フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ダブルウェディングリング 裏布決定 | トップページ | ミシンでカテドラルウィンドウ④ »

2009年6月 4日 (木)

ミシンでカテドラルウィンドウ③

ミシンで縫うカテドラルウィンドウ、台布ができあがり次は飾り布の作業に入ります。

Photo⑫ まず両面接着シートに飾り布の大きさで必要な枚数の格子を引きます。

  今回は5cm角で41枚。

  それを飾り布の裏面にドライアイロン中温で貼り付けます。

  このとき布の表裏を間違えるとやり直し不能。

Photo_2   ショックを受けること間違いなしなのでご注意を。

⑬ 次に裏に両面接着シートが貼り付いた布をカットしていきます。

  両面接着シートの紙をはがす前に、紙に書かれた格子線に沿ってカットします。

  この過程はロータリーカッターを使えばスイスイです。

Photo_3⑭ ⑫で5cm角と書いてありますが、大きめにカットしました。

  台布に乗せてみて台布の四角よりも少し小さくなるようにカットして調整します。

  そのとき気持ちカーブしてカットしましたが、この辺はお好みで。

  両面接着シートの紙をはがしてマチ針で台布に固定してアイロン接着します。

  これで飾り布が台布にひっついた状態になるので次の作業がやり易くなります。

Photo_4⑮ 土台布を折り曲げてジグザグミシンで縫いとめます。

  今回ジグザグの振り幅は2mm、針の送りは1mmにしました。

  もちろんジグザグではなく際を直線のステッチで縫ってもいいし、飾りステッチでもO.K.

  糸の色も今回は初めてということで目立たないよう青にしましたが、

  逆に思い切り目立つ色にしてもいいと思います。

  土台布を細~く折り曲げて目打ちで押さえてゆっくりゆっくり縫ったのですが、

  この作業は非常に細かくて難しいと思います。

  事実右下の角のところは飾り布の端っこをうまく隠し切れませんでした。

  ということでこの部分だけは手縫いで、というのもいい選択だと思います。

…ということで飾り布はいっぺんに4枚貼り付けて中心からジグザグミシンをかけ始めて一つ済んだらその隣、という具合に縫い進めています。

ところがこれが細かい作業なものだから集中力が必要で、4枚縫い終わったときにはなんだかぐったりdown

ますますゆっくりペースで進めています。

でも全部縫い付けたら完成shineだからがんばろうっと p(^ ^)q

snail snail snail snail snail snail 

今回のカテドラルウィンドウを作るにあたり『ミシンでカテドラルウィンドウ』というカテゴリーを作りました。

以前遊びで作ったカテドラルの記事も出てきますのでよかったらご覧ください。

また『縫い方紹介』というカテゴリーにも設定していますが、こちらはカテドラルウィンドウの他に風車の縫い方やダブルアイリッシュチェーンの過程も見られます。

気になる方はこちらもあわせてどうぞheart01

« ダブルウェディングリング 裏布決定 | トップページ | ミシンでカテドラルウィンドウ④ »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンでカテドラルウィンドウ」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

縫い方紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダブルウェディングリング 裏布決定 | トップページ | ミシンでカテドラルウィンドウ④ »