フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« クリスマスタペ 完成! そして | トップページ | ゆらんゆらんの原因 »

2007年11月27日 (火)

ゆらんゆらん

昨日出来上がったクリスマスタペ、早速玄関前に飾ってみたのですが…

Photo パイピングをしているときから気にはなっていたのですが、

周りが波打ってゆらんゆらんしています(ーー;)

今までも時々こういう仕上がりになることがありました。

展示会などで大きな作品などでこういう風になっているのを見かけることもありますがどうしてこうなってしまうのでしょう?

キルティングをしているうちに周りを引っ張って伸ばしてしまっているのかしら?

キルトラインのせいかしら?

それとも私の腕が未熟なのかしら?

先生に聞いてみなきゃ。

防止策をご存知の方がいらしたらぜひ教えてください<(_ _)>ペコリ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

« クリスマスタペ 完成! そして | トップページ | ゆらんゆらんの原因 »

「ハワイアンキルト」カテゴリの記事

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

はじめまして♪
ブログ村からお邪魔しました☆
すごく素敵なハワイアンキルトですね^^
ハワイアンは夏というイメージがあるのですが、クリスマスっぽいハワイアンは新鮮でいいですね!!

>kanaさん
はじめまして(*^_^*)ようこそいらっしゃいませ。
確かにハワイアンというと夏というイメージですよね。
このクリスマスタペはハワイアンを知ったばかりの頃から作ってみたかったもので、やっと作ることができました。
後ほどkanaさんのところにもお邪魔しますね(^_-)-☆

私も本科のサンプラーを作った時
教室の作品展で壁にかけた時に、ゆらんゆらん状態になりました
私も教えて欲しいなっ!
ゆらんゆらんにならない方法・・
私の場合腕もまだまだ未熟ですが・・

ゆらんゆらんは、置いたときは気にならないけれど、
壁にかけると気になっちゃいますね。
先生のアドバイス、私もぜひ伺いたいです。
使う綿によっても違うのかしら。
確かに、アメリカ人のキルターさんは、
キルティングの作業途中、
私のようにほったらかしにしないで、
ちゃんと別布でくるんだり、
折り返して仮止めしたりしてるんです。
一手間が、大切なのでしょうか。

私もハワイアンキルトをしたときに周囲が波打った記憶があります。
本に書いてあった覚えがあるので、見てみましたら・・・、
・キルティングをいっぱい入れるとなりやすい。
・ボーダーが大きな模様のキルトラインだったらなりやすい。
・正バイアスでくるんでいない。
・バイアスを付けるときにのばし気味でつける。あるいは、アイロンでバイアスをのばしておく。(その分太めのバイアスで)
それから、修正するには、バイアスでくるむ前に、いせこんでスチームアイロンで縮めるんですって・・・・。
↑やったことないので、どうなるかは分かりません・・・。

(枕は最初、首が痛いくらいパンパンに詰めておくと、そのうちへたって、いい感じになってきます。)


>K-Pach♪さん
今日がパッチワーク教室なので早速持っていって見てもらって原因を聞いてこようと思います。
前に同じような会話をして『そげんなっとたいね(そうなるのよね)』と言われた記憶があるので、果たしていい回答がもらえるかどうかはわかりませんが(~_~;)

>alpineさん
別布でくるむ、折り返して仮止め←うーん、私もしてないです(ーー;)
もしかしたらそういう細かい一手間が仕上がりに影響しているのかもしれませんね。
もしかしたら綿の厚みの影響もあるかもしれません。

>まるトさん
まあ、わざわざ確認してくださってありがとうございます。
それを読んで考えてみると…
・キルティングがいっぱい
・ボーダーが大きな模様のキルトライン
 →そうたくさんではないと思います。
  中央部分と周りの部分でキルティングの細かさも同じ程度
・正バイアスでくるんでない
 →これはその通り!
  直線のパイピングのときは布目で裁ってくるんでます。
  やっぱりバイアスの方が自然になじんで無理がないのかな
・バイアスを伸ばし気味に…
 →バイアスじゃないので…(~_~;)
修正方法は読んでて意味が分からなかったです~(ーー;)
これも今日先生に聞いてみようっと。
(枕の件、最初首が痛いくらいにパンパンに(◎o◎)?!
じゃあ今はいい感じなんですね。) 

はじめまして。
くっきりとした、ステキなハワイアンタペが完成しましたね。
でもゆらゆらなっちゃったんですね。
それはまるト さんも書き込みされてるように、ボーダー部分は
キルティングで縫い縮みしてるので、パイピングの部分と密度が違ってきてるからです。
私はパイピングする前に、ぐるりと一周しつけ糸で3層押さえます。
↑のいせこみと同じ原理です。しつけ糸は抜きません。
そうすると仕上がりがすっきりとしますよ。
この方法で(パイピング布がバイアスでなくても)いままで
ゆらゆらなったことないですよ。
でも「どうなるの」さんの先生のアドバイスも知りたいので
また報告待ってますね。

なるほどなるほど 皆さんの書き込みを見て
こっそり勉強させてもらっています(*^^*)

もうすぐタペストリー(65cmくらいだけど)を
作るので参考にさせてもらいます(^^)

>こっとんふらわぁさん
こちらこそ初めまして(*^_^*)
とか言いながら実は私こっとんふらわぁさんのブログに何度もお邪魔してたので
『初めまして?なんで?』って一瞬思ってしまったんですよ(^^ゞ

ゆらんゆらんの原因、なるほど!です。
中央部分とボーダー部分のキルティングの差ではなく、
ボーダー部分とパイピング部分の差、なんですね。
そうですよね、パイピング部分はキルティングしてない(あるいは少ない)から密度が違いますね、確かに。
で、ぐるりと1周しつけ糸で押さえると。
納得!!です。

キルティング前のしつけ掛けで中央から放射状にするのと一緒に周りにも一周かけてはいますが、
今回のしつけはそれとは目的が違う訳ですね。
パイピングがバイアス布でなくても大丈夫そうだし、
よっしゃー!!今度はそれでやってみようと思います。

今日先生にも聞いてみたのですが答えは『私もなったことある。何でかねえ?』でした(~_~;)

>雪うさぎ☆さん
こんばんは。
あ、いいなあ、作る前に秘策をゲットしましたね。
仕事と並行して課題をこつこつこなしてらっしゃる雪うさぎ☆さん、頭が下がります。
もうすぐタペストリーを作られるんですか?
楽しみですね(^_^)
やっぱり雪うさぎ☆さんカラーなんでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスタペ 完成! そして | トップページ | ゆらんゆらんの原因 »