フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の4件の記事

2011年5月31日 (火)

5月に読んだ本

『モリオ』 荻上直子著 光文社

『かもめ食堂』『めがね』などの監督である荻上直子初の小説集。

『モリオ』『エウとシャチョウ』の2編が収められています。

『モリオ』は主人公モリオが死んだ母親が使っていた壊れた足踏みミシンを持ち帰り自分で修理し、子どものときに母親のそばで大好きな花柄の布に囲まれていた記憶を元に布を買い求めスカートを縫い始める話。

『エウとシャチョウ』は主人公の男性エウが同居している彼女の飼い猫“シャチョウ”や『モリオ』にも出てくる布屋の飼い猫“三郎さん”と過ごす日々が描かれています。

どちらも生活感がなくて普通の生活の中では“変わった人”と言われそうな人が主人公。

独特の雰囲気の中話が進んでいき、著者は脚本も書いているせいか読みやすくてあっという間に読み終えてしまいました。

『モリオ』には足踏みミシンが出てきますが、私の実家では足踏みミシンが現役で母が時々縫い物をしているし、子どものころは足踏みミシンを踏むリズムと音が好きだったので読んでいて何だか心が和みました。(5月1日)

『庭の桜、隣の犬』 角田光代著 講談社

主人公房子は子どものころ驚異的な記憶力で天才少女ともてはやされたもの成長するにつれ普通の少女となるがどこか普通とは違う感覚を持った女性へと成長し結婚する。

夫の宗二は家とは別に寝泊りする部屋を借りたいといい二人の生活が少しずつ変化を始め…という風に話が進むのだけどなんだか現実感がなくて夢の中の話を読んでいるような感じでした。

最終的には何となくまとまった感じだけど、結局だから何?という感想を持ちました。(5月7日)

『七人の敵がいる』 加納朋子著 集英社

PTAを題材にした小説で七人の敵ってことで七つの章に分かれていてそれぞれ違う相手との戦いの話が書かれています。

主人公陽子は息子陽介が小学校に入学したのを機に今まで全く縁のなかった(というかかかわりを持とうとしなかった)PTA活動に参加することになり、仕事モードで仕事をしていることからPTA活動など出来ないと言い切ったことから回り中を敵に回してしまい悪戦苦闘するという話。

自治会の集まりに『たまには参加してよ』とばかりに夫を出席させたら深く考えることなく自治会長の任を引き受けてきた挙句『よろしくな』と妻に丸投げ使用とするくだりなど実によく分る!と共感できました

(近所のお宅で似たようなことがあって『いい格好して引き受けてくるんだもん。実際は結局私がしなきゃならないじゃないの~』と奥さんが嘆いていました)。

最終的に現実ではここまでまとまりよくいくことはないと思うけどPTA活動の現状や問題点など実にリアルに詳しく描かれながら話が進んで行きます。

色んな登場人物がいて主人公陽子の側からしたら戦うべき相手でもふとしたときにその相手の抱えた影の部分

(学童保育の保護者会長の奥さんが実は過去にPTA活動で苛めにあいパニック傷害になり人の多い場所に出られなくなってしまった話や、

仕事を辞め夫と自分の両親4人の介護に追われる主婦が自治会活動の仕事ぶりからいかに仕事人として有能であったかが分る瞬間見えてくる現実の厳しさや会話の中でふともらした本音の切なさなど)

も書かれていて単純な勧善懲悪ではないところがよかったです。

中盤で思いがけない展開もあり後半はぐんぐん読んでしまいました。

今まさにPTA活動をやっている子育て世代の母親、父親、祖父母、先生、地域の人たちなどなどいろんな人に読んで欲しいな、と思いました。(5月13日)

『予定日はジミー・ペイジ』 角田光代著 白水社

主人公が妊娠してから出産までの日々を夫婦関係を中心に描いた小説。

この本が出版されて角田光代本人が妊娠出産したと思った方も多かったそうですが実際は妊娠も出産もしていないそう。

かくいう私も本屋で最初見たとき『角田光代子ども生んだんだsign01』と思いましたcoldsweats01

妊娠したはいいが嬉しいと感じない、だからといって妊娠が嬉しくない訳じゃないとか、妊娠出産を素晴らしいことと唱える妊婦教室に違和感を感じてしまうとか結構『私もそうだった』と思った人多いんじゃないかな~と思いました。(5月19日)

2011年5月27日 (金)

『やせたね』と言われるようになりました

3月から週に1回スポーツジムに通って筋トレや有酸素運動をしています。

スポーツジムに行くと決めたとき何だか楽しくなって会う人会う人に

『スポーツジム行き始めたんだよ~。私筋肉は標準だけど脂肪が10kgオーバーで“肥満”なんだってhappy02sweat01

となぜかやせる自信もないのにあちこちでしゃべってました。

なのでたまに会うと『運動続いてる?』と聞かれることがしばしば。

『お金払ってるからには元を取らねばsign01』とせっせと通っているので『うんnote通ってるよ~』と答えていました。

そんなこんなでもうすぐ丸3ヶ月ですがこの頃『やせたね』『しまってきたね』と少しずつ言われるようになりました。

ジムに行き始めてすぐからむくみが取れたり肩周りが柔らかくなったり腰周りがすっきりしてきたり…と自分で体の変化は感じていたのですがそれが見た目に出てきたのかな?

でも『やせたね』と言ってくれるのは私がジムに通いだしたのを知っている人ばかりbleah

これが何にも話してない人から言われるようになったら成果ありってことかな。

ムチャなやり方で体重を落とすと筋肉が落ちて肌がたるんで やせた=やつれた となってしまうので、そうならないよう時間をかけてじっくりじっくり筋肉をつけて基礎代謝をあげて健康的な身体になるのを目標に運動を続けますrock

2011年5月19日 (木)

筋肉痛…

週に1回ペースで通っているジムですが、先週は行けず昨日今月2回目のトレーニングをしに行って来ました。

いつも通り筋トレをした後スタジオでRPBエッセンスというプログラムをする予定が筋トレの後時間があいたので20分間ウォーキングをしてからスタジオへ。

いつもより多く動いたし、気温が高くなったしで汗も半端なくsweat01終わる頃には全身びっしょりなので初めてお風呂に入って汗を流して帰ることにしました。

今まではなかなか時間がなくてダッシュで帰っていたのですが、頭も身体も洗い湯船に漬かってこわばった筋肉を緩め、髪を乾かしメイクをし直すと気分はすっきりshine

いつもだったら夕食の後お風呂に入るのもしんどいのにジムで入ってきたから入らなくてもいいやと思うとすごく気が楽で、これはやみつきになりそう。

そして今日は久々に全身筋肉痛です。

お腹も背中も肩も…でも何だか気持ちいいです。

週に1回ジムに通うくらいじゃ身体の変化はそう期待できないと分っているけれど、週に1度でも大きな鏡に自分の体を映して見るというのはやっぱりいい刺激になります。

あとインストラクターの美しいBODYを見るのも。

自分の生活パターンじゃああはなれないと分っているけれど、こんなに美しい体をしている人が世の中にはいるんだなぁと単純に感心してしまいます。

2011年5月 3日 (火)

スポーツジム3ヶ月目

3月に行き始めたスポーツジム、あっという間に3ヶ月目に入りました。

週に1回筋トレしてスタジオプログラムRPBで有酸素運動をしています。

筋肉をつけて基礎代謝を上げることで脂肪を燃焼させて目標とする体型・体重を目指しましょう、ということで最初の1ヶ月は毎週、それ以降は月に1回インストラクターの指導を受けています。

筋トレには慣れたこともあり徐々に負荷を重くして適正な回数でこなして何となく筋肉がついてきた感じもするし、筋トレの後有酸素運動(RPB)をして腰周り、肩甲骨周りも軟らかくなってきているように感じます。

そして今日月に一度の身体の測定をしたのですが…体重、筋肉量、脂肪量、いずれも大きな変化無し。

というか1ヶ月前は体重が1kg減って肥満→やや肥満になっていたのが、今日はその1kgが戻って肥満に逆戻り。

インストラクターからも『あー増えてますね。食生活とかどんなですか?どんな身体が目標ですか?…ふむ。じゃあ、どういう風に生活を変えましょうか?』とあくまで答えを自分から導き出すことによって目標を明確にする指導を受けました。

実は出かける前着替えるときに全身を鏡に写してみて『私ってつくづく足太いし短いしO脚だしどてっ腹だし、ジム行き始めてから少しはましになった気がしてたけどそんなことないじゃんdown』と感じていただけに測定結果にはがっかり。

何だか落ち込んでしまいました。

でもここでくさってしまっても仕方ありません。

もともとじっくり取り組むつもりで始めたこと、取りあえず3ヶ月、そして6ヶ月、さらにさらにで1年続けま~す。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »