フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の6件の記事

2011年10月31日 (月)

10月に読んだ本

『心のこり』 藤堂志津子著 文藝春秋

中編小説が3編収められています。

…とここで書くためにパラパラと読み返してみたのだけど、どれも「どんな話だったっけか?」と途中まで読んでも今いち思い出せないくらい印象に残っていませんでした。

どれも単純な恋愛の話じゃないところに大人の恋愛の複雑さが感じられました。(10月1日)

『淋しがり』 藤堂志津子著 講談社

短編小説が7編収められています。

こちらは『心のこり』より覚えてる話が多かったです。

でも、どっちかと言ったら私は藤堂さんの小説は長編の方が面白く感じます。

この本の中では5番目に収められている『冷たい手』が面白かったです。

途中の展開が思いがけなくてこの後何かが起こるのね、というところで終わっていてその後の展開を想像してしまうのがまた面白かったです。

ドラマにしてもよさそうな感じ。(10月5日)

『せつない時間』 藤堂志津子著 講談社文庫

札幌に住む女性が主人公の短編小説が10篇収められています。

何となく読みにくい作品もあるけど最後の『グレーの選択』など大人の恋愛という感じでよかったです。

描かれている札幌の情景や冷たい空気の感じが九州に住んでいる自分の環境とは違って何だか少し憧れてしまいました。(10月8日)

『自分をいかして生きる』 西村佳哲著 ちくま文庫

自分をいかす仕事をするということについて書かれています。

最初は何かヒントになることが書かれているのでは、と期待していたのですが途中からだんだん読む気が失せてしまって…。

なんでだろう?

とにかく残りあと少しだから、という感じで読み終えました。

だからこれといった感想もなし。(10月10日)

『風にまかせて女のほんね』 藤堂志津子著 文春文庫

このところ立て続けに読んでいる藤堂志津子さんのエッセー集。

さっぱりとした語り口で読んでいて気持ちがいいし、読後感も○。

それにしても男女を問わず友だちの多い人で、友人の少ない私はいいな~と羨ましくなってしまいました。

もっとも人との距離のとり方って人それぞれだからいくら憧れても私にはできない付き合い方なんだろうな、と思いました。(10月18日)

『さりげなく、私』 藤堂志津子著 講談社

こちらも藤堂さんのエッセー集。

『風にまかせて女のほんね』よりだいぶ前に出版されたものなので内容はデビュー作が出版されてから専業作家になって1年くらいまでのものが多いです。

それでもさっぱりとした語り口は昔から変わらないのだな~と感じました。(10月22日)

『先達の御意見』 酒井順子著 文藝春秋

藤堂さんのエッセーを読んでから誰のでもいいからエッセーを読みたいな~と図書館をぶらぶらしていて手に取ったもの。

酒井順子さんといえば『負け犬の遠吠え』が有名ですが、この本は『負け犬…』を出版した頃から『負け犬…』が賞を取りすっかり流行語になった頃の対談をまとめたもの。

相手はすべて年齢が上の女性。

独身の人あり、既婚の人あり、離婚・再婚経験者ありと境遇はいろいろ。

会話の調子も楽しく会話を楽しんでいるものからちょっと説教されてるみたいなものもあって、対談って緊張するんだろうな、なんて思いました。(10月26日)

2011年10月10日 (月)

結局ほどきました

前回編みかけのベストについて書いたのですが、どうも小さい気がして結局全部ほどきました。

後ろ身頃の半分以上できていたのに元の毛糸玉に戻ってしまいました。

2

1玉80g約122m巻きです。

さあ、これをどうしましょう。

針の号数を上げてまた最初から編み始めるか、それともベストはやめて別のものを編むか、迷っています。

毛糸玉になっちゃったら何だかやる気がなくなっちゃって。

どうしよっかな~。

2011年10月 7日 (金)

別のものに手を出してしまいました

アラン模様のバッグを編んでいたのですが、本屋さんで見かけた編み物の本に載っていたガーター編みのシンプルなスヌードが編みたくなって並行して編み始めました。

ところが、表も裏もひたすら表編みをするだけのガーター編みは初心者にとっては最適でも模様編み大好きの私には物足りなくて仕方なくて。

ひたすら同じことを繰り返して編むのが苦行のように感じられて結局やめてしまいました。

さっさとほどいたものの毛糸がもったいなくてこの糸の太さで何かできないかと手持ちの編み物の本を見ていたら以前買った本にちょうどいいベストが載っていました。

それがこの本の表紙のベスト。

というかこのベストを作りたくて買った本だったので迷わず編み始めてしまいました。

Photo

今回も交差編みやかのこ編みのあるアラン模様。

できるだけ明るく撮ったんだけど柄が見えるかしら?

不思議なもので単純なガーター編みより模様編みのほうが手間が掛かるはずなのに編んで手楽しいからかどんどん編んでどんどん大きくなっています。

ってここで写真を撮っていて気になったのだけど、何だか私が着るには少し小さい気がします。

指定どおりの針の太さで編んでるのですが編み方がちょっときつかったかな?

これは後ろ身頃なんですがもし出来上がって小さかったら残念だけどほどいて編みなおさねば。

もしそうなったらまた一からスタートする気になるか…自信がありませんbearing

もしかしたらまた別のものになるかもしれませんbleah

アラン模様 バッグになる予定

先日から編んでいるアラン模様、いい大きさになったので上下に2目ゴム編みをしてこんな形になりました。

4

これを半分に折って脇をはいで中袋をつけてゴム編み部分で持ち手をくるんでバッグになる予定です。

5

ここまで来たら後もう少しで完成なのですがまた別のことを始めてしまいました。

そのことは次の記事で…。

久しぶりにバレエをしてきました

いつも利用している図書館は演奏会の行われるホールや色んな講座に使える部屋がある公共の建物の中にあります。

そこでは比較的安価で大人のバレエクラスがあって前から案内をもらっていたのですが今回思い立って体験に行って来ました。

内容はまずフロアにヨガマットを敷いてゴムバンドを使って筋肉の曲げ伸ばしをしたり二人一組になって柔軟運動をしたり。

その後バーを教室の真ん中の鏡の前に持ってきてバーレッスンをしたのですが、バーレッスンなんていつ以来かしら?と妙に気分が高揚してしまいました。

その後フロアレッスンをして、今度教室内での小さな発表会をやるとかでその振り付けをやっていたときだけは邪魔になりそうだったので見学しましたが、最後の挨拶のときには汗が流れてすっかり体が熱くなっていました。

全体的に体を作るための基礎が中心で、でもあくまで大人の初心者のクラスなのでとにかく無理をしないこと、自分のペースを心がけることを意識して進められているクラスでした。

特に最初の柔軟運動ではバレエをするために必要な筋肉を意識しながらじっくり動かすのでこれを継続すればかなり体が変化しそうな気がしました。

内容も月謝も場所も問題ないのですが一つネックなのが時間。

平日の夜なんですが、その日はちょうど子どもの習い事が夕方にあってバタバタして落ち着かない上に、月に1度学校の役員の定例会が必ず重なってしまいます。

こんな状態だと果たして実際行けるのは月に何回かな~というのが引っ掛かるのと、今行ってるジムもスタジオの内容が好きだから続けたいけど、並行してバレエもするとなると金銭面も時間もちょっと無理があるんですよね。

もともとゆっくりしたい性質なもんで。

ということでちょっと保留です。

あと半年したら子どもの習い事も終わるし私の役員も終わるので状況が変わって難なくいけるようになるかも知れないのでその状況次第。

こうやって先送りしていると結局やらなくなりそうな不安はあるのですが無理にやっても仕方がないと自分に言い聞かせています。

長~い目で見たら半年はきっとあっという間、ってね。

2011年10月 1日 (土)

アラン模様 この辺りで本体は完成?

前回編み物の写真を載せてしばらく手が止まっていましたが、今日少し編み進みました。

3

ボッブルもねじねじも縦に6つできました。

適当に編んでいたのですがバッグにできるくらいの大きさになってきたのでとりあえず本体は完成?ってことで。

あとは口部分を編んで、脇をはいで、持ち手をくるんで…という風に進む予定です。

ニットのバッグは物を入れると伸びて形が崩れちゃうので中袋もちゃんとつけて仕立てようと思います。

ここ数年毎年アラン模様のバッグを作りたくなって、でも結局作らないまま春を迎えるという状態だったので、今年くらいはちゃんと完成させようと思います。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »