フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の4件の記事

2012年8月31日 (金)

8月に読んだ本

『情事の終わり』 碧野圭著 実業之日本社文庫

新聞広告で『恋などしてはいけないふたりだ。それでも、ふたりは故意に落ちる。この恋は、しかたがなかった―(宮下奈都氏 解説より)』と書いてあるのを読んで俄然読みたくなったもの。

本屋に行ったらあったのですぐに購入。

主人公雨宮奈津子は42歳、夫、娘、夫の母親と同居して出版社に編集者として勤めている女性。

この奈津子が恋に落ちてしまう相手が同じ会社の営業部課長の関口諒、35歳。

2人がお互いの気持ちを伝え合って以降の奈津子の決断が切ない。

そして仕事を持ち家庭を持った男女が恋に落ち、その気持ちを通そうとしたときに起こる影響の大きさ、それを引き受ける覚悟の重さが単なる夢物語で描かれていないところがいいなと思いました。

好き=ハッピーエンドというような単純じゃない大人の恋の話です。(8月11日)

『明けない夜はない GOSPEL VOICE』 石井希尚著 ディスカバー・トゥエンティワン

本屋さんで何気なく手にとってパラパラと読んでいたら

『人間は、基本的に怠け者で、楽をしたい生き物だ。…(中略)…

もし試練がないとしたら、あなたは、今のあなたの実力の範囲内で、なんのストレスもなく生きているということになる。…(中略)…

もしあなたが、試練のない人生をあゆんでいるなら、あなたは大問題のなかにいることに気づかなければならない。』

と書いてあるのに目が止まってドキッとしました。

春で色んな役目から開放された私は去年より時間的に余裕が出来、自分がやろうと思えばキルトを作ることも出来るし家の片付けも出来るし仕事を増やすことも出来るはず。

そう分かっていても実際は何もせずただ本を読んだり寝たりですっかり楽をするようになっていました。

そして内心『これはまずいかも』と思っていたので上の言葉が気になったのです。

さあ、何かを変えたいのなら何か始めるしかないのでは?(8月13日)

『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』 西原理恵子著 文春新書

マンガ家であり波乱万丈の生き方をしている著者が相談に答えるというもの。

ただし、正しいとされる答えを出すのではなく、例えば『嘘も方便なんだから嘘ついちゃえばいいよ。それで自分を守れるんだからさ』というスタンスで答えているので実に人間くさいです。

姑についての相談には『そのうち死ぬから、放っておけ。』

妻の作る食事がマズいという相談には『焼いてポン酢をかければ何でもうまし。』

実際、世の中のことって根本的な部分から良くしていくより今を何とかやり過ごす方法があるかどうかってことの方が大事。

こういう見方もあるよ、って分かると気持ちが楽になれるような気がします。(8月13日)

『自由な人生のつくり方』 伊藤守著 ディスカバー・トゥエンティーワン

お盆の帰省中に実家の近くの本屋で見かけて気になりつつ買わずに帰ったら読みたくて仕方なくなったもの。

でも正確な題名も著者名も覚えていなくて出版社名だけ覚えていたのでネットで検索して探し出し近所の本屋に注文して買ったもの。

…だったんだけど、いざ読んでみたらさほど心に響きもせず、やっぱり本は読みたいときに読むのが一番いいよな~と思いました。(8月20日)

『熟年離婚している場合か!』 井戸美枝著 角川SSC新書

特に離婚を考えてる訳ではないのだけど、題名に引かれて手に取ったもの。

離婚するといかに収入が減るか、離婚後の生活が厳しくなるか、ということがファイナンシャルプランナーらしくキャッシュフロー表を使って説明しています。

『こんな人と添い遂げるなんてもう考えられない!』と思ったとしても、生活の為に離婚はせずになおかつ二人の関係を見直してみませんか、という提案がされています。

もちろん、離婚を考える原因がDVなどの場合は別でね。

まさに『生活の為に』という訳なのだけど、よほど金銭的に余裕のある人でない限りこういう現実的な割り切り方も必要な気がします。(8月23日)

『宇宙は本当にひとつなのか』 村山斉著 講談社ブルーバックス

金環日食が話題になり本屋さんの話題の本のコーナーに宇宙関係の書籍がたくさん並んでいた頃、金環日食よりも宇宙の成り立ちについて知りたくて購入したもの。

というのが自分が子どものときと現代とでは宇宙観と変わってきているらしいと感じたから。

暗黒エネルギーとか暗黒物質とか『何じゃそりゃ』ということについて説明してあって面白かったです。

理解したのか?と聞かれれば『NO』なんだけど、そういう考え方があるんだ、ということを知ることができたのが面白かったのです。

ただ、最後のほうは多次元宇宙とか異次元のこととか正直読んでても話の内容が分からなくてとりあえず最後まで読んだというのが正直なところsweat02(8月26日)

2012年8月22日 (水)

本気でトゥシューズを目指す!

33歳のとき、以前から憧れていたバレエを習い始めました。

週に1回のペースで大人の初心者クラスに通うこと4年半。

引越しに伴い新しいクラスを探したのですが、時間や料金などなかなか都合が合わずバレエをしないままあっという間に4年が過ぎました。

そして今年の4月から少し生活パターンが変わったのを機に4年のブランクを経てバレエを再開。

今は週に1回隣町の文化サークルのバレエ教室に通っています。

一時やめていただけに通い始めたら楽しくて『トゥシューズがはけるようになりたい』という気持ちが段々強くなってきました。

その反面『でもやっぱり大人になってからじゃ無理なのかな。少なくとも今のペースじゃまず無理だよな。筋トレやストレッチをちゃんと毎日して、クラスもせめて週に2回通えたら…もしかしたら履けるようになるのかな』とも思っていました。

そんなある日、ある生徒さんがレッスンの後先生に『土曜日のクラスが…』と話しているのが聞こえて来ました。

『…?土曜日のクラスがあるの?』とすかさず聞いてみると土曜日に別の場所でも大人のクラスをやっていて、そこでは本校の生徒さんがトゥシューズを履いてレッスンを受けていて、文化サークルの生徒さんも何人かそちらにも通っているということが分かりました。

そうと聞いたらもう俄然気になって即先生に『見学させてください!』と申し込み先日見に行って来ました。

見に行ったのは大人の初心者クラスでバレエシューズでレッスンしていました。

文化サークルの教室より少しレベルが高いものの、以前のクラスの内容とほとんど同じなのでついていけないということはなさそうだし、土曜日は息子のsoccer試合で行けないときもあるかも知れないけれど先生に了解をいただけたので、来月から行くことにしましたhappy02

そのとき文化サークルの生徒さんが1人受けていて『トゥシューズ憧れるよね~』って話をしていたら、先生から『○○ちゃんはこっちも来始めてどれだけだっけ?…そっか…トゥシューズ履いてみようか。いきなり立つのはダメだけど、少しずつねhappy01』って言われたのです~sign03

もうそれを聞いて『私もトゥシューズ履けたらいいなshine』とそれまで憧れshineだったのが『私もトゥシューズ履きたいsign01』と現実的な目標fujiに変わりました。

そうなればあとは日々やらなきゃならないことをやるだけ。

きっとできるshineそう信じて頑張りますrock

ダブルウェディングリング リングのキルティング4個

実に久々のダブルウェディングリングの進捗状況の報告です。

暑くなってぱたっとキルティングが止まったまま時間だけが過ぎ、でも頭の片隅では『ダブルウェディングリングのキルティングしないと~』と毎日気になっていました。

そんなある日、ダブルウェディングリングの過去の記事を見たshamyさんから『Wウェディングリングでたどり着きました。…(中略)…もうすこし!がんばって!』と励ましのコメントをいただきました

それが嬉しくて嬉しくて…crying

『あぁ…私もよくいろんな人のブログを見てはいつか自分でも作りたいって憧れてたよな~。それが逆に私のブログを見てワクワクしてくれる人がいるなんて…嬉しいなぁconfident

と思ったら俄然やる気が出てきましたrocksign01

ってことで今日は曇っているせいかいくらか気温が低いので久々に針を持ちキルティングを進めました。

リング35個のうちのたった4個ですがリング部分のキルティングが出来ましたnote

Photo

ゆくゆくは2本のキルティングの間に毛糸を通してトラプントに出来ればいいな、と思っています。

そしたら立体感が出てもう少しリングが強調されるかな、と。

日々頭の片隅で『キルティングせねば』と気にしているのではなく、とりあえずあれこれ考える前に手に取って針に通っている糸1本分でもいいから縫うようにしようと思います。

そしたら確実に完成に近づくぞup

2012年8月14日 (火)

欲しかった本を購入!

先日書いていた鷲沢玲子さんのトラプントキルトの本、先日本屋さんで見つけて購入してきましたnote

Photo

この本、現在は絶版になっていて今年日本ヴォーグ社の復刻版候補の一つで500以上の申し込みがあったら復刊される予定なのですが、先日どこかの本屋に残っていないかと検索してみました。

すると実家近くの本屋の在庫リストに載っていたので先日帰省のついでに行ってみました。

すると見事現物を発見sign01

しかも色褪せもしてなくて綺麗なままshine

即購入しましたdollar

地方の方だと雑誌が店頭に並ぶのも遅かったり冊数も限られていたりとあまり嬉しくないことも多いけれど、こんな風に手に入りにくくなった書籍が意外なところに残っていたりするのが嬉しいところ。

この本に載っているトラプントのサンプラーキルトの大作が作れたら…と憧れますが、まずは小さいものからでいいので何か作りたいと思っています。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »