フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の18件の記事

2007年12月31日 (月)

12月に読んだ本

『個性を捨てろ!型にはまれ!』 三田紀房著 大和書房

第2章の“企画もアイデアも『型』で作られる!!”が特に刺激になりました。

というのがパッチワークのデザイン(特にトラディショナル)においてどういうものがオリジナルなのか?と思うことがよくあったので。

“模倣と応用”が大事なんですね。

最初はパクリでもその中から自分のオリジナルが生まれてくるよう努力したいものです。(12月7日)

『探偵ガリレオ』 東野圭吾著 文藝春秋

『予知夢』 東野圭吾著 文藝春秋

2作ともご存知ドラマ『探偵ガリレオ』の原作。

3部作のうち3作目(来年公開予定の映画の原作)だけは前に図書館で借りて読んでいたのですが、読みたかった1、2作目がやっと借りられました。

ドラマと原作とでは基本的な謎解きは同じですが、それ以外の設定が違ったり手段が違ったりして、ドラマと原作とでは全く別物として読んだ方が楽しめると思います。

(あるブログにそう書いてあったのですが、その通りだと思いました。)

特にドラマの最終回『爆ぜる(はぜる)前・後編』では原作の2つの話を混ぜて一つの話にしてありましたが、いい具合に変えてあると思います。

原作を読んで分かったのですが、原作に書かれている原因物質は入手は困難ながらも実在するもの、それがドラマではまだ試作中の物質という設定に変えてあったので、これはもしかしてドラマを見て真似することがないよう配慮されたのでは?と思いました。(12月下旬)

2007年12月24日 (月)

次の記事は来年か?

今日はクリスマスイブですね。

我が家の子供たちはサンタさんがちゃんとプレゼントを持って来てくれるように9時ごろ布団に入りましたが、まだ熟睡はしていないよう。

ちゃんと寝入ったらサンタさんが来てくれるでしょう(^_-)-☆

さて、明日からは私はダンナの実家に行ったり私の実家に行ったりあっちこっち走り回る日々が始まります。

縫い物どころか年賀状書きすらちゃんと済ませられるかわからない状態です。

全く落ち着きません<(`^´)>

あっちへバタバタ、こっちへバタバタ…

で、落ち着くのは年明けになりそうです。

なのでもしかしたら次の記事は来年かもしれません。

ということで少し早いですが、

今年も一年お世話になりました<(_ _)>

皆様よい年をお迎えくださいね(^_^)/

2007年12月22日 (土)

イメージがまとまりません

昨日髪切りに行った後手芸店を覗いてみました。

先日から考えているダブルウェディングリングに必要な布の量は、

布幅いっぱいで計算した場合、30cm必要なものが12種類と、20cm必要なものが4種類(リング部分)。

あと土台布部分が3mから4m(計算がめんどくさくなって適当です)。

で、問題の色がまだはっきり決まっていません。

先生からはまず手持ちの布の中で色や量が使えそうな物をピックアップして、それをもとに足らない色合いを探していくよう言われました。

そしたら無駄がないですものね。

そう思いつつ在庫のチェックをせずに昨日はぶらっとお店に行ってみたのですが…

結局イメージがまとまらずちょこちょこっと見るだけで帰ってきました。

もしかしたら『絶対この布を使いたい!』というような布と出会えるかと思っていたのですがそれもなく(ーー;)

やっぱり手持ちの布チェックをしないことには先に進めないようです。

先も長いですし、ゆっくり進めたいと思います。

2007年12月21日 (金)

髪切ってすっきり♪

今日は朝から髪を切りに美容院に行って来ました。

前に行ったのはいつかと思ったら3月でした!

それから伸ばしっぱなしで子供の夏休み明けにさすがに髪を切りに行こうと思ったら、

バレエの発表会が終わるまでは前髪も伸ばしておいた方がいいとのこと、

結局そのまま手を加えることもなく9ヶ月間伸ばしっぱなしでした。

私は強い天然パーマなので、3月は前髪からサイドだけストレートをかけて後ろは量を少なくしてクセを生かしてふわんふわんとした感じにしてました。

今回はどうしようか?全部ストレートかな?と思いながらお店に行ったらいつもの美容師さんがいい感じの髪形だったので真似っこすることにしました。

前髪も後ろも長さは変えずに、全体的に根元から途中まではストレートをかけて、毛先はデジタルパーマでくるりんとなる感じ。

あと髪の量が多いのですいて軽くしてもらいました。

ストレートだけだと毛先まで真っ直ぐ↓↓↓の味も素っ気もない感じになるのが嫌だったのですが、これだと毛先のカールが優しい感じですごく気に入りました(*^_^*)

と、ここまで書いていたら子供たちが帰ってきたので『髪切ったの分かる?(*^^)v』と聞いてみたら『分から~ん!』ですって…(ーー;)ガッカリ

まあね、長さは変わってないし、ちょっとした雰囲気の違いですからね…分からなくても仕方ないんですけどね…なんだかんだで3時間くらい掛かった結果なんだけどなあ。

ダンナは言わなくても分かるかなあ?

髪切りに行くって話してたから分かってくれると思うんだけど…無理かな?(~_~;)

2007年12月19日 (水)

ついに手を出すか?

ダブルウェディングリングはパッチワークを始める前からの私の憧れでした。

教室に通い始めて高等科でダブルウェディングリングの製図を習いましたが、そのときは課題を仕上げるというのが目的だったのでリングを5個つないだだけにしました。

トップのみの完成でOKということだったのですが、四角い布にピースワークしたダブルウェディングリングをアップリケをしてタペに仕上げました

それが約1m角、当時の私にとっては一番の大作でした。

その後も展示会などでダブルウェディングリングの大作を見るたびに『いいなあ』とため息をつきながら、『いつか私もグラデーションの大きな物を作りたい』と思って塗り絵などをしていました。

そんななか先日発売になった『パッチワーク教室No.56(最新号)』はダブルウェディングリング特集。Dwr

中を見ているとすごく気になります。

『あー、私もこんなの作りたい!』と思います。

そして今日、年内最後のパッチワーク教室に行ってきました。

先生や他の生徒さんと話をしていて『いつか作りたいと思ってても結局始めなければできないのよね』という話になり、『もし作るとしたら…』と持っていったスケッチブックにイメージを書いていきました。

すると不思議なもので、出来上がりの大きさやリングの数、必要な布の種類の数、切り出す枚数などを具体的に考えていると、なんとなくできそうな気がしてきたではありませんか。

ピース自体はそう小さいものではないし、ちょこっとずつ縫いためていけばいいので合間合間の時間をうまく使えば少しずつでも進みそうです。

何だかすごく乗り気になってきました。

あらぁ?私ったらほんとに手を出しますか?って感じで\(◎o◎)/ビックリ!

さあそうなると問題は布選びです。

グラデーションで仕上げたいのですが、リビングのソファーに掛けて使いたいので、理想としては色がうるさすぎず地味すぎず、汚れが目立たないもので、かつきれいな色味のもの。

わはは、こりゃあ大変そうです。

とりあえず出来上がりサイズを具体的に出して製図をして、どの布がどの程度必要になるか出さないことには布選びもできません。

今回は課題じゃないのでゆっくり取り組もうと思っています。

2~3年くらいかけて出来上がるというのもいいなあ、と思っています。

2007年12月17日 (月)

無事バレエ発表会終了

前回の記事に書いていましたが、この週末人生初のバレエの発表会に出てまいりました。

といっても出るのはいくつもある演目のうちのたった一つだけ、時間にして3分ちょっとです。

それでもその振り付けを覚えるのは必死で、レッスン時間に見ただけでは覚えられないのでビデオカメラを持参して先生のお手本を録画して家で繰り返し見て、それでも覚えられないので場所を借りて特訓をするという日々でした。

そして本番は、いやー…夢のような時間でした…!

リハーサルでは誰も座っていなかった会場に人がたくさん座ってて、ライトが前からも横からも当たってて、そして私は舞台メイクにロングドレス姿…非日常の極みでした。

本番はほんとにあっという間で、ちょっと間違ったりしたけどなんとかうまくごまかせていたようで家族も気づいてなかったし、最後の皆でのご挨拶が終わったあとはもう涙涙…でした。

本番以外の楽屋では何をしていたかというと、今回初めて発表会に出る大人になってからバレエを習い始めたメンバー4人して、付けまつげをつけ真っ赤な口紅をつけた自分たちの姿を見て大笑いしておバカなポーズで写真を撮ったり、やっぱり不安で何度も練習して振りを確認しあったり、他の人たちの着替えを手伝ったりと、初めての経験尽くしでした。

本番終了後メイクも落としすっかり普段の姿に戻って会場を後にしようとしたらロビーにはたくさんの花束が。

『私にはあるわけないや』と帰ろうとしたら呼び止められ見に行くと、一緒にレッスンを受けているほかのメンバーや見に来てくれた友人たちからの花束が・・・!

これはもう全くの予想外で、帰りの車の中では腕いっぱいの花束を抱えて泣きながら帰りました。

先生、そして一緒に頑張った仲間たちや、家族、友人、その他もろもろの方々に感謝感謝です。

そしてこの場所、この時代に生きていられたことにも感謝感謝。

ああ、書きながらもまた涙涙…です。

今はただ感謝でいっぱいです。

2007年12月14日 (金)

バレエの発表会が目前に

いよいよ人生初!!のバレエの発表会が目前に迫って来ました。

この地域で一番大きなホールであります。

昨日は発表会前最後のレッスン日。

なのに覚えきれないくらいあちこちチェックが入って…(ーー;)

気にかかることがあると夢に見る性質なのですが、昨夜やっぱり夢に出てきて何度も目が覚めました。

でも『失敗した~!!』みたいな恐ろしいシーンではなく、(あまり覚えてはいないんですけど)舞台上で打ち合わせをしてる、とか、先生のチェックを受けてる、といった内容だったみたい。

もし恐ろしいシーンの夢見たら眠れなくなります。

昨夜は夢をたくさん見たけどよく眠れたのでよしよし。

明日はゲネプロ(本番どおりのリハーサル)、そして明後日はいよいよ本番です。

きっと練習で気をつけてやってたことも本番になると飛んじゃって大した出来にはならないと思うけど、本番が終わればこの緊張からも開放されます。

そう思えば気が楽かな?

ということで次回の更新は来週開けてからになるかもしれません(^_^)/

舞台化粧をして衣装を着てライトを浴びて人前で踊る、全て初めての体験。

わははは、頑張ってきまーす(*^^)v

2007年12月12日 (水)

教室はいいですね♪

今日はパッチワーク教室の日でした。

今は講師科も終わったので自分の好きなものを作っています。

なので習いに行くというよりは手を動かしながらのおしゃべりを楽しみに行くという感じです。

今日は先生は別の教室で教えるという以前作った雛人形の作り直しをされていました。

そして私は変形ログキャビンのハートを持っていって『こんなのを作ってます』とお披露目をして、あとは裏の紙を破いてはがす作業をしていました。

ペーパーピーシング(薄い紙にパターンを書いたものに布をのせた状態で紙の線に合わせて縫い合わせていく技法。布と一緒に紙も縫って、後からぴりぴりとはがします)はやっぱり薄い紙でしないと、ですね。

普通のコピー用紙を使ったものだから、この紙をはがす作業がたいへ~ん((+_+))

普通に引っ張ったら紙と一緒に糸まで引っ張ってえらいことになりそうです。

なので、まず縫い線に沿わせるように目打ちで軽く押さえて紙が破けやすいようにしてからそっと引っ張っています。

今度やるときはちゃんと薄い紙を探してからやろうっと。

不織布とか薄手の布でやってもいいそうで、その場合ははがす手間が省けますね。

さて、いつも一緒の時間に教室に来られる方は私の母と同年代の人生の先輩です。

この方がいつも『何にもしてきませんでした(^^)』と言いながらいっつもコツコツと作品を仕上げる方なんです。

今日もバッグを一つ(プレゼントするそうです)と『真ん中のとこだけしかキルティングしてきませんでした(^^)』と言いながら机の上に出したのは1.5m角くらいの『ミックスT』のタペストリー。

ほんとに真ん中のとこだけかと思ってみてみたら、ボーダー以外キルティングが終わっています\(◎o◎)/!

『ボーダー以外』=『真ん中のとこ』だったらしいです(~_~;)

どんなタペかといいますと、日本手芸普及協会の本科テキストp.25に載っているミックスTをたーくさんつなげたタペを一回り小さくしたもの。

それでも相当な枚数つなげています(確かミックスTを10枚×10段じゃなかったかな?)。

こういうコツコツ縫いためて大きなものを作るのにすごく憧れるのですが、こつこつというのがどうも苦手でつい1m足らずのサイズのものばかり作ってしまっています。

大きけりゃいいってものじゃありませんが、やはり大きいものにはまた別の迫力があって憧れます。

そしてその方は先日私が仕上げたハワイアンのクリスマスタペをご自分でも作りたい!とおっしゃっていました。

こうやって別の方の作業を見たり作品を見たりして刺激を受けられるのが教室のメリットですね。

別の地に住むことになってもまた教室を見つけて入って楽しみたいと思います。

マフラー完成なり(*^^)v

昨夜100円ショップに行って毛糸を買って来ました。

Photo_2で、早速フリンジをつけて昨夜完成しました(*^^)v

『やった♪完成(^^)』と言ったら横にいたダンナが『早っ。1日でできた』と言ってました。

正確には1日半なんですけどね。

マフラーってフリンジをつけると長くなるんですね。

ふさふさだから…と大して考えてなかったのですがすごく長くなった印象です。

もう少し本体が短くてもよかったかも。

幅も3分の2か半分くらいでよかったかも。

でも半分にしたら10目になるのでほんとにあっという間に編めそうです。

ということで今年も近所のクリスマスパーティーに呼んで頂いたのでクリスマスプレゼント用に2本くらい編んで持っていこうかと思います。

今日はパッチワーク教室の日なのでそのあとまた100円ショップに行って毛糸を買い込んでこようと思います。

2007年12月11日 (火)

フリンジ分足らず

Photo 引き続きマフラーを編んでいます。

長めにしたかったのですが5玉使い切ってしまいました。

首に巻いてみるとあったかくていい感じです。

少し重くなってきたし長さはこれくらいでいいかな。

ですが、フリンジ分がなくなってしまいました。

もう1玉買いに行かなきゃ♪Photo_2

ドライブ編みをすると編地はこんな風になります。→

『ドライブ編みってなんですか?』って聞かないでくださいね。

説明するのが下手なので(^^ゞ

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

今日の題名『フリンジ分』と書きたくて、『ふりんじぶん』と入力して変換したらびっくり!

『不倫時分』\(◎o◎)/!と出てきました。

えらい違いです(^_^;)

2007年12月10日 (月)

マフラー編んでます

12月に入ってすっかり寒くなってきましたね。

寒くなってきたのでマフラーを編みたくなってきました。

100円ショップに行ったら色々な毛糸が売られていました。

丁度いい感じの色合いの毛糸があったので適当に5個手に取り、『100円だし』と棒針も一緒に買って帰って来ました。

家の帰ってから丁度いい棒針がなかったら編む気が萎えてしまいそうでね。

Photoで、早速編んでます。

前にキャシー中島さんがテレビで話していたドライブ編みという編み方を初めてやっています。

いいですね、これ。

どんどん編めます。

途中で飽きなければこのままあっという間に出来上がりそうです。

ちょっと長めでフリンジをいっぱいつけたものにする予定です。

2007年12月 8日 (土)

羨ましい…

ブログをあちこち覗いていたら『キルトウィーク福岡を見にヤフードームに行きました!!』という記事をいくつも見かけます。

一昨日から始まって今日までの開催です。

何ヶ月も前から行くつもりでいたのに結局色々重なって行けなくなってしまいました(T_T)

いいなあ…羨ましいなあ…。

せめて明日まで開催されていたら見に行けたのに…。

今度何か行くことになったらそのときは他の用事が重ならないことを願います(゜゜)

2007年12月 5日 (水)

ログキャビン 合体!!

まるトさんに刺激を受けて縫い始めたログキャビンですが、早く合体したくて今日も朝から縫ってやっと16枚揃いました。

早速合体作業をしていると主人からの用事の電話で出掛ける羽目に。

少しの時間でしたがその時間ももどかしいっ!

1時には点字のボランティアの作業に出掛けなければならなかったのですが、その前には合体させようと頑張りました。

焦りますが間違って縫い直しをする羽目にならないよう気をつけながらなんとか合体作業終了!

そして今夕方帰ってきて早速写真を撮って記事を書いている私。

家事はそっちのけかーい!とツッコミがきそう (^_^;)

ハイ、これを書き終わったら全速力で夕食の準備をします!(^^)!

004←さて、出来上がったログキャビンはこんな風になりました♪

変形ログキャビンのカーブを生かしたハートです。

前から作りたかったんだよねぇ(^.^)

ペーパーピーシング(印をつけた紙の上に布を乗せた状態で紙と一緒に縫い合わせていく技法…であってます?)でやってるので裏には紙がまだついた状態。

一部外してみましたがこんな感じです。→005

糸を引っ張らないよう気をつけて丁寧に外さなければ。

今回使ったえんじ色の布は地模様が入っていて柔らかい布なのですが、紙と一緒に縫うことでゆがみが出ることもなく縫いやすかったです。

ただ今回適当に手元にあったコピー用紙を使ったのですがちょっと硬すぎましたね。

やっぱりハトロン紙のような薄い紙の方がよさそうです。

まるトさん、ハロハロさん、いかがでしょう? 予想通りでしたか?^m^

今日の空

Photo

夕方洗濯物を取り込んでいたら西の空に飛行機雲の白い線が延びていました。

昼間にも飛行機雲を何本か見ました。

飛行機雲ができやすい気象条件ってあるんでしょうかね?

きれいだったので写真に撮ってみました。

適当に撮ったわりには空の色が綺麗に撮れました(*^_^*)

2007年12月 4日 (火)

キルト展を見に行ってきました

今日は朝早くからキルト展を見に行って来ました。

9時からとなっていたのですが、9時過ぎに着いて展示会場に入ってみたら受付のところには誰もいません。

ま、いっか。と見ていたらしばらくしてから先生と当番の生徒さんらしき方々がやってきました。

私は経験がありませんが、展示会って飾り付けや当番の割り振りなど手間暇かかって面倒なんでしょうね。

ずっと前に近所の方が別の習い事で展示会に参加したのですが、いろいろもめて大変だったという話を聞きました。

そのせいか展示会を見に行くとつい『この人たち仲いいのかな?』という目で見てしまいます。

さて、そんなくだらない話はさておき、キルト展の内容はどんなだったかといいますと、中心はログキャビンとヘキサゴンでした。

ログキャビンは普通に濃淡で模様を浮かび上がらせているものや、変形ログキャビンでカーブを描いているもの、ひし形や三角形のもの、パイナップルなどいろいろなタイプが飾られていました。

ヘキサゴンはあまり印象に残ってないなあ。

全体的に長い辺が1.5m~2mくらいまでのものが多かったので展示会に飾るにしては小さめだったと思います。

なのであまり迫力はありませんでしたが、どれもとても丁寧に作られていました。

キルティングも細かかったなあ。

アップリケもきれいだったし。

個人的にはちょうど今変形ログキャビンを縫っているので色々なログキャビンが見られて面白かったです。

他にも『このボーダーのキルトラインはいいわあ。今度真似しよう!』と思ったり、『私だったらこんな色合いにして…』なんて考えたり。

テーブルにバッグなどが展示されていたのですがその下にとても使い込まれたようなキルトがありました。

しわしわだし色も褪せているようでしたが見せるためのキルトではなく使うためのキルトという感じでとてもいい雰囲気をかもし出していました。

そして家に帰り着いてから早速ログキャビンを縫い進めました。

今日は変形ログキャビン6枚を縫い終わって、全部で16枚のうちの12枚が出来上がりました。

あと同じ幅のログキャビンが2枚、変形ログキャビンが2枚の予定です。

作り方はまるトさんのやり方を真似てミシンで縫ってます(仕上がりの模様はまるトさんのとは違いますよん♪^m^)。

でもずいぶん適当なやり方になっています(~_~;)

長距離走った後に爆縫いしてすっかり疲れてしまいました。

続きは明日にして今日は寝ることにします。おやすみなさい(-_-)zzz

2007年12月 3日 (月)

懐かしい思い出

今日の記事はやたらとリンクばっかりですが…

yuu-minさんの『なないろ日和』というブログで編みぐるみのお布団セットの記事を見ていたら私も子供の頃お人形サイズの布団セットで遊んでいたのを思い出しました。

でもね、先日母に『昔さぁ お母さんが作ってくれた小さい布団で遊んでたよね。あれって私の子供用の布団の余り布じゃなかったっけ?』と聞く機会があったのですが、

そのときの母の返事が

『お母さん作った覚えないけど』

…\(◎o◎)/!

あれぇ???? 確かに遊んだ記憶があるんだけどなあ。

布団の柄は私の布団と同じ柄だったと思うんだけどなあ。

私の記憶が間違っているのか、母の記憶が間違っているのか(?_?)

それとも布団屋さんがサービスで作ってくれたのかなあ?(ご近所さんだったし)

人間の記憶というのは結構いい加減でその後の経験で全く違ったように変化していることもあるとか。

…まあ、私のなかではいい思い出として残っているのでそれでいい気もするのですが何だかちょっと引っかかってしまいました(~_~;)

経験を積むべし

先日の記事でキルトのパイピング(バインディングともいうようですね)はバイヤスでしているか?という記事を書いた私ですが、ちょくちょくお邪魔しているステファニーさんのブログでもパイピングの際の布目についての記事が書かれてました。

その記事の中でリンクされている1月9日の記事ではピースワークしたときの縫い代の倒し方についても色々な考え方が書かれていてとても興味深かったです。

パッチワークを習い始める前のいろんな本を読み漁っていた頃は、本によって縫い方(端から端まで縫うのか、印から印まで縫うのか)や縫い代の倒し方(片方に倒すのか風車のように倒すのか)など本によってやり方が様々で『一体どれが正しいのよ?!(-"-)』と思っていました。

実際にパッチワークを習い始めて、日本手芸普及協会のやり方(縫い方は基本的に はめ込み以外は縫い切り、縫い代は基本的に片倒し)を覚えました。

ですが同時に、縫い方も縫い代の倒し方もどの方法でもそれぞれにいいと思われる理由があってどれが正解というものでもないということが分かるようになりました。

パイピングの布目にしろ、ピースワークの縫い代の倒し方にしろ、そのとき作っているものにいいと思える方法を臨機応変に使えるようになれればいいですね。

そのためにはいろんな方法で実際作って経験を積まなければ!そう感じました。

2007年12月 1日 (土)

飾ってきました

先日できあがったばかりのハワイアンキルトのクリスマスタペストリー、いつも飾らせてもらっている近所の郵便局に昨日飾り付けに行ってきました。

といっても壁のワイヤーネットに木のピンチで留めるだけなんですどね。

スペースも限られていて今回のタペは幅が少しはみ出してしまいました。

展示期間は1ヶ月くらいの予定。

いつもは60cm前後のものを2つか3つ飾るのですが、今回は色が派手だったこともあって1枚だけにしました。

その代わりに初めて作品の説明書きを一緒に貼ってきました。

A4判の紙1枚に、ハワイアンキルトの説明とデザインの説明などを簡単に書いたものです。

これを見てキルトに興味を持つ人が増えたら楽しいな(*^_^*)と思います。

局員3人の小さな郵便局で、いつも『飾っていただいてありがとうございます』と言ってくださいます。

いえいえ、こちらの方こそいつも快く飾る場所を提供してくださって感謝感謝m(__)mなのです。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »