フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 教室で泣いちゃいました(前編) | トップページ | 今こんなの作ってます »

2009年4月16日 (木)

教室で泣いちゃいました(後編)

『…ということで皆さんどんな風に思っているのか自分の考えを披露していただいた上でハワイアンキルトのバッグを順番に見せてもらいましょう』と先生がにっこりhappy01笑顔でおっしゃいました。

それを聞いた私…『うわ、この流れでそんなshock…バッグも出来てないしやる気もないし…今の状態だと話しながら泣いてしまいそう』と思いながら、他の方たちの話を聞いていました。

先生は一人一人の考えを聞いてその人のいいところや持ち味を説明していき、私もそれぞれの考えに納得したり感心したりしているうちに遂に私の番になってしまいました。

『えっと…私は今まさにさまよってる状態で、今回の課題もやらなきゃと思うんだけどどうしてもやる気もならなくて、

この先のことも先生になりたいのかなりたくないのかも良く分からくて、かといって趣味で終わらせるだけじゃ物足りないと思うし、

でもだからといってコンテストに挑戦したいとかも思わないし…』と

まとまらないままぐじゅぐじゅと自分の考え、というか悩みを言ってしまいました。

その上言ってるうちにだんだん涙が出てきて…やっぱり泣いてしまいましたweep

恥ずかしいですよね、教室で皆の前で泣いちゃうなんて。分かってるんだけど、どうしようもなくて。

そんな私を見て先生は驚いた顔をして(そりゃそうだ)『そうね、そういうときもある、課題はゆっくりでいいから。

ただ私はあなたには強烈ではないけどあなたなりの個性があると思うし、才能があると思う。

だからその個性を生かしてコンテストなんかに挑戦するのが向いていると思うわよ。

なのに今色々考えて止まってしまうのはとっても惜しいと思う。そんなに色々考えずに楽しめばいいのよ。

この教室はいいことにいろんな人がいるからいろんな刺激を受けていろいろ教えてもらったらいいわ』とおっしゃいました。

先生のことだからきっと頭ごなしに叱られることはないと思っていたものの、思いがけない褒め言葉をもらいびっくりしてしまって、途中から私の頭は思考停止状態になってしまいました。

そんななか順番に発表は進んで行き、話を聞きながら少しずつ私の頭の中も落ち着き始め、最終的に『ああ…ただ楽しんでやってればいいんだ』という気持ちになって行きました。

振り返ってみると、念願のミシンキルト教室に通い始めたものの周りを見てみると色使いや柄使い・デザインなど先生を筆頭に個性的な人が多くて、自分の布選びや色あわせなどひどくつまらないものに思えて不安になっていました。

でもずっとやりたいと思っていたミシンキルト、頑張って課題も作らなきゃ、せっかく教室に通っているんだから自分の苦手な色・柄でも挑戦してみなきゃsign01と思いながら、やっぱり苦手なものは苦手、嫌いなものは嫌い、と感じていました。

それでも、自分の好きなものばかり、慣れたものばかりやってたらダメよね、勉強なんだからsign01となんとか気持ちを奮い立たせようとしていたのですが、だんだんお店で布を見ていても楽しめなくなっていました。

何がいいかわからなくなっていて。

教室以外でも引越しをして生活環境が変わって何かと初めての事だらけで気を張って生活していました。

そんなこんなしているうちに課題制作がただただ辛いだけのものになってきて、全く楽しむ余裕なんて無くなっていました。

そして『パッチワークを習い始めた頃はよかったな。ワクワクして楽しくてやりたいことがたくさんあって。それなのに今はやりたいことをやってるはずなのに全然楽しくない』と思い、以前ブログにも書きましたが『私もうパッチワークが嫌いになっちゃったのかな』なんて思ってしまうこともありました。

でも今回教室での先生や生徒の皆さんとのやり取りを聞いているうちに『基本は“楽しむ”』なんだということに気付きました。

知らず知らずに無理をして楽しめなかったから私苦しかったんだな、って。

ということで先生の言葉に甘えて課題制作は横に置いておいて、自分が作りたいと思う色・布あわせで作りたいものを作ってしばらく遊んでみることにしました。

幸い今回宿題はなく、午後からの実技で習ったテクニックは一度やってみたいと思っていたミシンならではのものだったので、早速教室からかえってすぐにこのテクニックで遊んでいます。

制作も提出も必要ないので好きな色で好きなように作っています。

課題を横に置いて結局他のものを作ってるんですから結局私パッチワークが好きheart01みたいです。

来月は教室がお休みなので次回は6月、2ヶ月間無理せず気張らず遊んで楽しもうと思います。

« 教室で泣いちゃいました(前編) | トップページ | 今こんなの作ってます »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

コメント

よかったですsun
ホッとしましたhappy01
私もあのときこれでどうなるのさん抜け出せるかもflairって期待していました。
Nさんが「泣いてましたよね、すごい辛かったんでしょうね」って言われて心配されてましたが神様があなたに無理しなくっていいんだよ、そのままでいいんだよってあの場をつくってくださった気がしていて心の中で(全部だしちゃえ)って思っていましたm(_ _)m
私今ファスナーつけがおもしろくっていろいろ手提げ(バッグとは言えないので手提げです)を作って遊んでいます。風船ポーチもコーティング布で作ってみましたが少々採寸が雑だったのでまたほどいてまち付きのにしました。これはセサミストリートの柄なので姪の5歳の娘に送ろうと思っています。姉の孫1号の彼女は我が家でもエンジェルちゃんvirgo私がつくるものなんでも喜んでくれるんですhappy01
最近病気がちで仕事かパッチやめたらって夫やまわりから言われてそうかなーとか悩んでいたんですがあの日教室で自分の思いを話しながらあーそうだった、私はここに元気をもらいに来ていたんだったと思い出しました。
いろんな習い事するとき動悸は娘の結婚式に席札を書きたいから賞状書士の講座に、ウエディングアクセサリーつくりたいからビーズに、夫が写真好きなのでスクラップブッキングと思い出したら肩から力ぬけていました。6月までいっぱい楽しみたいと思っています。パッチ始めたのは元気な老後のため、仕事始めたのはダメ主婦31年を払拭したかったのでこれからも体調と相談しながらやってけばいいんだと。
仕事も上司から休み休みでいいですよって言われているので幸せです。
今日しっかり病院も行って来ましたhospital
母の通院も姉と交代でやれば姑の介護している姉にも余裕をもってもらえますしwatchなんかshineが見えてきた気がします。
だらだらと書いてごめんなさいね。
どうなるのさんの復活winkが嬉しくって。
本当に・・おかえりなさいheart02

こんにちは(*^。^*)
この前から悩んでいらっしゃって、どうしてるかなぁ~なんて思っていました。

私も、教室の先生の事で悩み、パッチが嫌いになる寸前までいったので、思い切ってその教室は辞めてよかったと思っています。
今は、時々パッチしたり、好きな布小物作りをしたりしています。

ただ、もうそろそろ新しい先生に就いて講師科に進まなくてはいけないかなって思ってます。

ただ、楽しむ事が1番だと思っているので
のんびりでいいやって割り切ってます。
誰に迷惑かけるでもないしね。

また、遊びに来ますね~^^

涙っていいですよね~。何もかにも流せて・・私はストレスたまったときは、泣く映画をわざと観ます!
私は・・・・
先生も言われたように、あまり深く考えなくても、ぱぱぱっと衝動で?楽しんでればいいと思います。イヤだ~縫わない。縫いたい~縫う!みたいな・・。変な言い方で気に障ると申し訳ないんだけど、たかだかパッチワーク、重要問題ではないと思います。家族みんな元気で平和なんですよね?もう、ガンガン、思いのままに好きなもの縫ってればいいのでは?あ、時々は苦手な課題もして^^・・そしたら、きっといつのまにか解決してて、悩んでたことって何だったんだ?ってなるような気も・・・。
あれ、違ってたらごめんなさいね。

とにかく・・またどうなるのさんの作品見たいんです!!
(o^-^o)

こんばんは
前・後編読ませていただきました
私もさまよっていますsweat01

講師の資格を取って 自宅に来てもらったり
手芸店で講師をしたりもしました
でも手芸店の講師は私には向かなかったようです
知らないうちにストレスがたまっていたようで
結局体調を崩したのをきっかけにやめてしまいました

これからどうしたいのか・・・今は全く見えない状態です
一時期は 教室に通ってもっとレベルアップしたいという気持ちもありましたが なかなか近くに先生がおられないこともあって いつの間にかそれも立ち消え・・・

どうなるのさんのを読ませていただいて 改めて
もうしばらくは「楽しく」縫っていこうと思いました
好きなことなので 楽しみながら続けていく事が 一番大切なんだなって そう思えました
どうなるのさん ありがとう(o^-^o)

どうなるのさんの良さはその素直さなんだろうな。
私もけっこう素顔の自分をさらけ出しているつもりだけど、一部分だけはどうしても鎧がとれないのよね。

私も講師養成と指導員講座、ミシン講座のとき毎回落ち込みましたよ。みんなすごいな~って。しかも、すごいのはセンスや技術だけじゃなくて、フルタイムで働きながら宿題を仕上げてくる人とか、トップまででOKの課題を完成させてくる人とかいて、自分が情けなくなってくるの。

実は今でも時々「ただの趣味にしておけばよかった」と思うことがあります。けっこう行き詰ったり、悩みながらやってます。キルトの世界は単なる趣味の人からアーティストまで広いですよね。「先生」と呼ばれる人のレベルも様々で、私なんかが教えてて良いのかなと自信がなくなることもあります。でもそのたびに「私は私。私が納得のいくものを作ろう」と思います。
どうなるのさんの先生の言葉、私の心にも響きました。良い先生に出会えてよかったですね。
私は生徒さんに励まされてます。作品が完成して喜んでいる顔を見ていると、「この人たちのためにもっと勉強しなくちゃな」と思います。
お互い自分の出会いたいキルトに出会うために頑張りましょう。

>マーガレットさん
このままブログを辞めてしまうかと思わせてしまったのかしら?心配させてしまったようですみません。
それは全く考えてなかったのですが、記事を書くのって自分の考えを整理したり、出来事を振り返ったりと結構時間と労力を使うのでゆっくり時間のあるときにしようと思っていて今日になりました。
こないだの教室のあの時間はほんとにshine運命shineを感じました。
自分の気持ちを吐いて、その上人それぞれのいろんな考え方が聞ける時間なんてそうそう持てませんから。
先生にはびっくりさせてしまいましたが、ほんとに感謝annoyです。
マーガレットさんもいろいろ振り返って気付きがあったんですね。良かったheart01
結局原点の“楽しむ”に戻ってお互いいい時間が過ごせるといいですね。
次回の教室で皆がどんな時間を過ごしたのか披露されるのが今から楽しみです。

>K-Pach♪さん
情けない部分をさらしてお恥ずかしいです。
でも書きながら考えを整理してる部分もありまして。
私の場合、先生にも教室の内容にも問題はないのに課題制作をしなければならない、そして出来ないことでどんどん苦しくなっていてそれが非常に辛かったです。
K-Pach♪さんもいろいろ悩まれていましたものね。
先のことはあれこれ考えても結局分からないし、思いがけないことで良くなったり悪くなったり。
今を大事にしていればそれがいい方向につながっていくと信じたいものです。
きっとK-Pach♪さんにもいい出会いが待っていると思いますよshine
今委託販売をされたりオークションに出品されたり、すごいなあ、と思って見ています。
何だかんだで結局私はやっていないことをさくさくっと実現していて。
でもきっと自分に出来ることって大したことない、と感じる人が多いのではないかと思うので、K-Pach♪さんにしてみたら『そんな大げさなhappy01』って思われるのかしら?
それとも『そうでしょ、私凄いでしょhappy02』派かしら?smile

>まるトさん
私もまるトさんみたいに泣くために映画を見たりしたら随分気が楽になるかも、なんて思いました。
今度試してみようかしら?
“たかだかパッチワーク”←全然気に障ってないので気にしないでください。
それこそ少し前に誰かのブログで読んだ言葉だったと思うのですが、『パッチワークなんて体壊したり倒れるまでやるもんじゃないわよ』という言葉に妙に納得してしまいました。
たかがパッチワーク、なんですよね。
結構時間を掛けて頭をひねってやってるもんだから大層な事をやってる気分になっちゃってたけど、んな事ないんだって、と思ったら何だか気楽に楽しめそうです。
この頃作ってるものの経過や写真を全く載せていないので今作ってるものを近々披露しようと思います。
ご期待くださいwink(いや、大したものじゃないですよ。)

>ひろちゃん
自分の恥をさらすことで同じように感じている人が何かヒントを得られるのならいいのだけど、と思いつつ書いていたので、むしろ私がひろちゃんにありがとうを言いたいです。
きっとひろちゃんは今の私なんかよりずっと辛い思いをされたと思います。
だって好きなことを仕事に出来るという理想的に思われがちなことが、実際には体調を崩すくらい辛いことだったという事実に向き合わなければならなかった訳ですから。
つくづく難儀ですね。
将来を考えて具体的な将来像が描けないと今自分がやっていることがひどく無意味なことのように思えて、他の人がキラキラして見えてしまいます。
でも今の時点で好きなことが見つかってるって実は凄いことなんじゃないかな、ということを忘れていましたが思い出しました。
出来ないことばかりつい考えてしまいがちですが出来るもの、手の中にすでにあるものを見失わないで大事にすることを忘れたらいけないな、と思いました。
お互い楽しんでいきましょうねwink
また遊びに来てください。

>ステファニーさん
いえいえ、書きながら『子供の小学校の親とか同じ社宅の人とか実は近いとこにいる人が“へぇ~○○さん(私の名前)ってこんなこと書いてる”って呆れながら読んでたら恐怖だわshockなんで私こんなこと書いてるんやろ?』と思いながら、それでも恥をさらしております。
いや~お恥ずかしいっsweat01
教室では行くたびに心に響く言葉をもらって帰っています。
それは先生の言葉だったり生徒さん方の言葉だったり。
ほんとに出会えてよかったって思います。
ステファニーさんが出会ったスペシャルな方々、凄いですね~wobbly
私なんかその場で逃げ帰りたくなってしまうかも。
どうやって時間と気力を作り出しているのでしょう?
でもそんな中一緒に頑張ってるステファニーさん、素敵ですshine
昔は先生と呼ばれる人たちはスペシャルで完全な人という思い込みがありましたが、実は普通の人だから先生になれるのでは、と今は思います。
私も趣味で楽しむだけで満足できていたら、と思うときがあります。
でも実際のところそれじゃ満足できてないし、先生の先生みたいな凄いひとにはなれなくても、パッチワークに憧れてでも出来ないよ~って思っている人の手助けが出来たらいいな、なんて思ったりします。
ステファニーさんのように、生徒さんが喜んでくれる顔を見られるなんてなんて素敵ですよね。憧れます。
そのくせ“でもやっぱり大変かな?それより自分の好きなものを好きなだけ作りたい”って思ったり。
まだまだ私さまよい続けるようです。
いずれにしろパッチワークを嫌いにならないよう、程よく力を抜いて長ーく付き合っていけたら幸せかな?と思います。
たかがパッチワーク、されどパッチワーク、ですものねwink

どうなるのさんの気持ち 痛いほどわかります。
涙がでてしまいました。
スランプとはちょっと違うような気もしますが 私もどうなるのさんと同じ気持ちになっています。
針をもつのが楽しくて 何か作るのが楽しくてはじめたパッチワークだけれども 教室に通っていると自分のペースで楽しく進めるのは なかなかむずかしいもの。かといってやめてしまうと一人でも続けて行けるのか不安になって 結局私も悩みながら教室に通い続けています。
キルトは時間がかかるから 忙しい中、時間をつくるのもかなりストレスですよね。
私は 教室通いに自分なりの期限を決めました。
高等課の課題が終わって 次回の展示会が終わったら(2年後)そこからは一人でオリジナルを作っていこうと思っています。
期限をきめたら 少し気持ちが晴れました。
楽しいことを楽しめないのは とてもつらいものです。
そこから脱出するのは 自分しかできないのだから いろいろ悩んで 楽しいパッチワーク生活を送れるようがんばりましょう。

>きなこさん
お久しぶりです。
実は先日きなこさんのブログを読んだ際に、きなこさんが辛い思いをされていることを知り、何か書き込みたかったのですがなんと書いていいものか言葉が見つからずそのままにしていました。
ブログを拝見する限りでは今は写真をとても楽しんでらっしゃるよう。
写真がどんどん素敵になっていっています。
あ、自分のことを書かなければ、ですねcoldsweats01

幸い『課題はゆっくりでいい。ここで止まってしまうのは惜しい』という先生の言葉に甘えて、自分が作りたいと思うものを作っていたらどんどん楽しい気持ちを思い出して来ました。
課題をこなすことは面倒だけどやっぱりそれから得るものはあると思うので時間がかかっても作ろうと思っています。
今回は煮詰まっちゃったけど、教室も先生も楽しいしheart02
一生懸命やっていると自分のやってることが大変なことのような気になるけれど、たかがパッチワーク、これがあろうがなかろうが大した問題じゃない、くらいのスタンスで楽しめたらいいな、と思います。
先のことは分かんないし、何はともあれ今大した問題もないし、よく考えたら心配事なんかないじゃん!って。

展示会のきなこさんの作品、楽しみですshineshineshine
お互い程よく頑張りましょうね~!(^^)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教室で泣いちゃいました(前編) | トップページ | 今こんなの作ってます »