フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の28件の記事

2007年5月31日 (木)

5月に読んだ本

『ささら さや』 加納明子著 幻冬舎文庫

子供が生まれたばかりで夫を亡くした女性と、彼女をそばで見守る亡き夫、さらに彼女を取り巻く個性豊かな人たちとの物語。

ファンタジーだから仕方ないのだけど、どうも感情移入できず読後の感想が『ふーん』という感じでした。(5月6日)

『失はれる物語』 乙一著 角川文庫

8篇の短編集、といっても数ページだけの短いものや、文庫の約3分の2ページ分を占める話など話の長さはばらばら。

最初の『Calling You』は『きみにしか聞こえない』という題名でこの夏映画が公開されるそう。

どれも少し悲しくて切なくて、でも希望は残っていて、ファンタジー的な話。

どの話も私のツボにぴったりはまって、お気に入りの1冊になりました。

乙一の話はだいぶ前にデビュー作の『夏の花火と私の死体』を読んで以来2冊目。

この後乙一にはまりそうです。(5月14日)

『「狂い」のすすめ』 ひろ さちや著 集英社新書

帯の“人生に意味なんてありません。「生き甲斐」なんてペテンです。(本文より)”という言葉が気になって手に取りました。

考え方のベースに仏教の教えがあるようで、でも、最終的に今いち内容が頭に入りきらなかったのでもう一回読んでみようと思っています。

とりあえず、人生の意味やら生き甲斐やらを考えて真面目くさって生きるもんじゃありませんよ、と言っているのでしょうが・・・それだけじゃないでしょうし・・・よく分かってないです、私(-_-;) (5月19日)

『生きるなんて』 丸山健二著 朝日文庫

題名にひかれて手に取りました。

全部で11章に分かれていて、すべて“○○なんて”という書き出し。

最終的には“自分で考え、自分で決めろ”というメッセージだと思いました。

当たり前といえば当たり前のことが書いてあるので『だから何』という感想を持つ人も多いかと思いますが、私は特に“才能なんて”“仕事なんて”“不安なんて”の三章が面白かったです。

当たり前のことが結構難しかったりするのでは・・・?(5月21日)

『平面いぬ。』 乙一著 集英社文庫

3冊目の乙一の本。

この前に読んだ『失はれる物語』がびったし私のツボだったので、それからするとちょっと物足りなかったような気がします。

それでも読んでいて情景が浮かぶし、この先どうなるのかしら?と気になってどんどん読んでいく、という感じで面白かったです。

全体的にもうちょっと深みがあるといいかな、なんて思いました。

さあ、乙一作品次は何を読もうかな?(5月27日)

『暗いところで待ち合わせ』 乙一著 幻冬舎文庫

4冊目の乙一の本。確か映画化されたと思うのですが。

警察に追われている男が目の見えない女性の家にだまって勝手に隠れ潜んでしまうお話(あとがきで著者が書いているまんま)。

読んでる最中は『どうなるのか?どうなるのか?』と気になってどんどん読み進みましたが、読後はなーんか物足りないような。

面白いとは思うんですけどね。

どうも『失はれる物語』が私の好みにどんぴしゃだったのでそれを越えられないでいるような感じがします。乙一ワールドにも慣れてしまった感が…(5月31日)

まち針がいっぱい

ダブルウェディングリングのパイピング中です。Photo_111

カーブなのでズレないようにまち針をいっぱい打っています。

別にこんなに細かく打つ必要はないと思うのですが、変なしわが寄ってしまって縫い直し((+_+))なーんてなるのが嫌なだけなのです。

無事縫い終わったので後は裏に折ってまつり縫いです。

哀しきエンゼルストランペット(T_T)

先日植え替えや追肥をして成長を楽しみにしていたエンゼルストランペット、鉢植えの方はすくすく順調に成長しています。

地植えのエンゼルストランペットの方はちょっと前からすぐそばに気になる穴があったのですが、今朝見てみたらそれが蛇の巣の穴ということが分かりました\(゜ロ\)(/ロ゜)/

春先に植え替えようとそのエンゼルストランペットの周りをザックザックと掘り返していたのですが(結局根が深くて諦めましたが)、そのときその土の中には冬眠中の蛇がいたのかしら? 怖いよ~(T_T)(T_T)(T_T)

私、蛇は…だめなんです(T_T) 怖くて仕方なくて… もう、近寄れません(T_T)

そこはちょっと目を放すと草がぼうぼうに生える場所、今年はちゃんと手入れをして花をいっぱい咲かせようと思っていたのに…もう入れません…これからエンゼルストランペットは草ぼうぼうの中に埋もれてしまうことでしょう…ああ、哀しきエンゼルストランペット(/_;)

2007年5月30日 (水)

ダブルウェディングリングキルティング完了!

Photo_109 フリーズしたパソコンのように止まっていたダブルウェディングリングのキルティングですが、いざ始めたらどんどん進んで、キルティングが終わりました!

しつけも取りました!

この後計画ではトラプントですが、とりあえず完成させたいので先にパイピングを済ませようかと思っています。

別にトラプントは後でもいいよね。

心配なのは結局トラプントをしないままになりそうなこと(^^ゞ

ああ、今日は疲れた・・・さあ寝ようっと。Photo_110

(この向きで見るとリングの角ばっているのが強調されるような気がします→)

2007年5月29日 (火)

いかがでしょう?

先日近所の喫茶店にキルトを飾らせてもらったのですが、今日やっと写真を撮りに行って2_1きました。

こんな感じです。

いかがでしょうか?(ちょっと暗くてすみません→)

先日『売ってくれって言われたらどうする?』との問いに『いやー、手放せないです(*^_^*)』と答えていたのですが、今日『やっぱり欲しいって言われたわよ』ですって\(◎o◎)/!

ヨットのダブルウェディングリングが欲しいと言われたそうです。

1_1前にパッチワークの先生との会話で『10万円くれるなら考えるかも♪』なんて冗談で話したことがあったのですが、さすがに今日は『じゃあ10万円で』なんて言えませんでした(^_^;) (これは課題で作ったものだからほんとに手放す気がないし)

作ったものが売れるなら嬉しい限りですが、思い入れが強すぎて値段をつけられません。

相場もてんで分からないし、手間賃を考えたらどれだけになるか…(・_・;) かといって安い金額つけて『そんなもの』と思われるのも口惜しいし。

なーんて、この話はここまでにして、これから“キルトを展示してます”のお知らせのチラシを作って近所のスーパーなどに貼ってもらおうかと考えています。

せっかくだからたくさんの人に見て欲しいもんね(*^_^*)ヘヘヘ

朝一でティッシュカバー作り

朝起きてネットであちこち見ていたら気になるティッシュカバーの作り方を見つけました。

子供たちを送り出してから、早速作ることに。

作り方はこちらをご覧ください→http://nomonomo-cake.cocolog-nifty.com/photos/sakuhinn/_030.html

005004  リバーシブルなので、ダブルウェディングリングに使った布の残りでこんな風に縫い合わせました。

くるみボタンを使うのですが、くるみボタン作りのセットが行方不明(ーー;)

ちょうどいい色合いのボタンがあったのでそれを使うことにしました。

で、出来上がりはこんな風。 いかかでしょうか?

002009  リバーシブルだけど同じような感じになっちゃいました。

我が家のリビングには常時2つティッシュを置いてあるので気が向いたらもう一つ作ろうっと。

★★追記★★011

昼からもう一つティッシュカバーを作りました。

今度は裏も表も布は同じはぎ方にしました。

表と裏で柄の出方がちょうど反対になります。

017018 

2007年5月28日 (月)

ぬり絵 ぬりぬり

『毎日チクチク』のmidotanさんが素敵なキルトを作られました。

直線だけで縫い合わせているのに曲線が浮かび上がって、丸いキルトラインがぴったり合ってとてもきれいなのです。Photo_108

今すぐ真似して作りたいのですがそういうわけにも行かないので、塗り絵をしていました。

以前講師科の課題で配色の勉強をしたカレイドスコープ。

★カレイドスコープ(万華鏡)とは:パターン名ではなく、配色の仕方で大小の円が重なり合って組み合わされた現象のこと★

納得できるものはできませんでしたが、とりあえずここまで。

塗り絵の段階でうまくいっても、実際布で配色をするのは難しそう。

グラデーションで大作、昔からの憧れです(*^_^*)

2007年5月26日 (土)

風車完成♪

Photo_105↓の記事で書いた通り完成の記事を書くべく頑張りました。

パイピングで止まっていた風車が完成しました\(^o^)/(写真が今いちなので後で差し替えるかも)

正直もう見飽きました(ーー;)

パイピングが済んでピシッと締まったような気もしますが、別段変わってないような気もします。

“変化を感じる”という楽しみはやはり布を縫い合わせるときが一番ですね。Photo_106

これで、『やらなきゃならないことメモ』を赤ペンで一つ消すことができました。

次の最優先でやらなきゃならないことはダブルウェディングリングのキルティングです。

今は前回写真を載せたままの状態です。

Photo_107残りはそんなに時間がかかる量ではないので引き続きこつこつ縫おうと思います。

2007年5月25日 (金)

皆さんすごいですなぁ

よくあちこちブログを覗いているのですが、気になるものがあったら“お気に入り”に登録しています。 で、毎日のようにチェックしているのですが(暇人ですね~(-_-;))見れば見るほど感心します。

どんどん大作を完成させる方、いろんな小物を次々に完成させる方、課題を確実にこなしている方など、こつこつ縫い物を進めている方の多いこと。

それに比べて私はパソコンの前に座ったが最後、気がついたら結構な時間が過ぎていたり、買い物に出かけてはあちこち寄り道してみたり…これじゃあ作りかけのものがいつまでも片付くはずがありません<(`^´)>

パッチワークはコツコツの積み重ね、細切れ時間をうまく使えるかどうかで進み具合が大きく違ってきます。 ここいらで気分を入れ替えて上手にコツコツ進めていかなきゃね!

次回の記事は何か完成したお知らせにしたいもんです。

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

今度あるサークルで手芸を教えることになりました(といっても年に数回ですが)。

昨日その顔合わせがあり、講師の紹介ということで前に出てマイクで挨拶というものをしてきました。

あらかじめ何か一言話してくださいといわれていたものの、いざマイクを手にするともう緊張で頭がパニック! 名前を言った時点で頭が真っ白、結局とってもぐずぐずの挨拶になってしまいました。

もともとサークルの目的がかしこまったものではなく講習もフレンドリーなものにしたいという話だったので、ま、これでよかったかもな(^_^;)と自分を慰めたのでした。

次回はいよいよ教えることになります。それも初めて会う人たちに・・・今から考えてると心配で夜も眠れなくなるので、日にちが迫ってくるまでは深く考えないようにしたいと思います(-_-;)

2007年5月24日 (木)

福岡で開催されるんですね!

昨日先生に教えてもらったのですが、インターナショナルキルトウィークが福岡で開催されるんですね!

12月の6日(木)~8日(土)の3日間だそうですよ。

大きなキルト展に行ったことがない私。

東京ドームであるキルト展のフレンドシップキルトにも『見に行けないし』と応募したこともありません。

これはぜひ行かねば!

応募できるものがあれば応募しなければ!

ヤフードームで知らないうちにブログでやり取りしている誰かとすれ違ったりするかもしれませんね(*^_^*)

あーワクワク♪ 今から楽しみです。

2007年5月22日 (火)

今はこの辺

ぼちぼち縫い物が進んでいます。

Photo_103 ダブルウェディングのキルティングは今はこの辺り。

見た目は3分の2、実際は4分の3くらい終わったというところでしょうか。

実は途中3日くらい触りもしなかったのですが、その割には順調です。

そして、風車のタペストリーの方はずっとほったらかしていたのですが、今日何となく進めたくなってパイピング用の布をカットしてパイピングも始めました。Photo_104

が、何だかすごく目が疲れてきたので今日はこの辺でストップ。

週末出かけた疲れが取れていないようです。

疲れが取れるのに時間がかかるようになったのを感じる今日この頃です(T_T)

☆画像はクリックすると少し大きくなります☆

2007年5月20日 (日)

カテゴリが増えました

新しく“縫い方紹介”というカテゴリを作りました。

私は『これは・・・!』と思う縫い方を知ると作りたくなります。

そういう縫い方を紹介した記事がいくつかあったので、それが一まとめに出てくるようにカテゴリを作りました。

“紹介”と銘打っていますが、思いついた勢いで作った試作も含みます。

何の役にも立たないかもしれませんが、パッチワークをする方の何かヒントにでもなればと思っています。

これからも新しい縫い方に挑戦したらどんどん書いていこうと思っていますのでお楽しみに(*^_^*)

2007年5月18日 (金)

飾らせてもらいました♪

今日はひとついいことがありました。

近所の喫茶店にキルトを飾らせてもらってきました!!

そこは自宅の敷地内に建ててある石倉の喫茶店で、飾らせてもらったのはヨットのダブルウェディングリング変形ログキャビンフェザースターの三点。

特にダブルウェディングリングは我が家には飾るスペースがなくてしまいこんでいたので、石倉の広い壁に飾らせてもらって、もう…感無量!

三点を眺められる場所に腰掛けてコーヒーをいただいて帰ってきました。

その時間を過ごせただけで、もう満足。

誰かに見てもらえるかな?お客さんいるかな?なんて思ってましたがそんなのどうでもよくなりました。

残念ながらカメラを持っていっていなかったので(私の携帯は画素数が低すぎて×)今度撮ってきたら載せますね。

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

↓の記事に書いた本、やっぱり買ってきました(^_^;)

『はじめてのレース編み 四季のレースパターン100』(朝日新聞社) です。

それぞれの季節に編みたいものがありますが、特に気になるのは夏と冬。

糸も編み針もあるけれど、果たしてここで脱線せずにぐっと我慢できるでしょうか?!

ぐっと我慢のしどころ

先日本屋でレース編みのパターン集なるものを見ていました。

するとパッチワークのパターンに似たものを発見!

レース編みは細かすぎて性に合わないので細めのサマーヤーンとかで編んで、パッチワークのパターンと組み合わせてタペストリーにしたらなかなかいいんじゃない?! とアイディアがむくむく↑↑↑↑↑と広がりました。

でも、『今はがまんがまん』と本を買わずに帰ったのですが毎日気になるのでまた今日も本屋に見に行ってきます。

多分買うだろうな。もう本はたくさんあるのに・・・。

ああ、また“他のものを始めたい病”の症状が出始めました(-_-;)

ここがぐっと我慢のしどころです。

☆ダブルウェディングリングのキルティングはちゃんと進んでますよ(^^ゞ☆

2007年5月16日 (水)

今はこんな感じ

昨日キルト綿と裏布を買ってきて、トップにしわが寄らないうちにしつけ掛けまで終わらせPhoto_101ました。

で、キルティングを始めました。

キルトが入るとぷくぷくと柄がはっきり浮き出てきて楽しくなります。

途中でサボらなければ意外と早く仕上がりそうです。

ちょっと整理しようと、“今やらなきゃならないことメモ”を作りました(きったない字ですね(-_-;))。

終わらせたものからどんどん赤ペンで消していきます。

Photo_102 クリスマス物が2つもあります。

年内に全て出来上がっていたら上出来です。

2007年5月15日 (火)

だいぶ進んで

昨日のダブルウェディングリング、だいぶ進んでピースワークが終わりました。

Photo_96Photo_97  昨日の状態からまず3列につないで、次にそれを合体してピースワーク完了!

ちなみに裏の縫い代はこんな風に倒してます。↓

交点部分は縫い代が集まるし、後からの縫い代の倒し方を考えて縫わなきゃならないので要注意。

とか何とか言いながら実は最初よけておかなきゃならない縫い代を一緒に縫いこんでい たので、後から『げっ!これじゃうまく倒せない』と気がつきました。Photo_98

ほどいて縫い直すのはしたくなかったので、縫いこんでしまった縫い代にちょこっと切り目をいれて引っ張り出して、何もなかったことに…。

次はちゃんと気をつけて縫ったのでばっちりでした。

こういう縫い代の倒し方がめんどくさいところが“パッチワークってめんどくさくって難しいもの”というイメージにつながってしまうのでしょうね。Photo_99

アイロンをかけて、キルトラインも書きました。

いつもはしつけ掛けまでしてから書き込むのですが、今回はずれそうだったので先に書くことにしました。

さあ、これから裏布とキルト綿を買いに行ってきます。

布もキルト綿も中途半端なサイズのものはどんどんたまっていくのですが、こういうときにこれだ!というストックがありません。

Photo_100 もう少し余裕ができたら小物をどんどん作ってキルト綿を消費していこうと思っています。

☆レイアウトが最悪ですね(-_-;) 読みにくくてごめんなさい

2007年5月14日 (月)

少ーし進んで

何かとばたばたしていて縫い物が進んでいなかったのですが、ダブルウェディングリングのピースワークは少ーし進んでここまで合体しました。Photo_95

次はこれを横につなぎ合わせて3列にし、さらにそれを合体していきます。

ちなみに先日キルティングが終わった風車はパイピング待ちのまま置きっぱなしです。

やってしまえばあと少し、とわかっているのにどうして止まってしまうのでしょう?(もちろん縫わないからなのですが)

ちょいと脇に置いた時点ではそんなに長いことほったらかすつもりはないのに、気がつくと長いこと過ぎているという…。

私の場合は、やり始めたらガーッと一気に進んで、ちょっと休むつもりがパタッと縫わなくなるというパターンが多いのですが、皆さんはそういうことないですか?

ハワイアンのクリスマスタペなんてしつけ掛けまでは早かったのに一針も進まないまま2ヶ月過ぎてしまっています(-_-;)

2007年5月11日 (金)

この本 気になる

昨日ネットをうろうろしていたら気になる本を見つけました。

本屋に行ったら現物があって中を見ることもできました。

それは何の本かというとこれ→http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07184848

この頃こういうのはやってますよね。

手芸本の中では安い方だし、買ったからといって必ず何か作らなきゃいけないということもないのでしょうが、貧乏性なのでしょうか?実際作らなきゃもったいないような気になってしまいます。

でも、作っても実用品ではないんですよね。

飾ってると可愛いけど埃がたまるし・・・。

ああ・・・でも気になる・・・。

でも今月はキャシーさんの新刊本も出るそうで、あとで『あっちじゃなくてこっちを買いたかったのに』と思うかもしれないし。

どんどん本が増えてるから何でもかんでも買うわけには行かないし。

でもなんだかんだ言っても、こうやって『あーん、どうしよー<(`^´)>』って思ってるのが楽しかったりするんですよね。

と、ここでひとつ気がついたことが・・・上の本のページの右下のこっちの本は実用品が作れるんですって。

いやーん、どうしよー<(`^´)><(`^´)>

2007年5月10日 (木)

今年のエンゼルストランペット

エンゼルストランペットを2株育てています。

一昨年はきれいな花がいくつも咲きました。

でも昨年は水やりもせず肥料もやらなかったので一つも花が咲きませんでした。

九州とはいえ内陸なので冬は霜が強く氷点下になることもしばしば、2株ともすっかり枯れ木のようになっていました。

今年はちゃんと手をかけようと、先日小さい方の株は鉢に植え替えて目の届くところに置きました。

大きい方の株は意外と根が張っていて掘り返せなかったのでそのままで、肥料をやって回りの草取りをしました。

するとどちらも葉っぱが出てきました(左が鉢植え、右が地植え)。

今はこんなに小さい葉っぱだけですが、生命力の強い木ですからこれからどんどん成長することでしょう。

花が咲く日が楽しみです。

Photo_92Photo_93

Photo_94去年植えたブルーサルビアの花も咲き始めました♪

昨日はきつかった(-_-;)

昨日の朝のことですが、起きた瞬間左のこめかみに“ツキーン・・・”という痛みを感じました。

もともと偏頭痛持ちなのですが、朝目覚めと同時の痛みは気分が落ち込みます↓↓↓↓↓

普段しばらく様子を見て痛みが治まらないと判断したときには早めに痛み止めを飲むようにしています。

この判断をしそこなって薬を飲むのがうっかり遅くなってしまうと、薬が効くまで時間がかかって、その間に頭がドックンドックン脈にあわせて痛むようになり、ひどいときには吐き気を催します。

で、昨日も『こりゃだめだ・・・』と痛み止めを飲んだのですが、頼まれもののニットの直しがあったので痛みが治まらないうちに作業を始めました。

細かーい作業で肩・背中から首までがちがちになってしまい、結局痛み止めも飲んだ甲斐なく(そりゃそうですよね)、結局昼前にもう一回薬を飲み、ゆーっくりシャワーを浴びて頭・肩・背中をほぐし、しばらくボーっとして、楽になってから作業を再開しました。

幸い作業も終わり、ほっとしたのもあったんでしょうね、昨日の夜は早めに寝て変な夢を見ることもなくぐっすり眠れて、今朝はすっきりした目覚めでした。

頭の芯の部分に痛みの名残はありますが今日は普段どおり過ごせそうです。

大体頭痛は肩こりからくることが多いのですが、ここ1年位前からでしょうか、風邪の引き始めが肩こりのような痛みとして現れるようになりました。

以前はまず喉の痛みが出ていたので早めにうがいをしてのど飴をなめることでひどくなる前になんとかしていたのですが、肩こりは日常茶飯事なので『あー、肩凝ったなあ、痛い痛い』と思っていると一気に体調を崩すというようになりました。

体も年を取るにつれて少しずつ変化しているようですね。

☆追伸☆

 以前『お年寄りってなんで病気の話ばっかりしてるんだろう?』と思っていましたが、人と話すときに確実にそういう話題が少しずつ増えているのを感じて恐怖を感じている今日この頃です(-_-;)

2007年5月 7日 (月)

カテドラルつながり

カテドラルウィンドウの記事を書いたつながりで以前作ったバッグを載せることにしました。

Photo_90課題でカテドラルウィンドウを作ることになり、『パッチワーク教室No.56』の71ページに載っているこのバッグを作ることにしました。

確か持ち手が先に気に入って、それに会う色合いにしたような気がします。

初めてのカテドラルウィンドウでいきなり土台布を40枚巻きかがりでつなぐ大変さに後で気づき『げっ!!』と思った覚えがあります。

しかも飾り布を乗せてまつり縫いが終わった後にさらにバッグの仕立てがあって苦労しPhoto_91ました。

これは習いに行っていなければ完成しなかっただろうと思います。

内側のポケットも当時持っていたバッグを真似して丁寧に作っています。

今のほうがずっと手抜きをしています(^_^;)

2007年5月 6日 (日)

手抜きカテドラル完成!

11 飾り布をまつりつけて、丸小ビーズを縫い付けて、手抜きカテドラル完成しました!

ちなみにこの飾り布に使った布は100均で売ってたもの。

大きさは21.5cm角。

7.5cm角に折ったものを3列×3段つないだので 22.5cm角になる予定でしたが、折るうちに誤差が出てきたらしく全体で1cm小さくなりました。12

思っていた通りにできて満足満足。

但し使い道は決まっていません(^_^;)

2007年5月 5日 (土)

手抜きカテドラル

1 2昨日ふとカテドラルウィンドウを手抜きで作れはしないかと思いついて、風車のタペストリーが完成間近にもかかわらず、ほっぽり出して始めてしまいました。

まずは手持ちの布で縫い代込み16.5cmで9枚(3列×3段にしようと思って)カットしました。

それを中表に半分に折って両サイドを縫い代7mmで縫いました(縫い代の幅はミシンの押さえ金に合わせました)。

34度はそれを開いて、さっき縫った縫い代が互い違いになるよ5 うにあわせて(縫い代を割って縫い合わせてもいいけど、片倒しのほうがずれにくいような気がして)、ズレないように気をつけて、返し口を残して縫いました。

6 縫ったところが×(ばってん)になるよう7に形を整えて、縫い代を整えます。

それを返し口から表に返します。

返し口はホントは縫った方がいいのだろうけど、あとで見えなくなるし、なんつったって手抜きがテーマなのでそのまま。

8 で、角を中心に合わせて折って、アイロンで折り目をしっかりつけます。

気分は折り紙ですね。

で、これを折り目を背中合わせにしてミシンで縫い合わせます(写真は3枚縫い合わせたもの)。

9同じように2列作って、今度は列と列とを縫い合わせて、9枚それぞれ角を中心に糸で留めたら手抜きカテドラルの土台ができました\(^o^)/

☆画像はクリックすると少し大きくなります☆

こんなやり方、邪道なんでしょうね。

でもいいじゃん、面白かったから。

10説明が分かりにくいと思いますが、真似っこする人はいないだろうと思って書いてますのであしからず(レイアウトもむちゃくちゃで順番が分かりにくいかもしれませんが、これまたあしからず)。

でもこれ、ただ作りたくて作ったので完成しても使い道がないんだよね(^_^;)

とりあえず完成したら載せますのでお楽しみに(楽しみにしてる人なんかいないんじゃないか?)。

2007年5月 4日 (金)

シュークリーム作り

連休中ですが、今日はあいにくの天気です。

朝は弱い雨だったのですが、昼前から本降りに、そして雷も鳴り始めました。

そんな中、子供と一緒にシュークリーム作りをしました。

図書室で借りてきた本がシュークリームを作る話で、分量や作り方も載っていたので作ってみたくなったようです。

『わかったさんのシュークリーム』 寺村輝夫作 永井郁子絵 あかね書房

 わかったさんのおかしシリーズ・2 とあるので、他のお菓子が出てくるお話もあるのでしょう。)

うまく膨らむか心配でしたが、しっかり焼いたのでしぼむこともなくばっちり♪

カスタードクリームは以前裏ワザでやっていた、ホットケーキミックスをいれて電子レンジで作る簡単に失敗なくできるやり方で作りました。Photo_89

実は分量や作り方を書いたメモをなくしてしまっていたのですが、インターネットで調べたらすぐ分かりました。 便利ですなあ。

シューの絞り出しとクリームを詰めるので絞り袋を使ったのですが、最後の方は子供もずいぶん扱いに慣れていたようです。

仕上げにパウダーシュガーを茶こしを使ってふりかけたら まあ♪美味しそう♪

そして食べてみたら・・・うーん美味しい♪ あっという間になくなりました。

風車のキルティング完了

あともう少しでキルティングが終わるところになって止まっていた風車ですが、今日やっと終わりました。

Photo_88 しつけをとるとキルトラインがはっきりしてうれしくなります。

このあと、周りをえんじ色の布でパイピングします。

パイピング幅は1cmの予定です。

今からバイヤス布をカットしなければ。

2007年5月 3日 (木)

4月に読んだ本

『地下鉄(メトロ)に乗って』 浅田次郎著 講談社文庫

映画化もされた作品。

最初は何だか読みにくかったのですが、途中からだんだんスピードアップ。

みち子の選択が悲しかった。(4月7日)

『ファースト・プライオリティー』 山本文緒著 角川文庫

登場人物(主人公だったり、脇に出てくる人物だったり)が全て31歳の全31作の短編集。

迷っていたり、壁にぶつかっていたり、ふとしたことに気付いたり、という日々の出来事を書いたもの。

31歳のときに読んでいたらもっと違う印象を受けたのかな?(4月17日)

『ポプラの秋』 湯本香樹実著 新潮文庫

主人公が、ある1本の電話をきっかけに、小学1年で父親を亡くして母親と二人で暮らし始めたポプラ荘での日々を回想しながら進む話。

なんといっても、ポプラ荘の庭の景色や、ポプラ荘の大家のおばあさんの様子が色鮮やかに目の前に広がるようで、読んだ後に“本を一冊読み終えた”というよりは“美しい風景を覗いていた”という感じでした。

前に『夏の庭』(映画化されたはず)も読みましたが、主人公の心の中の描写もいいけど、主人公がいるその景色を感じられる作品を書く人だな、と思いました。(4月20日)

以上4月に読んだ本の記録でした。

2007年5月 1日 (火)

はや1年

5月か…と思っていてふと気がついた。

ブログを初めて1年経ったんじゃないか?!…と。

調べたらブログ初日は1年前の4月21日でした。

気がつかないうちに1周年を迎えていました。

その間に無事パッチワークの講師科を修了して、いろいろな方と交流をもてました。

見てくださってる方々、ありがとうございます。

そしてこれからもよろしくね(^_-)-☆

たい焼き うまかった♪

昨日は熊本市内のデパートのビーズの展示会を見に行ってきました。

現在活躍中のビーズ作家コーナー、スワロフスキービーズのコーナー、そしてコンテスト入賞作品のコーナーと分かれていました。

ビーズ作家コーナーでは『へえ、こんなやり方があるんだ』といろいろな手法やビーズ、ガラス玉のいろいろな種類が見られて少し物知りになった気分に。

スワロフスキーのビーズコーナーでは、とにかくキラキラ光り輝くビーズの美しさにため息…。

そしてコンテスト入賞作品コーナーでは、選者のコメントに『フムフムなる程』と選ぶ立場からの見方を知ったうえで、じっくり作品を見てきました。

実際使うためのアクセサリーというよりは、自分のできることを見せるためのアクセサリーやバッグなどでしたが、それだけに『すごい、こんなことができるんだ』と思ったり『凝ってるー!』と感動したり。

プロアマ問わずのコンテストだったせいか、妙に遊び心に富んだ作品があるかと思えば、見たこともない材料で作られた作品もあり、とてもいい刺激になりました。

見ながら『まー、すごい。でも、材料費がいくらかかってるんだろうか?』と話している人たちが何人もいましたが、きっとここに出てきた作品だけでなく、いくつも作って、やり直して…とトータルで考えたらもっともっと材料費がかかっているのだろうと思いました。

それよりも『いいものを。もっといいものを!』と作り続けるエネルギーがすごいですよね。

どのコーナーでも青系の作品に惹かれた私。

選ぶ色で自分の気持ちが分かるといったりしますが、今の私はどんな気持ちなのかしら?

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

帰り道、『日本一のたい焼き』屋さんに寄ってきました。

Photo_87 なんでも一日の売り上げ数で日本一になったことがあるらしい。

実際食べてみると、皮がパリッとしてて、あんこがしっぽまでずっしり入っていて、くろあんもしろあんも豆の味がして美味しかったです。

くろあん・しろあん・カスタード、と三種類あります。

カスタードも試しに一個買ってみましたが…私は普通のがいいかな(^_^;)

よく売られているたい焼きは皮が今川焼きとかと大して変わらない気がしますが、ここのはパリッとしてて違いました。

1個140円は高くないか?という気もしましたが、うん、美味しかった ( ^^) _U~~

気になった方は『日本一のたい焼き』で検索するとたくさんヒットするのでそちらをご覧ください。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »