フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ミシン屋巡り その一 の後 | トップページ | ミシン屋巡り その三 »

2008年11月 6日 (木)

ミシン屋巡り その二

ネットで色々調べて頭の中がぐるんぐるんtyphoonの状態のまま1件目のお店に行った数日後2件目のお店にミシンを見に行きました。

そこは九州各県にチェーン展開しているミシン屋さん。

テレビCMもよくやっています。

熊本にもありましたが行ったことはありませんでした。

で、店内に入り展示してあるミシンをぐるりと見てみると…あるのは一般的な家庭用のミシンばかり。

私が欲しいアームの大きい商品は置いてありませんでした。

で、お店の人に アームの大きいミシンキルトをするためのミシンが欲しい旨伝えたところ、『えっと…アームの大きい、ですか?』とあまり詳しくない様子。

ま、売る側としてはユーザーの限られたあまり売れない商品には力を入れませんわなcatface

それでもジャノメでそういった商品(CK1200)があることを伝えると『あ~その商品なら分かります。うちのほうで取り寄せることもできますよ』と。

“でも実際選ぶ段階で触れなきゃダメじゃん”と思いながら、考えていた予算を言うと『はい!そのご予算で十分大丈夫ですよ!』と妙に力を入れて言ってくるではありませんか。

ジャノメのお店で見たミシンだと全然買えない額なのになんで?と思っていたらその訳は後日別のミシン屋で分かることになるのでした。

で、ちょっと興味があったので職業用ミシン(JUKI SPUR25 だったかな?)を見てみました。

さすがに直線専用だけあってシンプルでパワフルで使い勝手もよさそう、補助テーブルが標準でついてそれでも値段ががくんと安くなります。

でも職業用ミシンだとジグザグステッチや模様縫いが出来ません。

針も押え金も家庭用ではなく工業用になります。

今後大きな作品を作るときに、フリーモーションは職業用ミシンで模様縫いは今使っている家庭用ミシン、といちいち使い分けるのは面倒だし、今のミシンでは大きなものを縫うのはちょっと無理かも。

結局ここでも決め手がないままお店を後にしたのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

« ミシン屋巡り その一 の後 | トップページ | ミシン屋巡り その三 »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

ミシン選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシン屋巡り その一 の後 | トップページ | ミシン屋巡り その三 »