フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の10件の記事

2010年3月31日 (水)

3月に読んだ本

『プリズム』 野中柊著 新潮文庫

主人公は人妻・波子。夫・幸正と穏やかな生活を送っていた。

定期的に夫の親友・高槻とその妻・紀代美と共に4人で食事を楽しむ仲だった。

ところがそんなある日波子は思いがけず高槻とキスを交わし、その後高槻夫婦が別れ、少しずつ関係が変わっていき…という結婚している女性の恋の話。

登場人物が全体的に浮世離れしていて現実感が乏しいけど、それはそれで不思議な関係で小説として読むには面白いかな。

最終的に波子がどう決断しどう進んでいくのかは書かれていないけど、そこは読者好みの結末を思い描いて楽しめばいいと思います。

個人的にはキスを交わしてから体の関係に至るまでのなんとも頼りなく揺れ動く心理がつづられている部分が好きです。(3月4日)

『女性の見識』 神谷ちづ子著 ディスカバー携書

中年以上の女性に対して著者が思うことが色々書かれています。

『なるほど』と思うこともあり、『いや、そうでもないよ』と思うこともあり。

私も気をつけたいな、と思ったのは『夫と子供の話はタブーと心得る』。

確かに家族ぐるみの付き合いをしている人ならそうでもないけど、会ったこともない家族の話を延々されても正直『ふーん、それで?』と思うこともあるなあと思いました。

逆に家族の話しか話題がないというのは男女を問わず魅力に欠けると思いました。

と言っても男性の場合は仕事の話しかしない、という人の方が多そうだけど。

要するにその場に応じた話題で会話を楽しめる、というのが魅力的。

その他いろんなことが書かれてますが、最後に宮沢賢治風のまとめが面白かったです。(3月11日)

『最後の恋 つまり、自分史上最高の恋。』 阿川佐和子・角田光代・沢村凛・柴田よしき・谷村志穂・乃南アサ・松尾由美・三浦しをん著 新潮文庫

“最後の恋”をテーマにつづられた8人の作家による恋愛短編小説がおさめられています。

状況は8篇で全然違うし、“最後”の捉え方も様々、しかも作者によって作品の傾向が違うし、

切ない話、ほっこりする話、ちょっと恐さを感じる話、思わず笑ってしまう話、と結末も様々で読み比べていて面白かったです。

どれがいい、というより、それぞれいい、という感じで楽しめました。(3月12日)

『秋の森の奇跡』 林真理子著 小学館文庫

主人公は輸入家具店の店長をしている42歳の裕子。

夫と一人娘と共に何不自由なく暮らしているがある日母親と二世帯同居している兄から母に認知症の症状が出ているとの連絡が入ったことから生活が変わり始める。

その頃夫の何気ない一言から夫に対しての不信感が広がり、友人を通じて知り合った男性に惹かれ始める。

というあらすじなんだけど、私この裕子、嫌~い。

兄嫁に対しても兄に対しても夫に対しても相手の立場に立って考えてみるということもせず文句ばっかり。

男性に対しても『不倫や浮気ではなく、ちゃんと恋愛したいの』と言いながら、じゃあ、恋愛感情を抱いて動いているのかというとそんな感じじゃなくて、男に迫られて自分が女として見られたことが嬉しいだけ。

母親のことも自分勝手な考えで突飛な行動を取って回りに迷惑かけ放題。

自分の周りにいる人間にちゃんと向き合うのが先でしょ、って感じ。

…なんだけど先が気になって一気に読めちゃったところが林真理子の上手さなんだろうな。

結局他の作品も気になって今日図書館から借りてきて読み始めました。(3月16日)

『家日和』 奥田英朗著 集英社

家が絡む話が6篇収めされた短編集。

奥田さんの話は暗い状況でもなんか可笑しくて、最終的に何だかんだでハッピーエンド?という話ばかり。

例えば『ここは青山』は奥さんが家を出て行ってしまった男性が主人公だけど別居になってしまった悲壮感はないし、

『夫とカーテン』では主人公の夫は相談もせずに会社を辞めてカーテン屋を始めてしまうところから話が始まるけれど“なんでこの夫婦には緊迫感がないの?”と思ってしまうくらい。

私が一番面白かったのは『妻と玄米御飯』。

主人公が作家なので奥田さんの経験がちらちら見え隠れるよう。

最後の方で奥さんの態度の変化に頭を悩ませた主人公が決死の覚悟を決めるところが笑えました。

家、というよりは夫婦関係の面白さが感じられる短編集でした。(3月22日)

『スイートリトルライズ』 江國香織著 幻冬舎文庫

映画紹介で見て気になっていた作品。

W不倫の話だけど江國さんだからきっとドロドロした感じはなさそう、と思って読んでみたら『やっぱり』でした。

この夫婦は気持ちが通じ合っているのか定かではないけど、二人とも何かに(愛に?)飢えていてそれを別の相手に求めていってしまう。

果たしてこれって幸せなのかな~?(3月26日)

『みんなの秘密』 林真理子著 講談社

連作短編集というのかな?

1話目の脇役の1人が2話目の主人公、2話目も脇役の1人が3話目の主人公…という具合に話がつながっていくのですが、それぞれ色んな秘密を抱えているという話。

最後の話の秘密は恐くてこの後どうなっちゃうのかな~ってとこで話が終わります。

林真理子さんの本はこれまで結構読んでるけど、つくづく人の見るときにその人の外見や社会的立場や身につけているものなどで判断する人なんだな~と感じます。

だってそんな人ばっかり出て来るんだもん。

前に読んだ江國香織さんとか対照的。

実際生活するうえでそれは誰でも自然とやっていることだけに実に現実感があるんだけど正直ちょっと俗っぽい。

だから面白くてついつい読んでしまうんだけど、そうはいってもそれだけで判断できないこともあるでしょう?と言いたくなってしまう。

だからいつも読後感はあまり良くない…んだけどまた林さんの別の本を読んでますcoldsweats01(3月28日)

2010年3月24日 (水)

今年も桜満開

我が家は集合住宅の3階なんですが、ベランダ側が駐車場でその奥が小高い森になっています。

その端っこ、ちょうど我が家のベランダの斜め前に桜の木(多分山桜)があって今年も満開になりました。

10

去年も見事でしたが今年も変わらず美しい景色です。

先週末の土曜日、風が吹き荒れて雷混じりの雨だったのですが急に気温が上がったので一気に花が開き始めました。

その翌日、翌々日と連休中いい天気だったこともあってあっという間に満開を迎え、『写真を撮らなきゃ』と思っていたら週が明けたと同時に雨続き。

お陰で桜の花びらが早くも散り始め雨の中葉っぱ混じりの写真になってしまいました。

我が家の愛車はちょうどこの桜の下に停めてあるので前も横も後も桜の花びらまみれです。

完全に散ってしまうまでしばらくその状態が続く春なのでした。

2010年3月23日 (火)

ロックミシン壊れちゃった…?

先日娘のキュロットを作ろうと久しぶりにロックミシンを持ち出したときのこと、電源を入れても反応がありません。

ライトもつかず、ペダルを踏んでも全く動かない、何度かコードを抜いたり差したりしてみても状況は変わりません。

え~?ロックミシン壊れちゃったのかしら?

どう見てもうまく電気が通じていない様子。

そうそう使うものではないけれど端の始末はやっぱりロックミシンが一番綺麗。

持っているのに使えないのでは困ります。

ただこのロックミシンを買ったお店はすでにないのでどうしたものかwobbly

メーカーに聞くべきか、知り合いのミシン屋さんに相談してみるべきか。

ミシンの修理屋さんのサイトもたくさんあって宅配便でやり取りするだけなので手間は掛からないようだけど、サイトの情報をどこまで信じていいのか分かりません。

今すぐ使う予定はないけれど、どうしよっかな~?

エクセル使えるようになってよかった

年度末を迎え子供の卒業&入学準備、色んな役員の引継ぎなど慌しく過ごしています。

そんな中新しく会計の仕事を引き受けたので次年度の予算案の作成をしています。

ちょうど昨年の今頃、就職活動の際履歴書に『ワード、エクセルできます』と書きたいが為にパソコン教室に通い始めました。

その後無事就職は出来たもののパソコン作業など縁のない仕事に就いたのでなかなか活用する機会がありませんでした。

でもせっかく習ったんだし、と今回予算案の作成をエクセルでやってみることにしました。

教室のテキストを引っ張り出してきてぼやけた記憶を何とか思い出しながら表を作成し項目を入力し、数値を入れて関数を入れて…と時間はかなり掛かりましたが何とか思っていた通りの書類が出来上がりましたnote

仕事でパソコンを使いこなしている人にとっては何ていうことのない作業でしょうが、私にとっては凄いことshine

役員の集まりで『私パソコン全然できなくて』という人はまだまだたくさんいます。

それも当然、普段の生活でパソコンを使うと言ったらせいぜいネットサーフィンくらいという人が多いのでは?

1年前まで私もそうでした。

それが一応こうやって人に見せられる書類が出来るようになりました。

そのことがすごく嬉しいuphappy02

パソコン教室に通うのには結構なお金が掛かったけれど、この投資は無駄じゃなかったなと思います。

2010年3月19日 (金)

手作り服も卒業?

先日娘の卒業式が無事終わりました。

私服なので卒業式用の洋服を準備しなければならなかったのですが、回りに聞いてみると

ブラウス+リボン(or ネクタイ)+プリーツスカート+ブレザー(or ベスト or セーター)

という制服みたいな格好が多いと聞いたのでそんな感じでいっか、と思っていました。

ところが娘がプリーツスカートを嫌がったので代わりにキュロットを作ることに。

持っていた本のスカートとキュロットを合体して前だけプリーツスカート風の覆い布をつけたラップスタイルのキュロット。

で、出来たのがこれ。

Photo

着た後置いたままにしてたのでシワシワですがsweat02

前から見るとプリーツスカートだけど、後ろから見ると

Photo_2

キュロットです(逆光で暗くてスミマセン)。

小さい頃はしょっちゅう洋服を作って着せてましたがこの頃はすっかりなくなりました。

作るものが洋服からパッチワークに変わったというのもあるのですが、本人も好みがでてきたから私の好みで作ってもきっと着ないでしょう。

もしかしたらこれが最後になるのかな。

そしたら手作り服も卒業ってことですねcherryblossom

2010年3月 5日 (金)

野原チャックさんに直接会いに行ってきました!

cherryblossom今回の記事はとっても長いですのでcherryblossom

それは今年1月のことでした。

過去に野原チャックさん(パッチワーク好きならいわずと知れた日本のパッチワーク界の第一人者)の展示会を見に山口・宇部まで行ったことを書いた記事に“野原チャック”さんからコメント書き込みがありました

最初は『嘘やろ~coldsweats01』と半信半疑だった私、でも次第に『これってほんとだったらすごくない?ほんとにほんとにほんとかなsign02』と気になって仕方ありませんでした。

それならやることは一つ、本人に会って確認するしかない…sign01

ということで去る2月16日、大阪で開催されていた野原チャックさんの展示会の最終日に野原チャックさん本人に会いに行ってきました。

その日は子供をいつもより早く起こし食事を早めに取らせ、『ちゃんと時間になったら鍵かけて学校に行くのよ』と言い残し子供たちより早く家を出ました。

日頃乗ったことのない早い時間帯のバスに乗り込み新幹線の駅へ。

予定通りの時間に着いたことに安心しながら新幹線に乗り込み、いよいよ大阪へと出発しましたbullettraindash

前日から泊まり勤務で不在のオットに『無事新幹線に乗りました。子供たちのことよろしくお願いします』とmobilephoneメールを打ち、ほっと一息。

あらかじめ大阪に行くかもしれないと話していた友人数名に『ほんとに大阪行ってくるよ~』とメールを打ち、本を読んだり外の景色を眺めたりつらつら眠ったりしているうちに新大阪駅に着きました。

展示会の会場は大丸心斎橋ギャラリー、新大阪駅からは地下鉄御堂筋線に乗って6つ目の心斎橋駅で降り地下からそのまま大丸の店内へ。

…なんていうものの大阪を1人で歩くのなんてほとんど初めて、慣れない地下鉄に方向を間違わないかと心配でしたが、案内通りに進んでいるうちにな~んの問題もなく到着しました。

店内に入り14階まで上がるとそこにはパッチワーク好きのたくさんの女性と少しの男性がいて展示会場にどんどん入場しています。

私も早速窓口で入場券を買い入ってみると、入り口すぐのところに野原チャックさんのメッセージがあり、1800年代のアンティークキルトが飾られています。

『ワンパッチ(一つの型紙で作られたもの)』がテーマなので飾られているものの多くは正方形だけ、六角形だけをつないだ単純なキルトなのに、その色使い・構成によって全く別物のキルトになるから不思議でぐんぐん惹き込まれます。

作品の説明を読んで使われている布に注目してみるのも興味深く、今目の前にあるものが100年以上経っているということに驚きを感じながらゆっくり会場を移動しながら貴重なキルトを思い存分楽しみました。

会場を進んでいくと賞をもらった大作やバッグなどがいくつも飾られていて、どれもアイディア満載でそれぞれが違った世界を表現していてそれはもう『すっげ~sign01』とただただ感心するばかりの世界でした。

さすがにたくさんの作品に『もうダメ、これ以上は頭に入らない』と会場を出て、『さあ、野原チャックさんはどこだ~sign01』と見回していると“野原チャックサイン会場”の文字が。

行ってみるとそこにはサインをもらう人たちを会話を交わしながらせっせと手を動かしている野原さんの姿が。

直接会って話すにはサインを貰うしかありません。

前回の宇部でのキルト展でもアンティークキルトの魅力に惹かれた私は今回のキルト展の図録を買ってそれにサインをしてもらおうsign01と会場をうろうろしていたのですが…ない、図録がない。

スタッフに聞いてみると『図録は完売してしまったんです~。今日が最終日だったものですから足らなくなってしまって』と…shock

サインを貰うには他に野原チャックさん考案のフレンチヨーヨーのプレートセットを買うしかありません。

でも…私は図録が欲しかったdownとそのときは『残念だけど諦めるか』と思い布を買って会場を後にし、デパート内でランチを食べ、書店コーナーをぶらぶらし『ちょっと早いけど帰ろう』と沈んだ気持ちで地下鉄に乗り込みました。

新大阪に向かう車内で『あ~、私何しに大阪まで来たんやろ。家族にもワガママ言ったのに…。野原さんは目の前にいたのに…目の前にいたのに…』とうだうだ考えていたのですが、

『って、ダメじゃんsign03このまま帰ったら絶対後悔する。やっぱり野原さんに直接聞かなきゃsign03』と途中の駅で飛び降りると、もう一度会場に向かうために一度改札を抜けて切符を買いなおし地下鉄に乗り込み心斎橋に向かいました。

会場に再び飛び込んでフレンチヨーヨープレートを手にしてサイン会場を見てみるとそこに野原さんの姿は…ありませんでしたshock

呆然としながらスタッフに聞いてみると『今お昼の休憩に行かれてます』とのこと。

『サインでしたらプレートをお預かりしておいて、帰ってきてから書いておくということも出来ますけど』と言われたのですが、

『また帰って来られるんですね?直接会ってお話したいんです』と真剣な表情で聞く私にスタッフの方は圧倒されながらも『はい。帰ってきますが何時ごろになるかはっきりとは…』との返事。

今度こそ絶対にチャンスを逃さないsign03と決めていた私は『分かりました。また来ます』とあっけにとられているスタッフを後に一度会場を出、エレベーターに乗り込みました。

別の階の書店コーナーで時間をつぶしていたのですが『ここにいるより本を買って会場の近くで読みながら野原さんを待ってたほうがいいかも』と思い直し、小説を1冊買いエレベーターに乗りもう一度会場へ向かいました。

さすがにまだ帰ってこられてないだろうと最初にサイン会場を覗いてみると一番奥のテーブルでサインをしている野原チャックさんの姿があるではありませんかsign01

『よっしゃ~rock』とヨーヨープレートを買い込みいそいそとサインを貰う人たちの列に並び、いよいよ私の番になりました。

『疲れたわよ~』と周りのスタッフにこぼしながらサインを書き始めた野原さんに『あの、私去年山口の宇部の展示会に行きました。』と話しかけると、

『あら、宇部の?まあ、ありがとうhappy01』とこちらを向いて答えてくれました。

すかさず『それで私そのことをブログに書いてまして、先日その記事に“野原チャック”さんから書き込みがあって、気になったので今日福岡から新幹線に乗ってやって来ました』と聞いてみると、

野原さんは実にあっさりと『ああ、それ?私よ。よく自分の名前で検索かけて見て、コメント書き込んだりするのよ。私じゃないと分からないようなことが書いてあったでしょ?』と言われるではありませんかsign02

心臓がどっきんどっきんheart02しながら『はい。山口は遠いと思っていたけど飛行機に乗ったらたった1時間で着いた、って書いてありました。』と答えると、にっこり嬉しそうに笑って、

『そうそう、そうなのよ。私ね山口もだけど前に青森のときもそんな風に遠いと思ってたんだけど意外に近くてびっくりしたのよ~。宇部のときはほんとにあちらの方が頑張ってくれたから嬉しかったわ。

まあ、それで福岡から?ねえねえ(とスタッフの方に話しかけ)この方わざわざ福岡から来てくれたのよ。ね、一緒に写真撮りましょ。カメラ持ってきてる?』と言ってくれるではありませんかsign02

私の後ろには同じくサイン待ちの方々がいて、長々としゃべっている私への『何、この人?』という視線を感じながらも『今しかない』と開き直っている私、『はいsign01お願いしますsign01』と即答、サインを書いてもらったヨーヨープレートを手に野原チャックさんと並んで写真を撮ってもらったのでした。

そして野原さんは『このことをまたブログに書いたら、そのプレートの中の紙にHPのアドレスが書いてあるから連絡ちょうだいねwink』と言ってサインを書きにテーブルに戻られたのでした。

その後姿を見送りながら私は頭の中で『やった~sign01やった~sign01野原さんと話せたsign01コメントくれたのはほんとに野原さんだった~sign01』と思いっきり万歳papershineをしていました。

これで大阪行きの目標は達成、と意気揚々と地下鉄に乗り込み、新大阪駅で今回の大阪行きを快く送り出してくれた家族のためにお土産を買い込み、荷物を抱えながら新幹線に乗り込んだのでした。

今回の大阪行きの新幹線の代金だけで私の1ヶ月の給料が吹っ飛びましたが、大阪に行って、そして野原さんに会って直接話ができてそのエネルギーannoyを近くで感じることが出来てほんとによかったconfident

実はこの日今年度最後の授業参観&懇談会だったのですが『よかよ、いつも行ってるし1回くらい』と言ってくれた子供たち、泊まり明けできついのに嫌な顔せず子供の世話をし駅まで迎えに来てくれたオット、『こりゃあ行くしかないっしょ』と言ってくれた友人たち、皆に感謝shineです。

私は幸せもんだ~crying ありがとう~shine

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

2010年3月 3日 (水)

今年もあんずの花開く

ブログが復活した途端書きたいことがどんどん出てきて1日に何度も更新しています。

自宅のベランダから見えるあんずの木、今年も花が満開になりました。

20101 桜よりも色が濃いのでなかなか迫力があります。

20102 そして今年も昨年同様めじろが蜜を吸いに来ています。

2010 写真の左上に1羽写っているのが分かりますか?

今日は見たところこの木に2羽だけですが、多いときには4本全部あわせると100羽はいるんじゃない?というくらいやってきます。

この花が散るときがまた桜吹雪ならぬあんず吹雪って感じで綺麗なんですcherryblossomcherryblossomcherryblossom

tulip追記tulip

この記事を見ているということは大丈夫だと思うのですが、念のため。

2月の初めにブログのアドレスが変わってしまって表示されなくなり、今日元通りに表示できるようアドレスをいじりました。

元のアドレスでも大丈夫なんですが、下のアドレスだとまず間違いなく表示をされると思います。

お気に入りに登録していただいている方は変更していただいた方が無難かもしれません。

お手数ですがよろしくお願いしますconfident

http://korekara-dounaruno.cocolog-nifty.com/blog/

ミシンキルト本科 トップステッチピーシング

ミシンキルト教室のことを全然書いていませんでした。

振り返ってみたら1月の教室の前日に書いたキャンディバスケットにミニタペの記事が最後でした。

なのでまずはその1月の教室で習った内容、トップステッチピーシング。

Photo とても単純な作り方でロータリーカッターで布をフリーハンドの自由な曲線でカットし縫い代分折り曲げて布に重ねておき、端から1、2mmのところを細かい針目(私は2mm)のステッチで縫いとめていくというもの。

縫ったあと、布が重なっている部分は後からカットします。

これを繰り返してどんどん縫っていくだけ。

針目を細かくするのは縫ったところをロータリーカッターでカットする場合があるから。

大きい針目で縫っているとばらばらっとほどけてしまいます。

これは土台布を作るときなどに効果的な手法で、風の流れや色の移り変わりなどを表現するには持ってこいでしょう。

今回は教室の時間内に作ったものなので持っていった布の中から適当に選び、糸もミシンにかかっていたもの一色で縫ったので今いちの出来ですが、イメージどおりの布を選んで糸もラメ糸やレインボーなどいろんな糸を使うことでもっと楽しめると思います。

教室でやったときには『家に帰ってから自分の好きな色でもう一回やってみようheart01』と思うのに家に帰りつく頃には結構ぐったりで食事の準備もあったりするもんだからやる気も萎えて結局教室でやったきりという…sweat02

ここで実際に自分でやってみるか、それともやらないかで力の差が出るような気がしますbearing

ブログ 元通り♪…か?

手違いでブログのアドレスが変わってしまってからニフティと何度もやり取りをしていました。

昨日元に戻す方法の連絡が来てやってみました。

変わってしまったアドレスは http://korekara-dounaruno.cocolog-nifty.com/mo/

指示通り最後の mo/ を blog/ に変更して

新しいアドレス http://korekara-dounaruno.cocolog-nifty.com/blog/ に。

早速このアドレスで見てみると…元通り画像が見られますsign01

わざわざクリック(orダブルクリック)しなくても画像がそのまま表示されています。

やった~sign01これで元通りnote…なのかなぁ?

というのが変わってしまう前のアドレスって最後に何も入ってない

http://korekara-dounaruno.cocolog-nifty.com/

だったと思うのだけど?

試しにこのアドレスを入れてみても無事見られるし、過去の記事を出してみたらなぜか blog/ のついたアドレスになってちゃんと画像も見られるからいいんだけど…ま、いっか。

とりあえず元通りって事でよかったよかったbleah

もし見ている方で『やっぱりうまく表示されない』など不都合があったらコメント欄にてご連絡くださいね。

2010年3月 2日 (火)

過去の画像について

ブログのアドレスが変わってしまった影響が二つ。

① 過去の画像のうち別ウィンドウで大きく表示される設定にしていた分が表示されない

② 文中のリンクが表示されない

どちらもなかなかショックな出来事ですが、小白さんからのコメントで画像は表示できることが分かりました。

そのままでは×印がついて見ることが出来ませんが、クリック(orダブルクリック)すると別ウィンドウで見ることが出来ます

実際私も試してみたらもう見られないと思っていた懐かしい作品の画像が見られて、ちょっと感動しちゃいました。

『そうそう、こんなのも作ってた。頑張ってたな~、私』ってbleah

肝心のアドレスは元に戻せないかニフティとやり取りしてまして、私サイドで操作して元に戻すのは無理なんですがニフティサイドで操作できないか、今返事待ちの状態です。

一時期は『もうやだ。でもブログはやめたくないから引っ越すしかない』と思っていましたが、新しいブログで一から始めるのも過去の画像や記事が見られなくなったブログで引き続き書くのもそう大して変わらないな、という気がしてきました。

なのでどうなるか未定です。

それこそタイトルどおり これからどうなるのかな ですhappy01

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »