フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の17件の記事

2008年1月31日 (木)

1月に読んだ本

『フリーランスのジタバタな舞台裏』 きたみりゅうじ著 幻冬舎文庫

コンピュータプログラマからイラストレーター兼ライターとしてフリーランスになった著者の会社を辞めてからフリーランスとして軌道に乗るまでの話。

実は自分がもしパッチワークの先生として個人事業主としてやっていくのならそれもある意味フリーランスといえるのでは?と思って手に取ったのでした。

最初の仕事が決まるまでの経緯や初めての本が出版されるまでの綱渡りの執筆中の様子など『へえ~こういう気持ちになるんだ』と興味深かったです。

目標としていた収入をクリアした後、久しぶりに会った同級生に収入について聞かれ正直に答えた後の友人たちの態度の変化など、すごくリアル。

“フリーランスという肩書きだけで、「気楽そうだ」とか「好き勝手にやってる」など様々なレッテルが貼られ、そして偏見でがんじがらめにされてしまう。”という一文を読んで、思わず『専業主婦も同じような気がする』と勝手に思ってしまった。

だってね、言われるんですもの『いいねー、働かんでよかけん』とか『家で遊んでるんでしょ』とか。

いかん、いかん、愚痴になってしまった。

自分も含めてイメージだけで人を判断して妬んだり羨んだりしないよう気をつけたいものです。(1月4日)

『上達の法則 効率のよい努力を科学する』 岡本浩一著 PHP新書

いろいろな技能において、上達し上級と呼ばれるところまで技能を身につけた人と なかなか上達しない人との間にはどんな違いがあるのか、

また上達していく過程においてどのような変化が起きているのか、

ということについて書かれています。

最初の方の上達するということや上達した人についての説明などは『ふむふむ』と一気に読み進みました。

でも、後半の上達するための方法論になると読み慣れない用語が出てくる度に『えっと、この言葉はどういう意味だったっけ?』と読み返す回数が増え、なかなか進まず。

結局後半の理解度は半分くらい。

それでも上達する過程において物の捉え方や頭の中での知識の整理の仕方が変わっていくというのがわかったというだけでもよかったという気がします。

なんでもただがむしゃらに頑張ればいいというものではないんですね。

冒頭の『はじめに』の中に“本書を参考にしながら、なにかひとつ、上達してみていただきたい。・・・何でもよいから、なにかひとつ、深く上達する経験を持っていただきたい。”とあるのですが、要は自分で上達することを経験してみると分かるよ、という著者のメッセージな訳で、はて私はこれから何をすべきかなあ、と考えているところです。(1月4日)

『ネコ好きが気になる50の疑問 飼い主をどう考えているのか? 室内飼いで幸せなのか?』 加藤由子著 サイエンス・アイ新書

私は犬も好きだけど猫も好き。

でももし飼うなら猫のほうが良いな、と思っています。

以前実家で野良猫上がりの猫を何代か飼ったことがありましたが、田舎ということもあって餌はやるけどその他はほったらかしという放し飼い。

猫ってそういうもんでしょ、という感覚だったんですが現代では、特に都市部ではそういう飼い方は非常に迷惑だということが分かりました。

ご近所の人間関係にも猫の健康にも。

基本的に室内で犬・猫を飼うのはにおいや毛のことを考えると『ウチではありえない!』くらいに思っていましたが、室内で飼う利点も多いのですね。

その他犬と猫の違いや、猫の生態や体・生活スタイルについての疑問などに答えています。

イラストも可愛くかつ分かりやすく面白かった♪(1月下旬)

2008年1月29日 (火)

リングが一つ出来ました

ダブルウェディングリングですが、小さいピースをつなげて、舟形のピースをつなげて…とやっているうちに、ちょっと心配になってきました。

最終的に大きくつなげるときの縫い代を倒す向きとか、

縫い止まり(印まで縫っておくこと)にしておくべきとこはどこか、とか

縫い合わせるときに縫い代をよけておいた方がいいのはどこか、…とか。

全部縫い止まりにしておけば間違いはないのですが、関係ないところは縫い切り(印より2、3針先まで縫っておくこと)にしておくのが好きです。

Photo全部縫い切りにしておいて、合体するときになって間違いに気がついて縫い直すのは避けたいし。

ということで“あ”の並びで舟形に2枚つなげ終わったところで今度は“い”の並びで2枚分つなげて、リング型にひとつ作っておくことにしました。

←で、頑張って縫ってリングが一つ出来ました。

もしこの先分からなくなったときはこれを見ながら続きを縫っていけばいいでしょ♪

うふふ、グラデーションが浮かび上がってきましたよ(*^_^*)Photo_2

ちなみに裏はこんな風。→

縫い代の倒す向き、ちょっと迷うところもあったのですが1ヶ所に縫い代が重なり過ぎない ように考えてみました。

今の時点で設計図に倒す向き・縫い止まりにする場所を書き込んでおけば今後のためにもなりそうです。

縫い代の倒し方などはどのピースを目立たせたいかとか、重なりが均一になるようにしたいかとか、考え方によって変わってきますよね。

パッチワークを習いに行く前は本によって違うことに戸惑っていましたが、習いに行って日本手芸普及協会の基本的なやり方を覚えました。

その上で自分が納得が行くやり方をすればいいんだということが分かった気がします。

2008年1月28日 (月)

次はピンク系

Photo昨日は夕方から頭も痛くなってきたので痛み止めを飲んで暖かくしていました。

今日は寒気も感じないのですが、天気予報で雪マークが出ていたので、家の中でおとなしくしておきます。

ということで、ダブルウェディングリングのピンク系の続きに取り掛かってとりあえず10枚できました。

『ここは縫い切り、ここは印まで』と縫うときに気を使います。

小さいピースをひたすらつなげていく手もあるのですが飽きるので次は舟形ピースをつなげようと思います。

これは“あ”の並び。Photo_2

これがつながったら今度は“い”の方を少し縫っていこうかな。

2008年1月27日 (日)

ちょっとぞくぞく…

昨日は娘のサッカーの初試合の応援に行って来ました。

寒い中立っていたので自然と力が入っていたのでしょう、肩や背中がばきばきです。

そして何だかぞくぞくします。

体の中が暖まらない感じ。

風邪のひき始めかもしれません。

ということで今日は主人が子供たちをボーリングに連れて行きましたが私は家にいることにしました。

パソコンを立ち上げてあちこちブログを覗いてみたものの、文字を読むのが何だかしんどい。

やっぱり体調が今いちのようです。

主婦が寝込むと家族が困る。

自分も困る。

こんなときは早めに体を休ませるべき。

私の場合、眠るに限る。

ということで、おやすみなさい(-_-)zzz

2008年1月24日 (木)

カット完了 縫い始めました

やっとカットが終わりました!Photo

最後にカットしたのは土台布の舟形部分とダイヤ部分、そしてパイピング用のバイヤステープ。

特にダイヤ部分は大きい上に四隅が細いのでズレやすい!

左手で型紙をしっか!と押さえていたので肩がこってしまいました。

舟形部分はリング部分と同じだけ枚数がいるのでその数82枚。

Photo_2←重ねてみたら厚みがこんだけあります。

特に厚い布を使っている訳じゃありませんよ。

普通の厚さの木綿地です。

ちなみにカットした枚数を計算してみたら全部で  1,265枚 なり \(◎o◎)/!

出来上がりの大きさは本科高等科のサンプラーと同じくらいなんですが、サンプラーの場合はパターンを縫い貯めていったもの。

これだけの大きさのものを一から縫うのは初めてです。

でもチクチク縫っていけば今は1,265枚なのが最終的には合体して1枚になる訳でしょ。

こりゃあ作り甲斐がありそうです。Photo_3

ということで少しずつ縫い始めました。

ただ今青系が6枚つながったものが10セットできました。

色味に飽きてきたので次はピンク系をつなげていこうと思います。

( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~( ^^) _U~~

今朝バレエ友達から『インフルエンザA型に罹ってしまったので今日のレッスンはお休みします』メールが届きました。

隣町の子なのですが、我が家の子供たちが通っている小学校でもインフルエンザによる欠席者が出始めました。

私も体調に注意して無理せず縫い物を楽しもうと思います。

これを読んでくださってる方々もお体に気をつけてお過ごしください。

2008年1月23日 (水)

子供たちがデコレーション

ホットケーキミックスを使って耐熱ボールを型にしてドーム型のケーキを焼きました。

Photo3枚にスライスして、生クリームを泡立てて、イチゴの用意をして、デコレーションは小学生の娘と息子の2人に任せました。

すると意外や意外、ちゃんとそれらしく飾りつけが出来ました。

美味しそう~♪

記念に子供たちとケーキと一緒に写真に撮ったりして、子供たちはご機嫌です。

別に誰かの誕生日という訳でもないのですが、たまにはこういうことをするのもいいものですね。

さて肝心のお味ですが…ふっくら焼けたので期待していたのですが『ホットケーキミックスを使ったのね』という感じの味でちょっとがっかりでした。

今度はホットケーキミックスを使わないでドーム型に挑戦してみようっと。

2008年1月22日 (火)

続きをカットしました

昨日痛くなった手首ですが、湿布をして寝たので痛みがだいぶ収まりました。Photo

そこで今朝から布のカットの続きをやって、さっき全部カットし終えました。

ごちゃごちゃ混ざってしまわないように縫うときの並びの違いで “あ” と “い” に分けて、

見本と一緒に100均で買ってきたファイルホルダー2つに保管 (ちょうどいい空き箱がなかったのさ)。→

↓ファイルホルダーを開けると中はこんな感じ。

幸か不幸か布と見本を入れて蓋を閉じたらぴっちぴちなので中でぐちゃぐちゃになることもなさそう。

でも縫ったのを収めるスペースがないぞ。

Photo_2ま、いいや。

これの目的は縫うときに順番を間違わないようにするためだから。

これでやっと合間合間の時間で縫えるようになりました。

でもリング部分だけでこれだけの量全部つなぎ合わせるのか…。

ふう…(ーー;)…

…おっとっと、ちょっと意識が遠くなっちゃった(~_~;)。

でもって、あとは土台布の印つけとバイヤステープ取り。

これは明日の教室のときに、大きな紙やすりが貼ってある先生の裁ち台を使わせてもらってやろうっと。

2008年1月21日 (月)

ギブアップ!!

ダブルウェディングリングですが、やっとリング部分の印つけが終わったので一気にカットPhoto しています。

印をつけつつ、カットをしつつ…とやれば同じ作業が続かず少しは楽なのでしょう。

でも今回は本当に布が足りるか、印を間違ってつけていないか、

確認できるまでは不安だったので後からまとめてのカットになったのですが…

ギブアーップ!!!

右手首が痛くなってしまったので今日はここまでにします。

明後日水曜日がパッチワーク教室なのでそのときまでにカットまで終わらせて持って行きたいので、今日はゆっくり手首を休ませて続きは明日にします。

これでもやっと3分の2くらい。

あと、青系4種類×82枚のカットが残っています。

Photo_2ちなみに土台布部分は印つけもカットもまだです。

←印つけと並行して作っていた見本、バッチリ出来上がりました。

グラデーションの確認も出来て嬉しい♪

こんな風にどんどん縫っていったら憧れのグラデーションのダブルウェディングリングが出来るのです。

うーん、楽しみですなぁ(*^_^*)

2008年1月20日 (日)

初!ガトーショコラ

Photo初めてガトーショコラを作ってみました♪

実はその前に“ホットケーキミックスを使って電子レンジで作るガトーショコラ”というのをやってみたのですが、出来に満足できなくて。

で、オーブンで焼くガトーショコラに挑戦してみました。

出来はまあまあかな。

冷めた後思ってた以上に生地が沈んでしまったのがちょっと残念。

ま、いきなり上手には出来ないものですものね。

本屋が好きでしょっちゅうぶらぶらしているのですが、

この時期はどこの本屋もバレンタイン前ということでチョコレートのお菓子の作り方の本の特設コーナーが設けられています。Photo_2

別にバレンタインには興味はないのですが、お菓子作りは好きなので手に取ってみると、

初心者向けの材料も手に入りやすいもので作る取っ掛かりやすいものや、

ベテラン向きの材料も凝ったものなど色々あって見ているだけで楽しめます。

同じガトーショコラでも色々な配合があって作り手の苦労の賜物、という感じです。

次に作ってみたいのは『フォンダンショコラ』。

こちらも作り方が色々あるようで、

真ん中から溶け出してくるチョコレートソースを別に作っておく方法あり、

全部混ぜ込んで焼いてソースは自然と中から溶け出してくるようにする方法あり、

奥が深そうです。

こちらも取っ掛かりやすい作り方から挑戦してみたいと思います。

2008年1月17日 (木)

寒いっ!!

今朝学校に向かっていたはずの娘が忘れ物をしたと家に戻って来ました。

それから歩いて行っても間に合わない時間だったので途中まで車で送ることにしました。

盆地なので霧が立ち込めることが多いのですが、今朝は珍しくすっきり晴れ渡っていて、

お陰で放射冷却でとても冷え込んでいます。

車のフロントガラスもガチガチに凍っていて、発進前にお湯を持っていってかけたけど、

走り出すとみるみる凍っていきます。

車には外気温が表示されるのですが、今朝の気温は7時半頃でなんと-6℃

寒いはずです。

九州=あったかい♪と思われてる方が多いようですが、内陸部では冷え込みます。

それでも年々冷え込み方がゆるくなっているのを感じます。

2008年1月16日 (水)

印つけ 書けども書けども…

Photo_2 ダブルウェディングリングの印つけを始めました。

布目の方向や枚数など気をつけながら進めています。

リング部分の布の並べ方が2種類あるので(グラデーションの向きが逆になるので)、

1種類の布から左右対称の型紙2種類分印をつけなきゃならないものもあります。

(↑言ってる意味分かります?これ以上のわかりやすい説明は私には無理(-_-;) )

これを間違ったら縫い合わす段階でどうにも進めなくなるし、

布も必要な量しか買っていないのでやり直しができなくなります。

なので慎重に慎重に印つけを進めています。Photo

前にコメントでいただいた sai さんアイディアをいただきまして、

型紙の印通り断ち切りで切った布を順番通り貼り付けた見本を同時に作っています。 →

これで布の並びや布目の向きに間違いがないか全部カットする前に確認が出来ますし、

縫い合わせていくときの見本にもなります。

002_2 ←こつこつ貼って紫の部が大体終わりました。

うーん、我ながらグラデーションがいい感じ♪

よく見ると紙に書いてある字が反転してるの分かります?

(写真をクリックすると少し大きくなります)

これどんな風にしたかといいますと、クリアファイルに写した型紙をカットする前にひっくり返した状態でコピーしておいたのです。

型紙って布の裏から見た状態だから、布の表から見ると型紙の裏が見えてる訳で…。

これまたわかりやすい説明がしにくいのですが(-_-;)。006

さっきの紙を裏返してみると…→

型紙を置く側=布の裏側 の方から見てる状態、

ということでちゃんと字が読める状態な訳です。

ここまで終わってやっと半分くらい。

今度は青系の印つけです。

その後は土台布の印つけ&パイピング用のバイヤステープ作りと続きます。

書けども書けども終わりません…。

2008年1月15日 (火)

水通し中

ダブルウェディングリングに使う布の水通しをしています。

天気がいい日が少なくてなかなか洗濯物が乾かないので伸ばし伸ばしになっていました。

Photo昨日はやっとピンク系(紫系と言ったほうが近いかも)を水通しして干しました。

好きな色ばかり干していたらなんだか楽しくなったので、写真を撮りました。

この分は今朝アイロンをかけました。

昨日型紙を作り直したので今日は印付けが出来そうです。

そして今日は青系を水通しして干します。

今洗濯機の中で水に浸しています。

2008年1月11日 (金)

初!フリーモーション!

先日頼んでいたミシンの部品が届きました♪

Photo 早速自分のミシンに取り付けてみました。

写真の黒いのが『ダーニングプレート』

写真を見て分かる通り少し厚みがあります。

そして『フリーモーション押え』を取り付けています。

プレートに厚みがある分押えとプレートとの間が狭くて、

『これで綿をはさんだ布が入るのかしら?』と心配だったのですが、

フリーモーション押えはバネが内蔵されていて簡単に持ち上がるので問題なかったです。

そして…いよいよフリーモーション初挑戦!です

手持ちの使わない布に適当な大きさに切ったキルト綿をはさんで四隅と中央の5箇所安全ピンで固定して、押さえ金の下にセッティングします。1

ゆっくりペダルを踏んで布を動かしてみると…

おおー!!これが噂のフリーモーションですか?!

なるほど針目を同じに揃えるのが難しそうです。

でもちょっと遊ぶくらいならできそうじゃん?

ということでいろいろな形に縫ってみました。→

写真の右上からスタートして左下までハートを縫ってみたり星を縫ってみたり、細かくキルティングしてみたり。

その中で『いい感じにできたじゃん♪』と思うのがこれ。

Love“Love”

何にも書かずに縫ってみたのですが初めてにしては良い出来だと思いません?

Photo_2

そしてもう一つ“フェザー”

これまた何も書かずに『こんな感じかな?』とやってみました。

さすがに行ったり来たりしている所は線がずれてるし、

カーブも歪んで針目も揃っていませんが、自分では満足♪

ミシンキルト、なかなか面白そうです。

2008年1月10日 (木)

大変だあ~

先日やろうと思い立ったダブルウェディングリングですが、その後どうなったかと言いますと…Photo_3

必要な布の量がはじき出されたので(→)、年末熊本市内の手芸店に行ったときにとりあえずグラデーションを意識しながら気になる布をチェック。

なんとなくブルー系に目が行ったので欲しいと思うものを2、3種類選んで、グラデーションになるように他の布を足していくという作業をして、結局7種類の布を買いました。

家に帰って手持ちの布の中から1種類足して、これでグラデーションの一方はブルー系ということで決定。

さてもう一つの色は何色にしようかと思いながらなんとなく自分の手持ちの布の中で好きなものを手に、今度は年明けに鹿児島市内の手芸店に行ったときに布選び。

あっちの棚やこっちの棚から布を持ってきてグラデーションになるように重ねて置いてみてはまた違うものを組み合わせる、ということを繰り返しながら何とか7色選び出しました。

それに手持ちの布のうち1種類を合わせて、これでもう一方のグラデーションも決定。

さらに土台布になるような白っぽくて、でも無地だと使ったときに汚れが目立つから薄く模様が入っているもの…と探していたらよさそうな布を発見。

何故か他の布の半分くらいの値段だったので即決まり。

Photo

←ということで布はこれに決まりました!

ただね~、自分の好きな色で決めて行ったのでリング部分が結局 『ブルー系と紫がかったピンク系』 という似たような色合いになってしまいました。

ま、布も買っちゃったし作ってみて気に食わなかったらまたトライしてみればいいや、ということでやってみることにしますp(^^)q

で、昨日は年明け後初のパッチワーク教室に行って、先生に『うん、いいんじゃない?』と言われたので型紙作りをやりました。

あらかじめ製図していたものを100円ショップで買ってきたA3サイズのクリアファイルにPhoto_2 写して(紙だととんがった部分がぼろぼろになるかな、と思って)、布の種類や枚数などを書き込んで(→)帰ってきたのですが、

帰りの車の中ではたっと気が付きました。

グラデーションの順番を裏返した状態で書いておかないと設計図とグラデーションの向きが逆になるんじゃない((+_+))?・・・と。

多分逆になっても問題はないかと思うのですが、設計図と色の向きが逆になるとつなぎ合わせているうちに私の頭の中が混乱しそう。

ダブルウェディングリングの大作は初めてということもありますし、こりゃあやり直しておいたほうが後々よさそうです。

その後土台布の水通しをしてえっさかほいさかアイロンかけをしたのですが、

でも…ここまでの作業で結構疲れました(ーー;)

私、大変なことを始めてしまったようです(・_・;)

2008年1月 8日 (火)

ミシンの送り歯 その後

前回の記事『ミシンの送り歯』にはたくさんのコメントをいただきました。

そのなかで“送り歯を下げられないなら送り歯部分を覆う板があるのでは?”と教えてもらったので、もう一度手引書をよーく読んでみたら…

別売りのパーツセットにそれらしきものを発見!

早速メーカーに問い合わせの電話をしてみました。

すると、別売りパーツセットには他にも 直線用針板 だの テフロン押さえ だのが入ってお値段 \6,500(消費税別) 也。

結構高いなあ。

でも私が欲しいのは ダーニングプレート(多分これが送り歯を覆う板) と 刺しゅう押さえ(と書いてあるけれどフリーモーション押さえ) だけ。

そこで電話先のお姉さんに聞いてみたら、欲しいものだけ買うこともできるそうなので、

ダーニングプレート \200(消費税別)

キルティング押さえ(フリーモーション押さえのこと) \700( 〃 )

ついでに 上送り押さえ \1,650( 〃 )

の三点 合計 \2,550( 〃 ) を買うことにしました。

あとはこれにメール便の送料がかかるけど、思っていたくらいの値段で部品が手に入ることになって満足満足♪

到着まで1週間くらいですって。

待ち遠しいなあ。

早く来ないかなあ。

ということで新しいミシンの購入はなし、当面は今のミシンで遊んでみようと思います。

試したらどんなだったか、また報告しますね。

色々教えてくださった皆様、ありがとうございます(*^_^*)

2008年1月 5日 (土)

ミシンの送り歯

そういえば年末に熊本市内をぶらぶらしてミシン屋さんに入りました。

私は前々からの疑問を・・・。

私:『ウチのミシン、送り歯を下げられるかどうか分からないんですけど、

   どうやったら下げられるんでしょう?』

店:『ということはミシンキルトに使いたいんですね。

  こんな風に(といって店内のミシンの裏側を示して)

  切り替えるところがあればできるはずですよ』

私:『うーん…無かったような…じゃあ、あれば送り歯を下げられる訳ですね?』

店:『はい、そうですね』

そして家に帰って早速自分のミシンをあちこち見てみましたが…それらしきスイッチはありませんでした。

まああまり期待はしていませんでしたが、それでもがっかり…。

できないとはっきりわかったら俄然キルト用のミシンが欲しくなるじゃないか!

くそぉ、欲しいなぁ。

でも、高いよぅ。

でも、やっぱり欲しいよぅ。

でも、やっぱり高いよぅ…(以下エンドレス)

今年初めてのスケート

ちょいと遅い気もしますが、

新年明けましておめでとうございます。

今年も引き続きブログにいろんなことをつづっていくつもりでおりますのでよろしくお願いいたします。

ということで新年最初の記事は1月3日に今年初めて(というか今シーズン初めて)のスケートに行った話。

前にも書いたことがあるのですが私はスケートが大好き。

きっかけは伊藤みどりさんの活躍がメディアで取り上げられ始めた頃、それを見た母が『ほら、あんたと同じ年の子がすごいよ』と私に言ったこと。

それ以来なんとなく毎年NHK杯の放送は見ていました。

あの衣装のひらひらが動くたびに揺れるのがきれいでね。

そして何故か父が毎年冬になるとスケートリンクに連れて行ってくれていたので下手ながらも一応滑れます。

一時期興味が薄れていたのですが、日本のフィギュアスケート界の活躍がメディアで取り上げられるようになり、また興味を持ち始めました。

そして今シーズンはNHKの趣味講座でアイススケート講座(’07年11~12月放送)もあって、テキストを買って毎週録画して見ていた私。

そんな私の影響を見事に受けた娘は『今年もスケート行きたい!』と言っていたのですが、昨年12月の私の人生初のバレエの発表会が終わるまでは無理、ということでずっと我慢させていました。

実は私自身もスケートに行きたいのを我慢していたので当日はもう楽しみで嬉しくて♪

そしてリンクに到着してみれば、まあ人の多いこと。

去年行ったときよりもずっと人出が多かったのですが(シーズン真っ只中ですものね)、幸い私も娘もぐっちゃぐちゃに込んでるサブリンクはちょっとだけで、いくらかましなメインリンクにすぐに行ったので楽しく滑ることができました。

リンクでは一般客に混じって、ホッケー用のスケート靴を履いた少年たちがサーッと滑って行ったり、スピードスケート用のスケート靴を履いたおじいちゃんが人込みを縫うようにゆったりと滑って行ったり。

そしてリンク中央ではフィギュアスケートを習っているらしき女の子たちがジャンプのタイミングやスピンを練習をしていました。

これがもう羨ましくて!

『私もやりたーい』とずっと言っていたのでした。

あいにく今の環境ではスケートを習うのは無理なのですが、ダンナの転勤先によっては通年営業のスケートリンクのある県に行くこともあるかも。

そうなったなら金額的なことや時間の都合がつけば一度習ってみたい、と思っている私です。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »