フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ミシンキルト本科 11月の教室では | トップページ | 圧力鍋 その後 »

2009年12月 4日 (金)

ミシンでアップリケ 質問にお答えします

昨日の記事にナッチュッチュさんから質問をいただいたのでここで説明しようと思います。

Photo_4まず使った糸ですが、上糸には マデイラ モノフィル[透明糸] (写真中央)を使いました。

ナイロン100%で60番手、熱に弱いのでアイロンをかけるときなど注意が必要です。

下糸は最初 フジックス ファイン[シルク形状糸] グレー(写真左)を使いました。

ポリエステル100%で50番手、細くて艶があるのが特徴です。

普段のピースワークのときはこの糸を上下に使っています。

何も考えずにグレーを使っていたら表に点々と見えて気になったので、あとから薄い黄色の糸(写真右)に変えました。

これはミシンを買ったときにミシン屋さんが置いていってくれたもので ラポス ミシン刺しゅう糸 テイジンテトロン使用 ポリエステル100% と書いてあって、糸の太さは50~60番手くらいです。

次にステッチの種類ですが、ブランケットステッチになるのかな?ちょっと名称までは分からないです(ミシンの取扱説明書をみれば分かるんでしょうが…へへ、スミマセン)。

chick コメント欄にてステッチの種類と名前、針の送り・振り幅について書き込みました。興味がある方はご覧ください。 chick

モチーフの際を小さい針目で5針縫って、次は針が少し横に動いてモチーフの上を1針縫って、またモチーフの際を小さい針目で5針…というステッチです。

モチーフの上を縫うとき当然モチーフの裏に貼ってあるフリーザーペーパーも一緒に縫い込まれます。

でもホンの少し内側なので丁寧に作業すればこんな風に破けることなくフリーザーペーパーを取り除けます。

Photo_5↑後から取り除いたフリーザーペーパーをアップで見てみると5針ごとに点々と縫われているのが分かるでしょう?

フリーザーペーパーはアイロンで貼って何度か繰り返し使えるので同じモチーフを何枚もアップリケするときなどに適した方法かもしれませんね。

ナッチュッチュさん、お分かりいただけましたか?happy01

« ミシンキルト本科 11月の教室では | トップページ | 圧力鍋 その後 »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにコメント。フリーザーペーパーは 型紙代わりに
アイロンで アップリケパターンを作られるのだなあ。と拝見していました。
 使ったフリーザーペーパーをはがさずに そのまま ミシンで一緒に縫ってしまう方法は 驚きでしたが 土台布をカットして フリーザーペーパーをとりだしてしまえば いいのですね。^^ 
アップリケの形が崩れることもないからいい方法かもしれませんね。
ミシンのステッチは 私のベルニナ機種にある「まつり縫い」の直線部分を1目減らしたステッチかと思われます。
このステッチだと フリーザーペーパーは、はがれますね。^^

>オルゴールさん
お久しぶりですhappy01
フリーザーペーパーをモチーフ布の裏に貼って型紙代わりに使う方法もありますよね。
でもこれはちょっと違うのです。
フリーザーペーパーのざらざらの面(アイロンでつかない方)をモチーフ布の裏に当てて、モチーフ布の縫い代を折り曲げるときにアイロンでフリーザーペーパーに貼り付けるのです。
そうすると縫い代が固定されて扱いやすくなるのです。
ミシンのステッチを調べたら ベルニナオーロラ430 の場合 №7 まつり縫い でした。
普段まつり縫い押えで裾上げなどまつり縫いのときに使うステッチですね。
今回は針の送りを 1.00 、振りを 1.3 で縫っています。
モチーフの際を縫う、針が振られたときにちゃんとモチーフ布の上を縫う、と神経を使う作業です。

ありがと~ございます。
こんなに丁寧に解説いただき、感激です♪♪
紙ごと縫うなんて本当に考えてもみませんでした。このくらいなら、フリーザーペーパーも数回使えますものね
オルゴールさんのコメントで、まつり縫いとありましたが、これまたビックリです!!
ブランケットステッチだと、背骨(まっすくの針目)1または2針で、指1針(横に縫う針目)なので、背骨5針には驚きました。縫い代がちゃんとあるから5針で大丈夫ですものね~
ハスクのミシンをつかってるので、今度試してみます。

本当にありがとうございましたヽ(^。^)ノ

>ナッチュッチュさん
いえいえ。ご理解いただけたようでよかったですhappy01
ブランケットステッチだと針を横に振るとき布は送られないと思うのですが、まつり縫いの場合針を横に振るときも布を少し送りながら縫っているような気がします。
そうそう、ベルニナのミシンを買うと決めるまであちこちでミシン情報を集めていたのですが、ハスクも気になってナッチュッチュさんのブログにお邪魔してました。
ぜひハスクのミシンでも試してみてください。
ただ今課題制作に追われているので余裕が出来たらナッチュッチュさんのブログにもお邪魔しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシンキルト本科 11月の教室では | トップページ | 圧力鍋 その後 »