フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« パッチワークは女の執念の象徴? | トップページ | 課題をぼちぼち »

2009年6月26日 (金)

野原チャックさんのキルト展に行ってきました

先週のことになりますが山口県で開催された野原チャックさんのキルト展に行って来ました。

最初は『ん?山口。なーんだ福岡じゃないのか』と思ったのですが新幹線を使えば山口まではあっという間だということを思い出し、日帰りでも十分行けそう…

いや、その日はダンナも泊り勤務じゃないから夜は家にいるし、せっかくだから1泊して山口の友人とその夜は飲んじゃうbeerhappy01bar

な~んて冗談半分で友人に連絡を取ったりしていたら『おっけーnote飲もう飲もうbeer、んで私もそのキルト展行きたいnote』との返事。

友人は洋裁のプロでパッチワークはしていないのですが布の組み合わせとか興味があるとの事。

計画を話すとオットは呆れつつも『わかった行って来いcoldsweats01』と言って平日にもかかわらず一泊旅行に送り出してくれましたbullettrainhappy02dash

行った日は友人宅でシフォンケーキの作り方を友人に教えて、一度ホテルにチェックインしてから夜飲みへbar 女2人いろんな愚痴や悩みや内緒話などで盛り上がり、翌日友人の車でいざキルト展へsign01

場所が市街地から離れていたにも関わらず開場前にはお客さんが結構来ていました。

開場とともにホールに入ってみると…そこにはチャックさんやチャックさんの弟子さんの大きな作品が。

色々な作品があったのですがなかでも小学校に入る娘さんへ送ったキルトはお母さんの思いが溢れてて娘さんが刺したという刺しゅうもあってあたたかくて素敵でした。

同時に会場の3分の2くらいのスペースにチャックさんのアンティークキルトコレクションが飾られていてこれがもう素晴らしかったsign01

100年以上前の作品を目の前でじっくりと見られる機会なんてそうそうありません。

色褪せていたり擦り切れていたりするけれど、本物のフィードサックの布で作られた作品やシルクのネクタイをほどいて使った作品やおばあちゃんから孫に贈られた作品や…

どれもこれも背景が見えるようで作った人の思いが感じられるものばかりでした。

デザインとしては今いちだったり縫い目が粗かったり決して上手とは言えないものもありましたが、もともとキルトは使うために作られたもの、上手な人や縫い物が得意な人が趣味でするものではなかったのですもの、当然です。

つくづくこういう使うためのキルトっていいなあ~と思います。

そして開場から1時間後会場に用意されたイスは全部埋まり追加のイスも並べられ、いよいよ野原チャックさんのトークショーが始まりました。

以前ヤフードームで開催されたキルトウィークの会場で野原チャックさんの姿は見ていたのですがそのときは『ふうん、こういう人なんだ。パワフルそう』と思っていましたが、会場に現れたチャックさんはそのとき以上にパワフルup

進行役の女性との掛け合いも面白く時間がどんどん過ぎていきます。

キルトに対する思い、アンティークキルトに秘められた魅力、色使いのヒントなど…ためになる話がいっぱい。

友人も違う世界のことながら洋裁との共通点があったようで、トークショーにも作品にも刺激を受けたと言っていました。

やっぱり第一線で活躍している人というのは違いますね。

野原さん自身いろいろ辛い時期もあったようですが、それがまたたくさんの人をひきつける魅力になっているように感じました。

同時にチャックさんも言われてましたが、このキルト展を開催するために尽力されたお弟子さんたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

この旅行の間に友人とも突っ込んだ話が出来たこともよかったし、なにより気持ちよく送り出してくれた家族に感謝shine

子供が小さいときにはこんな風に動き回る時間が取れるのはずっと先のような気がしていましたが、家族の協力のお陰でこんなに早く自分の時間を楽しめるようになりました。

この調子で行けば指導員講座を受講するために大阪に一泊で半年通うこともなんとかなりそう?なんてねbleah

もともとオットは『行けばいいじゃん』と言ってくれているので一個目のハードルはクリアしているのであとは私がちゃんと日頃からやるべきことをしっかりやるのみ。

夢が1つ実現に近づいたような気がする旅行で、とてもいい時間を過ごせました。

« パッチワークは女の執念の象徴? | トップページ | 課題をぼちぼち »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

沢山お褒めいただいて有りがとうございました。アンティーク・キルトのプライベート・コレクションは今や700枚を超え世界一に成りました。また何処かで沢山飾れるときが来ましたら、見にいらしてくださいね。ちなみに宇部には飛行機で1時間、あっという間でした。とても楽しかったです。
今は、2月10日から始まる大阪のこちらの事で睡眠不足になっております。
http://www.pencil-points.co.jp/whatsnew.html

>野原チャックさん
び、びっくりしましたeyesign01
ほんとにほんとに野原チャックさんですか?
だとしたら、うわわわわ、ネットってすごいですね。
コメントありがとうございますheart02

あれだけたくさんのアンティークキルトを目の前でじ~っくり見られたのはとてもいい経験になりました。
大阪で開催されるキルト展の内容もとても気になります。
が、行くには都合が…。
その週末はすでに子供関係の予定が入っていて無理crying
平日は仕事があるし…。
そう考えると宇部のキルト展に行っておいてホントによかったと思います。
いろいろ準備が大変だと思いますが、どうぞお体に気をつけてください。
そして大阪のキルターをチャックパワーの渦typhoonに引き込んでくださいsmile
今まで以上の今後のご活躍を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パッチワークは女の執念の象徴? | トップページ | 課題をぼちぼち »