フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 音沙汰無し | トップページ | 引き続き音沙汰無し »

2012年1月31日 (火)

1月に読んだ本

『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55』 古市幸雄著 マガジンハウス

この本のことは前々から知っていて本屋で手に取ることもあったのですが『買うのはな~』と毎回思っていました。

が、図書館にあるのを知って読んでみました。

何でも短い時間でいいから毎日こつこつ続けることが一番大事!と言われますがそれがなかなかできないから難しい。

でも『じゃあ具体的にどうすればいいか』ということが書かれています。

最初の方に『勉強する動機づけが出来ない人は勉強したくない人なんですよ。勉強したくない人はしなくいていいです』と書いてあって『そりゃそうだ』と妙に納得してしまいました。

私はどうかというと勉強というとちょっと違う気がするけどやりたいことはあってそれを実現したい。

それならごちゃごちゃ言わず始めなきゃな、と思いました。(1月1日)

『あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言』 ジャック・キャンフィールド、ケント・ヒーリー著 弓場隆訳 ディスカバー・トゥエンティワン

『「1日30分」…』を読んだ後本屋さんで手に取ってぱらぱらと読んでいたら書かれてあることが一つ一つぐさぐさと胸に刺さるので買うことに。

内容はいたって単純な自己啓発本って感じだけど今私が欲しい言葉がたくさん載っていました。

一番ドキッとしたのが

『いくら才能があってもどうしようもない。

「才能のある人」と「実際に成功する人」の違いは、

努力を積み重ねるかどうかだ。

   ―スティーブン・キング(アメリカの作家)』。

たびたび読み返して自分に喝を入れようと思いました。

何はともあれ行動せねば!(1月6日)

『ザ・フェミニズム』 上野千鶴子・小倉千加子著 ちくま文庫

先月『おひとりさまの老後』の著者でもある上野千鶴子さんの講演を聞きに行く機会があり「フェミニズムって一体何だろう?上野さんの他の本を読んでみたい」と思い、書店で見た何冊かの中から選んだもの。

上野千鶴子さんと小倉千加子さんの対談が元になってます。

関西口調で話していてお互いに『あんたはウソつきや』『前は違うことを行ってたじゃないの』などズバリ突っ込んだ討論をしていて読んでて気持ちよくなりました。

結局フェミニズムというものについてはっきり理解はできなかったのですが、女性の生き方についてや世の中の男女の違いによる決まりごとや本音と建前など『どうしてそうなるの?』と気になることがあるので引き続き上野さんや小倉さんの著書を読んでみようと思います。(1月16日)

『「やめること」からはじめなさい』 千田琢哉著 星海社新書

黄色い帯に書かれていたのは『ツイッターをやめよう』の文字。

要するに色んなことをやるのではなくまず自分にとって必要のないことをやめようという内容。

なかには『嫌いな仕事をやめる』とか『会議に出るのをやめる』とかなかなか実現するのは難しいことも書かれていますが、ただやみくもになんでも実践するのではなく吟味して自分に必要のないことをやめてみたら何か変わりそう。

私が気になったのは『資格試験の勉強をやめる』 『継続するのをやめる』の2つ。

特に『継続…』の文中に書かれていた“好きなこととは何か。気がついたらついやってしまっていることである。(略)自分でがんばっているとか努力していると感じた時点で、それは好きなことではないからさっさとやめてしまうことだ”という文章。

確かに誰にやれといわれたわけでもないのに何でもかんでも始めたからには最後までやり抜かねば、と無理に頑張る必要なない。

もしやめても気になってまた考えてしまう、やってしまうことが自分にとって必要なことでそうでないことはやめる方が自然なのよね、と思いました。

ただ、今ある資格を取るために勉強を始めようかと思っていたのでどうしたものかと思案中。

それは今の仕事に関係することだけど資格がないと仕事に差し支えるということはなく、でもその知識は業務上プラスになるだろうと思えるもの。

さてさてどうしたもんかいな。(1月19日)

『働く女は腕次第』 遥洋子著 朝日新聞社

上野千鶴子さんの本を探しに図書館に行ったら近くにあったので読んでみました。

元々『日経ビジネス』に連載されていたコラムをまとめて加筆したもの。

読者も記事を書いている人も男性だらけという場所に入っていった筆者が戸惑いつつ連載を始めだんだん自分の本音をあらわし、それに対する反応に戸惑い、応援を得てより突っ込んだ内容になっていくという過程が背後に見えて非常に面白かったです。

内容は社会の中で女性が働く上で『これってどうよ』と感じる女性と男性の意識の違いとか上司と部下での仕事に対する考え方の違いによるズレとか同じ女性同士でも共感できない立場の違いとかが書かれています。

読んでいて筆者に共感することもあれば、何だかむなしくなったり、現状を変えようとして抵抗にあうよりはとにかくうまく収まればいいじゃんと自分でもついやっていることとか書いてあっったりして『痛いとこを突くな~』と思いました。(1月20日)

『結婚の条件』 小倉千加子著 朝日新聞社

『ザ・フェミニズム』のあとがきの中で小倉さんが『今回の調査データを『結婚の条件』という本にしたら売れたので助かった』というようなことを書いてあったのでさっそく図書館で借りてきました。

本の内容によって違うのかもしれないけどこの本はすごく読みやすいです。

学生時代に女学生がどんな雑誌を読んでいたか、その人たちは年を重ねてどんな雑誌に移行していくか、そのことで対象者の傾向が何を求めているかが分かるというくだりは『おっ…見渡してみると確かにそんな気がする…!』と思いました。

短大生の調査結果をふまえつつ色んな世代、色んな職業、色んな結婚生活をピックアップしてその傾向と対象者の考え方について書かれています。

…という風に単純にまとめていいのかな、実はもっと深い重要なことが書かれているのをもしてかして私は見落としているんじゃないかな、気づいていないんじゃないかな、という気もするけど。(1月24日)

« 音沙汰無し | トップページ | 引き続き音沙汰無し »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音沙汰無し | トップページ | 引き続き音沙汰無し »