フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 少ーし進んで | トップページ | 今はこんな感じ »

2007年5月15日 (火)

だいぶ進んで

昨日のダブルウェディングリング、だいぶ進んでピースワークが終わりました。

Photo_96Photo_97  昨日の状態からまず3列につないで、次にそれを合体してピースワーク完了!

ちなみに裏の縫い代はこんな風に倒してます。↓

交点部分は縫い代が集まるし、後からの縫い代の倒し方を考えて縫わなきゃならないので要注意。

とか何とか言いながら実は最初よけておかなきゃならない縫い代を一緒に縫いこんでい たので、後から『げっ!これじゃうまく倒せない』と気がつきました。Photo_98

ほどいて縫い直すのはしたくなかったので、縫いこんでしまった縫い代にちょこっと切り目をいれて引っ張り出して、何もなかったことに…。

次はちゃんと気をつけて縫ったのでばっちりでした。

こういう縫い代の倒し方がめんどくさいところが“パッチワークってめんどくさくって難しいもの”というイメージにつながってしまうのでしょうね。Photo_99

アイロンをかけて、キルトラインも書きました。

いつもはしつけ掛けまでしてから書き込むのですが、今回はずれそうだったので先に書くことにしました。

さあ、これから裏布とキルト綿を買いに行ってきます。

布もキルト綿も中途半端なサイズのものはどんどんたまっていくのですが、こういうときにこれだ!というストックがありません。

Photo_100 もう少し余裕ができたら小物をどんどん作ってキルト綿を消費していこうと思っています。

☆レイアウトが最悪ですね(-_-;) 読みにくくてごめんなさい

« 少ーし進んで | トップページ | 今はこんな感じ »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

素敵ですね~
赤いひし形がくっきりと いいですね
昨日の写真を見て 周りに青いライン入り~オリジナルかしら? なんて 思いこんでいました
つなぐ前だったのですね(☆_*)\
キルトラインもキリッと決まって素敵!

わ〜とっても素敵!
このパターンだと早いのですか?
でも、まん中の白い部分のとんがりが超・鋭角で、難しそう〜って思ってしまうんですが。

布のストックがあっても、いざ作品に合う裏布を選ぼうとするとしっくりくるのがなくて、結局新しく買いに行くことになりますよね〜。
私もそんなこんなで布を買ってばっかり(苦笑)

>うさぎなカメさん
思っていたよりも赤の(実際はえんじ色に近いです)ひし形がはっきりしていて、『おおー、花みたい』と思いました。
キルティングを始めたのでキルトラインがくっきりしてきて楽しくなってきました。

>apricotさん
このパターンだと普通のダブルウェディングリングよりピースの数が少ないし、直線縫いが多いので縫いやすいです。
但し、おっしゃる通り白い布のとんがり部分がちょっと厄介です。
でもこの部分は、布に印をつけるときにズレないように気をつけて、丁寧に縫えば大丈夫じゃないかしら?
これは手持ちの布だけで作っていたのですが、残念ながら裏布にいいものがありませんでした。
そう、結局ストックが増えていくんですよね(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少ーし進んで | トップページ | 今はこんな感じ »