フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の3件の記事

2010年4月30日 (金)

4月に読んだ本

『売れる小説の書き方。 作家は本当に儲かるのか?』 林真理子、大沢在昌、山本一力、中園ミホ著 エンジン01(ゼロワン)選書

セミナーでの4人の会話を記録したもの、なのかな。

林さんが進行役となって作家の実状についてや作家として仕事をしていけるようになるまでの裏話などが語られています。

作家=儲かる仕事というイメージについて結構生々しい話になって面白いです。

脚本家の中園ミホさんが話すドラマが出来上がっていく過程の裏話が面白かったです。

何事も仕事としてやっていくことはなかなか大変な思いをすることなんだな~と感じました。

全体的に面白かったんだけど、読みやすくあっという間に読み終わってしまい内容があまり印象に残っていないのが残念。(4月9日)

『オトナの片思い』 石田衣良、栗田有起、伊藤たかみ、山田あかね、三崎亜記、大島真寿美、大崎和仁、橋本紡、井上荒野、佐藤正午、角田光代著 角川春樹事務所

オトナの片思いをテーマにしたアンソロジー。

片思い、しかもオトナの片思いなので、『好き好き好きlovely』『ドキドキドキ…heart02』って感じじゃなくって、

別れを決めたカップルの切ない思いとか、すでにパートナーのいる相手への思いを静かに心に秘めている話とか、ちょっと複雑で、でもだから余計に現実にありそうな話がつづられています。

でも、そこにはやはり恋心のキュンheart01とした感じがあって読後感がよかったです。

話が短いので通勤バスの中の10分くらいで1話詠み終えることが出来るし、アンソロジーっていいですね。

11人の作者の作風の違いも感じられるし、今まで読んだことのない作者の作品を読むいいきっかけになると思います。(4月16日)

『モテれ。 モテテクを惜しげもなく披露』 春乃れぃ著 宝島社文庫

女性が男性に持てるようになるためにはどうすればいいのか、どんなことを意識してどんな風に外見を変えたらいいのか、というようなことが具体的に書かれています。

よく『外見よりも内面が大事』と言われるけれど実は『外見も内面も大事』。

だって誰でも自然と会ってまず目に入るのは外見だし、そもそもその最初の印象が悪ければそれから先知り合おうとは思わない。

そしたらいくら内面がいい人だろうとそれを知ってもらう機会がない。

じゃあ、どうすればいいか!…なんて具合に建前じゃないテクニックが載っています。

私は今さら男性にモテたいとは思わないけど(結婚してるし今さら恋愛に発展しても困るじゃんcoldsweats01)大いに参考になりましたよ。

これから恋愛をする人には為になりそう。

これを読んで『そうは言ってもさ~』と理屈をこねて何もしないよりは騙されたと思って何かひとつ実践してみると変わってくるんじゃないかな~。

例えば言葉遣いを丁寧にするとか笑顔を心がけるとか男性を対象にしてなくても十分役に立つことだと思うから。(4月23日)

2010年4月17日 (土)

ブログしばらく休みます

3月上旬庭の杏が満開を迎えていました。→http://korekara-dounaruno.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-7b52.html

その後ソメイヨシノも満開を迎え、そして散り、今は八重桜が満開を迎えています。

そして今庭の杏は日に日に実が大きくなっています。

10_4_17

葉っぱの緑が美しい…confident

熟すともっと大きくなってきれいなオレンジ色になります。

ところが収穫する人はいないので毎年熟した実はボトボトと地面に落ちてしまいます。

それを『もったいないなぁ』と思いながら見ている私です。

今年くらいは収穫して杏酒なり杏ジャムなり作ってみようかな?

clover tulip clover tulip clover tulip clover tulip clover tulip clover tulip clover tulip clover tulip 

なんだか慌しく過ごしていてすっかり記事の更新も減ってしまいました。

実は今教室の課題と並行して展示会の作品作りをしています。

実は6月の初めに教室の展示会が開かれるのです。

熊本時代に通っていた教室では展示会自体ありませんでした。

今の教室に入ってから福岡のヤフードームでキルトウィークが開かれたときに初めて展示会に出品するという経験をしました。

そして今回は美術館での先生単独の展示会です。

私が通っているミシンキルト教室以外にハンドの教室、ハワイアンキルトの教室などたくさんの生徒さんの作品が出品されます。

私はミシンキルト教室の1人としてタペとバッグ、ミニクッション(これは課題で制作済み)を出品することになりました。

展示会の話は半年ほど前からされていたのですが、、実は私はまたしてもスランプに陥っていました。

課題もやる気がない、かといって出品作品に取り掛かる気にもならない…先月の教室でその場でザザザッと書いたラフはあるもののその後手付かず…もうダメ無理despair出品料も払ったけどもうやめちゃおうかな…なんて気持ちになっていました。

でも今月の教室の翌日、なんとなく思いついたものをスケッチブックに書いていたらなんだかやる気が出てきました。

どれだけのものができるか間に合うか分からないけれどとりあえず考えたものを形にしてみようと思います。

なのでしばらくブログの更新をやめて制作に集中することにします。

制作が一段落着いたら更新再開します。

展示会前には日時や会場などお知らせを載せる予定ですのでそれまでしばらくお待ちくださいね。

ではしばらくバイバイ~ happy01 paper

2010年4月 6日 (火)

年度末&年度初め

久しぶりにパソコンを立ち上げました。

いや、パソコンは使っていたけど書類を作っていたりしたのでブログの記事を書くのが久しぶりです。

いやはや、年度末から年度初めってこんなにバタバタするものでしたっけ?

ちょうど2年前の引越しのときに比べれば大したこと無いんだけど、それにしてもなんか慌しく過ごしています。

というのも新年度の地域の役員を引き受けたのと、息子のサッカーの会計を引き受けたのが大きかったですね。

特にやりたかったわけではなくて、メンバーの状況から行ってやるべき時期がちょうど今だったというだけなんです。

それに娘の卒業&入学があってその準備で色んな買い物があったりして、ちょこちょこ出たり入ったりを繰り返していると時間が全然足らなくて。

挙句の果てに3月の頭にひいた風邪がなかなか治りきらず咳だけが続いていたのですが、4月に入ると同時に喉が痛み出しまた新たに風邪を引いてしまったみたい。

さすがに『これはもう無理wobbly』と先週土曜日に病院で診察を受け薬を処方してもらいました。

『市販のものとは成分が違うからね』という先生の言葉通りてきめん体の状態が楽になってきました。

4日間きちんと薬を飲んだらきっと治るかな?

そんな中縫い物が全く進まず、でもいつも課題が気になっている状態が続いていることに耐えられなくなって、今日は同じ教室に通っている友人たちに愚痴メールを送っちゃいました。

そんなことしても何の解決になりはしないと分かっているのですが書かずにはいられなくて。

でも不思議と書いて送ったらそれだけで何だか少し気分が楽になりました。

もちろん返信も嬉しかったんだけど、やっぱり吐き出すことが一番心が楽になる方法のようです。

ということでブログも更新してみてるんだけどsmile

学校関係ももうしばらく家庭訪問や最初の参観や役員決めの集まりなど落ち着かない状態が続きますがそれもいつかは終わるし何とかなるもの。

爽やかな風が吹く頃には今よりきっと余裕が出てきてる…よねwink

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »