フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の7件の記事

2012年7月31日 (火)

7月に読んだ本

7月になり本屋の文庫本コーナーには今年も夏の文庫本フェアの色んな出版社の冊子が無料で置かれているので早速もらってきました。

今年のその中から気になるものを読もうと楽しみにしています。

『僕の好きな人が、よく眠れますように』 中村航著 角川書店

文庫本でも全部買っていたら出費がかさんで仕方ないので図書館で借りてきて読みました。

主人公は大学院生の男性。

1年間の期間限定でゲスト研究員として北海道からやってきた大学院生の女性と恋に落ちます。

彼女も彼のことが気になっています。

ところがこの女性は早くに結婚していた人妻だったのです。

でも二人の思いは日に日に強くなり…という話です。

見事に恋の始まり、喜び、そして始まる苦悩について描かれています。

主人公たちの倍近く生きてる私としてはもっと現実的な部分の描写が欲しいと思ったけれど恋の話として読むには十分かな。(7月16日)

『疲れすぎて眠れぬ夜のために』 内田樹著 角川書店

これも文庫本フェアの冊子に載っていて気になり図書館で借りてきたもの。

「もっともっと」と上を目指すのではなく「1ランクしたの自分」になることで幸せを感じて楽になれるのではないかということが書かれています。

後半は話がちょっと難しいと感じましたが、読んでいてらく~な気持ちになりました。(7月19日)

『上京はしたけれど。』 たかぎなおこ著 メディアファクトリー

現在イラストレーターとして活躍している著者が上京を決めて東京でイラストレーターの仕事の取っ掛かりが出来た辺りまでの生活がたくさんのイラストと文章で描かれています。

売り込みに行くためのアポイントの電話の段階でのどきどきする話や、なかなかイラストの仕事がなく生活の為に寿司工場でアルバイトする話など、キラキラした部分じゃない話が現実的で面白かったです。

特に東京出身者の『地方は何もなくてつまんなかった。やっぱり東京がいいと思ったよ』というセリフにむっときたり、『なまってる』といわれることに違和感を感じたり、というところにはものすごく共感しました。(7月21日)

『花酔ひ』 村山由佳著 文藝春秋

『ダブルファンタジー』を読んで以来村山由佳さんの本が出ると中身が気になります。

以前図書館の雑誌コーナーの新刊本を読んでいたらたまたまこれが連載中で『おわ~。また濃いぃ話を書いてるなぁ』と思っていました。

そのときは途中の1話だったので今いち話が把握できなかったんですが、本になったものを読んだら登場人物の4人(二組の夫婦)が1話毎に順番に主人公になって話が進んでいきます。

なので、新しい章が前の章の後半のシーンとダブって始まっていたりして『さっきのあの場面でこの人は実はこんな風に考えていたのか』という風に同じ場面でも違う面が見られて面白かったです。

4人の男女のややこしい関係が終盤どんな風になっていくのだろうとそれが気になって後半は一気に読み終えてしまいました。

ちなみに図書館の新刊紹介で知って予約して実際に借りられるまで何ヶ月か掛かったのですが、まだ私の後に予約が9人も入ってるらしいので出来るだけ早く返しに行こうっと。(7月25日)

『なぜこんなに生きにくいのか』 南直哉著 新潮文庫

これはブックオフでふと手に取り買ったもの。

著者は仏教の僧侶なので現代社会の生きにくさについて仏教の視点からの考えが書かれています。

正直書いてあることが分かったような分かってないような、仏教の考え方がヒントになったようななってないような…という曖昧な感じ。

そういう風に簡単に分かりやすい答えを求めることが間違いなのかな、という気はするのだけどsweat02(7月27日)

シュシュを編みました

うだるような暑さの中何もする気が起きないので何となくシュシュを編んでみました。

ビーズは以前買ったシュシュについていたもので、使っているうちにほどけてしまったのでビーズだけ取っておいて再利用しました。

Photo

Photo_2

元々は二色のビーズが一つのシュシュに一緒に編みこまれていたのですが、別々に使って2つのシュシュが出来上がりましたnote

2012年7月25日 (水)

ヘクサゴン今度こそ合体完了

先日80枚合体したヘクサゴンですが、予定のサイズより小さかったので2列と1段増やすことにしました。

Photo

そして合体して『やった♪』と思っていたけど計ってみたらまだ大きさが足らなくてさらに1段増やすことに。

Photo_2

パターンスタンプがあるおかげで布にポンポン印をつけてカットしていけばいいのですごく手軽です。

そして今度こそ合体完了♪

Photo_3

最終的に120枚合体しました。

裏面はこんな感じ。

Photo_4

縫い代は風車倒しにしました。

縫い代の幅が揃っているので美しいshine

さあ、これでピースワークは完了。

次はキルティングですが、久しぶりにミシンでフリーモーションで遊んでみようかと思っていますhappy01

2012年7月22日 (日)

繰り返し見るパッチワークの本

いつの間にかパッチワークに関する本も増えましたが、その中でも繰り返し見るもの、たまにしか見ないけど参考になるもの、実際に作品を作ってみるもの、など自然と本の用途を使い分けています。

そんな中で繰り返し見る回数が多いのが↓の2冊。

Photo

左の『キルティングのすべて』は主にフェザーのキルトラインが美しくてトラプントの作品も多く載っています。

ホワイトキルトではなくピースワークしたキルトでも主役はキルティングという感じの作品が多くて何度見てもじっくり見入ってしまいます。

右の『お気に入りの布で綴るパッチワーク』の著者、松島喜代子さんは残念ながらもう亡くなられているようですね。

その作品を見ると単純なパターンでも並べ方や色使い次第で複雑で奥行きのあるものになることに驚きを感じます。

そしてパターンを生かしたキルトラインの美しさも素晴らしいのです。

何度見ても見飽きません。

どちらの本も見ていて心が安らぐほっとする作品ばかりで、私もこんなキルトが作れるようになりたいな、と憧れます。

2012年7月18日 (水)

トラプントキルトに憧れます

今トラプントキルトが気になって仕方なくて今こんな本を見ています↓

Photo

先日日本手芸普及協会の会員誌『ハンディクラフツ』と一緒に日本ヴォーグ社の絶版本の復刻版についてのお知らせが入っていました。

これは過去に出版され今では絶版になったなかで人気が高かったものを何冊か候補に上げ『復刊したら購入します』という申し込みを募り、必要数申し込みがあれば復刊しますよ、というもの。

今回は6冊の本が候補にあがっていました。

その中で気になった1冊がこの写真の右側『鷲沢玲子のパッチワークキルト入門2 トラプントキルト』。

鷲沢さんのキルトは緻密で繊細で美しくて見れば見るほど発見があって楽しくてこんな風に作れたら…と憧れてしまいます。

トラプントキルトというのは表布、キルト綿、裏布の三層でキルティングをした後裏から毛糸や綿を裏布とキルト綿の間に入れてふくらみを持たせたもので鷲沢さんはトラプントキルトも多数作ってらっしゃいます。

以前鷲沢さんのキルトライン集を参考にホワイトキルトを作ったことがあってそのときはキルティングだけでいっぱいいっぱいだったのですが、トラプントまですればそれは豪華な出来になったと思います。

そんないきさつもあり、この本の中身次第では申し込んでもいいな、中身が見たいな…ということでいつも利用する図書館に行き蔵書の中にはなかったのでリクエストして近隣の図書館のものを借りてきました。

そして中身を見てみたら…トラプントキルトの作り方も詳しくて過程の写真も多くて分かりやすいし、デザインも素敵だし、トラプントのサンプラーキルトなんてもうずーっと見ていたくなるくらい美しいshine

これは欲しいheart01

そんな風に見ていたらパッチワーク通信の最新号に載っていたトラプントキルトも綺麗だったよな~と思い出し、パッチワーク雑誌って高いので買おうかどうしようかかなり迷ったのですが本屋に行ったら残り1冊だったので買ってきました。

こちらは時代を反映してミシンキルトでのトラプントキルトも載っています。

ミシンキルト教室でも実際にやったのでやり方はわかっているし時間短縮になるから途中で飽きて投げ出すこともないかな~なんて思いました。

好きなキルトの本は何度見ても飽きないし見ていてすごくワクワクするので楽しいですconfident

2012年7月 3日 (火)

ヘクサゴン合体完了 だけど…

ヘクサゴンのピースワーク、順調に進み合体完了しました\(~o~)/

Photo

ぴしっとアイロンをかけたら大きさの揃った六角形が80枚整列して綺麗shine

うん、我ながら良い出来、と自画自賛confident

…だけど、必要な大きさより全然小さかったsweat02

なのでまたパコパコスタンプを押してヘクサゴンを量産して、さらに合体して大きくする予定です。

6月に読んだ本 追加

ハッと気がついたらもう7月になっていて読み終えたのに書き忘れていた本が3冊。

なので6月に読んだ本の追加版。

『海と真珠』 梅田みか著 ハルキ文庫

バレエをしている中学3年生の女の子二人の話。

一章ごとに主人公が入れ替わるので同じ場面でそれぞれどんな風に思ったのか書かれているので分かりやすいです。

性格は正反対、だけど背格好がほとんど同じ二人が『海と真珠』という作品を踊ることになり、さらに中学3年というこれからの人生をどう選択していくかというデリケートな時期に環境にも変化が訪れ…という二人の成長の物語です。

著者は子ども時代からバレエをしていただけあってパ(ステップ)の説明が具体的でバレエ用語もどんどん出てくるのでバレエ経験者には非常に面白いかも。

それにしてもこれだけ踊れたら楽しいだろうな~とうらやましくなってしまいました。(6月初め)

『人生を半分あきらめて生きる』 諸富祥彦著 幻冬舎新書

なんだか頑張って生きるって辛いな~と感じていたときに書店で見かけて買いました。

世の中とかく『あきらめない』ことがいいことのように言われているけれどうまくあきらめて生きることが大事なんじゃないの?ということが書かれています。

なんかね~ふとしたときに思っちゃうんですよ、『あきらめられたら楽なのにな~』って。

で、この本には上手にあきらめることについて書かれているので読んだら楽になるかな?と思ったのですが、読んでるうちにだんだん暗くなってしまった。

書いてあることは至極まっとうで無理がないのだけどちょっと私には合わなかったみたい。(6月中ごろ)

『がんばらない生き方 「だましだまし」、「ほどほど」、「いいかげん」、「肩肘はらず」に楽しく生きる52の提言』 池田清彦著 中経出版

“がんばらない”ということもこの頃とかく耳にする機会が増えましたね。

正直私も必要なこと以外はがんばりたくないし、池田さんの言うことはちょっと突飛な面もあるけどここまで突き抜けちゃうと楽だろうな~と思うことが多くて気になったので読んでみました。

中には『いや~そうではないでしょ』とか『あんたがそうだからその分回りがフォローしてるんじゃないのかな』と思えるようなことも書いてありました。

でも『そうだよね。それでいいんだよね』と読んでて気が楽になることも書いてありました。

中でも『若い人たちは「自分の好きなことを仕事にしなければ」と、追い立てられているようで、ちょっと痛々しいですね。「趣味」というフィールドに自己実現の場を求める人生だって、十分に素晴らしいと思うのですが。』(88ページ)という一文には『そうだよね~』と思いました。

仕事として成り立たなくても収入が得られないどころかお金が出て行くばかりでも好きなものは好き、それでいい、むしろ好きなことをある程度以上の収入につなげようとするのは苦しいもん、と。

何だか少し気が楽になりました。(6月終わり)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »