フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の10件の記事

2009年9月30日 (水)

9月に読んだ本

最初の1冊は8月に読み終わった本ですが…

『虹の彼方』 小池真理子著 毎日新聞社

48歳の女優高木志魔子と5歳年下43歳の小説家奥平正臣の恋の話。

共に配偶者がいるのでいわゆる『ダブル不倫』なのだけど二人の『そんな言葉で片付けられたくない。未来がどうなるか分からないけれどこのまま二人だけでどこかへ行きたい』と思い、実行してしまう。

最終的にその影響の責任をとり新たな未来に立ち向かうために帰ってきた二人、そしてその未来が今始まろうとしている…というところで話は終わります。

『恋は終わるもの』というマネージャーの言葉に『そうではない』と思う志魔子、でも私も恋は恋のままではいられないと思う。

時間が経つにつれ恋は薄れて消えていったり、あるいは愛や情などの言葉で表現される別の形に変わっていくものだと思う。

でも同時に『この恋は永遠』と思う気持ちや『浮気ではない、恋なの』と思う気持ちは分かるような気がするなあ。(8月29日)

『院長の恋』 佐藤愛子著 文藝春秋

5編の短編集。

老年期を迎えた男性が主人公のもなど、自分とは違う環境の話が多くて登場人物に共感しながら読むというよりは一歩引いた目線で読むという感じ。

登場人物があっさり死んじゃうシーンが何度か出てきて、80歳を超えいろんな経験を経た著者ならではの死生観がそこに見えるような気がしました。

『離れの人』ではきっと絹は死んだ後も座布団のところにいる彼が誰なのかを思い出さないままあっさり成仏して、彼はそのまま悲しみの塊となってい続けるんだろうな、と思うと切ない気持ちになりました。

『沢村校長の晩年』は光江のキャラクターに『うわ、絶対こういう人いそう。でもってお近づきになりたくないわ~』と思いつつ、沢村校長の災難を楽しみながら読んでしまいました。(9月3日)

『とける、とろける』 唯川恵著 新潮社

男女の関係を描いた短編が9編収められています。

どの話も性描写があって、自分にぴったりあう相手と出会ってからの話が多いのだけど、読後感は何だかむなしさを感じるものが多かったな。

現実も綺麗なことばかりじゃないと分かっているけれど、それだから余計に物語の中ではこの先明るい何かが待っていそうな終わり方の方が私は好きなのかも。(9月6日)

『パッチワークだいすきねこ』 絵:ニコラ・ベイリー 文:ウィリアム・メイン 訳:今江祥智&遠藤育枝 ブックローン出版

猫が捨てられてしまったお気に入りのキルトを探しに出かけるお話。

詳しくはこちらで。(9月18日)

『気楽に生きるための 悪妻愚母ノススメ [レディコミの女王が伝授する24時間だらだら活用術]』 渡部やよい著 ㈱インフォバーン

“良妻賢母”という言葉が嫌いな私、題名を見て思わず手に取りました。

レディスコミックの作者である著者が社長としてアシスタントを使って仕事をやりながら家事育児をどうやってこなし、かつ十分な睡眠を取っているか、そのやり方が書かれています。

題名にはだらだらと書かれているけれどやっぱり時間の使い方が上手。

無駄なく無理なくうまく生活しています。

しかも自分の仕事の将来性も考えて今後収入を継続的に得るための準備も同時にやっていて頭が下がるばかり。

そうは言っても何事も順調にきたわけではなく危機的な状況に陥ったときの話なども書かれていてスーパーウーマンじゃないところがいいと思いました。

私はこの人のような生き方は出来ないししたいとも思わないから単純に真似しても無理があるから、自分にあった生き方をうまく見つけたいと思いました。(9月22日)

『恋愛小説』 川上弘美・小池真理子・篠田節子・乃南アサ・よしもとばなな著 新潮社

5人の女性作家による短編の恋愛小説がおさめられています。

もともと小池真理子さんの話を読んでみたかったのだけど、どの作家も別の作品を以前読んだことがそれぞれに面白かったので期待していました。

まあそれぞれの作家のカラーが実によく出ていると思います。

川上さんの話は何か大きな出来事が起きる訳でもない日常の中で主人公が思ったことが緩やかに描かれていて、川上弘美の世界って感じ。

小池さんの話はどんな結末が待っているのかと思って読んでいたら劇的な変化が起きる訳でもなくちょっと意外で面白かったです。

篠田さんの話は大人の揺れる心模様が描かれていて景色が目の前に広がるような感じ。

乃南アサさんの話は同棲中のカップルのすれ違いが描かれていて『あ~、このままじゃお互い誤解したままじゃん。どうなっちゃうの?』と先が気になる展開で面白かったです。

そして最後のよしもとさんの話は一番印象に残ったかも。

話そのものよりも主人公のお酒を飲む悦びが描かれている部分が印象的で、私もこんな風にお酒が飲めたらいいなあ、と思いました。

よしもとばななさんの本をもっと読んでみたいと思いました。(9月24日)

『k.m.p.のやなコトを、どーにかこーにか。』 k.m.p.(なかがわみどり&ムラマツエリコ)著 二見書房

金(k.)もーけ(m.)プロジェクト(p.)と銘打った二人が、物心ついたときから感じたやりきれないことや悲しかったこと、悔しかったことなどが可愛いイラストとともに書かれています。

小学校時代の、何度も練習しても結局逆上がりが出来なかった著者より最初から逆上がりが出来た友人のほうが先生からいい評価を下されるという現実的なエピソードなど切ない。

共感できることがいろいろ書かれています。(9月27日)

『恋より仕事』 室井佑月著 メディアファクトリー

シングルマザーとして愛する息子を育てあげることを生きがいに働いている著者の仕事や生き方に対する考え方が書かれています。

大体が仕事やら何やらに対する愚痴なんですがきれいごとじゃないことが書いてあって嘘っぽくなくて読んでいて気分爽快。

愚痴愚痴言いながらも日々一生懸命働いている姿はやっぱり立派。(9月27日)

『おばあちゃんのキルト』 N・キンジーワーノック作 上田理子訳 狩野富貴子絵

小学中学年向けの話。

アメリカに住む少女アリエルにはキルト作り名人のおばあちゃんがいます。

ある日アリエルは弟か妹が出来ることを知り複雑な気持ちになりますが、おばあちゃんはアリエルの気持ちを分かってくれます。

そんなある日おばあちゃんが倒れてしまって…というお話。

詳しくこちらで。(9月27日)

『カンランシャ』 伊藤たかみ著 光文社

新聞広告であらすじを見て読みたくなり図書館で借りて来ました。

浮気をしている夫、夫の浮気に気付いている妻、そして夫の大学時代の後輩である男、の三人の話。

妻と男は不倫関係になるのだけれど、どうもそこまでの心の動きが分かりにくい。

後から考えると『あ、あの時変わった』と思える瞬間があると思うのだけど…必ずしもそういうもんじゃないのかなあ?

男は『この気持ちは恋だ』とやたらと恋という言葉を使うのだけど、なんかその気持ちの熱さも今いち伝わってこない。

妻の方の気持ちの変化、揺れ、勢いなどはもっと感じられなくて男の独り相撲に終わるのでは?と思っていたけれどそこのところは読みが外れました。

私が分からないだけで“結婚しているけど恋をしている”という人には分かる感情なのかな?(9月29日)

2009年9月29日 (火)

『おばあちゃんのキルト』

パッチワーク好きだったら気になりそうな題名の本を図書館で見つけました。

Photoその名も 『おばあちゃんのキルト』

(N.キンジーワーノック:作 上田理子:訳 狩野富貴子:絵)

その頃敬老の日が近かったこともあって入り口すぐの見やすい場所に置かれあったよう。

主人公のアリエルはアメリカのバーモント州で両親とおばあちゃんの4人暮らし。

おばあちゃんはキルト作りの名人です。

ある日自分に弟か妹が出来ることを両親から聞かされたアリエルは寂しいような複雑な気持ちになります。

その気持ちを分かってくれたのがおばあちゃんでした。

おばあちゃんから弟か妹のために作るキルトのデザインを考えて欲しいといわれたアリエルは最初ためらいますが素晴らしいデザインを描きます。

そしてそのデザインを元におばあちゃんはキルトを作っていたある日、おばあちゃんが具合が悪くなり突然入院することに。

幸い峠を越え退院してきたおばあちゃんでしたが、麻痺が残りまるで別人になってしまったように感じたアリエル。

そして…というお話。

最後まで書いたらつまらなくなっちゃうので気になる方はどこかで探してきて読んでね。

キルト好きにはお勧めの本ですheart01

2009年9月27日 (日)

再就職

突然ですが明日から働きに行くことになりました。

急な話で我ながらびっくりです。

さかのぼることシルバーウィーク前の18日、新聞に折込まれていたチラシを見ていて私にとって絶好の勤務条件の求人を見つけました。

(土日休み、学校行事に差し支えない時間帯、月1のミシンキルト教室に通える…など)

ただ2、3日前のチラシだったこともあり『もう締め切られたかな』とためらっていましたが『とりあえず聞いてみるだけでも』と夕方ギリギリになって電話してみました。

そしたら意外なことに面接日はシルバーウィーク明けの25日とのことで余裕で申し込みが出来たのでした。

なんども書き損じて4枚目でやっと履歴書を完成させ、当日面接に臨みました。

履歴書を見ながら質問をする面接官の手元には応募者名が書かれたリストが。

ちらっと見えたところで10人弱。

『こりゃ無理だろうな。ま、履歴書も受け取ってもらえたし(前回別の面接では勤務条件に無理がある、ということでその場で履歴書を返されたのですsweat02)面接の実地練習ができたということでいっか』と諦めモードで帰って来ました。

そして夕方台所で料理をしていると電話が鳴りました。

出てみると担当者という女性からで、勤務について家族の理解は得ているのか、学校行事との兼ね合いは?などを聞かれ『再度連絡いたします』と電話は切られました。

確認があったということは可能性があるということ?いやいや他の人とふるいにかける為の確認?と頭の中でぐるぐる考えていると5分ほどして電話が鳴りました。

先程の担当者からで『○○さん(私の名前)にお願いしたいと思います。よろしくお願いします』との言葉が…sign03

もうびっくりです。

そんなこんなで、明日からは研修や手続きということで1週間毎日通うことになりました。

通常は平日3日間午前中だけの勤務なのですが、実に14年ぶりの社会復帰という事で不安だらけ、でも精一杯頑張ろうと思います。

まずは1ヶ月、そして3ヶ月、半年、一年…と続けられますように。

“帰れる場所”って・・・

映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』が気になっています。

太宰治原作で、酒飲みで借金と浮気を繰り返す小説家の夫(浅野忠信)とその夫の借金を返すために働きに出て献身的に尽くす妻(松たか子)の話…らしい。

実際にはそんな単純な話ではなく奥が深そうで余計に見たいと思います。

車に乗っていてこの映画の話をオットにしていたときにふと思いついて聞いてみました。

私:『夫がろくに働かないで浮気したり借金をこさえたりしても文句を言わずに支える妻って男からしたらどんなもん?』

オット:『そりゃあ最高でしょうnote

私:『だったらなんで浮気とかで好き放題して妻に苦しい思いをさせる訳?それなら妻っているん?』

オット:『そりゃあ帰れる場所があるから安心して好き放題できるわけやん。』

私:『eyesign01妻は帰る場所なの?』

オット:『そうなんじゃない?』

へえ~…そういうこと。

同意は出来ないけど納得できるような気もします。

でも帰れる場所って…妻に母親的な役割を求めているような気がして『甘えないでよpout』ってちょっと気分が悪いのだけど、そんなもんなんですかね~?

2009年9月18日 (金)

読んでみました

ちょっと前に何かで見かけて気になっていた本を図書館で借りてきて読んでみました。

その名も 『パッチワークだいすきねこ』

(絵:ニコラ・ベイリー 文:ウィリアム・メイン 訳:今江祥智&遠藤育枝 ブックローン出版)

Photo表紙にはキルトの上に座った猫の絵が描かれています。

読んでいるとパターンはログキャビンだということが分かります。

ごみに捨てられてしまった大事なキルトを猫が探しに行って家に持って帰ってくるという話。

人であれ動物であれ、自分の作ったキルトにこれだけ愛着を感じてくれるなんてキルター冥利に尽きますね。

book pencil book pencil book pencil book pencil book pencil book pencil book pencil book pencil 

今週月曜日校区の中学校の3年生の1クラスが新型インフルエンザにより学級閉鎖になりました。

と思っていたら一昨日の水曜日、3年生(全4クラス)が学年閉鎖になりました。

3年生は高校受験も控えている大事な時期、親御さんは心配で仕方ないことでしょう。

そしてその兄弟児が小学校にもいるわけで小学校での流行も目の前という状況になって来ました。

昨日息子のクラスでは3人休んでいたとか。

欠席の理由は分かりませんが学校からは『クラスで2人新型インフルエンザが発生したら学級閉鎖』とあらかじめ連絡が来ています。

もしかしたら『学級閉鎖になった』と早い時間に帰ってくるかもしれません。

今日我が家で一緒にパッチワークをする予定だった友人からもさっき『ごめんsweat01子供が熱を出したから病院に連れて行く』と連絡がありました。

10月末の運動会に向けて6年生を中心に練習が行われていますが、先日役員の会合に出席したら運動会の時期に新型インフルエンザの流行が重なった場合の日程変更や中止についての話が出ていました。

特に6年生にとっては小学校最後の運動会、なんとか実施できればいいのですがdespair

2009年9月11日 (金)

ダブルウェディングリング 少し進みました

キルティングを進めているとついつい先を急いで長い時間縫ってしまいます。

そうすると肩や背中の筋肉が凝り固まってしまいます。

途中家事や休憩をはさみながら筋肉をほぐしつつキルティングを進めるのがいい方法なのかもしれません。

ダブルウェディングリングのキルティング、少しだけ進みました。

Photoキルティングが終わった部分が 中央から縦にリング3個+横に1個 になりました。

このまま縫いたい気持ちを抑えて午後は小学校の授業参観&懇談会に行ってきます。

息子の参観は『昔の道具でごはんを炊いてみよう!』。

日がさんさんと照る中屋外での作業です。

日焼け止め&日傘持参で行って参ります。

2009年9月 9日 (水)

ダブルウェディングリング キルティングに心安らぐ

昨日しつけ掛けが済んだダブルウェディングリング、昨夜寝る前に『少しだけ』とキルティングを始めました。

フープをはめてハンドでのキルティングなんていつ以来かしら?ちゃんと手が動くかな?と思っていたのですがいざ始めたら楽しくて、

ちょっとのつもりが真ん中のリングの中心、ダイヤ形の土台布部分の格子のキルティングを終えてしまいました。

今日も引き続き、朝食前に続きを縫い、家事を終えたら縫い、買い物に行って帰ってきたら縫い…でリング約3個分キルティングが終わりました。

Photo

リング部分はラインを2本入れるつもりだけど、ひとまず土台部分の格子のキルティングとリング部分の落としキルトをしています。

ミシンキルトの課題そっちのけだけどこっちのキルティングが楽しくてheart01

もうしばらくこの調子で進めようと思っています。

2009年9月 8日 (火)

ダブルウェディングリング しつけ完了

私はものすごい汗っかきsweat01で、夏の間午前中掃除機をかけたらもうそれだけで汗がぽたぽたsweat02

掃除機をかけ終わったときには『服着たままシャワー浴びたの?』と言われそうなくらいシャツがびっしょりで夏の間は掃除が済んだらまずシャワーです。

そんな状態なので夏場しつけ掛けをしようもんなら汗びっしょり。

だからといってわざわざクーラーをかけるのも口惜しいので夏の間ダブルウェディングリングはしつけ待ちの状態で放置していました(記事を書くのも実に3ヶ月ぶり。詳しくはカテゴリー:ダブルウェディングリングをご覧ください)。

ところが今朝窓から吹いてくる風がすっかり涼しくなったのを感じてふと『ダブルウェディングリングのしつけ掛けしようnote』と作業に取り掛かりました。

裏布・トップにアイロンをかけても夏場のように汗をかくこともなく快適に作業は進み、和室いっぱいに布を広げてひたすらしつけ…しつけ…しつけ…。

そして夕方無事完了しましたwinkgood

Photoこれでやっとキルティングの作業に入れます。

あとはひたすら縫うのみ。

いっぺんにたくさん進めようとしなくても1日に針に通してある糸1本分でも進めるようにしたら確実にキルティングは進みます。

普段使いのキルトなので土台部分は格子、リング部分は2本ラインを入れてシンプルにしようかと思っています。

でも完成したときほんとに普段使いできるかだんだん自信がなくなってきましたcoldsweats01

吉田都さんの『スーパーバレエレッスン』

毎週金曜日正午からNHK教育テレビで『スーパーバレエレッスン』という番組が放送されています。

以前も同じ題名で一流バレエダンサーがレッスンを受けるという番組があって最初は興味深々だったのですがレベルが高すぎて段々見なくなってしまいました。

今回はイギリスのロイヤルバレエ団で活躍した吉田都さんが出るということで1回目から録画して毎回楽しみに見ています。

2回目まで放送されましたが1回目は『ジゼル 1幕』、2回目は『ラ・フィーユ・マル・ガルデ 1幕』、3回目は『ラ・フィーユ・マル・ガルデ 2幕』が予定されています。

指導されたバレエダンサーたちの踊りが吉田都さんの指導によってどんどん変わっていくのを見ていると感心してしまいます。

そして1回目の放送では最後に吉田都さん自身が踊ったのですが、やっぱり違う!美しい!

これが見れるだけで満足!という感じです。

ちなみに私はあまりバレエ作品に詳しくないので『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』は知りませんでしたが、軽やかな楽しい踊りですごく好きになりました。

調べたら吉田都さん主演ではありませんがロイヤルバレエ団の公演がDVD化されているので、このまま見たい気持ちが続くようだったら購入しようと思っています。

昨夜ビデオを見て『あ~、やっぱりバレエやりたいな~。』と思いながら寝たせいか、今朝方バレエをしている夢を見ていました。

バレエというかストレッチをしている夢なんですが、床で足を前後に180°開脚してさらに体を前に倒して上半身が足にぴた~っとひっついた状態で『あー、やっぱりストレッチすると気持ちいい…』と筋肉が伸びているのを感じながらリラックスしていました。

実際は180°開脚できないし、その上前屈なんて絶対無理bearing

夢の中の私は素晴らしかったshineshineshineですcoldsweats01

2009年9月 4日 (金)

カエデの葉っぱのパターン

9月になりましたね。

小学校の2学期もスタートして子供たちも通常の生活に戻りました。

子供たちが通っている小学校では夏休み中に学童保育に通っている子が1人新型インフルエンザを発症したそう。

始業式の日に新型インフルエンザについてのプリントが配られました。

小学校内で新型インフルエンザが流行した場合の影響に備えて、10月に予定している運動会の練習を早めに9月中から始めるというお知らせもありました。

ここまで来ると避けられないと覚悟していますが、子供たちの友人の中には喘息の子も何人かいるので心配になってしまいます。

そんな中やっと日中自分の都合で動けるようになったので昨日は早速友人と海waveへドライブに行って来ましたrvcarnotedash

車中いろんな話をして、海沿いのお洒落なレストランで食事restaurantをして、海岸に下りて波とたわむれて、ぼーっと水平線を眺めて…ととても楽しい時間が過ごせました。

dog cat dog cat dog cat dog cat dog cat dog cat dog cat dog cat

実は今年こそ来年初め東京ドームで開かれるNHKのキルトフェスティバルのパートナーシップキルトに挑戦してみようと思って布をカットまでしていたのですが、期限が迫るにつれやる気がなくなり放置している間に期限を過ぎてしまいました。

そのまま置いておいても仕方がないので昨日の朝から縫い始めて、今朝縫いあがりました。

Photoカエデの葉っぱのパターンです。

確か『おしゃれ工房で紹介されたパターンじゃなくてもいいはず』と選んだのですが自信がなかったのもやる気がなくなった理由のひとつ。

来年こそは挑戦してみたいな。

そのときは早めに作ってさっさと送ってしまおうloveletter

これはこのままキルティング・パイピングをしてミニキルトに仕上げるか、もう少しパターンを足して大きくするか、この後の気分次第です。

手でちくちく縫うのは何だか心が落ち着き安らいだ気持ちになれてやっぱりいいものですねconfident

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »