フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« キルトウィーク、今年は福岡で開催 | トップページ | 10月に読んだ本 »

2010年10月18日 (月)

ミシンキルト教室でした

先週の水曜日は月に一度のミシンキルト教室でした。

先月出された課題は終わっていたので余裕で提出していたのですが、その前に言われていた講師科のサンプラーキルトを仕上げてきた人が複数いて、『皆頑張るな~』と感心してしまいました。

今月は『アップリピーシング』という技法を習いました。

教室では提出課題の図案を単純化したものを実際に縫ってみることで技法を学び、実際の提出課題は色選びなど家でゆっくり落ち着いてしてくるようにということでした。

もう一つ出された課題はまたフリーモーション。

ミシンキルト用のオフホワイトの布を使い、布幅一杯×1mの大きさにフェザーをデザインしてフリーモーションでキルティングしてくる、というもの。

そのときフェザーを正方形・長方形・二等辺三角形・正三角形・ボーダーに収まるように縫うというのが条件です。

フェザーのキルティング自体は大好きなので楽しみにしていた課題ですが、まずは条件に沿ってデザインをしなければなりません。

家に帰ってから頭の中ではフェザーと色んな形がぐるぐる回っていました。

スケッチブックに『ああでもない。こうでもない。』と書きなぐっていましたが何となく形になったので、方眼の入った工作用紙を2枚買ってきてつないで大体1m角にしデザインを書き写してその中にフェザーを書いてみました。

この作業が実に疲れるのでまだ途中なんですが、スケッチブックと違い実物大ではどの程度の大きさのフェザーを書けばバランスがいいのかが分ります。

その上で『これでいいや』と思えたら実際に布に四角や三角を書き写して、キルト綿と裏布をスプレーボンドで貼り付けてキルティングの準備に入ります。

そこまでしておけば実際のキルティングは一気にやらなくても合間合間に埋めていくことができるから安心です。

今回の課題はこの二つですが、来月の教室のときの使う布を縫い合わせて準備しておかねばならないし、他にも前に出された課題がいくつも残っています。

いずれも一気にやろうとしても出来はしないことは明白、それなら結局のところこつこつとやっていくしかありません。

そしたらいつかは必ず終わるからbleah

« キルトウィーク、今年は福岡で開催 | トップページ | 10月に読んだ本 »

「パッチワーク」カテゴリの記事

ミシンキルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キルトウィーク、今年は福岡で開催 | トップページ | 10月に読んだ本 »