フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 読んでみました | トップページ | 再就職 »

2009年9月27日 (日)

“帰れる場所”って・・・

映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』が気になっています。

太宰治原作で、酒飲みで借金と浮気を繰り返す小説家の夫(浅野忠信)とその夫の借金を返すために働きに出て献身的に尽くす妻(松たか子)の話…らしい。

実際にはそんな単純な話ではなく奥が深そうで余計に見たいと思います。

車に乗っていてこの映画の話をオットにしていたときにふと思いついて聞いてみました。

私:『夫がろくに働かないで浮気したり借金をこさえたりしても文句を言わずに支える妻って男からしたらどんなもん?』

オット:『そりゃあ最高でしょう

私:『だったらなんで浮気とかで好き放題して妻に苦しい思いをさせる訳?それなら妻っているん?』

オット:『そりゃあ帰れる場所があるから安心して好き放題できるわけやん。』

私:『妻は帰る場所なの?』

オット:『そうなんじゃない?』

へえ~…そういうこと。

同意は出来ないけど納得できるような気もします。

でも帰れる場所って…妻に母親的な役割を求めているような気がして『甘えないでよ』ってちょっと気分が悪いのだけど、そんなもんなんですかね~?

« 読んでみました | トップページ | 再就職 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読んでみました | トップページ | 再就職 »