フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の11件の記事

2009年8月31日 (月)

8月に読んだ本

最初の2冊は7月に読んだ分ですが…

『あらしのよるに-恋愛論-』 きむらゆういち著 講談社

絵本『あらしのよるに』の著者が狼ガブを人間の男性に、羊メイを人間の女性に見立てて論じた恋愛論。

最後の方で記憶をなくしてメイのことを食べようとするガブにメイが記憶を取り戻してほしくて必死になるシーンなど確かに別れを決めた男性に『あの頃の気持ちを思い出して』と訴える女性のよう。

なるほど2人の関係が人間の恋愛関係に見えてきてなかなか興味深かったです。(7月31日)

『20代のいま、やっておくべきお金のこと』 中村芳子著 ダイヤモンド社

書店で興味を引かれた本を図書館で借りてきて読みました。

もうすぐ40歳、20代なんてはるか昔、結婚して子供2人が生まれた頃のこと。

そのときこういうしっかりした考えがあったらいま手元にどれだけのお金が貯まっていたか、あるいは家が建っていたか(いや、転勤のことを考えるとやっぱり決断できなかっただろうな)、なんてちょっとブルーになりました。

それはともかく、要はこれを読んで自分の頭で自分ちの状況をよく考えてこれからどう実践していくかが大事なんだと思いました。

ついつい守りに入りがちだけど攻めて行くためにもお金は有効、しっかりやらなきゃ。(7月31日)

『炎情 熟年離婚と性』 工藤美代子著 中央公論新社

気になるテーマのときだけ買って読んでいる雑誌『婦人公論』、それに連載されていたものが本になったもの。

熟年離婚した夫婦間には実は性に関する問題があったのでは?という観点から多くのインタビューを元に書かれています。

結婚して性的に満足得られないまま熟年に至っている女性って結構いるものなのかしら?

私よりは20歳くらい上の年代の話が中心だったけど20年前の社会事情、結婚事情って自分のときとは全く違うからありえるんだろう。

性的に満足得ることが何よりも大事なこととは思わないけれど、結果夫婦の仲が冷めてしまうのならそれってやっぱり不幸な気がする。

いろんなカップルの話が出てきますが、中でも興味深かったのは夫・妻の両方にインタビューした話、お互いの考えがこうも違うのかと驚きました。

私が考えている自分像と、夫が考えている妻像(私のこと)ってきっと全然違うんだろうな…すっごく冷たい目で見られてたりして…恐い恐い。

著者がこの前に書いた更年期世代の性の実態についての本も読みたくなりました。(8月3日)

『こんなはずじゃなかった 自分探しの奮闘記』 松原惇子著 リヨン社

先月読んだ『背中をポンと押してくれる言葉』の著者が自分の生きてきた道を振り返って書いたもの。

『背中を…』の中で“39歳まで私は迷っていた”ということが書かれていて、松原さんは一体どういうことに迷いどうやって落ち着いたのかを知りたくて図書館で借りてきて読みました。

子供のときから30代、そして40代への葛藤の日々が書かれていて、結論として“今の自分を生きること、自分らしく生きること”と書かれていました。

確かにその通り。いたって単純。当たり前のこと。でもそれが難しい。

こんなに単純なことなのにああだこうだ悩んで泣いたりして、時間をかけてエネルギーを費やしてみないと気付かない。

でもそうやってもがいた自分の中から導き出した結論は揺るがない。

周りを見てゆらゆら揺れたり憧れたり真似したりしても結局自分の考えや価値観や好みと違っていたらそれは結局自分らしい生き方ではないということ。

さあ、私は何がしたい?私らしさって何?と心の整理をしてみなきゃ(うすうす分かってはいるけどね)。(8月7日)

『女40代 いま始める 人生のターニングポイントの過ごし方』 下重暁子著 大和出版

あまり年齢にこだわった本を読んで縛られたくないと思いつつ、その年代を通り過ぎて来た人が振り返って書いてあることはきっとためになるだろう、とつい手に取ってしまいます。

この本は書店で買おうかどうしようか迷っていたのですが図書館で見つけて迷わず借りてきて読みました。

この頃図書館の恩恵にあずかっている私です。

これは前に『女が40代にしておくこと』として刊行されたものを新装改訂にあたり大幅に加筆をし題名を改めたもの。

“40代はがむしゃらに生きよう” “40代は可能性に満ちている―やりたいことは今やろう” “40代だからできる「しんどいこと」のすすめ” など読んでいて『やらねば!』という気持ちになることが書かれていました。

私の場合、パッチワークに関してはこの先死ぬまでずーっとやりたいことと結論が出ているのですが、趣味としてやるのか仕事としてやるのか、仕事としてやるならどの程度の結果を求めているのか、その辺がぼやっとしていて…

いや、実は結論は出ているのだけどそこから先のことを考えたときの腹のくくり方が出来ていないというか…。

つくづく私が橋を叩く前に渡っちゃうタイプだったらいいのに、と思ったりします。

ああだこうだ考えるより行動してみないと結局分からないのだから。

それこそこの本の副題『いま始める』じゃないの。(8月7日)

『愛するということ』 小池真理子著 幻冬舎

主人公が24歳のときに男性と出会い、恋に落ち、男性が別の女性に惹かれ、別れを経て、事実を受け入れるまでを綴った小説。

男性側に主導権のある恋愛関係なので別れを告げられてからの主人公はもうぼろぼろ。

でもこうやって辛い経験をして受け入れることができた女性ってきっといい女になっていくんだろうな。

受け入れられずに卑屈になっていく場合もあるんだろうけどcatface(8月12日)

『月狂ひ』 小池真理子著 新潮社

夫のいる46歳の女性が主人公。

妻子のいる男性と知り合い、惹かれあい、結ばれ、そのことが回りに影響を及ぼし始めたとき二人はどういう決断をするのか。

↑の『愛するということ』とは違って大人同士の恋愛の話。

結末は読んでのお楽しみということで書きませんが、出会って相手を意識し始めているシーンが私は好きだなあ。

会話の内容や情景をなぞるように思い出して思わず口元がほころんでいて、いつの間にか時間が過ぎていて、確かに恋の始まりってふわふわしていてそんな感じよね~heart04と懐かしい思いに浸っていました。

この本は図書館で借りてきましたが、後に『浪漫的恋愛』という題になって文庫化もされています。

私はこのタイトルの方が好きだけど。(8月15日)

『妻の女友達』 小池真理子著 集英社文庫

6つのサスペンスの短編が収められています。

特に表題作は『恐~い』って感じ。

女性の恐さが描かれています。

でも小池真理子さんはサスペンスよりも恋愛小説のほうが私は好きだな。(8月17日)

『どれくらいの愛情』 白石一文著 文藝春秋

3つの中編と1つの長編作品が収められています。

表題作を含めた3作品が舞台が福岡で天神界隈の地名がたくさん出てきます。

特に表題作は登場人物が博多弁で会話していてまるで知ってる人が出てきそうな感じ。

私は最初におさめられている「20年後の私へ」が好き。

登場人物の年齢が自分に近いせいか、立場は全然違うけど自分が同じ立場だったらこれから先の自分の人生を考えたときに同じように感じて同じように迷うのでは、と思いました。

短大のときに書いた20年前の自分の文章を読むシーンでは思わず涙が…。

題名や細かなストーリーは忘れても20年前の自分からの手紙を読むシーンだけはいつまでも心に残りそうです。

ただ出てくる人がほとんど“美人”とか“きれいな顔立ち”という表現で現されていてなんか深みがないように感じられたのが残念。

著者が美形好きなのかな?

あとがきで著者がこの前作『もしも、私があなただったら』をあわせて読んで欲しいと書いてあるので次はこの作品を借りてきて読もうと思っています。(8月24日)

2009年8月25日 (火)

おまけのキルティング完了

先日取り掛かったタンブラーのおまけのバッグ、さくさくっとキルティングまで終わっているのですが…そこから何となく止まってしまっています。

Photoトップが出来上がってそのままにしておくと止まるのが目に見えていたので、さっさと裏布(捨て布の白のシーチング)に片面接着キルト綿を貼って、

その上にトップをスプレーボンドに貼り付けてしつけを終え、そのままの勢いで銀ラメ糸と赤ラメ糸でウォーキングフットでキルティング…とそこまでは順調だったんだけど。

この後の作業は

 ①バッグの型紙を作って外袋と中袋に印をつけてカットしてそれぞれ縫う。

 ②外袋と中袋を合体して口部分のタックを寄せて縫い代部分にしつけミシン。

 ③口部分をパイピング。その後持ち手部分と脇部分を続けてパイピング。

…とこれだけ。1日あれば十分出来そうなんですけどね~。

午前中に出来るとこまで進めて午後は友人2人と一緒に手芸店に買い物に行ってきます。

子供が夏休みの間出かけるといえば日々の買い物と家族での外出・帰省とサッカーの試合ばかり。

友人とゆっくり会うのはミシンキルト教室以来で久しぶり。

子供たちは泊まり明けのダンナに任せて(と言っても勝手に遊んでますが)久々にお茶&おしゃべりを楽しんできます。

2009年8月24日 (月)

友人と久しぶりの電話

私はもともと友人とのまめに連絡を取らないたちなので、学生時代や独身時代の友人とはもっぱら年賀状のやりとりばかり。

年に一度のはがきを見ては『おお、子供も大きくなったなあ。彼女自身はどうしているのかな?』と思ったりしています。

そんな中今日友人の1人から残暑見舞いのはがきが。

いつもは『元気そうでなにより』で終わるのですがふと思いついて電話をかけてみました。

久々に受話器から聞こえてきた友人の声は変わらず元気そうでお互いの近況報告をしました。

短大時代に仲のよかったメンバーの近況も聞いたのですが、彼女も私同様電話でやり取りしているのはそのうちの1人か2人で後は年賀状だけの付き合いだそう。

ただ卒業してそろそろ20年になるしたまには集まりたいよね、という話になり、県外に住んでいるのは私だけなので『じゃあ私が帰省するときに連絡するから「○○(私)が帰ってくるから」ってことで今度集まろうよ!』という話になりました。

友人も県内各地に散らばっているし、子育てで忙しいし、働いてる友人もいるし、ってことで果たして実現するか、実現しても何人集まれるかは分かりません。

それでも次回の帰省での楽しみがひとつ出来ましたconfident

2009年8月19日 (水)

タンブラーのおまけ

気がつくとお盆も過ぎて朝方の風に秋の気配を感じるようになりました。

そんななか何を思ったか課題のパターン制作をそっちのけでまた遊び始めてしまいました。

こんな風に必要ない事を始める時ってなんでこんなに楽しいのでしょうheart02

先日のミシンキルト教室の課題のタンブラーのバッグ、布をカットするときに余ると分かっていたけれどタンブラーを多めにカットしていました。

カットしておけばそのうち何かに使うかな、と思って。

それを出してきて並べ始め大きさを計算したらちょうどバッグが出来そうな大きさだったので(またバッグ?coldsweats01)さっそく取り掛かりました。

Photo課題のバッグとはちょっと違う並べ方にしました。

これも前回同様チェーンピーシングでどんどん縫っていきます。

☆チェーンピーシングとは☆

ミシンで布同士を縫い合わせた後、糸を切らずに続けて次の布同士を縫い合わせていく方法。鎖のようにつながっていくのでこう呼びます。

裏をアップで撮ってみましたが、横につながった布の間に糸(グレー)が渡っているのが分かりますか?

Photo_2このまま糸を切らずに縫い合わせるとつなぐときに間違うことがありません。

でも、私はこのままだとアイロンをかけにくいので2段ずつにカットしてしまいます。

縫い代を1段目は右に、2段目は左にという具合に互い違いになるようにアイロンで片倒しにしてから、縫い線同士がぴったり合うように気をつけながらミシンで縫い合わせています。

2009年8月11日 (火)

ミシンキルト本科 ミックスTまた失敗

無事バッグが完成したのでパターンの制作に取り掛かりました。

前回失敗したミックスT。

縫いながら『う~ん、ズレてる』と思っていたらやっぱり。

出来上がり 縫い代込みで10.5cm角 になっていれば正確に縫えているということなんですが…

Photo_3小さいですdownsad

定規を重ねてみたら10.3cm角。

たった2mmのことですがこれを2枚つなぎ合わせたら2倍の4mm小さくなるということ。

それはだめだめbearing、やり直しです。

でも縫えば縫うだけ手が慣れて要領を得るからこれもまたいい経験、ってことでbleah

ミシンキルト課題 持ち手がついてバッグ完成♪

昨日買いそびれたバッグの持ち手、今日は午前中早速お店に買いに行きました。

赤で丁度いい大きさのがあったので即決sign01

他に布なども見たのですが今は布を買うよりさっさとバッグを完成させたい気分happy02…ということで手芸店を後にしました。

Photoで、持ち手がついてバッグが完成しましたshine

持ち手の長さは48cm、バッグの大きさは 高さ約35cm×横約42cm×マチ約14cm です。

マチが広いので相当物が入りそうです。

持ち手は裏に当てる皮がついているタイプ。

Photo_2縫うときに表の穴と裏の穴を合わせるのが結構難しいけれど、縫い目を隠すために後から当て布をしなくていいのがいいところ。

ちなみに友人はこのタイプはあまり好きじゃなくて裏に当てる皮は使わず後から当て布で仕上げる方が好きだそう。

好みで使い分けられるといいと思います。

2009年8月10日 (月)

ミシンキルト課題 バッグ本体完成♪

タンブラーのバッグ、昨日キルティングまで終わっていたので今日は朝一で中袋の裁断をして午前中の家事を終えたら早速仕立てに入りました。

そして昼過ぎ、本体が完成しましたnote

Photoまた過程を撮影するのを忘れてしまった…。

これはまずバッグ本体と中袋を中表に重ねてバッグの口部分を縫い合わせ、その後本体同士、中袋同士の脇を縫い合わせていく仕立て方です。

中袋の脇を縫うときに一ヶ所返し口をあけておいて、後でそこから表に返します。

マチは本体・中袋それぞれでつまんで縫って作ります。

バッグの口部分は縫い代を落ち着かせるためにミシンでダブルステッチを入れました。

中袋は以前一目惚れして買ったバレエ柄の布shine やっと活用できましたheart01

Photo_2今回は片面接着キルト綿を使いました。

硬めの仕上がりになるのでベビーキルトやベッドカバーには向きませんが、バッグなどのようにカチッと仕上げたいときには最適。

タンブラー1つの高さが約7cmなのでバッグの高さは約35cm、撮影するときに中に何も入れていないのにこれだけしっかり立っています。

本当はすぐに持ち手を買いに行ってつけるつもりだったのですが、ちょっと横になったら…また爆睡してしまいましたthinksleepy

だってミシンの作業って結構疲れるんだもん。

持ち手は明日買いに行くことにします。

ちょうどいい大きさの赤の持ち手が見つかるといいなconfident

2009年8月 9日 (日)

ミシンキルト課題 タンブラーのバッグ作り

前回の記事で書いた

 ③ストリップ(帯状にカットした布)を使ったトップ作り

  タンブラーを108枚つなげたバッグの制作

をしています。

まず布を帯状に必要な枚数カットします。

Photoカットする幅は タンブラーの高さ7cm+縫い代1.5cm=8.5センチ。

それを今度はタンブラーの型紙に合わせて斜めにカットします。

Photo_2型紙は斜めの線が定規の端に沿うようにテープで貼ってあって、型紙の上下の線をストリップの上下にあわせると自然と定規が斜めになって型紙どおりにカットできるわけです。

次に定規を裏返して、上下の線と先ほどカットした布端の斜めの線を型紙に合わせて定規に沿ってカットすると上下逆になったタンブラーがカットできるということ。

このやり方だとストリップを2、3枚重ねてカットできるので108枚があっという間で実に機能的。

この過程を撮影していればよかったのですが勢いに乗って一気にガーッとカットしてしまい画像がありませんcoldsweats01

Photo_3Photo_4そして並べ方を2種類どっちにするか迷ったのですが結局右の並べ方でバッグを製作することにしました。

この後調子よくピーシングが進みあっという間に108枚合体、キルティングもウォーキングフットでの落としキルトだけでよかったのであっという間にキルティングまで終了してしまいました。

108枚のカットから縫い合わせてキルティングまでなんと1日でできてしまいました。

早けりゃいいってもんでもないですが集中力が途切れないうちにどんどん進められるというミシンの威力、やっぱり凄いです。

2009年8月 7日 (金)

課題ができないままミシンキルト教室

今週の水曜日、夏休み中で家にいる子供たちに留守番をさせミシンキルト教室に行って来ました。

以前は子供たちに留守番をさせて自分の用事で出かけることに後ろめたさを感じた時期もあったのですが、やらせてみれば子供たちもしっかり留守番してるので今では任せて出て行っています。

その間子供たちは自分たちでやりたいことやってるし、 ☆鍵をしっかりかけること ☆出かけるときはどこに行くのか、何時ごろまでに帰ってくるのかをメモに残しておくこと をちゃんと守っています。

社宅のほかのお宅のお母さん方にもたくさん助けていただいて、感謝感謝shineです。

さてそのミシンキルト教室、結局前回の課題のうちパターン制作は2枚とも出来ないまま、次回の宿題もどんsign01と出ました。

次回の宿題は

 ① パターンの製図 が5枚、うち3枚はパターン制作も

 ② ストリップを使ったトップ作り

    ワンパッチ(1つの型紙)をつないでウォーキングフットでキルティングして

    A4判サイズに仕上げる

 ③ ②のやり方で108枚つないでバッグに仕立てる

 ④ チェーンピーシング

ひとつひとつ細かく説明すると大変なので省略しますがその量だけで『うへっwobbly』と思っていたら…

午後からの実技で②と④をやって、順調に残り少しというところまで出来ました。

そして子供たちの土産にミスタードーナッツを買って帰りそのまま家で続きをやったので②と④は終了note

さらに翌日は朝早く子供がキャンプに出発するため夜のうちに洗濯をし脱水が終わるまでの間に①の製図を終わらせてしまいました\(^o^)/

なんて順調なんでしょうheart01

このままの調子で前回の宿題も含めてどんどん終わらせる予定です。

2009年8月 6日 (木)

写真館の威力ってすごい!

前回再就職のための面接行った際、持参した履歴書には近所の本屋の敷地内にあるスピード写真で撮った証明写真を貼っていました。

あらかじめ読んだ再就職のための本には『自分を売り込むための書類に貼る写真です。お金を出し渋らず写真館で撮った写真を貼りましょう』と書かれていたのですが、面倒なのと安価で済むということでついスピード写真を選んでしまいました。

ところが所詮スピード写真、プリントされて出てきた私の顔写真は顔色が悪く『ちゃんと目を開いて』と意識しすぎた結果目力強すぎの恐いものでした。

だから、というわけではないのですが結果はあっさり不採用down

今回新たに就職活動をするにあたり『今度はちゃんと写真館で撮ってもらおう』とパソコン教室に通う途中にあるちょっとおしゃれな雰囲気の写真館に行ってみました。

まず値段を聞いてみると『2枚で2100円です』とのこと。

スピード写真が確か4枚で700円なので単純に計算すると1枚あたり6倍のお値段。

正直『高っeyesweat02』と思いましたが『最初から高いのは承知のうえよbearing』とお願いすると通されたのは本格的な撮影スタジオ。

『単なる証明写真なんだけど~』と不安になりながら待っているとその間に女性スタッフがやってきて『ちょっと髪の毛を直しましょうかhappy01』と髪型をすっきりとまとめてくれました。

その間にカメラマンさんはフラッシュをたいて機械で光量を測定して調節したり背景になる壁に照明を当てたり細かく準備をしています。

『やっぱスピード写真とは大違いや』と思っているとスタンバイOK、イスに腰掛けると上には薄紙越しの柔らかな光の大きな照明あり、下にはレフ板の役目の白い板が置かれています。

そして『何枚か撮りますね~』と言われいよいよ撮影開始、緊張して硬い表情の私を何気ない会話で和ませながら撮影が進みます。

『じゃちょっと体を左のほうに向けて…顔は正面に向けて…ちょっとあごを引いて口角を少し上げて…はい、いい表情ですね、じゃ次は体を正面に向けて…』なんて言われるままにパシャパシャとトータル10枚以上撮影されました。

次にパソコンの画面でいま撮影した画像をチェックしながら自分の好きだと思うものを何点かピックアップし、最終的に気に入ったもの2種類を1枚ずつプリントしてもらうことにしました。

そして出来上がった写真は…全然恐くない、自然で優しそうな笑顔に仕上がっていましたnote

どれくらい違ったかというと、夫に『こっちが前の写真でこっちが今回の。どうsign02』と見せたら『ほお~eyesign01どっかのアナウンサーみたいやん』と感心するくらい。

さすが写真館sign01スピード写真とは大違い。これなら値段6倍でも惜しくありません。

しかも撮影したデータは写真館にあるので後から好きな写真で焼き増しを頼むことも出来るし、撮影自体はバストトップなので好きなようにトリミングして好みのサイズでプリントできるとの事。

そこで思わず考えてしまったのが、撮影の一番最後に撮ってもらったにっこり笑顔の写真、これってもしものとき私の“遺影”にちょうどいいかも…なんてcoldsweats01

だってスナップ写真から切り取って加工した中途半端な表情の写真より断然いいと思いません?

でもそれはやっぱり不謹慎だから、何かのコンテストに入賞して入賞作品集に作家の写真が載るときに使うときにしようっとheart01 いつ実現するかな~smile

2009年8月 4日 (火)

バタバタバタ・・・

子供たちの夏休みが始まり最初の三連休が終わり、家族旅行や週末ごとの息子のサッカーの試合などに追われている間に気がついたらもう8月。

家族全員元気ゆえの忙しさでありがたいのですがちょっと息切れ気味、しょっちゅうリビングの床や畳に寝っ転がって眠っています。

8月のミシンキルト教室は第二週→第一週に変更で明日が教室なんですが、布をカットするのも縫うのもとっても気を使うパターン制作、落ち着いてやることもできず全く進んでいません。

明日までに…無理だろうな。

ひとまず教室に行くだけの体力を温存しておくことにしますかcatface

ああ、なんて後ろ向き…。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »