フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の14件の記事

2009年1月31日 (土)

1月に読んだ本

『「捨てる!」ほど快適になるパソコンのカラクリ』 湯浅顕人著 宝島社新書

パソコンの動きがだんだん遅くなってきていて何とかしたいと思いながらも本屋でどの本にしたものか分からず『使いにくい』と思いながらパソコンを使っていました。

この本はパラパラッと見てみて『ひとつでも試してみようかな』という気になったので買ってみました。

一通り読み終えて今朝試してみたのが

 ☆シンプルなデザインの画面にして高速化する

 ☆壁紙をシンプルにする(一色表示にして日付・時刻の表示をやめる)

これだけでもさくさくっと動くようになりました。

見た目は随分さっぱりしてしまいましたがもともと表示には凝っていなかったのでこれで十分。

今後不要なソフトのリストラなどやってみようと思います。

パソコンの動きが遅くなってイライラするなあ…と思う人にはお勧めの本です。(1月12日)

2009年1月29日 (木)

もう次のダブルウェディングリング?!

ミシンキルト教室の課題をしなきゃ、と思いながらもダブルウェディングリングの制作が楽しい今日この頃。

完成にはまだ程遠いというのに頭の中では次のダブルウェディングリングの計画がむくむくと広がります。

頭の中で描くだけでは飽き足らず、サイズを割り出し方眼紙に図面を描き始めました。

面倒だけど実はこの作業が私は一番好きheart01

今作っているダブルウェディングリングはリングの直径が40cmとちょっと大きかったので、大きさを少し小さく30cmにして、仕上がりサイズはこれだけだからリングの数はこれだけで、

リング部分は分割しない『ぶどうの皮』にして、その代わりリングの交点部分をレモンスターにして、リングを2色で作るならこことここと色を変えて・・・と色を塗り、頭の中を整理していきます。

Photo_2最終的にそれぞれのピースが何枚必要か計算をして合計したらなんと必要なピースの数が1337枚になりましたsign01

しかも一番小さいピースは一辺が1.2cmくらい。

次はこれを元に布の必要な量をはじき出すのですが思わず『うへぇ~wobbly』とここでストップsign01

実際縫うことよりも縫うために布に印をつけてカットして…という下準備ともいえる作業を考えると気が遠くなります。

でもどうやら私は大物は大変だからと言って作りやすい手頃なサイズでやっても結局物足りなく感じてしまうという性格がわかったので、そのうちこの計画通り大きなサイズで作りたいなと思います。

この分はこのまま置いておいて機会があれば取り掛かることにします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

2009年1月27日 (火)

フリーモーションの課題終了!

ミシンキルト教室の課題で『白い布1m角にフリーモーションをしてくること 但し教科書に書かれてある模様10種類を必ず入れること』というものが出ていました。

ミシンキルト教室の最初の頃にもフリーモーションの課題があってこちらはⅠで、今度がⅡ。

つまり模様が入り組んで難しくなっています。

でも逆に言えばその10種類さえ入ってればあとは好きなように縫えばよいのね~noteといいように解釈して1m角のスペースを遊ぶだけ遊んで今朝縫い終わりました!

001002003004005金ラメ糸、銀ラメ糸、段染め糸もいろいろ使って気の向くままに縫ってます。

写真はその中でもまだましな部分です(写真をクリックすると大きくなります)。

縫い線はヨタヨタだし、何がしたかったの?と言いたくなるような模様もたくさんできましたが、ま、いいんです。

下手だから習いに行ってるんだし。

お陰で随分フリーモーションに慣れました。

さあ、次は次回提出のクッションカバーにいい加減取り掛かることにしますsign01

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

2009年1月26日 (月)

ダブルウェディングリング 2段目まで合体

↓の記事を書いてから、ちょこちょこ家のことをしつつ今日はずっとちくちく縫って、ダブルウェディングリングの2段目まで合体しましたwinkscissors

Photo_3ここまで来るとおっきいsign01

ダブルウェディングリングの下に写っているカーペットが50cm角なので大体の大きさが分かるのでは?

ひとまずダブルウェディングリングはここで一休み。

ミシンキルト教室の課題に取り掛かります。

まずは“フリーモーションⅡ(1m角の白い布にフリーモーションでキルティング)”があともう少しで終わるのでこちらを済ませて、次に次回提出のクッションカバーの制作。

それが済んだらダブルウェディングリングのピースワークを再開することにします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村 パッチワーク・キルト

ダブルウェディングリング とりあえずリング4個合体

先日ミシンキルト仲間で集まってからミシンでのフリーモーションにはまっていましたが昨日からダブルウェディングリングのピースワークを再開しました。

5個×2段目までつながったら画像を載せようかと思っていたのですが、今日リングが2個×2段の4個つながったら嬉しくなったので画像を載せることにしました。

Photo上と左の辺は端っこなので凸凸、下と右の辺はこれからまだつながっていく部分ですので凸凹になっています。

グラデーションが浮かび上がってきて嬉しいなnote

でも縫い合わせる距離が長くなってきたのがちょっと面倒。

何が面倒ってまち針を打つのと、途中打ったまち針が時々抜けて落ちてしまうのが厄介です。

まち針を落として気付かずにいると危ないので長い距離を縫い合わせるときでもまち針はリング1個分ずつだけ打ってから縫うほうが無難かな?と思っているところです。

それから面倒でもアイロンは小さいうちにこまめに掛けておく方がいいですね。

その方が大きくなってからのアイロンかけも楽だしやっぱり綺麗に仕上がります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2009年1月23日 (金)

ミシンキルト仲間集合!

昨日我が家にミシンキルト教室で知り合った方が3人遊びに来てくれました。

皆教室のメンバーなんですが、教室の日におしゃべりできるのはお昼ご飯のときくらいでいつも教室が終わると慌しく別れてしまいます。

いつも『ゆっくりおしゃべりできたらいいのにな』と思っていたのがやっと実現しましたnote

午前中に我が家に集まりお茶japaneseteaを飲んで、ランチrestaurantを食べに行って、また家でゆっくりcakecafeキルト話をしました。

お互いに今の教室にたどり着いたいきさつを聞いたり日頃疑問に思っていることを質問しあったり、

『今ここまでできてるんだけど…』と課題の製作途中を見せて相談したり、

来年予定されている展示会に何を出す?という話をしたり…と次から次へと話は尽きず、

正味5時間くらいでしたがあっという間でほんとに楽しい時間でしたhappy02

私もせっかくうちに来てもらったのだから『自己紹介代わりに』と今まで作ってきた作品をプラケースごとリビングに持ってきて見てもらいました(ほとんどがカテゴリー“パッチワーク”に書いてあるもの)。

途中ミシンの操作についての疑問が出てきて『実際に縫ってみたほうが早くない?』とこれまたミシンをリビングに持ってきて勉強会の雰囲気になったり。

いつもは友達と会ったり出かけたりしても小学校つながりなので子供たちが帰ってくるまでに解散sign01というバタバタとした集まりになるのですが昨日は夕方までしっかり話が出来て楽しかったnote

途中帰ってきた息子は少し緊張していましたが、後で『今日来たママのお友達に会うの初めてやったけどどうやった?よくしゃべると思ったやろ?』と聞いたら『うんsign01』と即答。

実は私はもともと家を行き来するお付き合いというのがあまり得意ではなかったので、引っ越す前には『しばらくはお友達も出来ないんだろうな』と思っていました。

ところがsign01始業式の日に知り合ったお母さん2人とは思いがけず意気投合し都合のいいときに集まってビーズ作りをしたりパッチワークをしたりするようになり(詳しくはカテゴリー“教室もどき”をどうぞ)、ダメもとで途中から飛び込んだミシンキルト教室では今回集まったような楽しい時間を過ごせる仲間に出会えました。

これにはもう自分でもびっくりsign03巡り会わせの幸運に感謝shineです。

昨日はお互いに『頑張ろうって気持ちになった』と言って別れ、私も早速途中で止まっていたフリーモーションの課題の続きをちょっとだけ進めました。

次回の教室は来月の第二週。皆に会えるのが楽しみですhappy01

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2009年1月21日 (水)

友人とのバッグ作り6回目とその後

昨年の出来事を1つ書き忘れていたのでここで書くことに。

友人とのバッグ作り、年内に完成させたいということで最後の持ち手つけを子供の小学校の終業式の日の午前中にやりました。

私のバッグの持ち手は縫いつけてから裏に内袋と同じ生地をまつりつけて縫い目を隠しましたが、友人たちが使った持ち手は皮製で裏にも皮のあて布(布ではありませんが)がついているタイプでした。

ということで持ち手をつけつつ裏でその皮も縫い付けなきゃいけないので初めてにしては難しく、1人は途中でいつの間にか表と裏の穴が1つずれてしまっていて、結局ほどいて縫い直すことに。

もう1人はうまくできて時間内に完成させることが出来、『お正月に持つんだheart01』と嬉しそうに行ってくれたので私も嬉しくなりました。

結局時間内に縫い直しは出来ず『頑張ってつけてねsign01』と言って別れました。

縫い直しの友人とは結局そのまま年が明けてからも会う機会がなく特に連絡もせず、その後どうなったかと気になっていたのですが、昨日完成した方の友人から聞いた話では無事持ち手をつけ完成させお母さんにプレゼントpresentしたそうです。

それを聞いて安心しました。

初めてのものが『出来なかったcrying』となることなくちゃんと完成してよかったconfident

その後の予定は特にありませんが『次はいつ?』って声が掛からないかな、って内心思っている私ですdelicious

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

ミシンそっちのけで

先日ダブルウェディングリングの進み具合を書いたのですが、舟形のピースとダイヤ型のピースとちくちく縫いつなげています。

ピース自体が大きいのでつながるとどんどん大きくなるのが嬉しくて今はミシンそっちのけで手縫いを楽しんでいます。

全体で5×7段なのですが今はとりあえず2段目まで早くつながったところを見たくて縫っているという感じです。

思い描いていた通りのグラデーションで我ながらいい感じですheart01

写真は2段目までつながったらアップする予定なので楽しみにお待ちください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2009年1月16日 (金)

ダブルウェディングリング 次の段階へ

気が向いたときに少しずつ縫っているダブルウェディングリング、やっと舟形部分が全てつながりました。

Photo_2色の並びの違いで40枚と42枚。

これをダイヤ型の土台布35枚と合体すればやっとトップが出来上がります。

ということで今あわせて117枚になりました。

スタートしたとき全部のピースの合計が1265枚だったのですから、随分つながったものです。

ダブルウェディングリングの大物に手を出そうと思ったのが一昨年の12月。

縫い始めたのが昨年の1月。

早いもので取り掛かってから1年以上経ってしまいました。

でもとにかくチクチクつなげていくだけなのでこれからもミシンキルトの課題制作の合間に縫い進めようと思います。

ミシンでさくさく縫うのも楽しいけど、ハンドでちくちく縫うのもた~のしいnote

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2009年1月15日 (木)

ギャラリースペース みーつけた♪

家の近所にお菓子屋さんがあります。

先日買い物に行ったら奥にギャラリースペースがあり、その日そこにはプリザーブドフラワーが飾られテーブルの上には作者の名刺と感想を書くためのノートが置いてありました。

壁には虫ピンの刺した後がたくさんあって私が気付いていなかっただけでここで展示している人は結構いるようです。

店員さんに聞いてみたら誰でも飾れるそうで、展示料も特に取っていないそうな。

以前近所の小さい郵便局に定期的に作品を飾らせてもらっていた私。

前みたいに展示料がかからなくてどこか飾らせてもらえる場所があればな~と思っていたら…

むふsmileflairこれはいい場所を見つけました。

といっても今飾らせてもらえるようなものはないので、理想としてはこれからミシンキルトを駆使してフェザーのホワイトキルトをたくさん作って飾りたいなshineと。

綿サテンでラメ糸でキルティングした一見真っ白なんだけど陰影が美しいキルトshine

あるいは色を抑えた2色使いの優しいキルトshine…いや~ん夢が広がりますannoy

ということで近所の手芸店に今日も行き(クッション買いに昨日も行ってましたhappy02)綿サテンの色見本を見せてもらい、でもまだ全然具体的に考えていないので必要な量がわからないので値段を聞くだけにして帰って来ました。

今は課題の制作が優先だけどこういう自分で作りたいものを考えてるときや作るときが一番楽しいheart01

楽しいついでに、誰かに話したらいつか実現できそうな気がしたのでこうやって書いておくことにしました。

期限を設ければもっと実現しやすくなるけど、間に合わなくなりそうだとやけになって放り出したくなる自分の性格を良く分かっているので予定は『いつか』のままで。

気がつくといつも頭の中にはフェザーがぐるぐるtyphoon回っています。 あ~楽しい~happy02note

2009年1月14日 (水)

60cm角クッション でかっ!

次回提出のクッションカバーは使い心地がいいということなので60cm角用にすることに。

で、今日中身のクッションを買って来ました。

60cm店で見ても大きかったけど自宅で45cm角のクッションと並べて見てみたら、60cm角クッションってでかっsign03

大きさもだけど厚みがすごいsign03

学校から帰ってきた子供たちも一言目に『でかっsign03』って驚いてました。

でもソファーに座るときに背もたれと背中の間に挟んだらしっかり体を支えてくれていい感じ。

うっかり汚してシミをつけてしまう前にさっさとクッションカバーを作って掛けなきゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2009年1月13日 (火)

しっかりした子供たち

連休明けの今朝、うっかり朝寝坊してしまいました。

オットが宿直でいないので朝弁当を作らなくてよいと気を抜いていた上に冬休みのだらだら生活が尾を引いていて、いつもなら目覚まし時計がなったらすぐ起きるのに一度止めてまた寝てしまったよう。

ふと目が覚めるとカーテン越しにが外の光が差していて…今の時期外が明るいって、もう7時過ぎてるんじゃsign02

がばっsign03と起きてリビングに行ってメガネを掛け時計を見ると7時半。

子供たちが家を出るのは7時45分。

あと15分しかありません。

ところがすでに着替えを済ませた子供たちがオーブントースターをテーブルに移動して餅を焼こうとしていました。

いつまでたっても母が起きてこないので自分たちで餅を焼いて食べて登校しようとしていたのでした。

『あ、あんたらcoldsweats02自分たちで食べて行くつもりだったのsign02お母さん起こさずにsign02』と聞くと

二人揃って『うんthink』との返事。

結局ご飯は炊いてあったので急いで目玉焼きを焼いて食べさせて登校させました。

味噌汁は間に合わなかったけどcoldsweats01

私がいい加減な母親なものだから子供たちはしっかり者に育ってくれたようです。

いや~、びっくりしたsweat01 明日はちゃんと起きようっと。

2009年1月12日 (月)

今年最初の作品は

年が明けてから課題作りに追われていて更新もずっとしていませんでした。

先日今年最初のミシンキルト教室も終わり課題2つのうちの1つ“パイピングコードを効果的に使った作品”を提出、その場で先生に評価していただき持って帰って来ました。

それがこれ、“スリースター”のクッションカバーです。

Photo

本科・高等科・講師科、それからプライベートも含めてクッションカバーを作るのはこれで何個目かしら?

作りやすい大きさだし、仕立ても簡単なので何か使えるものを作りたくなったときにはついクッションカバーにしてしまう私です。

このパターン“スリースター”は『パッチワーク教室No.60(2002年6月)』(パッチワーク通信社)で見て『いつか作りたい!』とずっと思っていたもの。

今回やっと作ることができて楽しかったheart01

今回の課題はパイピングコードで“効果的に”使うということでしたのでアクセントになるように柄の中の一色を取って緑色のチェックの布でぐるりと囲むように縫ってみました。

新しいミシンになってからパイピングコードを縫うのは初めてで、あらかじめパイピングコードを作るのに便利な押え金を買っていたので、今回初めて使ってみました。

押え金の裏側(下側)に窪みがあってそこをコードが通るのでパイピングコードを作る(帯状に切った布でコードを挟み込んでコードの際を縫う)ときにコードがズレたりコードを縫いこんでしまったり、ということがなかったのでとても簡単に出来ました。

その後このパイピングコードをパターンの周りにあらかじめ縫い付けてから周りの布を縫い付けたのですがこれはところどころ縫い直したりしました。

パイピングコードは最後に仕立てるときにもぐるりと回りに挟み込んでみました。

キルティングはミロの段染め糸を使って星の部分は直線で、周りには大好きなフェザーを入れました。

フェザーは上手になりたくて練習ではしょっちゅう縫っていましたが作品で実際に縫うのは今回が初めてでした。

でも練習だとちょこっとズレても『あららズレちゃった』って感じですが、本番だと思うとやっぱりズレないよう緊張しながら丁寧に縫うので思った以上にいい出来にできました。

このキルティングに関しては先生からもたくさん褒めていただきましたhappy02scissorsnote

それがとっても嬉しかったので帰ってきてから早速またフリーモーションでフェザーやら花やらぐるぐる渦巻きやら縫っている私ですsmile

ちなみにもう1つの課題『指定のパネルプリントを使って何か作ってくること』の方はあともう少し手を入れたかったので今回は提出せず、次回までに完成させて持って行く予定です。

さて、今回の教室ではクッションカバーのファスナーつけを習ったので次回提出の課題はまたクッションカバーですsweat02

前回『次回の教室はファスナー付け』と言われていたので薄々そんな気がしていたのですが、ま、回数こなせばそれだけ上手になるからいいか、ということで。

先生が60cm角のクッションが使い心地がよくて便利、という話をされていたので次は60cm角用のクッションカバー(出来上がり58cm角)にします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

2009年1月 2日 (金)

家の管理は大変だ

明けましておめでとうございますfuji

いつもブログで元気をもらっている私、今年も昨年同様よろしくお願いします。

さて、年末12月29日から帰省して主人の実家に二泊して、31日に私の実家に立ち寄ったあとETCの深夜割引を使うために午後10時頃出発し車で高速道路を移動中に新年を迎え夜中1時過ぎに自宅に帰り着くという慌しい帰省でした。

何故かというと主人が新年早々仕事だからなのですが、私も実家に子供たちを連れて残ってもこれといってすることがないし、子供たちも遊び相手がいないし、結局自宅にいるほうが気が楽だからなのです。

両親も元気で忙しくしてるから生活のペースを乱すのも悪い気がしてね。

主人の方は3月に父を亡くしてからは母は施設で暮らしていて、今回はうちが母を迎えに行き兄たちに後を任せて来ました。

主人の実家は近くに住む長男夫婦が定期的に空気を入れ換えに行ってくれているようですが人が住んでいない家はどうしても荒れてしまいがちで、今回は兄弟が集まったのをいい機会に庭を片付けてきました。

そう広い庭ではないのですが庭木の枝が伸び放題でお隣さんからの苦情があったので、どんどん伸びる木や枯れてしまった木は思い切って切ってしまって、

主人の父が趣味で育てていた鉢植えも手入れされずに枯れてしまったものは鉢を空にして雨水がたまらないよう整理して片付けて粗大ごみもまとめて、

鬱蒼としていた庭は日が差し込むようになり明るくなりました。

今回は庭の片づけで手一杯でしたが家の中の整理はまだ全然出来ていない状態なので次夏に帰省したときにでもまた皆で片付けようという話になりました。

それにしても家の管理って大変ですね。

何が大変って体力がなくなってからの家の維持管理がこんなに負担になるものだとは思いませんでした。

二階の部屋への移動や庭の手入れなど若いうちは何ともなくても、年を取って体力が衰えると途端にできなくなってしまいます。

今は社宅暮らしでいずれは持ち家が欲しいと思う我が家ですが、年を取ってからの生活を頭に入れておかないと後々苦労するということがよく分かりました。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »