フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の3件の記事

2011年4月30日 (土)

4月に読んだ本

『リセット』 垣谷美雨著 双葉文庫

高校時代の同級生の女性3人が40半ばを過ぎて人生に後悔を抱きながら毎日を過ごしていたときに偶然出会い、ひょんなことから30年前の高校3年生に戻って人生をやり直すという話。

設定自体はありがちなものなので『どんなもんだかねぇ』と思いながら手に取ったものの3人の年齢が自分に近いこともありどんどん読んでしまいました。

中身は実年齢のまま高校3年に戻って自分の母親や父親の姿を見てみると、記憶にある母親像、父親像とあまりに違っていて愕然とするところや、どんな風に生きたかったのか見つめなおして思った通りに生きてみた結果どうなったのかなどなかなかシビアに描かれています。

以前読んだ『「女のしあわせheart」がなくなる日』(ももせいづみ著)を読んだときに感じた時代とともに変化する女性の理想像とその現実がここにも描かれて、時代に翻弄されてしまっている女性の現実の姿が感じられます。

このお話は最終的に自分の考えに正直に決断をして結果ハッピーエンド(人生が終わった訳じゃないからエンドじゃないけど)になりつつあるところで終わります。

でも結末がどうかよりそこに至るまでの過程が面白いと感じました。(4月18日)

『きみはポラリス』 三浦しをん著 新潮文庫

一味違う恋愛を題材にした短編が11編収められています。

一番最初と最後だけが登場人物が同じで、他は全く別の話で色んな状況、色んな恋愛が描かれています。

中には恋愛感情?というものもあるけど広い目で見ればありかな。

私は『私たちがしたこと』がはらはらして面白かったです。(4月22日)

『まさかわたしがPTAsign02』 まついなつき著 メディアファクトリー

中学校の役員にくじで当たってしまい、『なんだかな~』とくさくさした気分でパソコンでPTAと入力したら出てきた中の1冊。

図書館にちょうどあったので借りてみましたが、ほとんどマンガなのであっという間に読んでしまいました。

主人公がPTAでばりばり頑張ってる人という設定だったらやだなangryと思っていたのですが全然そんなことをはなくて、

初めてPTA活動に参加することになった母親が訳が分らないまま遭遇するエピソードの数々に思わず『そうそう、そうなのよ~』と共感できました。(4月22日)

2011年4月19日 (火)

ミシンキルト教室 終わりました

今日は4月とは思えないくらい冷たい風が吹いて寒い一日でした。

そう、4月…先週は約3年間通ったミシンキルトの最後の教室でした。

ミシンキルト教室に行き始めた最初の頃は教室でやったことの内容、課題、先生の言動について書きたくて仕方なかったのですが、ここ半年くらいはすっかりやる気がなくなってしまいブログにも書かなくなってしまいました。

それでも無理やり課題は遅れ気味ながらも提出していたのですが、2月の課題は半分だけ、3月の課題に至っては全く手付かずというどうしようもない状況になってしまいました。

なんでこうなってしまったかというとプライベートでやらなきゃならないことが集中的に増えてそれをこなすのでいっぱいいっぱいの中、やりたくないものをやるという状態がしんどくて仕方なくなってしまったから、かな?

習いに行ってるんだから提出すべきものはやらなきゃいけないのは当然なんですけどね。

ミシンキルト自体は好きだし、教室で習ったテクニックを使ってやりたいこともたくさんあるのだけど、気持ちの余裕がなくなってしまいました。

幸い先生は『別の曜日の教室を教えに来ているときに持ってきたら課題のチェックはできます。自分のペースでやってください』と言ってくださっているので、せっかく最後まで勉強したんだし今後少しずつでも課題を片付けて最終的に申請して免状ももらいたいと思っています。

同じ教室のメンバーよりは遥かに遅くなりそうですけどbleah

それでいいんです、マイペース、マイペース。

不思議なもので教室がなくなって自分の好きなペースで縫うことができると思ったら途端にゆっくりハンドキルトをやりたくなりました。

ダブルウェディングリングもずっと止まったままだし少しずつ進めたいな~と思っています。

改めてダブルウェディングリングを振り返ってみていたらますます作りたくなってきました。

キルティングは毎日少しずつやることで確実に進むので、まずは一番外側のしつけがゆるんできてしまっている部分のしつけの掛け直しをせねばrockと思っています。

2011年4月14日 (木)

怒涛の新年度スタート

4月になりました。

去年より少し遅くソメイヨシノは4月に入ってから満開を迎え、今はどんどん散り始めています。

そんな中怒涛の新年度がスタートしました。

何がそんなに激しいのかというと子供会の役員の仕事がまあ大変bearing

役員4人で『これってどうするの?』『まず何からしたらいいの?』状態であっぷあっぷしてますwobbly

すごいですよ~、年度初めの名簿作り、回覧板作りと並行して(書記なのでpc)もう5月を通り越して6月7月のイベントについて準備を始めてるんですからsweat01

頭の中ぐっちゃぐちゃtyphoon

そんな中救いになっているのは週に1回のスポーツジム。

ジムに行ってまで何だかんだと考えていてもどうしようもないので、ジムにいる間は自分の体に集中して思い切り汗をかいてすっきり気分転換しています。

ときどきどうしようもなく動けなくなるくらい疲れてしまうときはジムに行くより体を休ませた方がいいような気もするけれど、家から出て日常から離れて過ごす時間はやっぱり大事。

肝心の体の変化はというと1ヶ月で体重1kg減。

それも筋肉量は変わらないまま脂肪が1kg減ってました。

おかげで肥満→やや肥満(ぎりぎりのラインだけど)になりました。

ズボンがゆるくなってきて下半身がすっきりしてきたような気がします。

この先やらねばならないことを考えるとくらくらしてくるので、今はとにかく目の前のことを一つ一つ片付けながらこの調子で怒涛の日々を乗り越えようと思っています。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »