フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ミシン屋巡り その一 | トップページ | ミシン屋巡り その二 »

2008年11月 6日 (木)

ミシン屋巡り その一 の後

ミシン屋巡りその一 に書いたミシン屋さんに行ってからの数日間、ネットで散々ミシンについて調べていました。

勧められたミシンが果たしてネットではいくら位で売られているのか、

同じような性能で他のメーカーではどんなミシンがあるのか、

釜の違い(勧められたミシンは水平釜・ベルニナは垂直半回転釜)による長所短所は何か などなど…。

結果分かった事というと、

ジャノメの『Super Quilt DX』は一般的に流通している『CK1200』と同じものであるということ、

家庭用ミシンの釜は水平釜が主流で、工業用・職業用ミシンでは垂直全回転釜が主流であるということ(ここで初めて垂直全回転釜というものを知りました)でした。

現在垂直半回転釜を採用しているミシンはあまりないみたいですね。

なぜベルニナ(私が比較しているのは オーロラ430)は垂直半回転釜なんだろう?

で、ネットで調べた限りでは

水平釜の長所は ①初心者でも扱いやすく ②糸絡みがしにくく ③ボビンが安価

垂直半回転釜の長所は ①糸締りがよい ということみたいです。

実際、実家にある足踏みミシン(垂直半回転釜。現在も活躍中)を昔使っていたときには縫い始めにしょっちゅう糸が絡んでぐちゃぐちゃになってほどく事がよくあったので、実はミシンがあまり好きではありませんでした。

結婚して出産後子供服を作りたくなって水平釜の家庭用ミシンを購入、特に不都合を感じることもトラブルもなく10年間快適に使っています。

糸締まりについては残念ながらそこまで縫い目にこだわって見たことがないので違いは良く分からないです。

ただミシンキルト教室のときの先生の話でチラッと出てくるのですが、なんでも“ボビンワーク”という手法があるらしくてそれはボビンケースを使うらしいのです。

ってことは水平釜はボビンケースを使わないのでできない?

そうなってくるとボビンケースを使うミシン(垂直半回転釜・垂直全回転釜)の方がいいのかな?

ってことは職業用ミシンもありなのかな? …なんて余計に頭の中がごちゃごちゃになったのでした

(ちなみに職業用ミシンは直線縫い専用なので模様縫い・ジグザグ縫い・ボタンホールなどは出来ません。押え金を変えて送り歯を下げればフリーモーションは可能)。

考えていても仕方ないのでボビンワークについては次回のミシンキルト教室のときに先生に聞いてみようと思っています。

ちなみにミシンについて調べた際参考にしたサイトはこちら、ミシンについて詳しく書いてありとても参考になりました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

« ミシン屋巡り その一 | トップページ | ミシン屋巡り その二 »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

ミシン選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシン屋巡り その一 | トップページ | ミシン屋巡り その二 »