フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の21件の記事

2007年9月30日 (日)

9月に読んだ本

『肉体百科』 群ようこ著 扶桑社

体の一部をテーマにそれにまつわる著者のエピソードや考えを綴った短いエッセイが全部で103編。

ほとんどが思わず『くすり^m^』と笑える話。

それにしても群さんは交友関係が幅広そう。

群さんの周りには面白いお友達がいるもんだと感心しました。(9月1日)

『永遠の出口』 森絵都著 集英社

主人公が小学3年生から高校卒業までの日々を綴った物語。

大人になるにつれていつの間にか忘れてしまった気持ちがあちこちに書いてあって、でもそれも『私もこんな風に考えてたのかな?そんな気もするし、違うような気もするし』と確かに思い出せないところが少し悲しいような、もどかしい思いをしながら読みました。

途中、自分に対して大人の考えてることと自分の考えていることとの間にものすごい開きを感じるシーンがあるのですが、大人になって親になった私も子供に対してこんな風に、本人が考えていることや抱えている思いとは全くずれた見当違いな見方をしてしまっていることもきっとあるだろうと思いました。

むしろそっちの方が多いのかも、と。

悲しいけど子供のときの思いを忘れていきながら、大人の考え方や生き方を身につけていくのだと思いました。

どっちが幸せだとかどっちが純粋かだとかそういうことではなく、それはただ自然なことで、でもなんだかどちらの思いも忘れたくないという気がしました。(9月11日)

『心もからだも「冷え」が万病のもと』 川嶋朗著 集英社新書

夏の間、冷房の効いたところにいるとだんだん体の中にだるさが蓄積されていくような気がしていた頃手に取りました。

ここまで「冷え」の影響が出るもんだろうかという気もしますが、体が「冷え」ないよう気をつけて病気になるのを防げるのだったらやってみる価値はあると思います。

ちなみに私は夏でも湯船につかるし熱いお茶も飲むけれど、この夏の暑さは厳しくて冷たい麦茶をガンガン飲んでる日もあったのでちょっとこれから体の変化に気をつけたほうがいいのかな、という気がします。(9月25日)

2007年9月27日 (木)

まるで部活のよう

久しぶりにバレエの話題です。

実は12月の発表会にちょこっと出ることになりまして、ただ今振り付けを覚えている最中です。

なにぶん大人になってから始めた身(33歳で始めました(*^_^*))、リズムの取り方やちょっとしたポーズも何から何まで『何か違~う<(`^´)>!!』

覚えも悪いし、正直泣きたくなります(T_T)

でもそんな事も言ってられず、週1回のレッスンだけじゃもう間に合わない!ということで公民館を借りての練習を始めました。

行こうと思っていても何かと用事が入ってしまうのが大人の習い事の辛いところ、でも行けるメンバーだけでも練習しようよ、ということで始まりました。

でもこれが部活のノリみたいで結構楽しいんですよね(^.^)

親の介護や育児などでレッスンをお休みしている人たちからも『部活みたいね。楽しそうでうらやましいよ』と言われます。

今年の3月の引越し話がもし無くなっていなかったら、私も今頃友達が練習を頑張ってる話を聞いて『うらやましいな。私も出たかったな』と思っていたかもしれません。

本番まであと3ヶ月を切りました。

運動会シーズンですがうっかり怪我をしてしまわないよう気をつけて、こつこつ練習ガンバリマス !(^^)!

…ということで毎日くたくたで針を持たない日が多くなっている今日この頃です(ーー;)

2007年9月21日 (金)

挫折の歴史

先日の記事うさぎなカメさんへのコメントを書こうといろいろ調べていたら私の挫折の歴史(T_T)が浮かび上がって来たので記事にしてみることにしました。

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

そもそもパッチワークに手を出したのはいつだったろうと調べてみたら、それは今も好きで時々見ている『NHKおしゃれ工房』がきっかけでした。

最初にトライしたのが’99年4月号の鷲沢玲子さんの回でした。

お弁当包みだったのですが、いきなり三角のピースワークのあるパターンで初めて作るにはちょっと難しかったと思います。

で、これは途中で挫折してしまいました(T_T)

次に手を出したのが、’99年10月号の斉藤謡子さんの回

プレスドキルト(裏布・キルト綿2枚でしつけしたものに縫い付けていく方法。縫い合わせとキルティングが同時にできる)のログキャビンを見て、『これならできるかも♪』とまた手を出したのでした。

そしてこれまた…挫折(ーー;)

(ただよくよく考えてみるとこの年に下の子を産んだばかりで、オムツの離れていない上の子とおっぱい飲んでビービー泣く下の子を24時間相手している生活、結構無理してたのかもしれません(^^ゞ)

パッチワークをやってみたいという気持ちはあるものの続かない(T_T)

こりゃあ子供が手を離れて時間ができたら絶対習いたい!と思いながら過ごしていました。

そうやってパッチワーク関連の本がどんどん増えながら、子供の洋服作りなどでストレス発散をする日々がしばらく続きます。

そして’02年5月、晴れてパッチワークを習い始めたのでした\(^o^)/

実はその1年位前からお店には行っていて先生に『時間ができたら習いに来ますから!』と宣言していたのでした。

パッチワークを習い始めてからもあれこれ作りたいものはいろいろありました。

課題と並行しながらその時々で小物をあれこれ作ってみたり、

途中アメリカンフラワー(ディップアート)を勉強しようと高速で1時間かけて習いに行ったものの途中でやめたり、

ステンドグラスアート(だったかな?透明な板に色つきフィルムと銅線を貼ってステンドグラスのような絵を書くもの)を習いに行こうとしたり。

作ったものをお店に委託で置いてもらったり。

幸い私が気が多いことを大目に見てくれる先生だったのでその度に『今度こういうのをやってみるんです♪』と話しながら課題が遅れがちになる私を『まったく、あなたはやりたいことがたくさんね(^_^;)』と言いながら見守ってくれていました。

そうこうしているうちに子供たちも小学生になり、遅れがちな課題も何とかこなして今年の2月に晴れて日本手芸普及協会パッチワークキルト講師免許を取得\(^o^)/したのでした。

’02年5月から’07年2月まで約5年かかっています。

いや~結構かかってますね(~_~;)

でもその間幸い転勤になることもなく、先生ともいい関係を続けられて本当に幸運だったと思います。

これから先どうなるか分かりませんが(←これがブログ名『これからどうなるのかな』の由来)、とりあえずできることなら受講資格ができてお金の都合がつけば指導員養成講座にも行きたいと思いつつ、今もあれこれ手を出しては手作りを楽しんでいます(^.^)

ちなみに最初に書いた挫折したものはその後習い始めてから引っ張り出してきて、最初のはピースワークまで終わって、ログキャビンは最初より小さくはなりましたが完成しました

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

なんでまたこんなしょうもない挫折の歴史を書こうと思ったかといいますと、このごろよく考えるのですが何事も始めてみなけりゃ分からない!という思いがあるからなのです。

例えばパッチワークの大きな素敵な作品を見て憧れたとして最初からそんなものが作れるわけはないのです。

でもやりたいと思ったらまずトライしてみて、それで挫折してもいいじゃない?と。

もし機会に恵まれなかったならば待ってみればいいじゃない?と。

それでもやりたい気持ちが残ってたら時間がかかっても遠回りしてもいいからまたトライしてみたら今度は違う結果が待っているかもしれない…!

たまたまこの記事を読んだ人がそう思ってくれたならいいなあ♪と思って書いてみたのでした(*^_^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2007年9月20日 (木)

エコバッグを作ったよ

『パッチワーク教室No.81』に載っていたエコバッグを作ってみました。Photo

雑誌ではポケット部分がミシンで縫うボウタイでしたが、とにかく早く作ってみたかったのでピースワークはなし。

荷物を入れるのでしっかりした綿ツイルを使いました。

もともとこのスーパーの袋の形のエコバッグは1枚持っていて、使い勝手がよくてお気に入り♪

でも、色が蛍光黄色ですごく目立つのでもっと自然な感じのを作りたかったのです。

出来上がってみるとなかなかいい感じ。

ただ、意外と布の厚みと重みがあるかな。

折りたたんで内ポケット部分に収納できるタイプ(写真右下)なのですが、思っていたより厚みがでました。

もともと持っていたのが薄手のナイロン素材なので薄さ・軽さはかなわないですね。

よさそうな布があったらまたトライしてみたいです。

2007年9月19日 (水)

これを飾る季節

ハワイアンキルトのまつり縫いに飽きてきました (ーー;)

同じ作業を続けるとどうしても飽きてきます。

何か別に小物を作りたくなります。

でも、うっかりそちらにはまってハワイアンを忘れてしまいそうなので、やっぱりまつり縫いが終わるまで頑張ろうと思います。

時々気分転換しながらね ( ^^) _U~~

さて、昨日は裏布などを買いに手芸コーナーに行ったのですが、ふと見るとハロウィーンの飾りがたくさん飾られていました。

Photoもうそういう季節なんですね。

で、何年か前に作ったこれを飾らなきゃね、と引っ張り出して来ました。

これは2001年の『パッチワーク倶楽部9月号No.25』に載っていたもの。

これを作るためにこの雑誌を買って、あっという間に作った覚えがあります。

あとハロウィーン用のミニキルトも前に作っているのでそれも出してこなきゃ。

2007年9月18日 (火)

準備も完了!

今日はハワイアンのクリスマスタペ用の銀ラメキルト糸(白い部分のキルト用)・キルト綿・Photo裏布を買いに行って来 ました。

順調に手に入り、早速裏布を水通しして干しました。

これでいつでもしつけ掛けしてキルティングに進めます。

で、トップの進み具合は?というと今内側のモチーフをまつっています。

まつり終わった部分はモチーフがはっきりしてきました。

Photo_2せめてまつり縫いが終わって、裏布・キルト綿・トップのしつけ掛けまではこのままの勢いで進めたいもの…!

そこまでしておけばあとは時間があるときにちょこちょこ進められるから。

ガンバリマス !(^^)!

2007年9月17日 (月)

まつってまつって~♪

先日パッチワーク教室で刺激を受けてからハワイアンキルトのクリスマスタペのまつり縫いを進めています。

今日、やっと外側のヒイラギのモチーフ部分(緑)のまつり縫いが終わりました。

次は内側のポインセチアのモチーフ部分(赤)をまつっていきます。

本当は内側のモチーフからまつるのが正しいのでしょうが、内側をまつるのに布をぎゅっと寄せている間に外側のモチーフの布端がぼろぼろになるような気がして今回は外側のまつり縫いを先にしました。

Photo さて、このままの勢いで次へ進みましょう。

写真はあまり代わり映えしないので裏から撮ってみました。

針目がもっと細かく線のように見えるといいと何かで読んだ気がしますが、今の私にはこれが限界。

もっと経験を積まねばね。

2007年9月15日 (土)

編み物の季節到来

本屋さんの実用書コーナーが好きでよく行くのですが、この頃になると編み物の季節がやってきたのを感じます。

編み物の本の新刊を見ているといろいろ興味深くどれも欲しくなってしまいます。

今も1、2冊すごく気になる本があります。

北欧の編み物の本で、今までやったことのない編み方が載っていておもしろそう。

でも私の本棚にはパッチワーク、洋裁などの本に加え、編み物、刺しゅう、エコクラフト、折り紙、ぬいぐるみ、編みぐるみ、アメリカンフラワーなど私が興味を持ったいろんな本があふれています。

気持ちのままに本を買っていたらえらい事になります。

ここはぐぐっと我慢するのが賢明でしょう。

それはさておき、ボランティアニットの冬の募集期間(12月の初め)が近づいて来ました。

セーターを1枚仕上げなければなりません。

去年は作るつもりでいたのに結局手をつけず、送ってもらった毛糸もそのままです。

今年こそは送ろうと思っているので、ハワイアンキルトと並行しつつそろそろ取り掛からなければ、と思っているところです。

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

何故だか分からないのですが、この頃アクセス数が伸びています。

こんな独り言をだらだらと書き連ねたものを見に来てくれるなんてありがたいことです。

一体どんな人が見ているのかしら?(*^_^*)

2007年9月14日 (金)

ちくちくちく…

昨日パッチワーク教室に行って刺激を受けて、今日はハワイアンキルトのまつり縫いをちくちくやっています。

でも午後は何かと用事が入りそう。

このままのペースでこつこつと進めたいです。

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

さて、昨日教室で『パッチワーク教室No.81』を買ってきました。

実はこの号に教室のお友達の作品が読者が作った作品コーナー“みてみて私の作品!!”に載っていたから♪

実は前に私も送って載ったときに、『○○さんも送りましょうよ!』とけしかけたのでなんとなく責任を感じててね(^_^;)

よかったぁ♪ほっとしました(^.^)

とっても丁寧に作られる方でキルティングも細かくてきれいなんです。

今はミックスTの大きなタペストリーを作られてて、どんどんつなげているところ。

同時に海の嵐の大きなタペのキルティング中です。

並行してバッグなどもどんどん作ってて、お仕事もしてるのに一体いつの間に?といつも刺激をもらってます。

さあ、次の教室の時には逆に私が刺激を与えられるようハワイアンがんばろうっと!(^^)!

『パッチワーク教室』の中にも『作りたいっ!!』と思うものがたくさんあったので

(まずはエコバッグかな。前からこの形のを作りたかったんですよね)、

早く取り掛かれるよううまく時間を使わなきゃね。

2007年9月12日 (水)

刺激を受けてきました

今日は午前中パッチワーク教室に行って来ました。

講師科修了後も大体月に2回のペースで何かしら作りに行っています。

内容はそのとき自分の作りたいもの。

なので他の方の作ったもの、作りかけのものを見せてもらって、おしゃべりして、自分のやりかけをチクチク縫って、2時間過ごしてきます。

ちょうど先生の他の教室の生徒さんが買い物に来られて、製作中のハワイアンキルトを見せてもらえました。

大きさは布幅いっぱいの100cmちょっとの正方形、パターンも結構細かくて面倒そう。

とにかく作りたくて、このハワイアンも本で見て『これ作りたい!』とすぐに決められたそう。

経験もまだ浅い方なのですがやる気がいっぱいでどんどんまつっている途中で、今日はキルト綿と裏布を買って帰られました。

きっとあっという間にまつり縫いも終えてキルティングを始められるでしょう。

なんだかその勢いに圧倒されました。

私自身、多分習い始めた頃よりはきっと上手になっていると思うのだけど、この頃はいいな♪と思うものがあっても『このサイズはちょっときついわ』だの『こういう風にすれば素敵だけど、縫うのは大変よね』だのと見ただけで考えてしまって、結局トライしないことが増えてきているような気がします。

何か、これってまずいなー(ーー;)、と感じました。

習い始めた頃は寝る間も惜しんで縫っていた時期もあったのに、今はなんだかんだと理由を付けてあまり針を持っていないです。

技術云々も大事だけど、やっぱりやる気ってものすごく大事!

なんだかすごく刺激を受けて帰って来ました。

よし、クリスマスのハワイアンキルト、さくさくっと仕上げるぞ!(ってまだまつり縫いも全然終わってないんだけどね(^^ゞ)

私の好み

雪うさぎ★さんのところのコメントで私の好みについて聞かれて、はて?と考えてみた。

持っている本で一番多いものはキャシー中島さんのもの。

キャシーさんがきっかけでハワイアンキルトを作ってみたいと思いました。

でも、そもそもパッチワークに手を出したのはだいぶ前にNHK『おしゃれ工房』で斉藤瑶子さんのプレスドキルトのログキャビンを見てこれなら作れるかも、と思ったのがきっかけ。

で、パッチワーク自体にはその前から興味があったけれど最初のきっかけは忘れてしまいました。

で、今特にこの作家さんのものが好き、というのはないです。

この人の本は全部そろえてます!とか会いに行きたい!とかサインが欲しい!っていうのもないなあ。

(サインはね、もともと興味がないの。サインの持つエネルギーを自分の力にできる人にとっては宝なんでしょうけど、その辺のアンテナが私にはないみたい(^_^;))

キャシーさんの明るい色使いは私の好みどんぴしゃ!という感じもしますが、いろんな方のいろんな作風それぞれに素敵だなと感じます。

その反面『この人っていっつもこの色ばっか』『こういうのって日常使いには無理』と思ったりもします(さて、今これを読んだあなたの頭の中には誰が浮かびましたか?^m^ )。

もちろん、作家さんですから皆と同じものでもダメだしある程度個性的でないと受けないということもあるんでしょうね。

で、あえて自分の理想をいうならば、いろんな方のいいところ悪いところを参考にしつつ自分のオリジナルを作れるようになりたいです。

あともしこの先教室とか開けるようになったなら、自分の好きな色合いだけでなく作ろうとする人の色合いや好みが生かせる指導ができる先生になれたら言うことないな、なんて思ったりします。

とかいいながら、同時に『いやいや、自分が楽しめればいいんだからそんなのどうでもいいわ。ずーっと自分が好きなのだけ作っていたい』と思ったりもします。

こんな私だからいつまでたっても宙ぶらりん、困っちゃいますね(^^ゞ

2007年9月11日 (火)

てまり3個目完成

フェリシモのてまりのキット3個目が完成しました。

Photoこれは②夕焼け空の日の光とすずめの子(すずめはまだ作ってません)。

これまでのよりずっと凝った感じで楽しみにしていました。

やっぱり色のグラデーションがきれい♪

でも途中まで夕焼け空ではなく菊の花をイメージして作っていました。

作ってから気がついたのですが、1、2個めよりも一回りくらい大きいです。

このシリーズ全部で6回で、残り3回もこれまでのとは違ったかがり方をするようなので届くのが楽しみです。

2007年9月10日 (月)

てまり おもしろいぞ

Photo_6 フェリシモのてまりのキット3個目を製作中です。

前回、前々回より難しいのですが、面白いです。

まだ途中なのですが製作過程を写真で撮ってみたのでアップします。

単純な作業を繰り返すだけできれいな模様が浮き出てくる様は驚きです。

Photo_7写真上から

①レモン色のリリヤンを刺した状態

②山吹色のリリヤンを刺した状態

③オレンジ色の刺しゅう糸(5番)を刺した状態

④オレンジ色のリリヤンを刺した状態

Photo_8⑤えんじ色のリリヤンを刺した状態  

です。

どんどん鮮やかになって、最後のえんじ色でグッと締まる気がします。

今この模様が写真側と裏側(北極側と南極側というそうです)の両方に刺された状態です。

Photo_9あとはその間(赤道部分)に帯を刺したら完成です。

完成したらまたアップしますね。

★写真はクリックすると少し大きくなります。

段々模様がはっきりしていくのが分かりやすいかも。

レイアウトが下手で見にくいかもしれまPhoto_10せんがお許しを^_^;

2007年9月 9日 (日)

前にも書いたけど

このブログを始めたばかりの頃にも書いたことがあるのですが・・・

パソコンいじってるとトイレに行きたくなりません?

それも大きい方で (#^.^#)

私の場合便秘症というわけではないのですが、毎日決まった時間にトイレに行くというよりは、『行きたいな』と感じたらトイレに行ってすっきりするタイプ。

で、その『行きたいな』をパソコンをいじってて10~15分くらいしたら感じることが多いんですよね(毎回じゃないですよ(^_^;))。

時間帯は問わず。

朝だったり昼だったり夕方だったり。

電磁波の影響とかだったら怖いな、と思うのですが、すっきりできるから、ま、いいか、と思ったりもします。

これって私だけなのかな? 

前回何の反響もなかったので、感じる、感じない、どちらでもいいので教えていただくと嬉しいです(*^_^*)

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

あ、そうそう、体の話つながりで。

先日の人間ドック、あっという間に結果が届いて、結果は異常無しでした\(^o^)/

昔から体が丈夫で朝礼で貧血で倒れる子に憧れを感じていた私、異常無しでちょっとつまらない…なんて不謹慎ですね。いかんいかん<(`^´)>、よかったよかった(^_^)

2007年9月 7日 (金)

こけががおっばい

近所の6歳の女の子があるものを見つけてお母さんに言いました。

『こけががおっばい』

これだけの一言なんですが方言どっぷりで笑ってしまいました。

は?と思ってる方がほとんどでしょうね。

これは訳すと

『ここに(こけ)蛾が いるよ(おっばい)』

という、蛾を見つけた子供がお母さんに教えた一言なのでした。

前回からゲテモノの話続きですみません(^^ゞ

2007年9月 6日 (木)

クモ ゲーット!

春から夏、秋にかけて我が家のベランダにはたくさんのクモがやってきます。

一番多いのは体が薄い茶色でまん丸していて、体の大きさが1cmくらいで足を入れても2~3センチくらいの。

あとは同じような色でほっそーい体をしていて足も長めで5cmくらいの。

えさになる小さい虫を食べようとベランダ・外階段はクモの巣で一杯になるので、この時期は掃除の回数が増えてなかなか面倒です。

そして洗濯物を取り入れたときやベランダとの出入りの際に入ってくるらしく、家の中でクモを見つけることもしょっちゅう。

天井の隅にクモの巣をかけてたり、電灯からスーッと糸を伸ばして下りてきたり。

以前はチョコチョコと逃げ回るクモを何とか新聞紙やチラシの上に乗っけて、落っこちる前に急いで外に出したりしてましたが、いや~、慣れってすごいですね。

今じゃ『クモ ゲーット!』といって手でつかんで、窓を開けて『飛んでけー!』と放り投げています。

そんな私を見ながらクモが苦手で手を出せないダンナは『よくそんなことできるね』と半ば呆れています。

いや、別に好きでやってるわけじゃなくってあなたがやってくれればいいわけよ(ーー゛)、と思いつつ早くクモが出てこない季節を待っている私なのです。

ちなみに私クモはまだ平気ですが蛇が大の苦手<(`^´)> 見ただけに泣きそうになります。

ダンナはクモは苦手で蛇は平気です。

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

ミシンで遊んでたクレイジーキルト、アップリケも終わり、キルティングもあと少しで終わります。

大きさが20cm角と小さいのでパイピングもあっという間に終わりそうです。

『パッチワーク倶楽部』締切日は10月10日必着、十分間に合いそうです。

さっさと終わらせて他のものを進めようっと♪

2007年9月 5日 (水)

横道にそれそう

8月に入ってまつり縫いを始めたクリスマス用のハワイアンのタペストリー、パタッと止まったままです。

同時に気分転換で作っていたてまりが面白くて楽しんでいます(3個目にはまだ取り掛かっていません)。

そんな中、先日遊んでいたミシンで作るクレイジーキルト、実は『パッチワーク倶楽部』のミニミニキルト(テーマ「私の生まれた季節の色」)に応募しようかと、アップリケをしてキルティングを始めました。

(でも色がちょっと思っていたのと違ってしまったので新たに作り直そうかとも思っています。)

で、そのアップリケを楽をしようと両面接着シートを使っています。

ところが、私は前からハワイアンをシャドーキルトで作りたいと思っていて、『ああ、ここでモチーフをカットして両面接着シートで固定してオーガンジーをのせてしつけしてキルティングしたら、あっという間に出来ちゃうじゃーん♪』と思ったらそっちを作りたくなってしまいました。

ハワイアンキルトのモチーフ集を見て、『これかな?いや、これもいいな』などと想像して楽しんでいるのですが…

いかーん<(`^´)>! こんなことをしていたら何も仕上がらない!

クリスマス物はハワイアンのほかにも一つあるのにこのままじゃ飾れる日はやって来そうにありません。

横道にそれそうだけどここはグッと我慢して一つ一つ完成していかなきゃね!(^^)!

2007年9月 3日 (月)

てまり2個目完成

てまりの2個目に取り掛かったら、1個目で要領が分かったせいかどんどん先に進みたくなって、昨日の昼間と今日の朝1時間とで完成しました。

Photo今回のてまりのなまえは ①月光に咲くききょうとうさぎ(うさぎはまだ作ってません) 。

前回は糸でかがった部分が小さすぎたのですが、今回は大きくなりすぎてききょうの花の先のとがった部分が少し帯に隠れてしまいました(写真はちょうどきれいに出来た部分(^^ゞ)。

なかなかうまく行きません。

でもそこが面白いです(^.^)

写真は色が青みがかっていますが実際はきれいな紫色です。

紫を見た目の色のまま写すのはなかなか難しいです。

キットはあと一つ届いているのですが、見た目では今回のよりも込み入った模様のよう。

鮮やかなデザインで面白そうなのでこのままの勢いで作ってみようかと思っています。

初栗のお味は?

昨日買って来て食べるのを楽しみにしていた初!栗ですが、ネットで調べた方法で湯がいて見ました。

うちでは栗は湯がいて包丁で半分に切って中身をスプーンでくりぬいて食べるのが普通の食べ方です。07

さて、湯がきたてのほくほくのを包丁で切ってみると、きれいな黄色の実が見えました♪

なかなかいい色です。

さて一つ味見…うん、美味しい。

さあ、テーブルに持っていって子供たちも一緒に食べましょう。

夕ごはんの後だというのに親子で栗をもぐもぐ食べました。

さすがにまだシーズン初めの物なので味も香りもいまひとつ、という感じでしたが、これからが栗本番の時期、店頭にどんどん並んで値段も安くなるのが待ち遠しくなりました。

2007年9月 2日 (日)

初てまり完成

先日から作っていたフェリシモのキットのてまり、完成しました\(~o~)/

経験が無くても一応それなりのものができるのがフェリシモのすごいとこ。Photo_2

それでも、やっぱり下手ですなあ。

ほんとなら青い四角の頂点同士はくっつくはずだったし、ピンクの花も大きさがばらばらで糸の引き方がまずかったのか糸の太さが変わってしまってる。

このシリーズ、今のところキットがあと2つ届いているのでもうちょっとやってみよう。

そしたら少しはましになるかな?

このてまりの名前は ⑥せせらぎの水紋となでしこ(なでしこは作ってませんが) です。

余談ですが、写真を撮るときは大抵露出を上げて明るめに撮るのですが、今回は初めて下げて(暗めにして)撮りました。

普通に撮っても白く飛んでしまって模様がきれいに写りませんでした。

うまく写真を撮るのってホント難しいです。

初!栗♪

2日ほど前にスーパーに買い物に行ったらこのシーズン初の栗が店頭に並んでいました。

07私は栗が大好き♪

ぐぐっと惹かれましたがまだ出始めだし味も今いちかもとそのときは買いませんでした。

そして今日スーパーに行ったらまた栗が♪

まだけして安くはないのですが意外と粒が大きめで色艶もよさそうです。

こうなりゃ買わない手はありません。

今シーズン初の栗です(*^^)vうっほほ~い♪

毎年『これでいいのかね?』と思いながら適当に湯がいていましたが、せっかくだから美味しく食べたいとネットで調べたところ、

①買ってきた栗を半日ほど干すと甘味が増す。

②沸騰したたっぷりのお湯に栗を入れ40~50分湯がく。

③湯を捨てて鍋の蓋をして5~10分蒸らす。

…といいらしい(*^_^*)

こりゃあやってみなきゃ♪ということで今ベランダで栗を干してます。

夕方になったら取り込んで湯がくことにします。

結果がどうだったかはまた報告しますね(^_-)-☆

ちなみに、今年は栗の表年で台風の影響もなく出来がいいそうです。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »