フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« バレエ教室見学 6件目 | トップページ | 『ハンディクラフツ』が届いた♪ »

2008年6月11日 (水)

今日は私がパッチワークの先生

今日は友人二人を自宅に招いて、私が先生役でパッチワークをしました。

顔ぶれは先日ビーズの指輪作りをした二人です。

まずは基本ということでナインパッチのコースターを作ることにしました。

2種類の布を持ってきてもらって、まずは工作用紙で3cm角の型紙作り。

つぎに裁ち台の上で布が動かないように、ズレないように注意をしながら印をつけて約7mmの縫い代をつけてカット。

次に糸の適度な長さを説明しながら針に通して玉止めをして準備をしました。

布を2枚中表に合わせてズレないよう印同士をまち針でとめて、印よりも2、3針手前から針を指し、最初に一針返し縫いをして縫い始めます。

そのまま縫い進めて印よりも2、3針先まで縫ったら縫い縮みを防ぐために糸こきをし、最後に一針返し縫いをしてから玉止めをして、はい、これで無事縫うことができました(縫い切り)。

縫ったあとは縫い代を約5mmに裁ち揃えておきます。

そうして3枚ずつ3列縫えたら縫い代を濃い布の方に片倒しにしてアイロンをかけます。

この縫い代を裁ち揃える、こまめにアイロンをかける、という一手間で仕上がりの綺麗さに差が出ます。

次に2列を中表にあわせて『ほら、縫い代が互い違いになるでしょ』と話しながら印同士ズレないようにまち針で止めて縫います。

このとき縫い代は一緒に縫いこむこと、布のつなぎ目同士を縫うときは一針返し縫いをすること、を説明しました。

実は2時間ではここまで行かないかな?と思っていたのですが意外と順調に進んで、残りを家でちょこっと縫ってくればOKというところまで出来ました。

次回は出来上がった表布、キルト綿、裏布を重ねて三層のしつけ掛け、キルティングをやります。

キルティングに時間がかかるので次回は確実に宿題になりそうです。

そしてさらにそのあともう1回でパイピングをして仕上げまで出来たらバッチリかな?

つくづくビーズなどと違ってパッチワークは時間がかかりますね。

そうそう、始める前に『ねえ。パッチワークって言えばやっぱり “細かい” “時間がかかる” “肩が凝る” っていうイメージ?』って聞いてみたら二人揃って『うんsign03』と即答でした。

こればっかりは事実だし仕方ないかな?coldsweats01

でもそこに面白みがあるんだよね~。

基本の四角つなぎ、今回みたいに短時間で出来上がるコースターも良いけれど、同じ四角つなぎの発展系でポーチか小さめのバッグの見本を作っておいて次回見せようかな~。

そしたら『うわ~heart02作りたいnote』と思ってパッチワークにはまったりしてsmile 楽しみ~heart04

« バレエ教室見学 6件目 | トップページ | 『ハンディクラフツ』が届いた♪ »

「パッチワーク」カテゴリの記事

教室もどき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バレエ教室見学 6件目 | トップページ | 『ハンディクラフツ』が届いた♪ »