フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の5件の記事

2010年7月31日 (土)

7月に読んだ本

『1ポンドの悲しみ』 石田衣良著 集英社

10篇の恋愛小説が収められている短編集。

通勤のバスの中、10~15分でちょうど1篇読み終われるくらいのボリュームでした。

文庫本フェアの冊子では表題作のあらすじが紹介されていたけれど、私は『スローガール』『十一月のつぼみ』が特に印象的でした。

特に『スローガール』に出てくる女の子の表情の描写が印象的で頭の中で映像として残っている感じ。

前に読んだ『売れる小説の書き方。 作家は本当に儲かるのか?』の中で『石田衣良は心がない』とけちょんけちょんに言われててそれはそれで読んでて面白かったけど、今回この本を読んでみて『そんなことないけどなあ』と思いました。

あとがきに“前作『スローグッドバイ』に続く恋愛短編集”と書いてあったので早速『スローグッドバイ』を図書館で借りてきて今読んでいるところです。(7月21日)

『スローグッドバイ』 石田衣良著 集英社

『1ポンドの悲しみ』が30代の男女を主人公にした短編集だったのに対してこれは20代の男女が主人公…かな。

10篇の短編小説が収められています。

全体的にまとまりのいい小説だな~と思っていたらあとがきに元々そういう話を書きたかったと書いてあり納得。

ちょっと現実感がないな~と感じることがあるけれど読後感は○。

『夢のキャッチャー』と『ローマンホリデー』が好きです。(7月26日)

2010年7月 8日 (木)

結婚して十年以上経って…

3年位前になるかな~、ダンナの友達が我が家に遊びに来てビール片手にしゃべっていたときにその友達が言った一言、

『結婚して十年以上も経って夫婦で“好き”とか気持ちわりぃじゃん』

・・・eyesweat02

私はそんなこと思ったこともなかったので目が点(・o・)で、思わずダンナと目を見合わせていたのだけど…

そんな考え方もあるんですねcoldsweats01

だから何って訳じゃないんだけど、よほど印象深かったのか時々全然関係ないときにこの言葉をふっと思い出したりします。

この記事を読んでる人はどんな風に考えてるのかしら?

コメントいただけたら嬉しいですsmile

整骨院通い

元々腰痛持ちで疲れがたまると腰が痛くなっていた私。

月曜日に仕事を終え帰ってきてからものすごくしんどくなってきました。

とにかくだるい。

とにかく腰が痛い。

洗面所で体を前に曲げられず膝を曲げて高さ調節をする始末。

腰がガッチガチで、体の真ん中にビリビリ痛い芯があるよう。

座っていてもきつくていつの間にか横になる始末。

夕飯を作るのもしんどくて外食にしてもらい、帰ってきたらとにかく横に。

いつの間にかそのまま寝てしまい『ほら布団敷いたから』とダンナに言われどうにかこうにか移動してそのまま爆睡。

汗まみれだったけど風呂に入る元気も残っていませんでした。

翌日『こりゃもうダメだ』と覚悟を決め、ダンナがたびたびお世話になっている整骨院に行きました。

幸い骨や神経から来る痛みではなく筋肉の痛みだろうという診断でした(今日外科でレントゲンを撮って骨に異常がないことを確認)。

療法士さんに『脚も腰も張りがひどいですね~』と半ば呆れられつつ初めての鍼、初めてのお灸、そして指技(マッサージ)を受けました。

今まで体が辛いとき時々ダンナにマッサージをしてもらったりしていましたが、やっぱりプロの技は全然違う!

こんなことなら早く診てもらえばよかったと反省しきり。

『慢性の腰痛は良くなるのにも時間がかかります。じっくり直していきましょう』と言われました。

何ヶ月か掛けて最初は集中的に週に2、3回の通院、良くなるにつれて間隔を明けていき、月1程度の調整で済むようにしていくのが目標です。

同時に言われた注意事項

① 立つときは足を肩幅程度に開いて両方の足に均等に体重がかかるように立つ。片足に体重を掛けて立つのは厳禁!

② 座るときは椅子に腰掛けるか、床に座る場合は正座か長座。横座り、あぐらは厳禁!

を普段の生活で守っています。今日行ったら

③ 腰掛けるときは膝と膝をあわせて座る。膝を開いて座ると内腿の筋肉を使わず弱るばかりなので厳禁!

というのも言われました。

どれも分かっちゃいるけどついついやってしまうことばかり。

ふと気がつくと片足に体重を掛けていたり、横座りになりかけていたり。

その度に『おおっと』と姿勢を正しています。

でも腰の張りは前と全然違って柔らかいし、痛みも比べものならないくらい減りました。

日によって体調に波があるとの事だから辛いときもあると思いますが先のことを考えてここでじっくり体を直そうと思います。

2010年7月 5日 (月)

『夏の文庫フェア』が好き

今頃の時期楽しみなもの、それは『夏の文庫フェア』。

Photo

夏休み前に色んな出版社が文庫本を特集した無料の冊子を作り、本屋さんの店頭では平積みの特別コーナーが出来、冊子に取り上げられている文庫本がずらりと並ぶ、あれのことです。

主に学生を対象にしたフェアなんでしょうが、学生でもなんでもない一主婦の私は毎年この時期本屋さんに行くと色んな出版社の無料冊子をもらって帰って読むのが楽しみ。

その中で興味を持ったものを実際に読んで、今まで読んだことのなかった作家さんの面白い作品に出会ってどっぷりはまったりするのが楽しいのです。

もちろんお金に余裕があるなら手当たり次第に買いたいところだけど、いくら単行本より安いとはいえそんなことをしていたらいくらお金があっても足りません。

読みたいと思ったものが図書館にもあったら買うのはやめて借りてきたりします。

でも迷いに迷って『やっぱ買おう!』と決めて文庫本を購入する、それもまた楽しみの一つだったりします。

今のところ3社の冊子をもらってきて見ていますが読みたいと思うものがいくつもあります。

あぁ~どれから読もっかな~、と頭を悩ませるこの時間が楽しくて仕方ありませんconfident

ミシンキルト教室講師科 課題制作中

結局先月のミシンキルト教室のことを書かないまま7月になってしまいました。

ミシンキルト教室に通い始めた頃は教室に行ったらそのことを即書きたくて仕方なかったのにね。

先月の教室では講師科のサンプラーキルトを作るためのパターン制作のポイントを勉強しました。

カーブの縫い方やはめ込みの縫い方など4種類。

教室では技術をやってみるだけなので15cm角(縫い代込みで16.5cm角)で4種類縫うだけでした。

そして、この4種類の縫い方を使ったパターンをパターン集などから自分で選んで24cm角(縫い代込み25.5cm角)で最低6枚作ってそれを講師科のサンプラーキルトとして仕立てていきます。

ただ先生は正方形の方がまとまりがいいでしょうから9枚作りましょう、という話でした。

9枚の中には高等科で作ったパターンが入っていてもいいそう。

パターンをラティスでつなぎ(パッチワーク初心者の方には専門用語が分りにくいかもしれませんがお許しを)、ボーダーは1枚布ではなくピースワークをしたものと言われました。

私としてはボーダーはセミノールで(これまた専門用語ですみませんsweat01)ちょっと凝ったように見えるものをしたいなあ、なんて思っていますが計算をきちっとしなければならないし、縫っているうちに誤差が出ないように気を使わなければならないからどうなるか分りませんbleah

そして最後のキルティングは講師科のサンプラーというだけあって必ずフリーモーションですること、ということでした。

これは講師科が終わるまでに仕上げて提出できればいいので急がなくてもいいよ、と言われているのですが、『いつでもいいや』と思っていたらいつまでも作らずに放っておくのが明らかなので『とりあえずパターンは早目に作っておこう』と思い今制作中です。

パターン集を見ていたらいろいろ作りたいものがあったのですが、とりあえずその中から9枚を目標に作っています。

今日で6枚出来上がりました。

現在出されている講師科の課題はほかに

◎白い布にフリーモーションのキルティング(布幅いっぱい×1m)

◎カーブのフリーカットでトップを作りフリーモーションのキルティングを入れたもの(80cm角)

の二つがあります。

白い布のほうは途中までやっているのですが今は止まってます。

80cm角の方は全然なのでもうしばらく掛かりそうです。

私は他に本科のサンプラーをまだ作っていない=本科の免状の申請がまだなので先に講師科の課題を終えても講師科の免状の申請はできません。

本科、高等科、講師科の順番だからね。

順番を考えると本科のサンプラーに取り掛かってちゃんと仕上げた方がいいのでしょうが、私の場合そのときやりたいものから作る方が結果的に無理なく作れるということが経験上分っているので本科のサンプラーは後回しにします。

理想としては今月の教室(10日後)までに

◎講師科のサンプラーの9枚のパターンが出来上がっていてラティスまでつながっている

◎白い布のフリーモーションのキルティングが完成

◎フリーカットはトップまで出来上がっている

…なんて思ったりしますが、わはは、絶対無理happy02

『ここまで仕上げる』とはっきり目標を立てるとそれに縛られて全然楽しめなくなる性格なので『ここまで出来たららっきーnoteなんだけど』ぐらいにぼやっとイメージしながら制作を進めたいと思います。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »