フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 喪中はがきにふと思う | トップページ | ミシン屋巡り その一 の後 »

2008年11月 6日 (木)

ミシン屋巡り その一

先日ベルニナの代理店に行ってから俄然新しいミシンが欲しくなった私ですが、コメントでいただいたアドバイスを元に国内メーカーのものも比較検討するためミシン屋巡りをしています。

そこで新しく“ミシン選び”のカテゴリーを作って、自分の備忘録も兼ねてその課程を記録することにしました。

ベルニナの代理店に行った数日後、前から『あれ?こんなとこにミシン屋さんがあったんだ』と気になっていた近所のお店に行ってみました。

行ってから気がついたのですがそこはジャノメ製品を扱っているお店でした。

ちょっと愛想の悪い店主のおじさんに ミシンキルトをするのでアームの大きい、ミシンキルトの作業がしやすいもの が欲しいことを伝えると “Super Quilt DX” という商品を勧められました。

値段はベルニナよりは安いですが私の予算よりはだいぶオーバーしています。

カタログを見ながら説明を聞いてみるとなるほどミシンキルト向けの商品だけあってアームも大きく自動糸切りもついていて、押え金も大きく上がります。

模様縫いのバリエーションも多く、フットコントローラー・ニーリフト(押え金を膝で上げ下げ出来る装置)も標準仕様です。

付属の押え金もミシンキルトをする祭に必要なものが揃っている様子。

ワイドテーブルは別売りですが、特に問題はないようです。

ただふと見ると釜が水平釜でした。

私が今使っているミシンは水平釜で使い心地も良く好きなのですが、ベルニナは垂直半回転釜です。

そこで店主のおじさんに ベルニナミシンと迷っていること、ベルニナは水平釜ではないことを話しました。

すると一言、『あそこのは古い。水平釜が一番いい。なんて言ったって水平釜を開発したのはジャノメなんだから他のメーカーより5年は先を行っている』と言われました。

ジャノメの製品を扱っているお店だから自分とこのを良く言うのは当然なのでしょうが、それを聞いてなんか気持ちが冷めちゃいました。

内心『こりゃ他のお店にも行ってみないとだめだな』と思いつつ、店内の奥のほうにアクリルのケースに入れられて飾られているそのミシンを実際に扱ってみることが出来るかどうか聞いてみました。

すると返事は『…まあ、触ってもいいですけど…買うのを前提ならね

…って、実際試してみて納得してから初めて買うかどうか決めるものじゃないんですか~?!

『ここで買うことはないな』と思いながらいただいたカタログを片手に店を後にしたのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

« 喪中はがきにふと思う | トップページ | ミシン屋巡り その一 の後 »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

ミシン選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 喪中はがきにふと思う | トップページ | ミシン屋巡り その一 の後 »