フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ミシンの送り歯 その後 | トップページ | 初!フリーモーション! »

2008年1月10日 (木)

大変だあ~

先日やろうと思い立ったダブルウェディングリングですが、その後どうなったかと言いますと…Photo_3

必要な布の量がはじき出されたので(→)、年末熊本市内の手芸店に行ったときにとりあえずグラデーションを意識しながら気になる布をチェック。

なんとなくブルー系に目が行ったので欲しいと思うものを2、3種類選んで、グラデーションになるように他の布を足していくという作業をして、結局7種類の布を買いました。

家に帰って手持ちの布の中から1種類足して、これでグラデーションの一方はブルー系ということで決定。

さてもう一つの色は何色にしようかと思いながらなんとなく自分の手持ちの布の中で好きなものを手に、今度は年明けに鹿児島市内の手芸店に行ったときに布選び。

あっちの棚やこっちの棚から布を持ってきてグラデーションになるように重ねて置いてみてはまた違うものを組み合わせる、ということを繰り返しながら何とか7色選び出しました。

それに手持ちの布のうち1種類を合わせて、これでもう一方のグラデーションも決定。

さらに土台布になるような白っぽくて、でも無地だと使ったときに汚れが目立つから薄く模様が入っているもの…と探していたらよさそうな布を発見。

何故か他の布の半分くらいの値段だったので即決まり。

Photo

←ということで布はこれに決まりました!

ただね~、自分の好きな色で決めて行ったのでリング部分が結局 『ブルー系と紫がかったピンク系』 という似たような色合いになってしまいました。

ま、布も買っちゃったし作ってみて気に食わなかったらまたトライしてみればいいや、ということでやってみることにしますp(^^)q

で、昨日は年明け後初のパッチワーク教室に行って、先生に『うん、いいんじゃない?』と言われたので型紙作りをやりました。

あらかじめ製図していたものを100円ショップで買ってきたA3サイズのクリアファイルにPhoto_2 写して(紙だととんがった部分がぼろぼろになるかな、と思って)、布の種類や枚数などを書き込んで(→)帰ってきたのですが、

帰りの車の中ではたっと気が付きました。

グラデーションの順番を裏返した状態で書いておかないと設計図とグラデーションの向きが逆になるんじゃない((+_+))?・・・と。

多分逆になっても問題はないかと思うのですが、設計図と色の向きが逆になるとつなぎ合わせているうちに私の頭の中が混乱しそう。

ダブルウェディングリングの大作は初めてということもありますし、こりゃあやり直しておいたほうが後々よさそうです。

その後土台布の水通しをしてえっさかほいさかアイロンかけをしたのですが、

でも…ここまでの作業で結構疲れました(ーー;)

私、大変なことを始めてしまったようです(・_・;)

« ミシンの送り歯 その後 | トップページ | 初!フリーモーション! »

ダブルウェディングリング」カテゴリの記事

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

わ~、楽しそうですね♪(ひとごとだから?)
でも、下準備をきっちりやってたら、縫い始めたらスムーズに運ぶのでしょうね。
私だったらたぶん面倒なので(←おいおい)、グラデーションにはせずにスクラップで適当に~みたいになるかな・・・。頑張ってください!

こんにちは(#^.^#)
たぶんご挨拶まだでしたよね?
今年もよろしくお願いいます

さて、高等科の課題で”DWR"ありますが、まだ手をつけてません
どうなるのさんの所で経過を見させていただいて
勉強させてくださいね
コツとか注意するところとか

布選びで私も悩みますが、グラデーションにすると出来上がりがきれいそう
でも、これが超~~難しいかな?
頑張ってくださいね~♪

どうなるのさん、こんにちは。
今年もどうぞよろしくお願いします。

DWR、高等科の時に、課題ではリング2個分でよかったのですが、がんばって4x4のリングをつないだタペストリーに仕立てました。
そのときでも結構大変だった思い出があるけど、いつかはもう少し大きなサイズでグラデーションで作ってみたいな〜という憧れが今もあります。
どうなるのさんのDWR、これから楽しみにしていますね♪

>まるトさん
大変だけど、楽しいですよ。
おっしゃる通り、下準備をしっかりして印つけ・カットまで済ませておけば、
後はひたすら縫い合わせていくだけなので今が一番大事なところなのかもしれません。
グラデーションにすると面倒だと先生からも言われていたのですが、
同時に『大変だけど出来上がった後は達成感いっぱいよ』とも。
それをたっぷり感じたいものです。
これが終わったらスクラップのダブルウェディングリングも作ってみたいです。
頑張ります!

>K-Pach♪さん
おはようございます。
こちらこそよろしくお願いします。

K-Pach♪さんは課題のダブルウェディングリングはこれからなんですね。
布決め、製図、型紙作り、印つけは面倒ですが、
縫い始めると意外とさくさく進むと思います。
途中で止まらなければね。
グラデーションでの布選びは大変ですが、課題以外で作らない!と思うなら
課題で思いっきり凝ってみるというのもありかもしれませんね。

何とか頑張ってみます。
K-Pach♪さんも課題制作、委託販売と頑張ってくださいね。

>apricotさん
おはようございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

apricotさんも『いつかは・・・』と思ってらっしゃるんですね、私も同じだったんですよ。
課題のときにどれだけの大きさにしたか、というのは教室によって様々なようですね。
最低限の数もあり、ちょっとした大作もあり、で。
私は課題のダブルウェディングリングが四角張った形だったのが
好みではなかったので、
自分で作るときは絶対丸型で作るぞ!と思っていたのです。
丸型で、グラデーションで、おっきなの!って。
経過報告していきたいと思っていますので楽しみにしていてください。

おひさしぶりぃ~
いよいよ始まったね、DWR。

私も、日程未定の作品展に向けて、DWRのイメージをざっと殴り書きして考えていました。

DWRのグラデーションはきれいですよね。
私もブルーは大好きなんで、ブルーと紫って、想像したらもう楽しみでしかたなくなりました。

でも、配色の配置が大変そうですね~ (←ビビってる)
製図の上から、断ち切りの布を貼って、ひとつ分の見本を作っておくのはどうでしょうか?

>saiさん
お久しぶりです(^^)/
いよいよ始めてしまいました。
作品展、日程未定なんですか?
saiさんのイメージされたダブルウェディングリングはどんなのなんでしょう?

このグラデーション、何とかうまく行って欲しいものです。
一応配置は2種類作らなければならないので、
“あ”の配置で何枚、“い”の配置で何枚、と設計図に書き出してはいます。
でも、断ち切りの布で見本を作っておくというのはいい手ですね。
布に印つけをして切り出す前に見本を作ってチェックしておけば
切ってしまった後で『ま、間違った~!!』となることもなさそうですね。

コメント書いてから思いついたんだけどね、
型紙は一枚一枚に切り離すんでしょ?
切り離す前に(もう切ったか!?)型紙に両面テープで端切れを貼ったらどう?
もちろん、上に書いた方法で、見本も別に作ると判りやすいんじゃないかな?
と、言いつつ自分の時の便利を考えてます。 エヘヘ

>saiさん
なるほど、それはいい手ですね。
型紙はまだ切ってないので試してみようかしら?
やってみたらまた報告しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシンの送り歯 その後 | トップページ | 初!フリーモーション! »