フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 懐かしい景色 | トップページ | なんだか疲れたなあ »

2008年10月 9日 (木)

面白みがないと言われたので

昨日は1ヶ月ぶりのミシンキルト教室でした。

宿題のアップリケのうちブランケットステッチが出来なかったことを先生に話すと『そうね、じゃあ別のステッチで何かしてくればいいわよ』とあっさり言われました。

そう言われることを見越して何か私のミシンでもできるステッチで適当に仕上げて来ればよかった…sweat02

ということでこのブランケットステッチの代わりの分は次回提出することにしました。

授業が始まる前に前に家で遊んだフェザーのキルティングを先生に見てもらって糸が浮いてしまう原因を聞いてみたのですが、上糸と下糸との相性、ミシンの速さと手の動きのスピードの兼ね合い、が原因と考えられるそうです。

ということでうまくなるには数こなすことが一番という、以前から言われている通りのお返事でした。

やっぱりねwobbly

でもそれより先生は私が図案を書いてその上を縫っていることに注目eyeして、

『ミシンキルトはとにかく何も書かないで縫うのよsign01

だから左右対称じゃなくても良いの。

そこに面白さがあるんだから。

線を引くのは基準くらい。

あとはとにかく線を引かずに縫うことを練習しなきゃsign03

…と言われてしまいました。

ひゃあああ、フェザーを図案無しでフリーモーションで縫うとですか?

こりゃあもっともっともっともっと練習しなきゃsweat01です。

そして授業では前回提出したサンプラーキルトの講評です。

自分のだけでなくほかの人の作品の良いところ、悪いところを見ることが一番の学習になるのだから、ということでテーブルには全員の作品が広げられました。

色使いやデザイン、キルトラインについて細かく説明をされながら一人一人取り上げて言われる中で私が言われたことは…

『これを見ればあなたの性格が分かります。

きっちりきっちり正確に縫えている。

けど、逆に言えば面白みがない。』

………shock

さっきのフェザーのこともあったので予想はしていましたが、やっぱりそう言われてしまいました。

実際私も日頃からうすうす感じてはいたのよね、私が作るものって遊び心が感じられないなあ、って。

図星です。

それから全体に対して言われたのが

『サンプラーキルトというのはいろんなことに挑戦することが目的です。

全然違うイメージのパターンでもラティスでつないでボーダーをつけて、という風にやっていけばそれぞれ全体としてみればうまくまとまるものなんです。

最初からまとめようとせずにいろんなことを試してみなきゃ。

あとミシンキルトではキルティング、それもフリーモーションが大事です。

どんなに良い作品でもキルティングがダメなら結局ダメなものになってしまいます。

フリーモーションが上手くなるにはとにかく数こなすこと。

少しの時間でもいいから毎日やっていけば必ずうまくなります。』

1_2ふむふむ…よーしそれならやろうじゃないか!

私の負けず嫌い魂に火がつきましたpout

家に帰りつく頃にはぐったりdownで肩凝りから頭が痛くなって痛み止めも飲んで夕ごはんもほか弁で許してもらったというのに、勝手なもので寝る前に『やっぱりフリーモーションの準備だけでも』と始めたが最後、ついつい縫い始めて、縫い始めたらやめられなくなって、結局ちょこっとどころ2じゃなく目一杯縫ってから眠りについたのでした。

写真はその一部(クリックすると大きくなります)。

表は比較的うまくいっているのですが、裏(アップの写真)を見れば一目瞭然、糸がつれてうPhotoまく出来てないのがよく分かります。

Photo_2くそぉ~sign03絶対上手くなってやるsign03まだまだ練習頑張るぞお~sign03rock

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

« 懐かしい景色 | トップページ | なんだか疲れたなあ »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

コメント

肩こりに負けず頑張られましたねgood
努力家なんですねhappy01やっぱり。
私は教室から帰る電車の中はいつも爆睡winkです。
先生と皆さんにいっぱい刺激いただいてパンパン状態なので寄る年波に勝てませんhappy02
やるしかないimpactそれだけですよね。
きっと素敵なバッグできそうですねshine
わたしも頑張りますscissors


>マーガレットさん
努力家…どうでしょう?
バッグ…展示会って結局実際には使えないようなぶっ飛んだものに挑戦することに意義があるのかもしれないでしょうが、実用的じゃないバッグなんて正直気持ちが乗らず全くアイディアが浮かびません。
かといって至極スタンダードな作品を出す勇気もなく、いっそ辞退すべきか、と迷っています。
講座の皆さんはアイディアがどんどん溢れてるようで圧倒されています。
こんな風でバッグのことは全く進んでいないのですsad

こんにちは。
ミシンキルト、頑張ってらっしゃいますね。
ミシンキルトはハンドより、意外と奥が深いかも・・・と
知り合いから聞いたことがあります。

先生のサンプラーに関してのお言葉に、思わずうん、うんって
うなずいてしまいました。
私も今、本科クラスのサンプラーをまとめてるレッスンをしてるからです。
どうなるのさんの先生のおっしゃる通りですね。
腕も指導力もある、ステキな先生なんだろうな、と想像してます。
フリーモーション、上手になってくださいね!

こんにちは!熱心に練習されているお姿が目に浮かびます。
熱中できるものがあるって、幸せなことですね。
アップリケは、ミシンの機能にも関係あるとなると、やはり新しいものが欲しくなります…コツコツ、ミシン貯金を始めないと?
私も、せっかくアメリカで習ったミシンキルトの基礎を、
忘れないように練習しなくちゃいけませんねー
なんだかだらだらし活しています。。。

先生からのアドバイス、それがきっつ~い指摘であろうとうらやましです。今私に必要なのはきっとそれです。
もうこの年になるとキルトのことだけじゃなくても誰も叱ってくれないしね。
でも習い始めたばっかりなのに上手に出来るって素晴らしいことだと思いますよ。

>こっとんふらわぁさん
確かにミシンキルトだと比較的どんな素材でも使えるし、応用の幅が広い分奥が深いのかもしれません。
私なんかまだ入り口のあたりをちょろちょろしている段階です。

サンプラーキルトについての先生のお話はためになりました。
ただ先生の色使い、柄合わせの仕方はなかなか個性的で最初見たとき『どうしよう…』と不安になりました。
でも話を聞いて見ると大抵の生徒さんが最初は『げっ…』と思われたそうですcoldsweats01
でも『それぞれが好きなような色使い・柄あわせでしていいの。それが個性なんだから』と毎回おっしゃるので安心しました。
いい先生に出会えたと思います。
フリーモーション、頑張ります。

>alpineさん
熱中できるものがあると、生活に張りがあります。
今日もフリーモーションの練習をしていたのですがやっぱりうまくできず『いいミシンだったら違うのかしら?それともやっぱり私の腕のせい?』と頭の中でずっと考えていました。
多分後者ですね、間違いなくsweat02
でも金額が金額ですからそう簡単に手を出せません~bearing

>ステファニーさん
確かに年齢が上の方や経験が長い方に対して間違いを指摘するって難しいですね。
間違ってたり良くない点があっても助言をもらえないということは、即ち成長の機会をもらえないということ。
そう考えると耳に痛い言葉ほどありがたいものです。
ミシンキルトをずっとやってみたいと思っていたので今はまさに爆縫い!状態です。
“下手の横好き”から“好きこそ物の上手なれ”と言えるようがんばります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしい景色 | トップページ | なんだか疲れたなあ »