フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 次の記事は来年か? | トップページ | 今年初めてのスケート »

2007年12月31日 (月)

12月に読んだ本

『個性を捨てろ!型にはまれ!』 三田紀房著 大和書房

第2章の“企画もアイデアも『型』で作られる!!”が特に刺激になりました。

というのがパッチワークのデザイン(特にトラディショナル)においてどういうものがオリジナルなのか?と思うことがよくあったので。

“模倣と応用”が大事なんですね。

最初はパクリでもその中から自分のオリジナルが生まれてくるよう努力したいものです。(12月7日)

『探偵ガリレオ』 東野圭吾著 文藝春秋

『予知夢』 東野圭吾著 文藝春秋

2作ともご存知ドラマ『探偵ガリレオ』の原作。

3部作のうち3作目(来年公開予定の映画の原作)だけは前に図書館で借りて読んでいたのですが、読みたかった1、2作目がやっと借りられました。

ドラマと原作とでは基本的な謎解きは同じですが、それ以外の設定が違ったり手段が違ったりして、ドラマと原作とでは全く別物として読んだ方が楽しめると思います。

(あるブログにそう書いてあったのですが、その通りだと思いました。)

特にドラマの最終回『爆ぜる(はぜる)前・後編』では原作の2つの話を混ぜて一つの話にしてありましたが、いい具合に変えてあると思います。

原作を読んで分かったのですが、原作に書かれている原因物質は入手は困難ながらも実在するもの、それがドラマではまだ試作中の物質という設定に変えてあったので、これはもしかしてドラマを見て真似することがないよう配慮されたのでは?と思いました。(12月下旬)

« 次の記事は来年か? | トップページ | 今年初めてのスケート »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の記事は来年か? | トップページ | 今年初めてのスケート »