フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 初栗のお味は? | トップページ | 横道にそれそう »

2007年9月 3日 (月)

てまり2個目完成

てまりの2個目に取り掛かったら、1個目で要領が分かったせいかどんどん先に進みたくなって、昨日の昼間と今日の朝1時間とで完成しました。

Photo今回のてまりのなまえは ①月光に咲くききょうとうさぎ(うさぎはまだ作ってません) 。

前回は糸でかがった部分が小さすぎたのですが、今回は大きくなりすぎてききょうの花の先のとがった部分が少し帯に隠れてしまいました(写真はちょうどきれいに出来た部分(^^ゞ)。

なかなかうまく行きません。

でもそこが面白いです(^.^)

写真は色が青みがかっていますが実際はきれいな紫色です。

紫を見た目の色のまま写すのはなかなか難しいです。

キットはあと一つ届いているのですが、見た目では今回のよりも込み入った模様のよう。

鮮やかなデザインで面白そうなのでこのままの勢いで作ってみようかと思っています。

« 初栗のお味は? | トップページ | 横道にそれそう »

てまり」カテゴリの記事

コメント

わ~すごい!綺麗です!私はもう何年も手まりを習いに行っていて・・・ここ半年以上休んでしまっていて先日復帰しましたけど、手まりの世界って本当に素敵です。それにしても本当に上手ですね。私は今でもこんなに綺麗に作れませんよ(^^ゞえへへ。流石に『二ツ菊』はそれなりに作れるようになりましたけど。フェリシモのは確か、玉ははじめから巻いてあるんですよね?巻きから始める時はその中に鈴を入れて作ると作っている最中はイライラしますが、出産祝いにプレゼントするとかなり喜ばれました(*^^*)転がして遊ぶんです!

>みけにゃんさん
こんにちは。
まあ、みけにゃんさんは手まりを習いに行かれてるんですか。
私と違ってきっと本格的なんでしょうね。
手まりの刺し方(でいいのかしら?)の名前も素敵ですよね。
熊本には昔から伝わる肥後手まりという木綿糸でかがる素朴なまりがあって、習いたいと思うのですが遠くてなかなか実現しません。
フェリシモのはあとは糸で模様を刺すだけ、というもので取っ掛かりやすいです。
鈴入りのまり、出産祝いにいただいたらきっと嬉しいでしょうね(*^_^*)

わ~凄いですね!
1作目よりもグレードアップしてるのが分ります。
フェリシモにもこんなキットがあったのですね。
フェリシモといえば・・・以前どうなるのさんがblogに載せていたリボンレイに興味津々なんですけど、不器用なワタシにできるのか?と思って踏みとどまってます。
リボンレイどうでした?難しかったですか?

>ハロハロさん
ふふ、少しは上手になってるかしら?
フェリシモはいろんなキットがあって面白いです。
リボンレイ、難しくないですよ(^^)
作り方も写真が多くて分かりやすさは今まで頼んだ中で一番よかったかも。
急がず丁寧に作れば必ず出来上がりますよ。
リボンレイ用の糸も一緒に頼んだ方がいいと思います。
私はリボンレイ用の糸が近場で手に入らず結局デンタルフロスで代用しました(^_^;)

実家から、こんな感じの手まりをもらって、
持ってきています。
どなたかアメリカ人にもらっていただこうと思い。。。
難しそうなのに、お上手に作られていますね。
いろんな手作りがあるんですねー。

>ahpineさん
おひさしぶりです。
わあ、そのまり、ぜひアメリカ人の方にもらってほしいですね。
私は子供の頃住んでた家の隣のおばあちゃんが素敵な手まりを我が家にくださって、『こんなきれいなものが作れるなんてすごい!』と感動したことがあります。
きっともらった方は感動すると思います。

“お上手に”う~ん・・・うまく粗を隠してるのでそうでもないですよ。
ほんとにいろんな手作りありますね。
フェリシモのキットは気になるものをちょっとやってみるというのに丁度いいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初栗のお味は? | トップページ | 横道にそれそう »