フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の12件の記事

2010年9月30日 (木)

9月に読んだ本

『恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。』 角田光代著 ブルームブックス

2003年7月~2005年9月までのブルームブックスのホームページ内での連載エッセイをまとめたもの。

“恋をしよう。”の段が2003年、“夢をみよう。”の段が2004年、“旅にでよう。”の段が2005年に掲載されていたものです。

角田光代さんの小説はいくつか読んだことがあるのですがエッセイは初めてかな?

でも角田さんのスタンスが“まったく私ったらこういうところがいけてなくていやんなっちゃう”っていうような力の抜けた感じで、

自分の考えについて書いてあっても『思ったことを書いてますけどこれはあくまで私の場合の話ですよ~あなたにはあなたの考えがあって当然ですよ~』という風に押し付けがましくないのが非常に気に入りました。

あとがきで『奥深いことは何にも書かれてなくてくだらないことが厭きもせず書かれている』と書いてあるけれどそれこそが角田さんのエッセイの魅力なんだと思います。

他にも何冊かエッセイは書かれてあるようなので別の本を借りてきて引き続き読んでいるところです。(9月4日)

『今、何してる?』 角田光代著 朝日新聞社

前回角田光代さんのエッセイを読んだら面白かったので引き続きエッセイを読んでみました。

恋に関すること、日々思うこと、本を読んで考えたことなどが書かれています。

読みながら思ったのが角田さんって結構恋愛経験豊富なのかな?ってこと。

“友人の話だけど…”というのもいくつもありましたがいろんな状況の話がつづられていて興味深かったです。

紹介されていた本の中で何冊か実際に読んでみたいと思いました。(9月15日)

『恋のトビラ』 石田衣良、角田光代、嶽本野ばら、島本理生、森絵都著 集英社

恋をテーマにした5人の作家のアンソロジー。

『恋のトビラ』と題されてるだけあって恋の始まりのなんとも頼りなくて切ない話が描かれています。

島本理生さんと嶽本野ばらさんは初めて読みました。

特に嶽本野ばらさんはテレビなどでのいでたち、しゃべり方のとっぴさが印象的で、かつ3年前に大麻所持で逮捕されたニュースを見ていたこともあってどんな話だろうと思っていたのですが…面白かったですshine

ですます調で書かれているので最初は読みにくくて仕方なかったのですが読み進めるうちに気にならなくなり、むしろその方が話の感じに妙に合っている感じがしてきました。

映画『下妻物語』も見たみたいと思いつつまだ見ていないので一度ビデオを借りて見てから原作も読んでみようかな~と思いました。(9月22日)

『Re-born はじまりの一歩』 伊坂幸太郎、瀬尾まいこ、豊島ミホ、中島京子、平山瑞穂、福田栄一、宮下奈都著 実業之日本社

日常の中の何かが変わり始める瞬間の話を集めたアンソロジー。

宮下奈都さんは前に『コイノカオリ』というアンソロジーで読んだことがあってすごく印象深かったので期待していたのですが今回はそこまで印象に残らなかったのが残念。

もっとも高校生の話なので私が共感できないのが仕方ないのかな?という気も。

その逆で印象に残ったのが福田栄一さんの『あの日の二十メートル』。

年を取り自分の人生の中でやり残したことに気づいた男性と大学に入学したものの目標もやる気もなくした主人公との話なのですが、

男性の『何事も始めるのに遅すぎるということはありませんよ』というセリフ、そしてその後の変化が私の心を捉えました。

『小説だからね』と思ったりもしますがやっぱりこういう風に諦めないで何かに挑戦する話には惹かれてしまいます。

ああ、でも瀬尾まいこさんの『ゴーストライター』もよかったなぁ。

瀬尾まいこさんの『卵の緒』という話は本屋さんで見るたびに気になっているので今度図書館にあったら借りてきて読んでみようかしら。(9月30日)

2010年9月29日 (水)

アラン模様大好き

この時期になると本屋さんの手芸コーナーは編み物の本が一気に増えてきます。

それを見るとついつい手に取り『やっぱり編み物もいいな~。編み物した~いup』という気持ちになります。

そんな私が好きなもの、それはアラン模様。

『買っても編まないかもよ』と散々迷ったのですがどうしても1冊欲しくて買ってしまいました。

Photo_5

写真を見て『わあ~この模様素敵』と思っては作り方ページを見、模様の編み図を見ているだけで楽しい気分になっています。

アラン模様の正確な定義や歴史は知らないのですが、縄編みのような交差編みやかのこ編みをふんだんに使った編地の美しい模様、という風に私は捉えています。

色を楽しむというよりは編地の陰影を楽しむ、という感じでしょうか。

私がアラン模様を好きになったのは子供の頃に叔母が編んでくれたセーターが影響しています。

小学校高学年か中学生の頃、編み物が好きで好きで何かしら作りたくて仕方のなかった叔母が母に『○○ちゃん(私の名前)にセーターを作ってあげたいんだけどどんなのがいいかしら?』と聞いて来ました。

その当時まだかぎ針編みしかできなかった私にとって棒針で編んだ“縄編み”は『なんであんなことができるの?』という憧れの模様だったので『縄編みが入ってて色は白いのがいい』とリクエストしました。

叔母にしてみればあまりに単純なリクエストだったらしく『それだけ?』という反応だったらしいのですが、後日送られてきたセーターを見て私はびっくりしました。

リクエスト通り白(正確には生成り)のセーターには単純な縄編みでなく三つ編み模様が前身頃、後身頃に2本ずつあり、さらに両袖にも1本ずつ入っていました。

そしてその三つ編みを際立てるようにまわりは単純な一目かのこ編みで埋められていました。

でもその三つ編み、かのこ編みが作り出す陰影の美しさと言ったら…shine

『なんだこれsign02すごいsign01すごいsign03私もこんなの作れるようになりたいsign03』と思ったのをよく覚えています。

母も編み物をするのでどれだけ手間が掛かるのか分るので『ま~よくこんな面倒なのを編んだもんだわ』と呆れつつ感心していました。

このセーターはその後よく着ていたのですが、白だったこと、よく着ていたことが災いしシミがついてしまいました。

それでも捨てたくなくて結婚後も持ってきていたのですが子供が生まれ荷物が増えるのに伴い『思い出は私の心の中にあるからconfident』と処分しました。

子供が生まれてからは『子供の着るものってちっちゃいからすぐできる~note』といろいろと編んでは楽しんでいましたが今ではすっかり編み物から遠ざかってしまいました。

この本を参考に手軽なマフラーでも編んでみようか、いやそれとも去年編み始めたもののピタッと止まったまま放置してある編みかけのベストの続きを編むべきかと思案中です。

ミシンキルト教室課題 ギザギザ

引き続きミシンキルト教室の課題を制作中です。

『フリーザーペーパーを使ったファンデーションピーシング』ってことで型紙として使うフリーザーペーパー(アイロンで仮接着できる紙)を布を縫うときに一緒に縫いこまない方法での課題が2つ出されました。

一つは “テキストに載っているデザインでA4サイズのトップを作り裏にフリーザーペーパーがついた状態で提出” するもの、

もう一つは “30×40cm以上のサイズで自分でデザインしたものを同じく裏にフリーザーペーパーがついた状態で提出” するもの。

そのうちの一つ目のさらに練習で作ったものがこれ。

Photo

テキストに載っている課題はギザギザの部分が22枚もあってしかも小さいので教室で実際に練習するのに適したように大きなギザギザで枚数を少なくして作ったものです。

教室では『とにかくやってみないと分らないからsign01』とギザギザの部分の縫い方を実践。

裏から見て分るとおりギザギザ部分はフリーザーペーパーは縫いこんでいません。

Photo_2

どんな風にやるのかと言うと縫いたい部分でフリーザーペーパーを縫い線通りに折って、一緒に縫いこんでしまわないよう折った際を縫っていきます(毎度のことですが途中経過の写真がないので詳しい説明はご容赦を)。

それを繰り返すことでシャープなギザギザをカーブなど思い通りのラインで縫うことができますよ、というもの。

最初は『はぁ~?』という感じでしたが実際に作業を繰り返すうちに要領が分ってきました。

このやり方の利点は紙と布を一緒に縫いこんでいないのでフリーザーペーパーをちょこっとはがして縫い代を好きな向きに倒せること。

実際裏側の写真を見るとギザギザ部分の縫い代は全て青い布のほうに倒してあるのが分ると思います。

あくまでこれは練習で実際に提出する課題はこちら。

Photo_4

『ギザギザが22枚もある~wobbly』と恐れていた割には順調に縫えました。

逆に小さい三角でも綺麗に縫えるのがこのやり方の利点だと感じました。

裏から見るとこんな感じ。

Photo_3

今回も縫い代はすべて緑の布の方に倒してあります。

このギザギザ部分と背景の布を縫い合わせる際はフリーザーペーパーをつけたままあらかじめ書いてあった合い印を合わせて細かくまち針を打ち、さらに縫うときもずれないよう慎重にゆっくりゆっくり縫うのがコツです。

こういうときつくづく『急がば回れ』だなぁと感じます。

そしてもう一つの課題“30×40cm以上のサイズで自分でデザインしたもの”に続きます。

2010年9月27日 (月)

アイロンが壊れちゃった

一昨日の土曜日、朝から縫い物をしていました。

縫っちゃアイロン、縫っちゃアイロン…だったのでアイロンのスイッチを入れっぱなしにしていたのですが、あるときアイロンをあててすぐなんだかいつになく焦げ臭い匂いがしました。

『やばっsweat01』とすぐ離したのですがアイロンが今までにないくらい熱くなっています。

とりあえずスイッチを切ろうとボタンを押してみたのですが全く反応しません。

仕方なくコンセントを抜いて自然に冷めるのを待つことにしました。

その間も縫っていてある程度いい熱さになったらアイロンをあてていたのですがすっかり冷めてしまったのでコンセントを差し込んでボタンを押してみたのですが…

無反応gawk

スイッチが入らなくなってしまいましたsweat02

参りましたsweat01アイロンがなくては課題が作れませんbearing

どっちにしろ異常に熱くなったアイロンを使い続けるのは恐いのであっさり諦めて新しいアイロンを買うことにしました。

実はもともとこのアイロン『コードレスのアイロンが欲しい』という私の言葉に夫がパチンコの景品でもらってきたもの。

希望通りコードレスなのは嬉しかったのだけど私が考えていたより重くて大きくて、

小さいピースをちょこちょこアイロンをかけていると手首が痛くなるし、スチームはすぐ出なくなっちゃったし、

普段から何だか熱くなりすぎる気がして正直『私好みの新しいアイロン欲しい~』と思っていたのです。

なので、夫には『アイロン壊れちゃったsad』と言いつつ内心『やった~happy02』と思いながら早速電器屋さんへ。

値段もピンきりでいろいろ迷ったけれど結局中間くらいの値段のピンクのコードレスアイロンを買って来ました。

今までより軽くなったし、熱くなるのも早いし、私の好きなピンクってだけで何だか嬉しいheart02

おかげで課題の制作も順調に進んでいます。

分割のあるパターン コーヒーポット

フリーザーペーパーを使って縫うやり方でペーパーファンデーションピーシングという方法があります。

フリーザーペーパーのざらざらの面に反転したパターンを写し、フリーザーペーパーに布を重ねてペーパーごと一緒に縫いこんでいきます。

縫い終わったらフリーザーペーパーは破り取ってしまいます。

ただパターンによってはペーパーを分割をしないと縫えないものがあります。

その場合は分割した部分それぞれで縫った後順番に縫い合わせてパターンに仕上げます。

ということで今回は spade分割のあるパターン 『コーヒーポット』 が課題でした。

テキストには3種類のパターンが載っていてそのうち一つを作ればいいのですがコーヒーポットが一番単純なのでsweat02

表から見るとこんな感じ。

Photo

ポットの持ち手と注ぎ口の色がいまいちで背景に混じってしまったのが残念。

でも提出することを優先してこのまま提出します。

裏から見るとこんな感じ。

Photo_2

全部で8つに分割してあるのがよく分ると思います。

今回はフリーザーペーパーがついたままの状態での提出が条件なのでこれで課題は完成scissors

今月は課題の制作が順調ですnote

2010年9月25日 (土)

フリーモーションの課題 完成!

6月に途中経過の写真を載せていたフリーモーション(講師科)の課題が完成しましたsign01

Photo

大きさは 約110cm(布幅一杯)×100cm 。

日本手芸普及協会の通販で売っているミシンキルト用のオフホワイトの布を裏表両方に使うこと、という条件でした。

白一色なので下手も上手も丸見えです。

今回の課題では

“主役となるモチーフをフリーモーションで描くのか、

それとも主役の周りを埋めるためのフリーモーションで描くのかを考えて、

使う糸の太さ、艶の有無、色などを効果的に使い分けること”

というのがテーマでした。

そのためにいろいろな太さ、色、種類の糸を使って縫ってみましたが結局『まだまだじゃsad』という結果になりました。

その中でも自分のお気に入りの部分をピックアップしてみると…

バラ

Photo_2

ブドウの葉っぱ

Photo_3

野菜たち(完全に遊んでます。課題なのにcoldsweats01

Photo_4

縁部分は緑のグラデーションの布を使い銀のラメ糸の飾り縫いで押さえました。

Photo_5

ちなみに講師科のフリーモーションの課題ではあと一つフェザーが残っているそうです。

2010年9月24日 (金)

知ってる人のブログ 見~つけた♪

先日ブログ村の検索で“ミシンキルト”と検索して出てきたブログをいくつか覗いていたらどこかで見たことのある作品の写真が出て来ました。

『あれ~?』と思って記事をさかのぼって見てみたら…同じミシンキルト教室に通っている人のブログでしたsign01

実は前に一度見かけて『もしかして…』と思い本人に確認したところ彼女も私のブログに気づいていたというhappy01

それを聞いてからもう一度見ようと思ったのですがなぜか履歴からうまく探し出せず、検索サイトで探しても見つからず、半ば諦めていたのですがひょんなことからあっさり見つかってびっくりしました。

『きんたろのたなごころ』 http://yaplog.jp/chihiro0814/

というブログなのでよかったらぜひご覧くださいnote

教室の中でもダントツにうまくて、なによりその発想の豊かさ、イメージを表現する力も素晴らしさにはいつも圧倒されてしまいます。

6月の教室の展示会でも2mクラスの創作キルトを作って展示していたのですがそれはそれはもう素晴らしくて、私はそのキルトの前でつくづく自分の実力がいかに乏しいか実感して長い時間ただただ見入っていました。

そのキルトの制作過程も書かれているようです(私もまだゆっくり見ていないので楽しみなのです)。

時間のあるときに『お気に入りのサイト』リストに載せる予定ですがそれまではこのページからのリンクでぜひ見に行ってみてくださいませwink

ミシンキルト教室課題 フライングソーサー

こつこつと今月のミシンキルト教室で出された課題を制作中です。

そのうちの一つ、club帯状にカットした布を使う縫い方 でパターン『フライングソーサー』を作りました。

Photo

フリーザーペーパーで作った8枚の型紙を縫いこみながら三角部分を作り、それを合体して八角形に仕上げます。

Photo_2

その布を縫う際にあらかじめ型紙でカットして準備するのではなく帯状にカットした布にフリーザーペーパーを載せて何枚も続けて縫い、

その後大体のかたちに布をカットし、さらに帯状にカットした布に縫い合わせていくという…

過程を写真つきで説明しないとまず分らないと思いますが一気に作って途中の写真がないので詳しい説明はご容赦ください。

4枚が合体したパターンの半分同士を最後に縫い合わせたら縫い代は割る、と先生には言われていたのですがアイロンをあてていたらうまい具合に風車倒しになりました。

多分このまま提出したら先生には『違うでしょ~』と言われるかもしれないけど、要は縫い代が片寄らず均等に処理できればいいじゃないと思ったりするのでとりあえずこのままもって行こうと思います。

『だめ』と言われたらその場でアイロンをあてて直そうと思って。

今回は1枚のパターンを裏にフリーザーペーパーを着けたままの状態での提出なのでこのままですが、

本来はこのパターンをさらにつなげるなりしてトップ全体が出来上がったらフリーザーペーパーを破って取り除いてからキルティングの作業に入ります。

今回縫ってみて実感したのは、布の必要な幅などをちゃんと計算して準備をして取り掛かれば型紙を当てて印つけをしてカットして手で縫うよりずっと早く作ることができるということ。

ただ斜めに切り捨てる部分など布のロスが結構出ます。

教室で先生は『いかにもアメリカ的よね』という言い方をしていましたが、どうにも中途半端な大きさの端切れがどんどんできる様は手縫いにはない光景です。

それをうまく活用できるならとっておけばいいのでしょうが、私の場合すっかり忘れて結局使わないと思うのでさっさと諦めて端切れの山はゴミ箱へ。

少し胸が痛むけど仕方ありませんweep

2010年9月11日 (土)

ミシンキルト教室でした

今週の水曜日は2ヶ月ぶりのミシンキルト教室でした。

先月は先生の都合で教室がなかった分『どんどん作ってね~』と先生には言われていたのですが全く進まないまま当日を迎えました。

提出物がある人はチェックシートと一緒に提出して先生に評価を書いていただくのですが当然私は出すものはなく他の生徒さんの作品を見るだけだったのですが…皆すごいです。

講師科修了までに制作を終わらせればいい講師科のサンプラーキルトを仕上げた方が何人も。

他にも別の作品のキルティングを終わらせて仕上げている人、前回の教室で習った(記事に書いてませんが)ファスナー付きのポーチやハワイアンを仕上げてきている人など頑張っている人がたくさんいます。

いやはやものすごい刺激になりました。

今回の教室ではフリーザーペーパーを使ったペーパーファンデーションピーシング

spade分割のあるパターンの縫い方 club帯状にカットした布を使う縫い方 diamondフリーザーペーパーを縫いこまずにやる方法)

を習ったのですが、この分だけで4つ宿題を作ってくることになりましたsweat02

前回、前々回に習った分の宿題もたまっているので数えるだけで恐ろしいことに…shock

ということで教室の後のモチベーションが上がっているうちにさっさと作ってしまおうということで今一気に縫っています。

今回の教室の宿題のうちspadeclubは終わらせました。

前の宿題のうちフリーモーションのキルティングも終わらせてバインディングも終わらせて完成shine

いつになく順調に進んでいます。

この勢いがいつまで持つか不安ですがこの調子でどんどん作っていこうと思います。

完成写真をまだ撮っていないので今回画像はありませんが後日アップしようと思っていますhappy01

2010年9月 2日 (木)

一つ嬉しいことがありました

今日も仕事に行っていつもどおり清掃作業をしていました。

掲示物があったので貼っていたらちょうどそこに通りかかった人が。

前にちょっとしたクレームを言われた人だったのでちょっと緊張しながら挨拶をしました。

いつも通りのちょっと不機嫌そうな表情でこちらを見ると一言掲示物へのダメ出しをされました。

『う~ん、やっぱり何かしら一言言われるのね~coldsweats01』と思いながら作業を続けていたのですが、通り過ぎるときに『暑いね』と意外なことに向こうから話し掛けてきました。

内心びっくりeyesign01しながら『暑いですね、いつまでもsweat01』と答えたら、今度は『あんたらの仕事は暑いと大変やね』と言われました。

正直暑さは堪えるので『はいcoldsweats01』と答えたらその方は少~し笑いながら歩いていきました。

たったそれだけconfident

たったそれだけのことなのですが、今までろくに会話をしたことのない相手から言葉をかけられた、それがとっても嬉しくてそれだけで何だか気持ちが元気になりましたwink

ダブルウェディングリングは止まってます

アクセス解析を見ていると時々ど~んとアクセス数が伸びているときがあります。

ページ移動履歴などで調べてみるとそういうときは大抵『ダブルウェディングリング』がまとめて見られているようです

(“ミシンでカテドラルウィンドウ”も多いかな)。

ダブルウェディングリング…カテゴリー『ダブルウェディングリング』で振り返ってみると最後の記事が2月9日…。

それから更新していないということは即ち制作がぴたっと止まっているということです。

どこの誰だか知らないけれど“ダブルウェディングリング”で検索してたまたまこのブログにやってきて見たものの『あれっ?完成は?』と思っている人がいるのかも。

すみませんね~もうしばらくは止まっていそうな気配です。

暑い中の大物のキルティングは暑くて死にそうshockなので涼しくなってmapleキルティングを再開したら更新するのでそれまでお楽しみにwink

ビーズのシュシュができました♪

生協のカタログで6ヶ月間のビーズのシュシュのキットを買っています。

6個のうち5個目まで届いていて、作ったのはまだ最初の1個だけ。

キットもどんどんたまると同時に『作らなきゃ』のプレッシャーもたまっていきます。

ということで2個目(緑系)を今日作りました。

Photo

6個の中で唯一レースを一緒に編みこんでいくタイプ。

編みこむというか糸を絡めるような作り方で編み針とか道具は何も使いません。

カタログには参考制作時間は1~2時間と書いてあったのですが要領が悪かったのか3時間くらい掛かった気がしますcoldsweats01

明日早速使おうっとnote

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »