フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 『ハンディクラフツ』が届いた♪ | トップページ | 勢いが欲しい! »

2008年6月16日 (月)

ミシンキルト講座に関して(前の記事の追記)

前の記事の追記です。

よくよく調べてみたら私が福岡で開かれると思い込んでいたミシンキルト講座というのは主催が違ったようです。

正式名称が『キルトミシンワーク講師技能認定集中講座』といって主催が(財)日本余暇文化振興会でした。

てっきり私はミシンキルトに関しては (財)日本手芸普及協会 と (財)日本余暇文化振興会 が共同でやっている講座だとばかり思っていたのです。

こちらの受講資格は パッチワークキルトの講師以上の資格を有する方 とあって資格の発行団体は問わないけれど受講資格の審査があるそう。

となればこちらを受講することも出来そうだけど、受講して資格を取ったとして教えるとき、ハンドは(財)日本手芸普及協会のカリキュラム、ミシンは(財)日本余暇文化振興会のカリキュラム、ということになっちゃうのかしら?

なんだか分かりにくいなあ。

ミシンキルトに関してはやってみたいから受講したい訳だし、先々教えるかどうかなんて分からないんだけど、団体が違うとなるとどうしたらいいものか考えちゃいます。

もしこの記事をご覧の方で、どちらの講座でもかまわないので実際ミシンキルト講座を受講された方がいらしたらアドバイスをいただけないでしょうか?

どういう経緯で受講することになったのかとか、ハンドではどちらの団体の資格を取得しているのか、なぜその団体にしたのかなど、

もっと掘り下げて団体の特徴や違いについて教えていただけたら嬉しく思います。

ちなみに私が受講し始めたきっかけは、通うことに決めたパッチワーク教室でたまたま(財)日本手芸普及協会のカリキュラムを教えていたことです。

私が知らないだけでパッチワークに関する団体ってもっと色々あるのかなあ?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

« 『ハンディクラフツ』が届いた♪ | トップページ | 勢いが欲しい! »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

コメント

そのもう一つのミシン講座、私も迷いました。使用ミシンがベルニナなので、ユーザーの私にとってはベルニナの数多くの機能やアタッチメントを使いこなすカギになると思ったのです。
http://www.bernina.co.jp/quiltwork/qw_index.htm

指導員講座もミシンキルト講座も講師養成講座出身の人が多いので、そういう人たちのノリも良い刺激になるんじゃないかな~。

>ステファニーさん
早速のコメントありがとうございますheart04
ステファニーさんは手芸普及協会の方の講座ですよね、確か。
ステファニーさんのブログを拝見する限り手芸普及協会の講座は色々な会社のミシンを使えるよう。
余暇文化振興会の講座はベルニナミシン限定。
ちなみに私はキルト用のミシンはまだ持っていません。
いろんなミシンを試せるというのは結構魅力的です。

一番のネックは宿泊費&家を留守にするということ。
家族は協力してくれると思うのですが、それでも泊まらずに済むというのは気分的に楽です。

講座内容は似たようなものなのかしら?

指導員講座は最初から東京大阪のみとわかっていたので宿泊覚悟で行きたいと思っていました。
これから具体的に考えるところですwink
だいぶ刺激を受けられそうですね。

こんばんは、コメントを読んでお返事に飛んできました。

う~ん?答えに悩むところです。
私はハンドキルトは日本手芸普及協会の指導員です。
でミシンキルトをやってみたくてあまり深く考えず、
内容もよくわからないまま・・・日程が受けられる方を選んだら日本余暇振興会の方でした。
こちらもメーカーに関わらず手持ちのミシンでも対応できるとのことだったので申込みしましたが、
結局講習はすべてベルニナミシンで作品作り多機能で魅了的なミシンなので結局買ってしまい。
使いこなす為にはこの講座で良かったかな?とおもってます。

ミシンキルトを教えようとは今のところ思っていませんが、
やはりやり始めると次にステップアップの講座があり魅力的に見えてしまい受けたくなります。
それにはまた時間とお金がかかり正直やりくりが大変です。
ハンドとミシンの所属が違うけどそれぞれの情報が得られていいかな?と思うしやりにくいところも出てくるのかな?と思ったり・・・まだわかりません。

どちらにしても自分がどれだけ技術を身につけられるかが問題ではないでしょうか?
東京校の場合も北海道や海外から等遠方から来ている方もいますよ。
共通して言えることは皆さんキルトとミシンが大好きなので月2回の講座は新しい事の連続であっという間に過ぎてしまいます。
まだどちらも第二次の講座なのでどう発展していくかわからないでしょう?と長々と書いてしまいました。
参考になればと思います。

また皆さんの意見も楽しみにしています。

>おーみつ。。。さん
早速のコメントありがとうございます。

おーみつ。。。さんはハンドキルトのほうは日本手芸普及協会の資格をお持ちなんですね。
これは意外でしたが、じゃあ、私と同じnote
文面から判断すると東京校で受講されたよう。
じゃあ、日程次第では日本手芸普及協会のほうを受けられたのかもしれませんね。

私が悩んでるのは日本余暇文化振興会の方が今後三次講座も福岡で開講するなら断然こちらの方が通いやすいものの、果たしてそれだけで決めていいものか?と。
講座内容の違いもよく分からないし。
(なのでおーみつ。。。さんのブログとステファニーさんのブログを穴が開きそうな勢いで見てますbleah
そしておーみつ。。。さん同様今は教えるつもりはなくても後々教えたくなったときに支障が出るかな?と。
そのとき日本手芸普及協会の講座の受講が必要になったらどうしようか?とか。

でもあれこれ考える前に、今学びたいことを学びやすい方法で、と考えていけば答えは自然と出てきそうですconfident
大事なのはどの資格を取るかじゃなくて身につけた技術をどれだけ作品に生かしていけるか、ですものねwink

いずれにしろ今後の受講者募集の情報に注意してチャンスがやってきたときにはすぐに動けるよう準備をしておこうと思います。
アドバイスありがとうございましたheart02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ハンディクラフツ』が届いた♪ | トップページ | 勢いが欲しい! »