フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 息子とミシン | トップページ | 12月に読んだ本 »

2010年11月30日 (火)

11月に読んだ本

『逝年 call boy』 石田衣良著 集英社

前作『娼年 call boy』で性を通じて女性についてもっと深く知りたいと目覚めた主人公リョウがクラブの代表御堂静香を待ちながらメンバーとクラブを再開すると決めてからの話。

いろんな女性とのエピソードが描かれていたのですが、最期の別れが迫る中結ばれるリョウと静香 二人の姿が美しすぎて、他にはどんな女性が出てきたっけ?という感じ。

ただ全体的にかなり辛い状況の中でも登場人物が自制して冷静に過ごしている場面が多いので『そこまで冷静にいられるのかしら。実際はもっとどうしようもなく乱れ、荒れ狂うのではないのかしら』と思ったりもしました。(11月10日)

『REVERSE リバース』 石田衣良著 中央公論新社

ネットのSNS(ソーシャルネットワークシステム…だったかな)で知り合った男女が主人公。

考え方などとても合ってお互いに惹かれあう二人。

ところが、実はお互いに性別を偽って登録していたのでネットの世界では男女が逆転した状態の中同性の相手(と思い込んでいる)に好意を抱いていることに戸惑いながらも合いたい思いは募り、ある方法でお互いに会う約束をするのだが…、というお話。

最終的にはハッピーエンドで爽やかな読後感でした。(11月17日)

『夜の桃』 石田衣良著 新潮社

図書館で題名に引かれて手に取った本。

主人公はIT会社の社長で美しい妻と性的な魅力に溢れた愛人と心置きなく話せる友人がいて順調な人生を歩んでいる。

そこに新しく現れた女性との関係が深まるにつれて今まで何の問題もなく過ぎていた日々が次第に形を変えていく…というお話。

やたらと女性とのからみのシーンが多くて、著者は日々女性に大してこういう疑問や感慨を感じているのかな~なんて思いながら読みました。

都会の中でお金にも仕事にも人間関係にも満たされた人間が主人公でこんな人も現実にいるんだろうけど、少なくとも私の身の回りにはいないぞ、現実感ないな~と思ってしまいました。

あと思ったのが浮気を継続するには金銭的に恵まれていて自分の自由になるお金があるというのが必須条件なんだな、と思いました。

主人公に何だかんだあって最後は徹底的にずたぼろになるもんだと予想しながら読んでいたのに結末は『あり?こんなもん?』って感じだったので『ちっ、何か甘いな~』と思ってしまいました。(11月26日)

…ということで今月は石田衣良づくしの月でした。

何となく続けて読んだけど石田衣良はもういいかな、という感じ。

« 息子とミシン | トップページ | 12月に読んだ本 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子とミシン | トップページ | 12月に読んだ本 »