フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の1件の記事

2011年11月30日 (水)

11月に読んだ本

最初の本は10月に読んだ分ですが…

『着ればわかる!』 酒井順子著 文藝春秋

表紙が切り取って着せ替えにできるセーラー服を着た女の子とバスガイドの制服などのイラストで「なんだこの本?!」と興味津々。

内容は制服好きの著者が実際に色々な制服を着てどんなことをしたか、そしてそのときどんな心境になったのかのレポートです。

私も制服が好きな方なので(だって着るものが決まってるのって楽なんだもん)ちょっとうらやましくなりながら読みました。

ディスコファッションは著者が私より少し年が上なので時代が違ってよく分からなかったけれど、制服の王道セーラー服から巫女さん、自衛隊の演習服、果てはゴスロリや宝塚男役、劇団四季のキャッツまで ・扮装 ・偽装 ・変装 ・仮装 と4つに分けていろんな格好をしています。

読みながら本を書く人って色んな仕事をするんだな~と感心してしまいました。

実はゴスロリが結構好きな私、そうは言っても実際に手を出すことはないけれどもし私も着る機会があったら一度は挑戦してみたいな、なんて思いました。(10月30日)

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 亀田潤一郎著 サンマーク出版

書店でよく平積みにされているのを目にして気になりつつも『長財布にしたからって稼げるようになる訳ないじゃん』と思っていました。

たまたま図書館で見かけて買うのは嫌だけど借りて読むならいいじゃん、と気楽に借りてきました。

読んでみた結果、長財布を使う→稼ぐようになる、という訳ではなく、お金を曲げないで済む長財布(いい財布)を使う→お金に意識を向ける→稼ぐようになる…という内容でした。

『だよね~』と思いつつ、今自分が使っている財布がかなりくたびれているので今度は騙されたつもりでちょっと値の張る長財布にかえてみようと思っています。(11月26日)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »