フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ドアをノックしたのは… | トップページ | 何でこんなに好きなんだろう? »

2007年11月 9日 (金)

何だかいまいち

ハワイアンのクリスマスタペ、フープを何度もはめなおすのが嫌なので落としキルトをしつつエコーキルトもしています。

34分の1部分エコーキルトが終了しました。

結局内側からのエコーと外側からのエコーがぶつかるところ、うまくできませんでした。

何だかいまいちです。

いかにも両方からの波がぶつかった!という感じで美しくない…。

エコー部分、キルトラインを書かないで縫ってますが、こういう場合はあらかじめ書いたほうがいいのかな?

でも元々エコー部分は書かないものだと思っているのですごく面倒に感じます。

ま、初めての経験ということでこれはこれでよしとしてキルティングを進めます。

次回ハワイアンを作るときにはもう少しうまくやりたいもんです。

« ドアをノックしたのは… | トップページ | 何でこんなに好きなんだろう? »

「ハワイアンキルト」カテゴリの記事

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

ええ~~どうなるのさんエコーライン書かないでキルティングしてたの?
ワタシはポーチぐらいの大きさでもライン書かないと不安で(^^;;
うちの先生はハワイアンは大らかな気持ちで指1本分くらいの間隔のラインでいいのよ~と言うし、ワタシもあまり細かいラインはイヤなので指ではかりながら大雑把に書いてるんですけどねー。
でも、お教室によってはきっちりハワイアン用の定規つかって細かくライン書くお教室もあるみたいですよね。
ほんと色んな作り方がありますよね。

>ハロハロさん
私のハワイアンの情報はキャシーさんが言ってたことが中心なんですが、ハワイアンはおおらかな気持ちでエコー部分はラインは書かずに指1本くらいの幅を目安に縫っていく、と言ってたはずなのでそうしてます。
高等科の課題のとき先生もエコー部分はラインは書かなくてもいいと言ってました。
教室によってはハワイアン用の定規を使って細かくラインを書く?
私には無理だなあ。
私はこのやり方のほうが性に合ってる気がします。
それでうまくできてないんだからまずい気もするけど、ま、いいか、と。
ちゃんとハワイアンの教室で習ってみたいという気持ちもあります。

うちの先生、昔キャシーさんのお教室に行ってたのですよ~。
だから『大らかな気分で指1本分』って同じですね(^0^)
ま、ワタシの場合はラインを書かないと縫えないので書いてます(^^;
ちなみに縫い線がないとピーシングができないタイプでもあります(笑)
キャシーさんの展示会行くとエコーライン小指よりも細い感じですよねー。
見せるキルトと使うキルトは別ってことなんですかね?
あんまり細すぎるエコーラインもどうかと思うのですが・・・。

>ハロハロさん
へえ、先生キャシーさんの教室だったんですか?
じゃあ色の好みも似ているのか、それとも違うのか気になります(*^_^*)

ピーシングの縫い線がないと縫えないというのは普通では?
私もそうですよ。
ちなみにミシンで縫うときは縫い線は引かず押さえ金の幅に合わせて縫います。
そういう場合のことかしら(・・?

前にキャシーさんの展示会、2回行きました。
はて…エコーラインの幅の記憶がない…。
むしろチラッと見える裏布や(触っちゃいけないから横から見えないかなあ、と覗き込んでいた(^_^;))デザインにばかり目を引かれていました。
ちなみに私の言う指1本は人差し指くらいかな?
私も細かすぎるエコーラインよりもふんわりした触って気持ちよさそうなものの方が好き♪です。

どうなるのサン、ご無沙汰しています。
相変わらず制作頑張ってらっしゃるんですね。
クリスマスカラーのハワイアンなんて、凄く素敵。
完成間近ですね。
私最近何も縫っていないので、どうなるのサンのキルトを見てクリスマス気分を味合わせて貰います。

>midotanさん
お久しぶりです(^_^)/
私もいつも覗くばかり、コメントを残さずですみません(^^ゞ
これはね、ハワイアンを初めて知った頃にキャシーさんの本を見て『こういうのいつか作れたらいいなあ』と憧れてたものなんです。
だからこれが出来上がったらちょっと他のものとは違う特別な気持ちになれそうです。
『私にもついにこれが作れたっ…(T_T)ジーン』ってね(*^_^*)
midotanさんは縫い物お休み中ですか?
韓国物を見るのが忙しいのかしら?(^^)
先日の作品も色あわせとかmidotanさんらしい作品だったので、次回はどんなのかな、と楽しみにしてたんですよ。
何かクリスマス物、作らないんですか?

どうなるのかさん、こんにちは!
小白です!
エコーラインっていうキルト用語、どうなるのかさんのブログで覚えました!(^^)v
で、
「大らかな気分で」というキャシーさんの言葉も初めて知りましたが、この気持ちと言葉に、とても感銘を受けました。
こういうおおらかな気持ち、なんというか、とても大切ですね。
基礎の技巧ももちろん大切だけど、ある程度の域にいったら、気持ちが大切、か、と。(^-^)

>小白さん
こんにちは。あずきちくんもお元気でしょうか?
そうそう、前にエコーラインのことを書いたときにもコメントいただいたんですよね。
キャシーさんをきっかけにハワイアンキルトって世に広まったように思います。
それにはキャシーさんの発信する大らかさが大きく影響しているのでは?と勝手に思っています。
パッチワークが細かく手の混んだ方向に進んでしまうと『私にはできなーい』と思ってしまいがちですが、『これなら私にもできるかも』と思わせる魅力がハワイアンキルトにはあるような気がします。
小白さんも小さな物から(といっても小さすぎるとかえって作りにくいのでクッションカバーサイズくらいから)ハワイアンキルト作ってみませんか?^m^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドアをノックしたのは… | トップページ | 何でこんなに好きなんだろう? »