フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ミシンキルト本科 アイリッシュチェーン完成 | トップページ | 圧力鍋でおでん GOOD! »

2010年1月 6日 (水)

ミシンキルト本科 ストリングキルトのミニバッグ

パソコンを開いたついでに手元に戻ってきていた提出課題のことを書いておくことにしました。

前々回(11月)に提出していた『ストリングキルトのミニバッグ』。

Photoバッグの大きさは、縦32cm×横29cm(持ち手含まず)。

帯状に切った布をクレイジーにつないでひし形のピースを作り、24cm角のレモンスターのパターンを作った後バッグに仕立てるというもの。

製作途中は前に書いていましたが、それから完成までは教室ギリギリになってしまって余裕が無かったので写真も撮っていませんでした。

後は下のほうに小さなポケットがついています。

Photo_2テキストではポケットの口に山道テープ(じゃばらテープともいう)を縫いつけるようになっていますが教室ではステッチなりリボンなり好きなように、ということでしたので銀ラメ糸でミシンの飾りステッチを組み合わせました。

ただやる気がなくなっていたのでかなり適当です。

持ち手もいろいろ工夫して、と言われていたのですがこれまたやる気がなくなっていたのでたまたま家にあった布テープで。

返却前にみんなの提出作品をずらーっと並べて先生が作品の良い点を説明されるのですが、皆それはそれは工夫してまして、布選び、布あわせ、ステッチや持ち手などありとあらゆるところに『おおっ』と思わせる作品ばかり。

私のなんて…すみません、何の役にも立たないので返してください、って心境でかなり辛い時間です。

ちなみに私のこのバッグ、大失敗しているところがあります。

レモンスターのひし形をつき合わせてジグザグミシンで土台布に留めつけるのですが、ジグザグの振り幅が小さかったためバッグに仕立てている途中で布端が外れてしまいました。

Photo_3バッグなのでそうそう洗ったりしないので問題ないですが(そうじゃないかsign02)、クッションカバーやキルトマットなどよく洗ったり体重がかかったりするものに仕立てるときにはこんな風にならないようしっかりステッチで抑えることが必要だと痛感しました。

今回のクレイジーのレモンスターは作っていて面白かったし、帯状じゃなく変な形に残った布でも利用できるので今後また何か作ってみたいな、と思いました。

クリスマスカラーで色んな大きさでいくつも作ってタペに仕立てるのも面白そうだな、と思っています。

« ミシンキルト本科 アイリッシュチェーン完成 | トップページ | 圧力鍋でおでん GOOD! »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシンキルト本科 アイリッシュチェーン完成 | トップページ | 圧力鍋でおでん GOOD! »