フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« どうなるの、ブログやめてませんから~! | トップページ | 過去の画像について »

2010年2月28日 (日)

2月に読んだ本

ブログのアドレスが変わっちゃってから記事を更新する気力がすっかり失せてしまっていましたが、読んだ本の記録は私にとっても大事なものなので書くことにしました。

『男おひとりさま道』 上野千鶴子著 法研

著者の『おひとりさまの老後』はだいぶ前に面白く読んでいて、この本も店頭で見かけたときから気になっていました。

いつも利用する図書館から借りてきて読んだのですが、相変わらずの上野節って感じで面白かったです。

途中出てくる話などちょっと極端じゃない?と思うところもありましたが、ま、概ねこういう生活になる可能性がありますよ、という例え話と思って読めば特に問題なし。

この本を読みながらダンナのことを考えていたのですが、人と交わるような趣味はないし、消して社交的ではないし、友人も少ないし(社会人になってから出来た友人は多分いないsweat02)、もし老後仕事をしないようになったら人付き合いも減ってかなり危ないかも。

ただ救いかも、と思えたのが1人で生活できること、口数が少ない反面人の話を割と聞くほうなので、何かと自分の自慢話しかしない困ったじいさんにはならないかな?ってこと。

あと案外男性と付き合うより女性と付き合う方が向いていそうな点(恋人関係じゃなくて友人関係として)。

学生時代男女共に友人がいてよく相談に乗ったりしてたらしいから。

今さら性格を何とかしなさい、と言ったところで変わる訳ないのだし、せめて面倒がらずに自分の食事の面倒をみられるようになってくれれば、ま、安心して先に天国へいけるかな。

…なんてどっちが先かなんて分からないんだけどねsmile(2月16日)

『主婦の掟』 梅田みか著 PHP研究所

図書館で題名に惹かれて手に取った本。

著者は作家であり脚本家。

どんな内容かと思ったら主婦であることに劣等感を感じてる人や安心しきって自分の姿を振り返ることを忘れた人(私自身どちらも当てはまる点があるわ)に対してのメッセージでした。

でもだからといって主婦であることを批判もしないし必要以上に賞賛もしない、今を否定せずに受け入れた上でこんな風に考えて生活するとこんないいことがあるかもしれませんよ、という内容でした。

正直目新しいことは書いてないけど、ところどころ『おっ』と思うことが書いてあっておもしろかったです。

私が一番興味を引かれたのは 結婚しても男友達と付き合う という内容。

私自身特に一緒に遊びたいような男友達は今はいないけど、独身のときはよく電話で話したりする男友達もいて今振り返るとその関係って恋人同士の関係とは違って結構楽しかったな、なんて思い出しました。

別に結婚してるから夫以外の男性と会ったり食事したりしてはいけない、なんて訳ではないし、話していて面白いと思う人がいてもそれが男性だからと会うことを諦めたりするのって不自然。

だって大の大人なんだし誰と会おうと許可をもらう必要もないはず。

もちろんそれが誰にも言えない関係に発展したら別物だけど、そこんとことはちゃんと考えられるはず。

そんな風に読みながら感じたのだけどダンナはそれをどう感じるのかしら?

今度どんな風に思うか聞いてみようっと。(2月25日)

« どうなるの、ブログやめてませんから~! | トップページ | 過去の画像について »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうなるの、ブログやめてませんから~! | トップページ | 過去の画像について »