フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の16件の記事

2008年8月31日 (日)

7、8月に読んだ本

『30歳からハッピーに生きるコツ』 横森理香著 KKベストセラーズ

“○○歳から”という本は読んでいるうちに『こうあるべき』という受け止め方をしてしまってきつくなることが多いのであまり読まないようにしているのですが、これはあまりそういうことはなかったです。

というか自分の考え方に近いからこそ手に取ったので当然か。

でも立ち読みでパラパラ読んだのと実際じっくり読んでみたのではちょっと違って、やっぱり本はちゃんとしっかり読んでみないと分からないな、と実感。

著者の経験、感じたことがベースになっているので私の考えとは違うこともあるし、勧めるものにも偏りはあるけど、大筋では『なるほど』と思えるところが多かったです。

ただ今著者お勧めのベリーダンスが気になっているところですsmile(7月上旬)

『鬱の力』 五木寛之・香山リカ著 幻冬舎新書

最初本屋で見たときに気になっていたのですが対談形式なのと字が大きめなのが気に入らず買わずにいました。

でもなーんか気になって結局購入。

何が気になったかというと『「鬱な気分」と「うつ病」は違う』という一言。

その言葉についての詳しい内容はここでは書きませんが、他にも精神医学の分野でうつ病の診断基準の変化などの背景などいろいろ興味深かったです。

それから、日本が戦争をしていた時代や戦後の復興の時代は日本全体が『躁状態』であったのに対して、今は『鬱状態』であるということ、そして高度成長時代を懐かしむ思う気持ちが昭和30年代ブームの背景にあるという考え方が面白かったです。

確かに、働き方が不安定になったり収入は上がらないまま物価の上昇が進んでいる現代に、『行け行けどんどん!』と勢いを期待するのは無理だな、と思いました。

でもだから今は悪い時代だというのではなく、鬱が持つ力で今後の日本がいい方向に変わっていったらいいなと思いました。(7月中旬)

『お金を稼ぐ!勉強方 「学んだこと」を「お金に変える」技術』 藤井孝一著 三笠書房

新聞の広告でこの本の題名を見たときからすごく気になっていて、本屋で実物を手にとってパラパラと見てみて、「これ!」と即!購入。

というのが『資格の有無に関わらず稼げる人と稼げない人の違いって何なんだろう?』と普段から疑問に思っていたから。

事実私はパッチワーク講師免許を持っているけど今のところ稼げていないから。

きっと基本的な考え方が違うんだろうな、と思ってはいたけどこの本を読んでみて『やっぱりな』と思いました。

“勉強するだけでは、「1円」も稼げない!” 痛い言葉ですwobbly(7月下旬)

『ガール』 奥田秀朗著 ㈱講談社

30代の女性が主人公の5編の短編集。

色々な立場で生きる彼女たちがの気持ちの揺れ動くさまに『あ~、わかるなあ』と共感してしまいました。

自分の生き方に疑問を感じると他の人の生き方がよく見えてしまう、『私ってこんなでいいのかな?』って不安になってしまう。

あるある!私もあった!と読んでて嬉しくなってしまうくらい。

傍から見てたら『おいおい、あなたはそんな生き方が嫌だったんじゃないの?大丈夫かい?』と声を掛けたくなる、きっと私もそんな状況だったんでしょうね。

ん?今でもそうかhappy02

でもどの話も主人公が納得してすっきりする結末で読後感は良かったです。(8月6日)

『私がイラストレーターになれた理由(わけ)』 田中ひろみ著 知恵の森文庫

ネットで本屋さんのサイトを見ていて気になった本。

店頭で見つからず結局注文して買って読み終わった直後に図書館の検索で見つけてがっかり。

でも買ってすぐ一気に読み終えてしまったので『ま、いいか』と。

看護師を辞めてイラストレーターを目指したという経歴が気になったのですが、看護師は1年で辞めてるしもともとイラストレーターになりたいという気持ちが強かったようですね。

それでも思ったことを実現して仕事にしていく過程はとっても興味深かったです。

とくに売り込みをしていく過程や、人脈が広がっていって意外なところから仕事につながっていく過程を読んでいて『私にはこれだけできるかしら?』と思いました。

逆にこれくらい本気で取り組めれば道は開けるのかも、と。

やっぱり何事も行動することが大事なんですね。(8月8日)

2008年8月29日 (金)

宿題サンプラー ラティスまで

次回のミシンキルトの教室は9月10日なのですが、それまでにミシンでのサンプラーキルトを完成させて持って行かなければなりません。

サンプラーの条件は、

① パターンの枚数は最低4枚、前回習った縫い方(6種類)を必ず使って作ること

② それぞれのパターンに使った布は他のパターンには使わないこと

③ 無地の布は使わないこと

④ ボーダーは一枚布ではなく縫い合わせたもの

⑤ パイピングのまつり縫い以外は、ミシンでピースワーク、キルティングをすること

Photoとなっています。

で、やらねばやらねばと思いながら時間が過ぎていましたが、なんとか今日までにパターン4枚出来上がって、ラティスでつなげるとこまで終わりました。

明日はボーダー用に三角の布をたーくさんつないで、それを合体してトップ完成、できればキルト綿、裏布をスプレーボンドで貼り付けて残すはキルティングのみという状態にしたいと思っています。

penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin 

ミシンキルトに詳しい方なら分かると思うのですが、このパターン、全て印つけの作業はしていません

右下のパターンの二等辺三角形(茶色と紫色にはさまれた薄緑色)部分は型紙を使ってカットしていますが、それ以外は基本的に型紙もありません

どうやっていくのかというと、まず布に『スプレーカンターチ』というスプレー糊を掛けて表と裏からアイロンをびしっと掛けて紙のようにパリッとさせます。

次にカッティングマットの上で方眼定規とロータリーカッターを使って正確に縫い代込みのサイズにカットして、あとはミシンの押え金の幅を目安にして縫い代7mmで縫い合わせていきます。

物によっては縫い合わせた後さらにカットしたり、並べ替えて縫い合わせるということもします。

三角同士の縫い合わせはほとんどそうです。

なのでとにかく ☆布を正確にカットすること ☆正確に縫い代7mmで縫っていくこと に気を使います。

それがズレると布がよがんだり、小さくなったり大きくなったりということになってしまいますshock

幸い今回初めてにしては順調で、サイズがずれることもほとんど無く(というか無理やり合わせた感もありますが)ラティスまでつなげることが出来ました。

私がミシンキルトに興味を持ったのは実はこの縫い合わせの仕方がshineマジックshineみたいで面白かったからなのです。

なのでほんとはその過程を詳しく紹介したかったのですが、残念ながら今回は期限に追われていて余裕がなく無理でしたwobbly

課題ではなく遊びで縫うときに詳しく過程を紹介したいなあ、なんて思っていますwink

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2008年8月27日 (水)

作り方を読むのが楽しい♪

このところパッチワークの本だのバッグの作り方の本だのを引っ張り出してきていろいろな作り方を見て楽しんでいます。

ちょっと前は見ていると『結局見てるだけでちっとも作ってない私って…』って焦りを感じて落ち込んで本を閉じるという状態でした。

今は『ま、いいや』ともう諦めて楽しみながら見ています。

でも作り方の書き方って本によって違ってて、絵が分かりやすいもの、分かりにくくてパズルを解くような感じのもの、途中の難しい部分が詳しく書かれているもの、省略が多くて謎解きのようなもの、など様々。

正直『この書き方で作れる人ってあまりいないんじゃない?』というくらい省略されているものは考え物ですが、逆にそれでも自分なりのアレンジを加えつつ完成させられればそれはそれでいいと思います。

あと作り方を見ていて『私ならここをもっと簡単に省略するけど』とか『ここはキルティングはミシンでもいいけど、これは断然ハンドだな』とか作り方をいじるのを考えるのも楽しいです。

実はバッグの仕立てが苦手な私。

トップが出来てキルティングが済んで…というあたりで熱が冷めてきて作業が止まってしまうことがしばしば。

仕立ては面倒だけどミシンを使えば時間も掛からないし、出来上がれば使う楽しみも待っているのに『やらねばね~』と思いながら時間が経つことがよくあります。

これからもっともっと作って経験を積んで苦手意識をなくしていきたいものです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2008年8月22日 (金)

こんなもんかな?

ミシンキルト教室のキルティングの宿題をしています。1

ウォーキング押えを使ってのキルティング 6種類 と、フリーモーションでのキルティング 6種類 を組み合わせています。

満足のいく出来ではありませんが、ま、こんなもんかな?

これ以上いじっていると無駄に縫ってかえってまとまりがつかなくなりそう。

もっとよくなるかもしれないけど今回はここまで。

23 ←こんな風にキルトラインを組み合わせたりしてます。

さあ、今度はもう一つの宿題、サンプラーのピースワークに取り掛かるとします。

実は先生の布使いが自分とあまりに違ってちょっと戸惑っています。

自分の好きなようにあわせるとありきたりで地味に感じてしまう…。

でも気にしてると作れなくなってしまうので、今はとにかく作るしかありませんbearingsweat01

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2008年8月21日 (木)

久しぶりの映画

昨日は久しぶりに映画館で映画を観てきました。

娘が友達と映画に行くことになり『姉ちゃんいいな、俺つまらん』といじける息子のために前の晩にネットで上映している映画を調べてみました。

まだどこに映画館があるのかも分からない状態なのですがネットはありがたいですね、映画館の住所、上映作品、上映スケジュールなど全て調べられます。

幸い丁度いい時間帯に見たいといっていた作品があったので、天神までは娘たちと一緒に行き、現地で別れて、また映画を観終わった後集合することにしました。

ふと考えてみたら息子と2人でのお出かけというのは初めてです(病院とか以外でね)。

娘とは先日のアイススケートショーに行ったり日頃の買い物について行きたがったりと割とよくあるのですが、息子は普段から自分が用事がなければ『行かん、留守番しとく』と言うので、とても新鮮です。

上映前にちょうどお昼ごはんを食べる時間があったので2人でスパゲティー屋さんに入って、オーダーして待っていると『DS持って来れば良かった』と手持ち無沙汰な様子。

結局取り留めのない話などして過ごしていましたが、ぺらぺらしゃべる娘と違ってあまり余計な話はしない息子、妙に『えっと何か話題はないか?』と焦りましたが別に無理してしゃべらなきゃいけない訳でもなく、割と静かに時は過ぎていきました。

今回見たのは『カンフーダンク』、『松林サッカー』のバスケットボール版という感じ。

テレビで『松林サッカー』を観て大好きheart01になった息子はテレビCMで見たときから『観たい』と言っていたので観にいけるといった時点からとても楽しみにしていました。

また『ありえねーsign03』ってノリなんだろうなと思って観ていたのですが途中から私はどうにも眠たくなって来ました。

もともと私は別に映画館に来てまで観たかった訳でもなく途中で『無理。寝よう』と諦めて寝てしまいましたconfidentsleepy

何となくすっきりして目を開けると意外と寝ていたのは短い時間で思ったより話は進んでいない様子、でも頭はすっきりflair、眠気も見事に取れて、あとは最後までじっくり観ることができました。

ここでこんなことを書くとまだ無駄にアクセス数が上がりかねないのですが、『カンフーダンク』の主人公のバスケットチームのキャプテン役の人がフィギュアスケートの高橋大輔に似ているような気がして、最初にそう思ってしまうとあとは出てくるたびに『やっぱ似てる』とそればかり気になってしまいました。

あとで息子に聞いてみたら『えーsign02 全然似とらんsign03』と断言されたので私の思い違いかもしれませんcatface

そして映画も終わり照明も明るくなると息子が『2時間たったと?早~い。あっという間だった』と。

よかったよかった、それだけ楽しかったのね、あれこれ調べてつれてきた甲斐があったってもんです。

その後待ち合わせ時間に少しだけまだ時間があったので西鉄福岡駅そばの『キャリコ』に行ってミシンキルト用にメトロシーンの糸を買って来ました。

ミシンは糸がどんどん無くなるのですが、メトロシーンは扱っているお店があまりないらしいのでついでに買えてよかったnote

その後娘たちと合流、一緒に家まで帰ってきましたが、初めての息子とのお出かけでしたが楽しかったheart02

お年頃になったら息子はどんどん離れていくでしょうからこうやって楽しめるも今のうちだけかもしれませんね。

2008年8月19日 (火)

バレエ教室見学 7件目

6月一杯でバレエ教室をやめて、子供が夏休み中というのもありますが今は全くバレエに縁のない生活をしています。

そんなある日隣の市のふれあい文化サークルで大人向けのバレエ教室があることを知りました。

入会金なしで月謝も手ごろな金額です。

今日はオットが家にいたので『この教室に見学しに行きたいんだけど、今日行きたいって行ったらだめ?』と聞いてみたら『いいよ、子供たちどっか連れて行くから』との返事。

やったsign03ということで7件目のバレエ教室見学に行って来ました。

初めて隣の市のふれあい文化センターに行きましたが新しい建物らしく広くて綺麗で、でも新館だの旧館だのちょっとわかりにくい造り。

受付で場所を教えてもらい、事務局に行って見学申し込みをし、冷房の効いた教室に行ってみると…前に見学に行った教室と同じ先生でした。

私はどちらかというと、あちこち体の動きが間違っているところを『ここ!』『この筋肉を使って!』と直に触って指導してくれる先生が好きです。

ですが、この先生は動きを説明した後は手本になるようみんなの前でやるだけで、動き回って指導をしたり間違っているところをあまり言うことがないようなのでちょっとがっかり。

内容は前に見た進め方とほぼ同じ、まずストレッチをやってバーレッスン、簡単なセンターレッスン、最後にストレッチ、で1時間でした。

生徒さんの年齢層は見たところ下は20代から上は60代まで、50、60代の方の割合が多かったです。

皆大人から始めた初心者というのが動きから分かります。

先生の指導に物足りなさは感じますが、上手い人ばかりではなく、内容もやさしい方なので無理なく楽しめそう。

実は5、6月と初めて別の教室に通ってわかったのですが、自分のできること以上の内容のクラスだと上手になりたい!と頑張れるかと思っていたら、実際は『私ってこんなに下手だったんだsad。あれもできない、これもできないdown』と思うばかり。

私はダメだと言われて頑張れるタイプではなく、褒められて舞い上がってupこそ頑張れるタイプだというのをつくづく実感しました。

なので無理せずやさしいクラスに通うほうがいいようです。

そういう意味では今日見に行ったこの教室はいい感じ。

ただやっぱり前に体験に行った天神の別の教室のストレッチのクラス(別名:拷問)coldsweats01が一番気になります。

そのクラスのレッスンを受けることで自分の体がどんな風に変わるのか体験してみたいshine

あと、今日行ったふれあいサークルの別のダンス教室に実は興味深々(バレエではありません)で今度これまた見学に行ってみようと思っています。

8月中に行けたらいいな。

そしたら9月からどうするか決められるもんね。

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ

2008年8月18日 (月)

この夏 買って正解!

毎日暑い日が続きますね。

そんな中我が家ではかき氷で暑さを乗り切っています。

毎年量販店でかき氷機を見ては『買ったら子供たちが喜ぶけど、最初だけよね、きっと』と思って買わずにいました。

ところが今年に入って見かけたかき氷機は2つに分解できてコンパクトにしまえる上に値段が780円也。

もともと子供関係のものは子供たちが喜ぶ小さいうちだけ楽しめればいいのだし、この値段なら今年使うだけでもいいか、と考えて買ったのが7月の初め。

子供たちは『やったぁsign03かき氷機note』と大喜びで毎日がりがり削っては好みのシロップをかけて練乳を好きなだけかけて食べていました。

お隣さんにおすそ分けをしたら結局お隣さんも買ったそうsmile

そうこうしているうちに8月に入り何となくかき氷熱も冷めてきたらしく毎日出していたのが2日に一度、3日に一度…と使う回数が減って来ました。

そんなある日ふとパッケージを見てみるとドライバーでねじを緩めて刃の出方を調節すればもっと細かく削れることに気付きました。

最初に説明書きをよく読んでいなかったのですhappy02

『やっぱり家庭用の安物かき氷機じゃ粒が粗いね』と言いながら食べていた子供たち、細かく削れた氷を見たとたんかき氷熱が再燃up、また毎日のように活躍する日々が戻って来ました。

Photo抹茶好きの娘が抹茶シロップを欲しがったので、市販のみぞれシロップを買ってきて家にあった抹茶を混ぜて試してみました。

『苦~いbearing』と言いながらシロップの量を調節したり練乳の量を増やしてみたりとあれこれ試して楽しんでいます。

今日は白玉粉で白玉団子を子供たちが作り、缶詰の小豆も一緒にのせてみたら立派な“小倉白玉抹茶かき氷”の出来上がりheart04

子供たちと一緒に私も美味しくいただきましたdelicious

主人の母

14日から16日の二泊三日で里帰りをしてきました。

3月に亡くなった主人の父の初盆祭を済ませました。

母は昨年骨折をして入院をしていた頃から言動におかしい点があったのですが、先日一番上の兄から『アルツハイマーの中期と確定した』との連絡がありました。

『やはり』という感じでしたが、主人は相当ショックを受けたよう。

当然だと思います。

今回の帰省で久しぶりに会った母は直前の記憶が曖昧で同じ質問を何度も繰り返します。

食事で何を食べたか聞いても『何を食べたっけねえ?』という返事です。

『明日は初盆祭だよ』と言うと目を丸くして『だっけ?』と驚いています。

父が亡くなって約半年経ったというのも分かっていません。

葬儀のときもそうでしたが、当日はまだまだ時間に余裕があるのに『着替えようか?』『もう着替えないと』と繰り返すので、早めに着替えを済まして安心させました。

母は足が悪く着替えも入浴も自分一人では出来ず食事の準備も出来ないという状況です。

兄たちにはそれぞれの生活があり同居する訳にもいかないので、父が亡くなる前に入院した時点から施設に入っています。

でも母は家に帰ったときはいつも何度も溜め息をついては『これからは一人でここで生活しないとね』と言います。

そう言ったかと思うと『一人じゃどうしようもない…(近所に住む)姉ちゃんとこに行こうかね』と言ったり。

その度に主人は『一人でここで生活できないでしょう?おばちゃんも体が悪いんだからあなたの世話は出来ないよ。だから明日○○園に帰るんだよ』と話します。

その度に『一人でも大丈夫だって』 『○○園はもう嫌』とうったえる母。

もともとしっかり者で働き者できれい好きだった母、実際には一人では生活できないという現状を把握できないのでしょう。

久しぶりに家に帰った数日間はベッドに座って何か考え事をして、ときどき横になって…を繰り返していました。

何かをしようという意欲が無くなった母を見るのは辛いものがありました。

主人はもっと辛いだろうと思います。

以前葬儀の後だったか母を施設に帰したとき、『家に帰りたい、ここはもう嫌、帰れないんだったら死んだほうがまし、殺して』と涙ながらにうったえられたこともありました。

私は横で見ていることしか出来ませんでしたが、主人は『ここでもっと体が動かせるようになってまた一人で生活できるようになったら家に帰れるから。頑張ろう』とじっくりと説得を繰り返して一応落ち着いた母に別れを告げて帰ったこともありました。

実際には出来ないことを出来るようになると話をしなければならなかった主人はとても疲れていました。

今回また別れるときに泣かれたりしたら辛いな…と心配していたのですが、自分の部屋に戻った母は『今日はありがとうね。またね』と笑って別れを告げました。

転勤に伴い実家までの距離が今までの3倍になり子供の学校行事も増え、帰省はお盆と正月くらいになってしまった我が家。

今回冗談交じりに母に『俺の顔を忘れて「どなたですか?」って言われたらどうしようかと思った』と話していた主人。

どうしても接する時間が少ない主人が兄たちより先に母の記憶から消えてしまう日がいつか来てしまうのか、できればその日は来ないで欲しいと願う日々です。

2008年8月17日 (日)

宿題の練習

前回の記事に書いたミシンキルトのウォーキング押えを使ったキルティングの宿題ですが、実はウォーキング押えを使って縫ったことがなかったので、宿題に取り掛かる前に練習をすることにしました。

適当な布を9分割して直線やゆるい曲線、格子など9種類練習をしました。

Photoお盆の帰省前に仕上げたかったのですが時間が足らず、今日残りを縫って一応完成。

←それがこれ。

私は“ウォーキング押えを使ってのミシンキルトのサンプラー”という気持ちで結構達成感があったのですが、

ダンナに見せて『これが直線、これがゆるい曲線、これが斜め格子…』など説明をしても『ふ~ん』。

ま、そんなもんでしょうね。

正直見てて面白いものではありませんし。

でもこれで宿題に取り掛かる自信がつきましたgood

明日から宿題に取り掛かります。

宿題はフリーモーションも加わるのでもう少し面白いものになると思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2008年8月13日 (水)

ミシンキルトの宿題

毎日暑い日が続いています。

福岡ではここ1週間くらい毎日、午後に雷雨thunderrainになるという天気が連日続いています。

なので午前中干して乾いた洗濯物sportsはお昼過ぎには取り込んでおかないと、『あ』と思ったときには雨がすごい勢いで降り出してずぶ濡れsweat02になってしまいます。

ご近所のフルタイムで働いているお宅のベランダの洗濯物はもう2回ずぶ濡れsweat02になっていました。

室内に干しておけば心配ないのでしょうが、朝一からいい天気sunで実際雨が降るかどうか分からないのに外に干さないというのもなんだかもったいないような気がしますものね。

penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin 

今朝やっとミシンキルトの宿題用の1m角の布をやっとカットしてアイロンをかけて大まかな印つけをしました。

これはテキストに載っている 『ウォーキング押えを使ったキルティング』例 6種類 と『フリーモーションのキルティング』例 6種類 を組み合わせて白い布1m角にキルティングをする、というもの。

キルティングのみでパイピングは必要ありません。

この宿題については1、2回目の講義で説明されていたようで、3回目から受講した私は実はよく分かっていないのです。

ま、間違ってても仕方ない、なんとかなるだろうと進めています。

ただこれだけ大きいミシンキルティングは初めてなのでしわが寄らないのかズレないのか心配です。

朝の家事を済ませる前にパソコンを開いてしまいましたが、家事が済んだら引き続き、印つけの続き、スプレーボンドでシュッとしつけ掛けを済ませて、できればキルティングを始めたいと思います。

明日から帰省するので今日のうちに進められるだけ進めておかねばsign01

penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin penguin 

九州在住の方は分かると思うのですが、九州自動車道の鳥栖ジャンクションは帰省時期にはいつも渋滞して車の長い列が出来ます。

今までは他人事だったのですがこれからは必ずここを通らなければならないのでちょっと気が重いです。

今日が下りのピークらしいのですが明日の午後はどうかなあ?

2008年8月10日 (日)

クッションカバー完成♪

今朝は5時に起きて昨日のミシンキルトをクッションカバーに仕立て始めました。

クッションの後ろの布に印をつけてカットしてファスナーをつけて、昨日キルティングした表Photo布と縫い合わせて縫い代をロックミシンで始末したら…クッションカバー完成ですnote

現在7時ちょうど。

キルティングを始めたのが昨日の朝9時くらいだったかな?

実際ミシンでキルティングをしてたのは午前中だけだったし、あっという間の完成scissorsです。

感想はというと、クッションカバーというよりは座布団という印象でちょっとがっかり。

1枚布でキルティングの粗が目立たないようにと同系色の糸を使って縫ったので、光の当たり加減ではキルティングが全く分かりません。

うるさくない程度にもう少しキルティングラインが分かる色合いの糸を使った方が良かったかも。

いつものことだけど縫ってる最中は楽しいんだけど完成してしまうと何だか今いちな気分。

縫う前のデザインをしっかり考えて取り掛かってればそうでもないのかな?

で、結局また別のものに取り掛かるという…エンドレスですcatface

次はいい加減宿題を進めなければ。

その前に、さあ、朝ごはん作ろうっとriceball

今日は昼から夏祭りのお手伝い。

初めてなのでどんな祭りなのか見当もつきませんが、とりあえず雨が降らなきゃいいな。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2008年8月 9日 (土)

宿題そっちのけで…

昨日日本手芸普及協会の通販で頼んでいた品物が届きました。

宿題をしなきゃ…と毎日気にしながら一向に進まずにいるPhotoにもかかわらず、宿題そっちのけで遊び始めました。

まずは届いた本のキルトラインを表布に写します。

次に届いたスプレーボンドを使って裏布・キルト綿・表布を貼り付けてみると、しつけ掛けがあっという間に終わりました。→

かんた~んnote

そして後はフリーモーションで縫うべし、縫うべし…!!

Photo_2 ←そして出来上がったのがこれ。

カタログで見たときから気になっていたキルトラインの本が期待通りで、見てみたら作りたくなって仕方なかったのです。

なかなかいい出来でしょscissors

ダンナに見せたら『うん、遠目にはいいよwink』ですってcoldsweats01

実はよく見たら曲線はヨタヨタだし針目は揃ってないし、途中布の送り方が大き過ぎたせいか上糸が2回も切れてしまいました。

やっぱり下手でも(下手だからこそ)どんどん縫って慣れていくのが一番の早道ですね。

せっかくここまで縫ったのでこれはクッションカバーに仕立てようと思います。

リビングのインテリアが水色系なのでちょうど合うでしょう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2008年8月 8日 (金)

ハッタリかましちゃおうかな

宿題をしなきゃと思いつつ思うように進まないまま時間が過ぎている今日この頃、

前回書いたアクセス数の急増も落ち着き普段のペースに戻りました。

毎日暑いですね。 皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日の午後、福岡は急な雷雨に見舞われました。

雷はドッカンドッカン落ちるし、雨は叩きつけるし、怖かったぁ。

引越しを機に買い換えて支払いが終わったばかりのテレビが雷で壊れたら嫌なので、冷蔵庫以外の家中の電化製品のプラグを抜いていました。

雷が落ち着いてからテレビでニュースを見てたけど夕方の時点では特に事故なども起きていないようでほっと一安心でした。

dog cat dog cat dog cat dog cat dog cat dog cat 

この頃いろんな本を読んでますが、読みながら考えていてふと思いつきました。

これから『お仕事は?』って聞かれたら『パッチワーク講師をしていますheart02』って言うようにしようかなって。

いわばハッタリcatface

実際に今教えてるわけじゃないけど、去年ちょこっとだけ教えた経験もあるし、嘘じゃないもんねsmile

(ちなみに去年の子育て支援事業の講習会の講師ですが、引越し前に『来年度もお願いしたい』とお話をいただいていたのでした。

『引っ越すのでお受けできないんです』と残念ながらお断りしたのですが、そう言ってもらえて嬉しかったheart04 その後講師はどんな人に決まったのかなあ?)

今は教えてないっていうのもちょうど引っ越したばかりだから『あら、それは仕方ないわね』って思えるでしょ。

『何のお仕事してるの?』と聞かれると辛いところがあるのだけど、こう言っておけば興味がある人は反応で分かるし、『じゃあこんなこと頼みたいんだけど』ってな感じで何か新たな展開があるかもしれない。

ということでこれからはハッタリかますことにしましたhappy01scissors

2008年8月 4日 (月)

アクセス数にびっくり!

今朝ふとアクセス解析を見てびっくりeyesign01しました。

アクセス数がいつもの4倍sign03です。

なんでsign02と検索ワードを調べてみて分かりました。

検索ワードの約半数が“高橋大輔”。

昨日アイススケーショー『プリンスアイスワールド』について書いたことで一時的にアクセス数が伸びたのでした。

検索サイトを調べると圧倒的にYahoo!が多かったので自分でも実際にYahoo!で“高橋大輔”と入力して検索して、どれくらいで出てくるものか試してみたのですが(暇人ですね~happy02)40ページ見ても出てこないのでやめました。

昨日アクセスしてくれた人は、検索サイトでなかなか出てこない私の記事にどうやって辿り着いたんでしょう?

不思議confident

2008年8月 3日 (日)

初!プロアイススケートショー

昨日8月2日、『プリンスアイスワールド2008』福岡公演を観に行ってきました。

プロのアイススケートショーを見るのは初めてです。

(『ディズニーワールドオンアイス』のショーと、遊園地での『おじゃ魔女どれみ』のショーは観たことありますが)

福岡に越してきて間もない頃に福岡で開かれることを知って電話先行予約で即sign01チケットを購入してずっと楽しみにしていました。

sign01会場となる福岡国際センターには一度も行ったことがありません。

どうやって行ったものかと調べてみたらなんと自宅の最寄のバス停を通るバスがそのまま国際センター前まで行くではありませんかsign02

なんてラッキーなんでしょうnote

かくして娘と2人バスに乗って会場へと向かいました。

運転手さんに降りるバス停を確認したら国際センター前の一つ前で降りたら運賃が安くなると教えてくれたのでそうして、国際センターまで少し歩いていくと…

会場前には人が続々と集まってきていて、開場して間もない時刻にもかかわらず入場のための列が伸び始めていました。

早速列に並んで会場に入るとロビーには贈られた花が飾られていて売店に人だかりが出来ていました。

今のうち、とまずトイレに行ったのですがこれが正解good、席を確認して売店を見ようとロビーに再度出てきたときにはトイレの前には長~い列が出来ていました。

それから席に戻って開演時間まで待つことしばし、場内が暗くなり、音楽が流れ始めいよいよ公演が始まりました。

もしかしたらこれから観る方がいるかもしれませんので詳しいことは書きませんがsmile、スケーターたちの技はすばらしくて技を決めるたびに『うわー』と言って拍手をしていた私、

八木沼純子さん、本田武史さん、恩田美栄さん、中庭健介さん、南里康晴さんなど今までにテレビで見たことのあるスケーターたちが目の前で演技をしているのを見られることに感激です。

隣で退屈した娘がつまらなそうにしているのを『もう!もったいない。もっとよく見ればいいのに!』なんて勝手なことを考えていました。

それでも娘の好きな武田奈也ちゃんが出てきたときには、出てくるとは思っていなかった娘も『えっsign02』としっかり観ていました。

フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ ペアの演技はもう…びっくり。

ぶんぶん振り回したり、頭の上に乗っけてぐるぐる回ってみたり、アクロバティックでセクシーで、人間離れした技がぞくぞく出てきてどんどん引き込まれました。

ペアは転倒したりした場合痛そうであまり普段の競技会は見ないのですが、この迫力はペアならでは、これからはペアも要チェックです。

それからやっぱり荒川静香さんの滑りは一級品shine、スパイラルの美しさ、ジャンプはもちろん前後の滑りの滑らかさ、そして生イナバウワーには会場から拍手の嵐でした。

プリンスアイスワールドのメンバーによるレビューも面白くって、シンクロナイズドスケートはソロやペアとは違う美しさがありました。

そして後半の半ば過ぎ、福岡公演のゲストの目玉、高橋大輔の登場に会場は拍手の嵐。

黒の上下の姿に『あら意外と地味、キラキラはついてないのね』とちょっとがっかりしましたが、その滑りはすばらしく世界で活躍する人のジャンプの切れのよさにはやっぱり違いを感じました。

世界一と言われる美しい生ステップも見れたしheart02

最初福岡公演があることを知ったときにはチケットの値段の高さに迷いましたが感想は『行って良かったhappy02heart04』でした。

終演後興奮冷めやらぬまま外に出てみたら…会場前には天神方面のバスに乗るための長~い列が…wobbly

会場に向かうときに国際センター行きの臨時バスが走っていたのを見ていたのでバスを利用する人の多さは予想していたのですが、ここまでとは…。

帰りは何とかなるだろうと何にも考えていなかった私、とりあえずその列に並ぶのは嫌だったのでどこか近くの別のバス停から天神に向かう他の路線のバスに乗れるだろうと娘と2人炎天下をてくてく歩いて移動しました。

その間にも貸し切りバスがセンター前にどんどん横付けされて、見てみるとアイススケートショーの観劇ツアーバスで、私が見ただけで5台ありました。

きっと九州各地、中国地方などからも見に来たんでしょうね。

幸い少し歩いた先のバス停でバスに乗れたので天神に移動して、天神が初めての娘と2人で遅いお昼ごはんを食べてぶらぶらして楽しい時間を過ごし、帰りは西鉄電車(娘はこれまた初めて)、バスと乗り継いで家に帰りました。

福岡に引っ越してきたお陰で“ある一日のお出かけ”という感じでしたが、もしこの春引っ越していなければ遠いからということで観に行かなかったかもしれないし、観に行ったとしても旅費がかかって時間も掛かってもっとハードなものになっていたと思います。

路線バスで観に行けるような便利なとこに引っ越してきてよかったなあhappy01

でもこの生活も今だけ、いずれはまた引越しをする身なので今のうちに楽しめることを満喫しておこうと思いました。

2008年8月 1日 (金)

リフレッシュ♪

先週末から今週半ばまで出かけっぱなしでした。

まず土・日の一泊で昨年12月にバレエの発表会に出たメンバー5人(別名バレエ部)で集まりました。

発表会以降2回泊りがけで出かけたのですが2回とも1人都合が悪くなって4人での旅行でした。

その後私を含め2名が3月末に引越しをして離れ離れになりました。

そして今回の集まりは初めての全員集合で楽しい集まりになりました。

ホテルに5人集合して部屋に入った時点からしゃべりっぱなし、近況報告やたわいもない話を、次から次へと尽きることなくただひたすらしゃべっていました。

翌日はバレエ教室のオープンクラスに参加して先生にも久々に会えました。

お昼ごはんを食べて別れたのですが、最初から最後までとても楽しい時間で『年に1回はこうやって会いたいね』と話していて、今からまた皆で再開できるのを楽しみにしています。

そして週が開け 月・火・水 の二泊三日で私と子供2人で今度は新幹線に乗って山口の友人宅に遊びに行って来ました。

その友人は↑のバレエ部のメンバーの一人でもともと同じ社宅に住んでいたのですが、うちと同じで3月末に引っ越して現在は山口に住んでいて、今回は山口県内の実家に泊まらせてもらいました。

お邪魔したのはうちだけじゃなく熊本の社宅からも子供連れで別家族が来て、親も子供も懐かしいメンバーが大集合、海に行ったりバーベキューをしたりととっても楽しい時間を過ごせました。

さすがに今日は私も子供たちも疲れが出ていましたが、懐かしい顔ぶれと再会してたくさん話をしてリフレッシュできて、新しい生活パターンに慣れずまだまだ戸惑うこともあるけれど『頑張ろうsign03』と思えるようになれました。

週末は今度は息子のキャンプが始まるので、忘れ物がないよう準備をしなければ。

8月になったら(と記事を書いているうちに8月になっちゃいましたが)夏祭りもあるし帰省もあるし、ぼーっとしてたらあっという間に一月過ぎてしまいそうです。

うまく時間を使って宿題も仕上げて、夏を乗り切ろうと思いますrock

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »