フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 1月に読んだ本 | トップページ | キルトラインはまたフェザー♪ »

2009年2月 1日 (日)

いろんな病気が流行ってます

早いもので今日から2月に入りました。

例年今の時期は年度末の転勤についての噂が飛び交い始める時期で毎年冷や冷やして過ごしていましたが、転勤したばかりの今年は実に気楽。

毎年体調を崩すまではなかったものの精神的にきつい時期でしたので今年はとても快適に過ごしています。

さてそんな今日この頃ですが、一昨日の金曜日の夜息子が急に嘔吐してしまいました。

それまでに小学校で ・インフルエンザ ・普通の風邪 ・嘔吐下痢症(急性胃腸炎) ・溶連菌 ・おたふくかぜ といろんな症状で子供たちが休んでいると聞いていました。

なので最初『ついに我が家もインフルエンザか?嘔吐下痢症か?』とよぎったものの、熱も上がらず症状は1回の嘔吐だけで下痢もなく、翌日小児科を受診したところ『胃腸炎でしょう。今後の症状に気をつけてひどくなるようなら再度受診を』と言われて帰って来ました。

その後消化のいいものを食べゆっくり休ませていたら順調に良くなって一安心しました。

引っ越してから初めて行った小児科の待合室で待っている間、次から次へと親子連れがやってきては症状を受付で説明していました。

3ヶ月くらいと思われる赤ちゃんや、待合室で座っているのもきつそうな小学生くらいの子(多分インフルエンザ?)、検査が嫌だったのか診察室から待合室に戻ってきた後もドアの方を指差しながら『帰る~』と泣き叫んでいる3歳くらいの子…などいろんな年の子供たちがいました。

大人の方も、お母さんに加え、出勤前に受付をして『後で妻が連れてきますので』と言っているスーツ姿のお父さんや、『娘が症状をここに書いてますので』と急きょ頼まれたらしいおばあちゃん、子供が複数発症していて家族総出で受診というお宅もありました。

今でこそ小児科に行く回数も格段に減りましたが、子供たちが小さい頃はうちもあんなだったなあ…と懐かしく思いながら心の中で『皆頑張れ!そのうち段々楽になるから!』とエールを送っていました。

« 1月に読んだ本 | トップページ | キルトラインはまたフェザー♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとですね
31日、1日と夫が出張だったので姉のところへ泊まりに行きました。
ちょうど姪親子も里帰りしてて同じ部屋でやすんだのですが、断乳中と風邪のWパンチで夜泣きします、姪が一晩中抱っこしたりトントンしたりたいへんでした
私の娘も隣近所で有名な夜泣きしてましたから、とっても辛さがわかります
過ぎてしまえば子育てのいい思い出ですが当事者はつらいですよね
がんばれッと心で思いながら寝たふりをしてました

>マーガレットさん
娘さんは近所でも有名なくらいの夜泣きだったのですか?
確かにそういうときは一緒になってなだめようとするより何もせずに知らん振りしてるほうがお母さんは気楽でしょうね。
いつも一緒にいるダンナは別ですけど
まわりがどうしたってダメなときってありますものね。

おはようございます。
そううなんですよ、ご近所中の有名人でした
課題すすんでますか?
わたしも思いがけず一週間お休みになったので、たまった家事を片付けて頑張ります

>マーガレットさん
課題は一度作ったのがあまりに趣味が悪いものになったので今別に作り直しています。
といってもまだトップの途中ですが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月に読んだ本 | トップページ | キルトラインはまたフェザー♪ »