フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の9件の記事

2010年10月31日 (日)

10月に読んだ本

『アダルト・エデュケーション』 村山由佳著 幻冬舎

『ダブルファンタジー』を読んだときから気になっていた村山由佳さんでしたが、先日NHKの番組に出たときの話が興味深くて新作のこの本が読みたくなりいつも利用する図書館にリクエストをして入荷第一号で借りて来ました。

読み始めて1日半、あっという間に読み終えてしまいました。

12人の女性の話が描かれていてシチュエーションは色々でしたが、話のどこかしこに気になる言葉があってふと自分を重ねて読んでいたりしてとても面白かったです。

人によって性描写の過激さばかりが気になって入り込めない場合もあると思いますが、現代の女性が抱えている本音の部分、それも性に関する精神的な部分を深く書いてあると思います。

同時に作家という仕事は自分の経験全てを元にして書いてさらしていくすごい覚悟のいる仕事で、かつそれは小説家だけに限らず何かを作り出していく人全てに当てはまることで、

作品の中に現れた自分の綺麗な部分や毒の部分から目をそらさず、さらにそれを発表することの影響も全て受け止めて行かなきゃいけない仕事なんだな~と思いました。

もっともそうでもしなければ生きていられないような人が作家になるんでしょうね(10月2日)

『家族がいてもいなくても』 久田恵著 産経新聞社

主に夫婦関係についてのエッセイ。

ただ著者の年齢が60歳くらいなのと介護や定年後の夫との生活などの取材後の作品なので書いてあるのことが定年前後の夫婦の話ばかり。

年齢を問わず同じように感じることもあるけれど大半は『まだよく分らん』というエピソードが多かったです。

でもその語り口はさっぱりしていて面白かったです。(10月8日)

『卵の緒』 瀬尾まいこ著 マガジンハウス

表題作と『7’s blood』という中篇が収められています。

どちらも普通とは違う一風変わった家族の中の人と人との繋がりについての話。

全体的に『ほわん』としていて、でも切なくて、胸が温かくなるような話でした。

ただ今の私にはちょっと綺麗過ぎる話のように感じてしまいました。

もしもっと心が弱っているときに読んだらじんと心に沁みたのかもしれません。(10月9日)

『ミシン』 嶽本野ばら著 小学館

『世界の終わりという名の雑貨店』と『ミシン』という中篇の小説が2編収められています。

題名に引かれて借りてきたのですがミシンというのは縫い物をするミシンのことではなくて『ミシン』の中のパンクロックバンドのボーカルの女性の名前でしたcoldsweats01

どちらの小説も独特の世界が広がっています。

色んなブランドがすべて英語で横書きで書かれてるところに筆者のこだわりを感じるし、ゴシックロリータ好きな女の子が出てきて、他の人たちとは一風違った好みや考え方を持っていて自分の世界で自己完結しているのに何か救いがない感じとか…身近にはいない人たちの世界でした。

以前読んだ『恋のトビラ』に収められていた短編小説はもっと割と普通な感じがして読みやすかったのですが、『ミシン』は初めての小説ということもあるのかだいぶ濃い世界でした。(10月14日)

『真昼なのに昏(くら)い部屋』 江國香織著 講談社

面白いという評判を聞いて読みたかった本。

図書館で予約して借りてきたのになぜか途中で止まったまま返却期限が来てしまい返却、再度予約をして借りてきて今度はさくさくっと読み終えることが出来ました。

読み始めて最初びっくりしたのが“ですます”調で書かれていたこと。

最初の方は読みづらくて仕方なかったのですが次第に慣れてきて、主人公のなんだか現実離れした感じととても合っていると感じるようになりました。

至極常識的ないい奥様なのに同時に浮世離れしていて、普通考えたら人目を気にして取らないような行動もごく当たり前に取ってしまって、そのことに何の罪悪感も感じていないところが余計手に負えないという感じ。

そういう主人公をまるで絵本のように“ですます”調で書いたのは作者の意図するところだったと雑誌のインタビュー記事で読み、見事に術中にはまっていたのねと納得しました。

面白かったかと聞かれれば『まぁ面白かったっていえばそうだけど…』と何とも中途半端な答えになるような不思議なお話でした。(10月17日)

『娼年 call boy』 石田衣良著 集英社

大学にはほとんど出席しないままバーテンダーのアルバイト生活をしている主人公リョウが御堂静香という女性と知り合い、静香の経営する女性向けデートクラブで娼夫として仕事を始め、女性の欲望に接しながら女性そして自分について考えを深め成長していく物語。

女性向け漫画雑誌で漫画化されて連載されていたものを時々立ち読みしていたので内容は知っていたのですが、友人が読んで『こんな世界もあるんだと思ったよ』と言っていたので原作を読んでみました。

続編の『逝年』も引き続き読んでみたくなりました。(10月24日)

2010年10月18日 (月)

ミシンキルト教室でした

先週の水曜日は月に一度のミシンキルト教室でした。

先月出された課題は終わっていたので余裕で提出していたのですが、その前に言われていた講師科のサンプラーキルトを仕上げてきた人が複数いて、『皆頑張るな~』と感心してしまいました。

今月は『アップリピーシング』という技法を習いました。

教室では提出課題の図案を単純化したものを実際に縫ってみることで技法を学び、実際の提出課題は色選びなど家でゆっくり落ち着いてしてくるようにということでした。

もう一つ出された課題はまたフリーモーション。

ミシンキルト用のオフホワイトの布を使い、布幅一杯×1mの大きさにフェザーをデザインしてフリーモーションでキルティングしてくる、というもの。

そのときフェザーを正方形・長方形・二等辺三角形・正三角形・ボーダーに収まるように縫うというのが条件です。

フェザーのキルティング自体は大好きなので楽しみにしていた課題ですが、まずは条件に沿ってデザインをしなければなりません。

家に帰ってから頭の中ではフェザーと色んな形がぐるぐる回っていました。

スケッチブックに『ああでもない。こうでもない。』と書きなぐっていましたが何となく形になったので、方眼の入った工作用紙を2枚買ってきてつないで大体1m角にしデザインを書き写してその中にフェザーを書いてみました。

この作業が実に疲れるのでまだ途中なんですが、スケッチブックと違い実物大ではどの程度の大きさのフェザーを書けばバランスがいいのかが分ります。

その上で『これでいいや』と思えたら実際に布に四角や三角を書き写して、キルト綿と裏布をスプレーボンドで貼り付けてキルティングの準備に入ります。

そこまでしておけば実際のキルティングは一気にやらなくても合間合間に埋めていくことができるから安心です。

今回の課題はこの二つですが、来月の教室のときの使う布を縫い合わせて準備しておかねばならないし、他にも前に出された課題がいくつも残っています。

いずれも一気にやろうとしても出来はしないことは明白、それなら結局のところこつこつとやっていくしかありません。

そしたらいつかは必ず終わるからbleah

2010年10月12日 (火)

キルトウィーク、今年は福岡で開催

涼しくなったな~と思っていたら汗ばむ陽気になったり、蒸し暑いな~と窓を開けていたらいつの間にかひんやりした風が吹いてきたりと気温の変化の大きい季節になりました。

と思っていたら風邪を引いてしまいました。

私の場合『喉が痛い』と感じたら要注意!すぐうがい薬&ヴィックスドロップで喉をケアします。

このタイミングがいいと何ともなくやり過ごせるのですがちょうど今微妙なところです。

何もせずゆっくり体を休めるのが一番なのですが家にいるとどうしてもやらねばならないこと(家事など)、やりたいこと(縫い物、読書、録画したドラマを見る、など)が気になって動いてしまいます。

明日はミシンキルト教室の日だし前回の教室の課題は一応終わっているのだから(前の課題はたくさん残ったままbearing)おとなしくしておけばいいのだけど…。

chick chick chick chick chick chick chick chick chick chick chick chick

パッチワークの祭典、キルトウィークが今年は福岡ヤフードームで開催されることになりましたnote

日にちは 12月3日(金)~5日(日) の3日間です。

私は3日は仕事だから4日か5日に行きたいな~と思っています。

一昨年は福岡で開催されたのですが昨年はスポンサーの力が働いたのか何なのか理由は知りませんが初めて熊本での開催になりました。

私は熊本に住んでいたこともあって会場も知っているし行きたかったのですが体調を崩して行けず、公共交通機関を利用して福岡から行った友人に聞いたら『すっごい不便!すっごい時間が掛かった!規模も小さかった!』と文句たらたらでした。

聞きながら熊本に住んでいた私としては複雑な気持ちでしたが…。

今年の福岡での開催でどんな作品が展示されどの程度の出店があるのか分りませんが滅多に見られない大きなキルトを見る機会なので今から楽しみにしていますhappy01

2010年10月 8日 (金)

何か違う

福岡に引っ越してきて2年半が過ぎました。

以前住んでいたところは熊本市内から車で高速道路を使って1時間以上かかる内陸の方だったので『布を買いたくても近くにはいいお店がない』『映画を見ようと思ったら1日仕事』『コンサートとか行くだけで大変』と出来ないことを数えては『もっと便利な場所だったら』と思ったりしていました。

気候も内陸特有の“夏暑く冬寒い”というもので気温の変化が激しく、秋から冬にかけては濃霧も発生してお昼前くらいまではその日の天気が分らない、洗濯物は乾かないという場所でした。

そんな中10年以上生活してきたので、引っ越してきて、歩いていける範囲にスーパーがある、子供にお使いが頼める、車がなくてもバスや電車で出かけられる、有名なバレエダンサーの公演やコンサートが見れる、午前の仕事のあと映画を見て夕方には家に帰りつける、習い事は色んな講座が選り取り見取り、ピザが配達に来てくれる…などなどそれまでの生活では味わえなかった便利さに家族で喜んでいました。

…でもね、2年半たってやっぱり感じるんです。

『何か違う』って。

私は元々田舎者、思い返してみれば生活圏にはいつも田んぼの景色があり、遠くの山に、空を渡る風に季節を感じ、夜空の星座を見て季節の移り変わりを感じていたのです。

春になると風の匂いが変わり柔らかくなってあちこちで花が咲き、夏になると木や草の圧倒的な勢いの緑にかこまれ、秋になると空気が澄み渡って空が高くなり、冬になるときんと冷えた風を指先に頬に感じていました。

ショーウィンドウに飾られたディスプレイや、整備された公園の花壇の花にも季節を感じることは出来るのですが、そういう人の手の入ったものからうける季節の変化は何だか『色が薄い』のです。

ここでの生活がこの先も続いて10年も経ったらそれが当たり前になるのかも知れないけど、時々夫と二人して『何か違うよね』と話したりしています。

かといって自然を求めてどっぷり田舎の生活をしたいという訳でもないのです。

程よく田舎で程よく便利な生活がしたい、なんて結局ない物ねだりなのかしら。

リンクが一つ増えました

このブログの左の下の方に『お気に入りのサイト』という欄があります。

私が興味を持ったブログやHPがずら~っと書いてあるのですが、その中にリンクしたブログが一つ増えました。

以前記事にも書きましたが 『きんたろのたなごころ』 というブログで、実は書いているのは同じ先生に習っている生徒さんで、なおかつ素敵な創作キルトを作られる私の憧れのキルターさんです。

色使いなど私とは全く違っていて発想も豊かで作品を見るといつも驚いてしまいます。

ミシンキルト教室は途中で違う曜日に移られたので実際にお会いできる機会が減っていただけにブログを見つけることが出来て嬉しく思っています。

ブログを拝見すると日々創作のことを考えていられるし、いつの間に?というくらいいろいろ作っているし、教えるということにも取り組んでいるし、つくづく凄いな~と思ってしまいます。

よかったらぜひ見に行ってみてくださいましwink

2010年10月 7日 (木)

再就職から丸1年

10月を迎え再就職をしてから丸1年が経過しました。

振り返ると昨年のシルバーウィーク明けドキドキで面接を受けその日のうちに採用の連絡を受け、3日間の研修・手続きを経て現場へ。

いよいよ明日からは1人で現場と思いきや娘が珍しく発熱し出勤早々の欠勤、その後インフルエンザが流行ったりしてどうなることかと冷や冷やしながらも家族の協力もあり1ヶ月、3ヶ月と無事に過ぎ…あとは何だかあっという間の1年でした。

働き始めた頃『暑くもなく寒くもなくちょうどいいときに入ったね』と言われていた通り間もなく風が冷たくなり制服も半袖から長袖へ、さらにジャンパーを着て、さらにさらに肌着を中に着こんでの冬の勤務。

6ヶ月の試用期間が終わる頃、桜の花が咲く中娘が小学校を卒業し中学校へ。

『また過ごしやすい季節になったわ』と思ったのもつかの間、梅雨が明けた途端記録的な猛暑の夏へ突入、とにかく熱中症にならないように、脱水にならないようにとスポーツドリンクと首に巻く保冷剤、タオルに着替えと毎日大荷物を抱えての通勤でした。

そしてまたそろそろ制服が半袖から長袖に替わろうとしています。

1年前の働いてない頃の生活がずっと昔のことだったような、でもついこの間のことだったような不思議な感じです。

とにもかくにも無事1年間勤めることが出来てよかった。

これからもこの調子で頑張ろうと思います。

2010年10月 6日 (水)

課題ギザギザ オリジナルデザイン その2

オリジナルデザインその1があまりに動きのないものになってしまったので今回はとにかく動きを感じられるものにしようとデザインしてみました。

色使いもギザギザのバンドがはっきりと強調できるような色にしてみました。

結果できあがったのがこちら。

Photo_3

前回のに比べると動きが出て今の私ならこれだけできればいいかな、と納得。

裏はこんな風になってます。

Photo_4

動きを優先してデザインしたもののカーブがきつくて、縫い合わせるときはまち針を細かく打って3、4針縫うごとに押え金をあげて位置を調整して縫う始末。

でもゆっくり丁寧に縫ったお陰で綺麗に出来上がったと思います。

ということで前回の教室で出された課題は全部無事終了。

いつもなら教室が終わった後しばらくはやる気があるものの、ある日ぱたっ止まって手付かずのまま時間だけが過ぎ、次の教室まで時間が残り少なくなる中『出来てない~wobblyやらなきゃいけないのに~wobblysweat01』と焦りだけがつのっていきます。

ですが今回はいつになくやる気が継続でき次回の教室まで1週間残った状態で課題が完成、何だか余裕ですscissors(今回は次回の教室まで5週間あったのもラッキーだったのですがbleah

この調子で引き続きその前の課題に取り掛かろうと思っています。

課題ギザギザ オリジナルデザイン その1

先日完成させた課題ギザギザの発展形 『オリジナルデザイン 30×40cm以上』、

条件としては大きさのほかに ◎ギザギザのバンドが2本あること ◎角が綺麗に縫えていること ◎カーブが綺麗に縫えていること と決められています。

正方形だと縦横を考えなくてもいいからと40cm角でデザインして布を決め、いざ縫ってみたのですが…。

条件はクリアしているもののなんともつまらん出来上がりになりました。

Photo

縦のリボンを折りたたんだようなバンドは狙い通りだったのですがその他はしょぼい出来上がりになってしまいました。

裏はこんな風になっています。

Photo_2

出来上がってすぐ『これじゃやだangry』とデザインからやり直すことに決めました。

2010年10月 3日 (日)

本屋に行って…結局買っちゃうじゃ~ん

先日アラン模様の本を買ったばかりでしたが、その後ネットで今年も編み物の本が色々出版されているのを知り見てみたくなり仕事終わりにバスに乗って大型書店に行って来ました。

ここに来ればない物はない、というくらい品揃えがいいので手芸コーナーの編み物のコーナーだけでも長く楽しめます。

『うわ~note』と見ているとそこには昨シーズンから欲しかった本が…。

何度も手に取り見ていたのですが迷いに迷って結局買うことにしちゃいましたhappy02

100

『アラン模様のパターンブック100』

アラン模様の歴史や模様の説明と、シンプル模様、夏糸の模様、伝統模様など編地と編み図が100も載っていて見ているだけでワクワクしてしまいます。

この本を手に取りレジに向かおうとくるっと後ろを見たらそこはちょうどパッチワークの本のコーナーでした。

この頃パッチワークの本はあまり買うことがなかったのですがふとこの本が気になり手に取りました。

『黒羽志寿子[キルト]術 布が教えてくれたこと』

作り方の本かと思ったら黒羽志寿子さんのキルトとの出会いや作品作りについて書かれた本で、今までに発表した作品の説明や制作過程も書かれています。

文庫本以外では本屋で一度見て即買うことはあまりないのですが、この本はきっと後から気になって仕方なくなるような気がしたので思い切って買うことにしました。

まだ最初の方しか読んでいないのですがすごく大事なことが書かれている気がします。

帰りのバスの中まずはアラン模様の本を見て『うわっこの模様いいや~ん』『うわ~見てるだけでぞくぞくする』とワクワクしていたのですが、傍から見たらきっと編地と編み図だけが載っている本を見てにやにやしている変なおばちゃんだったんだろうな、と思いますsmile

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »