フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ブログしばらく休みます | トップページ | 展示会日時のお知らせ »

2010年4月30日 (金)

4月に読んだ本

『売れる小説の書き方。 作家は本当に儲かるのか?』 林真理子、大沢在昌、山本一力、中園ミホ著 エンジン01(ゼロワン)選書

セミナーでの4人の会話を記録したもの、なのかな。

林さんが進行役となって作家の実状についてや作家として仕事をしていけるようになるまでの裏話などが語られています。

作家=儲かる仕事というイメージについて結構生々しい話になって面白いです。

脚本家の中園ミホさんが話すドラマが出来上がっていく過程の裏話が面白かったです。

何事も仕事としてやっていくことはなかなか大変な思いをすることなんだな~と感じました。

全体的に面白かったんだけど、読みやすくあっという間に読み終わってしまい内容があまり印象に残っていないのが残念。(4月9日)

『オトナの片思い』 石田衣良、栗田有起、伊藤たかみ、山田あかね、三崎亜記、大島真寿美、大崎和仁、橋本紡、井上荒野、佐藤正午、角田光代著 角川春樹事務所

オトナの片思いをテーマにしたアンソロジー。

片思い、しかもオトナの片思いなので、『好き好き好きlovely』『ドキドキドキ…heart02』って感じじゃなくって、

別れを決めたカップルの切ない思いとか、すでにパートナーのいる相手への思いを静かに心に秘めている話とか、ちょっと複雑で、でもだから余計に現実にありそうな話がつづられています。

でも、そこにはやはり恋心のキュンheart01とした感じがあって読後感がよかったです。

話が短いので通勤バスの中の10分くらいで1話詠み終えることが出来るし、アンソロジーっていいですね。

11人の作者の作風の違いも感じられるし、今まで読んだことのない作者の作品を読むいいきっかけになると思います。(4月16日)

『モテれ。 モテテクを惜しげもなく披露』 春乃れぃ著 宝島社文庫

女性が男性に持てるようになるためにはどうすればいいのか、どんなことを意識してどんな風に外見を変えたらいいのか、というようなことが具体的に書かれています。

よく『外見よりも内面が大事』と言われるけれど実は『外見も内面も大事』。

だって誰でも自然と会ってまず目に入るのは外見だし、そもそもその最初の印象が悪ければそれから先知り合おうとは思わない。

そしたらいくら内面がいい人だろうとそれを知ってもらう機会がない。

じゃあ、どうすればいいか!…なんて具合に建前じゃないテクニックが載っています。

私は今さら男性にモテたいとは思わないけど(結婚してるし今さら恋愛に発展しても困るじゃんcoldsweats01)大いに参考になりましたよ。

これから恋愛をする人には為になりそう。

これを読んで『そうは言ってもさ~』と理屈をこねて何もしないよりは騙されたと思って何かひとつ実践してみると変わってくるんじゃないかな~。

例えば言葉遣いを丁寧にするとか笑顔を心がけるとか男性を対象にしてなくても十分役に立つことだと思うから。(4月23日)

« ブログしばらく休みます | トップページ | 展示会日時のお知らせ »

「本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。