フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« リースのミニタペ完成 | トップページ | 10月に読んだ本 »

2007年10月31日 (水)

絵キルトっていいよね

今日はキルトを飾らせてもらっている喫茶店に別の作品を飾らせてもらいに行って来ました。

今回飾らせてもらったのは前に作ったホワイトキルト

いつもキルトを飾らせてもらっている郵便局はスペースが限られていてこれは大きすぎて飾れません。

なので、これを家以外に飾るのは初めて(*^_^*)

白一色なので『できればお客様が触らないようにお願いします』とお願いして来ました。

お客さんは店主のお友達とかお知り合いの方が多いようなので通用する話ですね。

店主の方はホワイトキルトを見るのが初めてだったので『まあ~。きれいねえ』と言ってくださって、私はそれだけで満足。

他に額に入った押し花や油絵が飾られていたので私も『わあ~、きれい』と眺めながらコーヒーを一杯いただいておしゃべりをしてきました。

その中で聞かれたのが『幾何学模様とかじゃなくて例えば絵とか景色とかを作るのって難しいの?』と聞かれました。

要するに絵キルトのことですね。

『絵キルトを作るとなると自分で構図を考えて絵を書いて、それに合う布や素材を選んで作らなきゃならないのでセンスが問われると思いますよ。絵心も必要ですし』

と答えたのですが、やっぱり喫茶店の壁に飾るとなるとそういう季節にあった絵柄のものがいいんでしょうね。

『クリスマスのサンタがいるようなの作らないの?』と聞かれました。

私も絵キルトは作りたいものの一つなので自分で絵を書いて作れたらいいなとは思っていますがまだ作ってみたことはありません。

それに今はハワイアンやらアイリッシュチェーンやら作りかけのものがストップしたままですし、ボランティアニットも作らなければなりません。

『とりあえず今年は無理ですね(^_^;)』と答えたのですが、いつか作りたいなあ、と思うものがまた一つ増えたような気がします(^.^)

« リースのミニタペ完成 | トップページ | 10月に読んだ本 »

「パッチワーク」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

絵キルトというんですね 風景などをキルトで表すのって。

私の先生はその絵キルト系が多いです。
今は山の絵キルト(山と水面に映ってる山)が教室で飾られています。

雰囲気が普通のキルトとはまた違った感じですよね。

>雪うさぎ★さん
正式かどうかは知りませんが絵キルトと呼ばれてるようです。
雪うさぎ★さんの先生は絵キルトが多いんですか。
そしたら雪うさぎ★さんも知らず知らずにどういった構図がいいのか、どんな布使いがいいのか、自然と身についているかもしれませんね(^.^)
もし雪うさぎ★が作られるなら、やっぱりピンクのグラデーションが美しいバラがたくさん咲いている景色かな、なんて思いました^m^

お初なのに連投すみませんっ

どちらの喫茶店で拝見できるのですか?
コーヒーもパッチワークも大好きなので(ハンドルもモカです)、ぜひ、行きたいです~

>mochaさん
こちらにもコメントありがとうございます。
こちらの喫茶店は熊本の山の方の小さな喫茶店です。
周りは田んぼと畑で、鹿児島からわざわざ来ていただくような場所でもないですし(あ、喫茶店のオーナーに失礼だ(・_・;))、詳しい場所は内緒ということで(^^ゞスミマセン

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リースのミニタペ完成 | トップページ | 10月に読んだ本 »