フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 前にも書いたけど | トップページ | てまり3個目完成 »

2007年9月10日 (月)

てまり おもしろいぞ

Photo_6 フェリシモのてまりのキット3個目を製作中です。

前回、前々回より難しいのですが、面白いです。

まだ途中なのですが製作過程を写真で撮ってみたのでアップします。

単純な作業を繰り返すだけできれいな模様が浮き出てくる様は驚きです。

Photo_7写真上から

①レモン色のリリヤンを刺した状態

②山吹色のリリヤンを刺した状態

③オレンジ色の刺しゅう糸(5番)を刺した状態

④オレンジ色のリリヤンを刺した状態

Photo_8⑤えんじ色のリリヤンを刺した状態  

です。

どんどん鮮やかになって、最後のえんじ色でグッと締まる気がします。

今この模様が写真側と裏側(北極側と南極側というそうです)の両方に刺された状態です。

Photo_9あとはその間(赤道部分)に帯を刺したら完成です。

完成したらまたアップしますね。

★写真はクリックすると少し大きくなります。

段々模様がはっきりしていくのが分かりやすいかも。

レイアウトが下手で見にくいかもしれまPhoto_10せんがお許しを^_^;

« 前にも書いたけど | トップページ | てまり3個目完成 »

てまり」カテゴリの記事

コメント

最近手まりにはまってますね。
何だか複雑で、難しそう。
私には到底出来そうもない代物です。
ところで、↓のブログの生理現象
私も、時々あります。
大だったり、小だったり。
何かあるんでしょうかね?

手芸好きな姉に教えてもらいながらこのやり方で作ったことあります。
小学校の4年位だったかな。やり方は単純なのに糸を重ねていくと、
綺麗ですよね!フランスの国旗のような色どりで刺した覚えあります。
帯をつけて、房を長~くたらしました。
残念ながら今は何処に行ったのやら・・・。
教えてくれた姉は今も作ってるみたいです。^^

綺麗ですね!(*^_^*)
母も少し前にやっていましたけど、老眼の目でやる&
一部適当にやるので出来上がりは妙でした(^^;。
小さい手まりでつるし雛風に飾るのも良さそうですね。

とても3個目とは思えないほど綺麗に刺しゅうしてますね(^.^)すご~い。なかなか、こんな風に同じ大きさで刺しゅうできないんですよん。これって菊だと思いますが、うちの師匠曰く『手まりは菊にはじまり、菊でおわる』っていう位にこの菊が代表的な物だそうです。私は手まりの中でもやっぱり、菊が一番好きです!

>K-Pach♪さん
前からフェリシモのカタログでてまりのキットが気になっていて、考えた末に頼んだんだから無駄にならないよう作らなきゃ、と始めたのですが、単純な作業を続けることで美しい模様が表れる様がよくて、今すごく楽しんでます。
作業自体は単純ながら奥が深そうなところがパッチワークに通じる気がします。

お、K-Pach♪さんもありますか?
もっと『私も』という反応があるもんだと思っていたらそうではなかったので意外でした。
やっぱり日常を離れてリラックスするというのが影響してるようですね。

>ameriさん
まあ、小学校4年生くらいで作られたんですか?
お子さんのときから器用だったんですね。
だったら我が子も教えたら作れるのかしら?
手芸好きのお姉さんというのは時々ブログでビーズの指輪が登場してますがあれを作られる方ですか?
きっと凝ったのを作られるんでしょうね。
ameriさんが作ったというまりも見てみたいです。

>柚風さん
うふ、綺麗でしょ(*^_^*)
つるし飾り風、いいですね。
私は作るのは好きなんですが、飾るのが下手でついしまいこんでしまいます。
でも、これはせっかくだからうまく飾りたいですね。
このキット毎回吊るすための金具がついてくるのですがまだ付けてみたことないです。
お母様、今はされてないのでしょうか?
単純とはいえなかなか細かい作業なので老眼があるときついでしょうね。

>みけにゃんさん
あらー、嬉しい(*^^)v 褒められちゃった♪
でもやっぱり最後の方の糸がつれてきてずれてしまいます。
その度に手でちょこちょこっと直して飾ってますがいつの間にかまた糸がつれてます。
これはやっぱり実際教えてもらうか、数をこなすかしないとうまくできないのでしょうね。
菊に始まり菊に終わる、へエー、そうなんですか( ..)φメモメモ
やっぱりみけにゃんさんのまり、見てみたいです!

再びです。

?『最後の方の糸がつれてきてずれてしまう』?糸が解けてしまうのではないのですね(^_^;)?『ちょこちょこ直して飾る』ってのは、えっと、リリアン糸でやったことがないので何とも言えないのですが、糸の種類にもよるのかも。あと、ひっぱり具合かな?その加減は結構難しいですね!ひっぱり過ぎると糸が中に入り込んでしまうし、かといって緩くすると後で浮いてしまうし・・・でも、糸が悪いことにしておきましょう~♪←いい加減ですみません<(_ _)>

>みけにゃんさん
最後の方の糸がずれてきてしまうというのは、糸をまりに刺して、前の糸の外側に沿ってゆるい曲線で糸を渡して、また糸を刺して…の曲線で渡した部分がずれてしまってぴーんと直線になってしまうということです。
途中の部分は糸が重なってずれないでいるのですが、一番外側の糸は上に糸が乗っかってないのでずれてきてしまいます。
…という説明でうまく伝わったのかどうか分かりませんが、そんな感じです。
でも、まあ見れるくらいには出来上がったので良いか、と喜んでいます。
リリヤンは、40cmくらいにカットしてから糸端から引っ張ってほどいて、鎖編み状態になったものを使うよう指示されています。
帯の部分のみほどかずそのまま使ってます。
一生懸命考えてくださったようで、すみません(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前にも書いたけど | トップページ | てまり3個目完成 »