------------------------

この頃パソコンの画面を長時間見ているとひどく目が疲れるようになりました。

無理して視力が落ちたら大変なので、あまり長い時間パソコンを見ないようにしようと思っています。

そんなわけでいろいろなところに新年の挨拶にも伺っていない次第です。スミマセン<(_ _)>

書き込みはしていませんが、ひそかにチョコチョコとお邪魔はしてますので、皆様の素敵な作品作りなど見させてくださいね (^^)/

2007年1月 4日 (木)

引き続き、折ってます

__19 昨日に引き続き折り紙でバラを折っています。

昨日はサイトの写真を何度も見直しながらでしたが、今日は見ないでもできるようなりました。

セロファンの折り紙で三色のバラ

セロファンは見た目には光っててきれいなのですが、写真で再現するのは難しいですね。

折ってるときも裏と表の区別がつきにくいです。

やっぱり最初は普通の折り紙の方が折りやすいですね。__20

もう一つは中心が薄くぼかしになっているピンクの折り紙で折ってみました。

ぼかしになってるの・・・分かりにくいですね、残念。

さて、私が参考にしたサイトはこちらです。

折る工程がたくさんの写真で詳しく説明してあります。

折ってみたいと思われた方はぜひ挑戦してみてください(^^)

2007年1月 3日 (水)

折り紙でバラを折ってみる

12/31付け読売新聞に『大人の折り紙』という見出しの記事が載っていました。

その中に折りバラについて書いてあり、写真がきれいで『折ってみたい・・・!』と思った私、__17インターネットで調べてみました。

すると、ありがたいことに折り方を詳しく紹介しているところがあり、早速折ってみました。

それがこれ♪

バラに見えるでしょうか?

普通の正方形の折り紙を使って、切れ目も入れてないし糊も使わず、そのまま折ります。

まずは大き目の包装紙を使って試作をしてから、普通の折り紙で折ってみました。__18

写真を撮っているうちに、ただクシャクシャにした紙の塊に見えてきて、自分でもいいのか悪いのか分からなくなってしまいました。

川崎敏和さんという方が考えた『カワサキローズ』というものを、折りやすくしたものらしいです。(すごい人がいたもんだ)

↑の川崎さんが書いた折り紙の本もあるらしく、買おうかどうしようか迷っているところ。

何だかもっとバラらしいのです。花びらも多くって・・・。

あちこちサイトを見ていたら、折り紙にはまっている方々もたくさんいらして、どこの世界も奥が深いな~と感心したのでした。

雪遊びのタペストリー

__15 玄関前のスペースに自分で作ったものを飾っています。

クリスマス飾りを片付けたあとに冬のタペストリーを飾りました。

まずは雪遊びのタペストリー

この布はもらいもので、雪遊びをしている子供たちの柄なので、もらったときからこの柄を生かしたものを作りたいと思っていました。

昨シーズンのの冬のPhoto_22終わりに、なんとか間に合うよう作ったものです。

←キルティングしたら、雪だるまも子供たちもふっくら立体的になりました。

ボーダーの濃い緑の布のところには丸を何個もキルティングしてあります。

もう一つは椿のステンドグラスキルト

教室の課題でステンドグラスキルトを作るのに、このデザインを選んで作りました。

『パッチワーク教室 no.66』に載っていたものです。__16

本では白い椿でしたが、手持ちの赤い布で赤い椿にしよう!と即決でした。

結果、自分好みにできてお気に入り♪です。

2007年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします<(_ _)>

皆様どんなお正月をお過ごしですか?

__14 さて、我が家のお正月の飾りで必ず登場するのがこのうさぎちゃん。

うさぎ年に飾るのが一番ぴったりなのでしょうが、鏡餅うさぎなのでなに年でもいいかなと毎年飾っています。

このうさぎと後ろのお正月のミニタペストリーは、『COTTON TIME とびっきりシリーズ③ タンタくんも応援します はじめての布の手作り12か月(私のカントリー別冊)』に載っていたものです。

パッチワークに憧れていた頃に買った本で(裏表紙を見たら1999年9月20日発行と書いてあります)、このミニタペを作るために初めてキルト綿というものを買いに行きました。

キルト綿というのがどういうものなのか見当もつかなかった頃です。

うさぎの方は2年くらい前に作りました。

うさぎの周りには小さい十二支がぐるっと並んでいて、今年の干支の亥が一番前に出ています(画像をクリックすると大きくなります)。 

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »