フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の8件の記事

2012年6月30日 (土)

6月に読んだ本

『恋の魔法をかけられたら』 唯川恵著 ハルキ文庫

恋愛小説を多数書いている唯川恵が 江國香織、山本文緒、藤田宜永、小池真理子、阿木燿子、柴門ふみ、角田光代、北方謙三 との恋愛についての対談をまとめたもの。

ところどころ『ふむふむ』と思うところもあったけど、恋愛について語るというのが何だかわざとらしい気もして、つくづく自分は恋にときめきを感じるお年頃ではなくなったんだな~と思いました。(6月1日)

『腹だけ痩せる技術』 植森美緒著 メディアファクトリー新書

著者の植森美緒さんの肩書きは“健康運動指導士”。

そういう資格があるのか知らないけれど、企業や健康保険組合などで指導をしているそう。

そういう現場で何も腹が筋肉で割れなくても、体重を落とさなくても、単純に『あとお腹だけ引っ込めば体のバランスが良くなるのに』という男性が多いことからお腹だけ痩せる技術について書いたとのこと。

ということで内容は男性を対象に書かれているのですが女性でも一緒だと思います。

要は普段の生活の中で30秒間お腹を引っ込める、さらにはその状態で普段どおり活動する→お腹が痩せるというもの。

実はお腹を引っ込めるというのはバレエの基本の“体を引き上げる”と同じなんですよね。

だから普段から気をつけると確実に腹が痩せる&姿勢がよくなると思います。

ということでただ今実践中です。(6月3日)

『家づくり 建築家の知恵袋 「子ども部屋」のために家を建てるな』 天野彰著 講談社+α新書

家…今後生きていく上で買うのかずっと賃貸で行くのか、決めなければいけないと思いつつ決めきれずにいます。

正直一戸建ての持ち家が理想なんだけどどこに?とかいつ?とかいくら?とか考え出したら夜も眠れなくなってしまうので結局先送り。

ローンについても今後給料が上がる見込みはないどころか年々確実に給料減ってるし、夫が病気になってしまうことだってあるかもしれない。

その上東日本大震災の津波が去った後家の基礎だけが残った景色を何度も見ているとローンを組んで家を買うことに問題はないのか?と考えてしまう。

でも、気になる。

ってことでただ漠然と不安を抱えていても堂々巡りだから少しずつ勉強しようということで図書館から借りた本。

私の実家も夫の実家も子どもたちが巣立った後は半分物置と化した部屋があり、使うのはたまに帰省したときだけ。

しかもそれが2階だと日頃足を踏み入れることもなくて…という状況を見ているので副題を見て『うん、その通り』と思いました。

読んでみて家作りっていうのは家族でよく話し合って本音をぶつけ合って譲り合って、工事が始まってからも自分の目と足でいろいろ確認して気を使って、というそれはそれは大掛かりなことなんだということが分かりました。

まだまだ勉強不足。

もっといろいろな本を読んでみようと思いました。(6月10日)

『オカマだけどOLやってます。完全版』 能町みね子著 文春文庫

前に本屋さんで見て読みたいな~と思っていた本が文庫本になったものが図書館にあったので即借りてきました。

この本ではオカマという言葉で書かれていますが、著者は男の体に違和感を感じていて女であることが自然だと感じる人。

性同一障害という言葉が当てはまるのだけどその響きが嫌でオカマという言葉を使っています。

テレビに出るとか夜のお仕事をするとかではなく普通のOLとして事務の仕事についていて、最初この本を見たときには『えっ?そんなこと可能なの?』と興味を持ったのでした。

まわりにオカマであることがばれないようどうしているかとか、成長段階でどんな風に自分が男ではないことを感じたのかとか、書きようによってはいくらでも重くなる内容がさらっとした文章が力の抜けたイラストとともに書かれています。

著者は今では『オカマでもなくOLでもなく』なっているそうです。(6月22日)

『マツ☆キヨ』 マツコ・デラックス、池田清彦著 新潮社

明石家さんまの『ほんまでっかTV』で競演している二人が対談したもの。

対談したので東日本大震災のあとだったこともあって内容が震災関連の比率が多くなっているものの、日本で生活していて二人が日々感じることについて語られています。

二人の意見が面白くてあっという間に読み終えてしまいました。(6月23日)

『楽しく生きるのに努力はいらない 元気がわき出る50のヒント』 池田清彦著 サンマーク出版

中身は二部に分かれていて、一部が自分自身に関すること、二部が人との付き合いに関することが書かれています。

読んでいて気が楽になるけど『そうはいってもそう割り切れんのが人生よね~』と思ってしまったり。

自分の中で考えが煮詰まったときに考え方を変えるきっかけにするのにはいいと思います。(6月26日)

2012年6月27日 (水)

ヘクサゴン合体中

先日購入したヘクサゴンのパターンスタンプ、早速その日の午後に布選びをしてパコパコスタンプを押してヘクサゴンを量産しました。

Photo

右上がスタンプを押したもの、左下がカットしたもの。

写真ではラインが薄く見えますが実際はもっとはっきりしています。

布は以前フェリシモのクチュリエで頼んだカットクロスセットの中から明るい色合いのものを選択。

実際使ってみると早いし楽ちんsign01

で、久しぶりにピースワーク。

ピースワークをするのはいつ以来だろう?

でも思っていたよりすいすい縫えました。

そんなこんなでただ今半分くらい合体完了。

Photo_2

でも正直だんだん飽きてきちゃったcatface

ヘキサゴンだけじゃなくひし形のスタンプも買ったというのに一つも完成させないうちに放り出してはいかんいかんbearing

ちゃんと縫うぞ~happy02

2012年6月23日 (土)

パターンスタンプ 購入!

先日気になると書いていたパターンスタンプ

結局何日経っても気になって仕方なかったので買いましたsign01

最初はイオンの中のパンドラハウスやサンカクヤで探したものの取り扱い自体がないようでお店の人に聞いても『スタンプ…ですか?』という反応でした。

仕方なく最初見た手芸店に行ったら店頭に商品がなかったのでメーカーに問い合わせてもらったら『注文できますが、これだけだと送料がかかるので他に注文する商品が揃ってからの発注になりますので1~2週間後になるかもしれません』という返事。

『違うの!今欲しいの!bearing』ということで結局ネットで頼むことしました。

ネットで買い物したことがほとんどないので『お金支払っても商品が来なかったらどうしよう』と冷や冷やでしたが全く問題なく今日の午前中宅配便で届きました。

パターンスタンプ ヘクサゴン22mm ひし形22mm 布用インクパッドブルー

Photo

ひし形はシールが貼ってあるので見にくいですねsweat02

頼んだお店はこちら→http://item.rakuten.co.jp/az-netcc/80-841/

(今見たらヘクサゴン22mmは品切れになってました。なくなる前でよかった~)

ほんとはねヘクサゴンとインクパッドだけ頼むつもりだったのだけど“\3,000以上で送料無料”につられてひし形も頼んじゃったhappy02

だって定価より安かったんだもん。

20日に注文したら夜注文確定メールが来て、21日の朝通勤途中にセブンイレブンでお金支払ったらその日の夜に出荷されて、中1日置いて23日午前中に届きました。

早かった~note

さあ、これで何をするかと言うと、前に色別にセットになったカットクロスを買ったもののそのままになってるのでそれにパコパコ押して六角形にカットして久しぶりに手縫いでパッチワークをしようと思いますnote

2012年6月21日 (木)

本を読むのに夢中で

仕事の日はバスで通勤しています。

利用するバス停が始発地でいつも座れるので道中は大抵本を読んでいます。

普段は本を読みながらも回りの景色を確認していて降りるバス停が近づくと本をかたづけ降りる準備をするのですが、今朝は本を読むのに夢中でバス停手前の信号で止まったものと思っていたら降りる予定のバス停でした。

いや~慌てましたsweat01

幸い一番前の降りやすい席に座っていたのでばたばたっと降りて間に合ったのですが、急行バスなのでもし気づいてなければ次止まるのは4つ先のバス停ととんでもなく乗り越してしまうところでした。

今の職場に通い始めて2年半、本を読むのに夢中で乗り越しそうになるとは自分でもびっくりcoldsweats01

2012年6月 6日 (水)

ヘキサゴンのスタンプが気になる

先日キルティング糸が残り少なくなってきたので以前ミシンキルト教室に通っていた手芸店に久しぶりに行って来ました。

欲しかったのはデュアルデューティーのキルティング糸の生成り。

ところが売り場にはなくて顔なじみの店員さんに聞いてみるとデュアルデューティーはやめてフジックスのキルターに変えたとのこと。

1枚のキルトの途中でキルティングの糸を変えても大丈夫かと迷いましたが、太さも変わらないしとにかく使ってみようと買ってみました。

実際使ってみるとフジックスの方が張りがあってしっかりしている感じで最初こそ違和感がありましたがしばらくするとすっかり慣れました。

ただそのとき気になるものを見つけてしまいました。

それは店員さんが『こんな新商品が出たのよ』と見せてくれたヘキサゴンの印つけ用のスタンプ&スタンプ台。

透明な素材でできたスタンプにはヘキサンゴンの出来上がり線と縫い代線があって、布用のスタンプ台でインクをつけて布の裏にポンと押すと印がつくというもの。

あとは縫い代線でカットして出来上がり線を縫えばO.K.。

縫い合わせた裏面も縫い代が7mmで揃っていて綺麗に仕上がる、というもの。

まぁheart01これがあれば私が一番面倒に感じる印つけがあっという間にしかも簡単に正確にできるではありませんかlovely

店頭には3種類のサイズのヘキサゴンと合わせて使えるひし形のスタンプもありました。

ネットで調べてみたらヘキサゴンでサイズが4種類、ひし形も60°が2種類、45°が2種類ありました。

45°を使うとレモンスターやブレイジングスターができますね。

すご~く気になります。

ちゅうか、欲しいheart01

でも、買ったら実際何か作るかというと…自信がありません。

編み物、洋裁、パッチワークなど、作りかけのものや作ろうと思って材料を買ってきてそのままのものがあまりに多すぎて近頃では買う前に『どうせしないし』と最初から諦めモードになることも多くて…。

今はこのスタンプが気になって仕方ありませんがもう少しして熱が冷めるのを待とうと思いますsweat02

ダブルウェディングリング 格子のキルティング終了

何だかこの頃キルティングのペースが落ちていたのですが、なんとかダブルウェディングリングの格子のキルティングがリング35個分全部終わりました\(^o^)/

Photo

次はリング部分に2本のラインを入れていきます。

でもキルティングするには段々暑くなってきたな~sweat02

バレエしておけばよかった by娘

普段テレビを観ていると10代、20代の女性がたくさん出てきますが、そのほっそ~い脚や棒のような腕を見ていると、つい『うわ、細っsign01筋肉全然ないやん。運動とかしたことないっちゃろうね~』などと言ってしまいます。

逆に程よく筋肉と脂肪のついた美しい体の人を見ると『あの太ももの裏の筋肉がきれいやね~。この人何か運動しとったんやろうね』とか『あのクビレがいいね~』と言ったり。

実は年頃である娘が体の細さだけに憧れて筋肉も脂肪も関係なくとにかく細けりゃいいと思うようになってはまずいと思っています。

なので、ことあるごとに『女の人の体にとって脂肪は大事っちゃんね。ホルモンバランスに影響したりするんだから』とか『脂肪も筋肉も大事。必要な筋肉がないと体の代謝は悪くなるし、脂肪は体を守るんだからね』と言っていました。

特にバレエダンサーやバレエ経験者が出てくると『うわ~…heart01やっぱりきれいやね~』とつい言葉が出てくるのですが、娘も影響で『あの人の足きれい。筋肉がちゃんとあるやん』などと言うようになりました。

私が最初バレエを習い始めたとき娘は小学生になるかならないかで回りの人から『娘さんにバレエさせないの?』とよく聞かれました。

本人がやりたければと思っていたのですが当の本人が『やりたくない』というので無理に勧めることもなく月日が経ち娘も今では中学生。

小学校時代も中学校に入ってからも、どの学年にも大抵1人か2人はバレエ経験者がいて日頃の姿勢や体育の授業でその柔軟性や姿勢の美しさ、なによりまっすぐな脚が目を引くようです。

そんなある日娘が『○○ちゃんの脚、すらっとしてて筋肉もちゃんとついてて綺麗よ~』と言うので『あんたもバレエしてればよかったのに』と言ってたらそれまでは『ふん』と言っていたのに『ほんとやね~。バレエしとればよかった~』と言うではありませんかsign01

『どうしたsign02今まで絶対嫌って言いよったやん』と聞くと『いや~やっぱ綺麗っちゃもん。あ~バレエしとけばよかった』ですって。

『今から習う?』と聞いてみると『いや、今から習ったって子どものときからやってる人みたいに上手くなれんし』という返事だったので『じゃあ、大人の初心者クラスに一緒に行く?』と言ってみると『嫌やし』ですって。

母は何度か聞いてみたけど行きたがらなかったのは娘本人だもんね。

残念でしたcatface

2012年6月 1日 (金)

バレエが好きなのね

昨夜はバレエ教室の日でした。

4月から始めてあっという間に丸2ヶ月。

1回頭痛がひどくて休んだけどあとは毎週楽しく通っています。

いつもレッスンの10分くらい前に着くように行くのですが、ギリギリの時間かちょっとオーバーくらいで来る人が多いので大抵一番乗り。

昨日もそうでした。

バレエシューズを履いたり準備をしていると、床にひっくり返ってストレッチをしていた先生から『○○ちゃん(私の名前。大人のクラスですが皆ちゃん付けで呼ばれるのですsmile)は前はどれくらいやってたの?』『どこでやってたの?』など聞かれました。

聞かれるままに答えていたのですが、ふいに先生が『○○ちゃんはバレエが好きなのね~』と言われました。

一瞬『?』と思ったものの実際好きなので『はい。…分かるんですか?』と答えると『分かるわよ~』と言われました。

なんで分かるのかな?と思って聞こうかと思ったのですがそれも何だか野暮な気がしてそのまま聞かずにいたのですが、きっと先生は色んな生徒さんを見てるから分かる…のかな?

もしかしたらいつも早く行くから、って単純な理由かも。

それでも『好きなのね~』って言われるとなんだか嬉しくてnote

『バレエ好きだな~。好きなことができて私って幸せだな~』って明るい気持ちになりましたconfident

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »